自動車ローンの金利は安いようだけれど、これは誤解。自動車はキャッシュで買うべし

マレーシアの自動車ローンの金利って安いですよね。

実は今日、車のディーラーに行ってきましたが、ローンの利率は2.45%ですと。

定期預金に4%つける銀行があるとするなら、キャッシュは十分あったにしてもローンを使ったほうが結果的に支払い額は少ないような気がします。

マレーシアでは自動車はローンで買ったほうがお得だと言う人もいますし、その理由はこの「低金利」が理由。

本当ですかね?そんなうまい話がある?

これは勘違いであるとかなり前にこのブログに書いたのですが、再び、調べてみることにしました。

彼らのいう金利が2.45%なのは間違いがないにしても、「何に対する金利」で、実際に金利はいくらで、毎月いくらの返済、トータルでいくら払うことになるか「実際の数字」を見てみますと、「我々の勘違いを期待しているビジネスモデル」なのがわかります。

普通、金利は「残金に対して掛かる」というのが我々の一般的な考え方。住宅ローンも同じで、毎月返済しますから残金はどんどん減って、その残金に対する金利の額も減っていく。当たり前ですよね。ただし、一般的には元利均等払いにしますから、最初の頃は金利分が多く返済分は少ないということになる。でもま、ここではそれは忘れることにしましょう。

でもマレーシアの自動車ローンはこういう計算ではない。例えば、1000万円の車をローンで買うとしましょう。返済は3年間。金利は2.45%。

ここでマレーシア流の計算をしますと、

2.45% X 3years X 1000万円 これをまず計算し、これを36回で割ったのが月々の返済額。

ここでピンと来る人と来ない人がいると思うのですが、2.45%で3年借りるのだからこの計算で良いと一瞬考えちゃうかもしれません。でもこの金利計算はおかしいでしょ?だって毎月返済するんですから、どんどん残金は減っているのに「総額に対する金利」を常に支払う計算になっている。わかりますよね?

そもそもこれがおかしいじゃないですか。これです。2.45% X 3years X 1000万円

これって「3年後に全額一括払い」ならこれでも良いと思いますが、毎月返済しているんですよ。どういうことかというと、35ヶ月が終わったときにはあと残りは1ヶ月分だけですよね。それなのに1000万円分の金利を払うってこと。

ごめんなさいね。私はローンに詳しくないし、これは学校で習ったような気がするんですが、40年以上前のことですから説明がうまくできません。

これでもわからない人がいたら、こういう風に考えてください。

1000万円の定期預金を作ったとします。金利は2.45%で。これって毎年一回、この金利分をもらえるわけですよね?それも3年間。

ところがですね、もしその定期から毎月一定額を降ろしても良いということだったらどうでしょうか。3年間、毎月少しずつ降ろして、3年後にはゼロにする。もしそういうことをしたら、もらえる利息は大幅に減りますよね?だって残金がどんどん減るんですから。毎月引き出しているのに、当初の1000万に対する利息を払ってくれる銀行なんか存在しません。

マレーシアの自動車ローンはこれの逆だということじゃないですか?毎月払っているのに、「総額に対する利息を払わされる」。

細かい計算でシミュレーションをしてみるとこの考え方とはちょっと誤差が出てきますし、もしかしたら考え方が違うのかもしれません。でも基本的には「2.45% X 3years X 1000万円 これをまず計算し、これを36回で割ったのが月々の返済額」と非常に近い数字になります。

一般的な住宅ローンは「残金に対して利息を払う」のが普通ですよね。

これを基本として考えて、このマレーシアの自動車ローンの計算方法で3年間に支払う総額を、我々がよく知っている住宅ローンの考え方だとすると、一体何%の金利になるのか。

これらは「マレーシアの自動車ローン計算機」と「住宅ローン計算機」がネットの中にありますから、まず自動車ローンでの総額を計算し、それと同額住宅ローンで支払う場合、何%になるか逆算すると答えが出ます。

それは「4,3%」でした。

みなさんもぜひやってみたら面白いと思います。

低金利の自動車ローンだから、それを使わないと損だという言い方を信じてはならないと思います。私はこれを「金利」と呼ぶことにそもそも間違いがあるんじゃないかと思うんです。私に言わせればこれは金利ではなくて「金利を含んだ手数料」というべきだろうと。残高が毎月減っていくのに、総額に金利を掛けて計算するなんて変じゃないですか。でも「手数料込みです」と言われれば納得。(笑)

彼らのいう2.54%は住宅ローンで言う4,3%であって、金利そのものは安くても「(毎月返済しているのに)総額にその金利を掛けて総額を計算している」おかしなローン。私はローンの世界って全く知らないんですが、こういうローンって普通にあるんですか?

ですからキャッシュがあればキャッシュで全額支払ってしまう方が得だと私は思います。

でもではこの4.3%が高いのか?というと、実は安いと言えるんですね。一般的に世界中では自動車ローンほど「詐欺みたいなローン」ってなくて、日本ではかつては「ローンで売るから儲かる」「ローン会社が販売店にキックバックを出す」というビジネスモデルがありました。「現金で買うから安くしろ」なんてのは逆なんですね。ローンで買ってくれるならもう少し値引きできますなんていう時代がありました(今は知りません)。

またまとまったお金を支払いたくないという心理は誰しも持っていますし、余裕がなければローンを使うしか無い。

でも考えてみれば、「ローンにしたほうが安上がり」だなんて嬉しい話って世の中にはないんじゃないですかね。

ただ、投資の上手い人で高利回りで資金を運用出来る人は「キャッシュを抱えて自分で運用したほうが良い」のは間違いがありませんから、この程度の金利ならローンを組んだ方が良いという考えもあるはず。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

自動車ローンの金利は安いようだけれど、これは誤解。自動車はキャッシュで買うべし” への2件のコメント

  1. うーん、日本の東京三菱UFJ銀行のオートローンのところでチェックすると、適用利率2.975%となっていましたが、調べてみると、たしかに「マレーシアの自動車ローンの利率」でなく、「住宅ローンの利率」を言っているようになっていました。

    東京三菱UFJのオートローンの返済額↓
    http://www.bk.mufg.jp/sim/sim_N_mycar.html

    まあ、数学に弱い(失礼)マレーシアンにうまく言っているということですね。貸付金利が銀行預金金利を下回るはずないですからおかしいです。

    ところで、「住宅ローンの利率」ですが、計算してみると、4.3%でなくて、4.66%になりました。もう少し実質金利は高いかもしれません。

    • 検証を有難うございます。やっぱりこの手の計算って一般的ではないんですかね。あの%を掛けてしまうって「金利」と呼ぶにはおかしいですね。

      そういえば昔、宝石を売るのにローンを扱っていたことがあって、そのときは「金利」と呼ばずに「分割手数料」とよび、同じような計算をしていたような気がします。

      それとマレーシアのディーラーのサイトで計算してみると、単に金利を年数分掛けて月割にするより「ちょっと安い」んですよ。だから何か「隠された計算(笑)」があるのかもしれないと思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です