マレーシアって不思議な国だ・・・

前々から思っていることですが、そしてそれは多くの人が言うことですが、この国には我々日本人から見るととんでもなく仕事も出来ない、サービスもできない、「無能に見える人」が多いってこと。

でもそんな国が発展できるわけもなく、私が遭遇する「底辺の人たち」とは違う人達がいてこの国を動かしているのだろうと思うわけです。

ツインタワーを見るといつも思うのですが、あそこにオフィスを構え、そこで働くマレー人ってどういう人達なんだろうって。多くは中国人、外国人だけってことはありえないはず。

またマレーシアに上陸し、人と出会う機会が増えてくると、「やり手だなぁ」と思うマレー人がいるのがわかってくる。当たり前ですよね。そういう人たちがいないはずがない。

でもやっぱり不思議だと感じます。

我々日本人は「力を合わす」ことが重要だと考えるし、それぞれがしっかりしていないと組織は動かないと考える。平均点の高さは非常に大事だと考える。

そういう価値観でマレーシアを見ると「危ないなぁ」と思うわけです。

ただ最近、日本や海外、世界を見ていて感じることは、「平均点の高さより、【天才】がいるかいないかの方が大事」だと思うようになったのです。リーダーがしっかりしていれば、マレーシアのように頭脳も労働力も海外に依存することによって発展できる。

ところがいくら優秀なその他大勢がいても、日本のあのいくつかの大企業が簡単に傾いていったようにリーダーがしっかりしていないと簡単にダメになるのを見てきましたよね。

そういう意味で私は今の日本を憂いでいるのですが、政府も国家公務員もきっと狭い範囲ではすごい人達なのだろうけれど、結局、それは部長どまりの才能であって、社長が持つべき能力が無いように感じるのです。シャープにしても東芝にしてもトップはすごい人達でしょう。企業そのものが一つの国と言っても良いくらい大きい。

ところがもっと高いところから俯瞰してみれば、所詮小さな集まりでしかなく、その中のトップがその組織のことだけ、目先のことだけを考えるようになると、世界はうまく動かない。そんなことを東北大震災の頃から我々は見せつけられているような気がするのです。

ところが絶対的な権力を握った天才が一人いるだけで、「世界は変る」のだろうということも見えてきた。世界のリーダーであるはずのアメリカの大統領がちょっと甘いだけで世界は簡単に混沌の世界に入っていってしまうのを我々ははっきりみたし、でも大国とはいえないロシアでもあれだけの指導力があるプーチンが動けば世界も動く。

北朝鮮然り、あのお坊ちゃまの良し悪しは別にしても、力がなければ何も出来ないってわけじゃなくて、したたかな計算と行動力があれば世界は動く。

日本にはその力がない。そんな風に感じるのです。

そういう意味で、私はマハティール氏は天才だと思っていて、彼が何もないランカウイ島で空を見ながら何を夢見て、計画し、それを実行に移したかを想像するとワクワクしてくるのです。当然、彼をサポートする人、団体、組織があったでしょうが、やっぱりそれはマハティール氏の求心力があってこそだと思うのです。

それと企業も同じようなもので、しっかりしたリーダーがいて、それを補佐するこれまたしっかり者がいれば、「一般の従業員のレベル」が低くてもどうにかなるんだろうと。

たいしてあてに出来ない従業員しかいなかったら、それでも仕事が回るようなシステムを作れば良いのであって、日本みたいに一人ひとりのスキルの高さがなくても大丈夫なことってあるんだろうと。

当然、それで出来ること、出来ないことがあるけれど、足りない部分は「海外の頭脳、労働力を使う」ことによってどうにかなる。

サービス業みたいに教育や知識の前に「サービス精神」が大事な業種はそれに長けているフィリピン人を多用すれば問題解決できるのは、この1ヶ月間に私でも気がついた。

日本ってなんだかんだ言ってもまだ「精神論」みたいなものが幅を利かせていて、でもそんなのは全く関係ないマレーシアでは「利用できるものを利用」し、そのコストがでるのならそれでOKという考え方こそ、私は欧米的であるし、今の時代に合っていると思うくらい。

ま、そんなことをマレーシアを見て想像しています。

きっと私は企業にしてもこの国の中枢にいるような「出来る人たち」とはまるで接点がない生活をするはずですが、いつか「この国を動かす人たち」に会ってみたいという願望はあります。

マレーシアって学ぶべきところが満載で面白いと思います。でも上から目線で、あるいは違う歴史を生きてきて違う価値観をもつこの国を「日本の価値観」で見たら何も見えないはずで、それだけはしないように自分に言い聞かせています。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアって不思議な国だ・・・” への6件のコメント

  1. マレーシアってとんでもない天才が現れる国だと感じています
    マハティール元首相
    海外留学経験ないのにグラウンドデザインかける想像力
    ゲンティングループの創業者Tan Sri Dato Seri(Dr.) Lim Goh Tong(中国名:林梧桐)
    この人は本当に尊敬する人です
    「カジノやりたい?じゃああの山のてっぺんね 道無いけど」 
    作りました
    亡くなる数年前
    英語わからないのにベンチャービジネス講習会にぶらっと聞きに行って講師と講座を固まらせるというおちゃめな一面も
    エアアジア、トニー・フェルナンデス
    (エアアジア2リンギットで買収からオンタイムで見ていたので面白かった)
    スポーツでも 
    バトミントンのリー・チョンウェイ
    スカッシュのニコル、デビット
    モータースポーツでは、マレー人の………と言い出すと切りもないのでやめますが
    とんでもない天才が現れてその恩恵に被ってるのですが
    国民にその意味がわからないという悲しい事実
    マハティール退任演説(オンタイムで見ていたのが自慢)で「俺は頑張ったけどアホなマレー人は全然わかってくんなかった 泣き崩れる」は(しょってますがほぼ原文)マレーシアの縮図を言い表してると思いますよ 

    • マレーシアに天才が生まれやすいというより、天才ってどこにでも生まれているんじゃないですかね。でもその人が日の目を見るチャンスがあるのかどうか。日本の場合は政治のシステムが天才を世に出しませんし、日本流の教育システムも同じですね。それに派閥の力も加わるからどうにもならず、横並びの世界になっちゃう。

      こういうシステムそのものに問題がある場合って、そのシステムを守る大勢の人たちと戦うことになりますから、変化を望むのは無理だろうと諦めています。

      マハティールさんの退任演説を聞いていたいです。ねっとにあるかな・・・

      • ダボさま
        Welcome to Malaysia!  (ちょっと、
        日が経ってしまいましたが。。。)
        マハティール前首相が涙流したのは
        退任時ではなく、現職時代のUMNO
        の年次総会でした。彼としては
        ”Bumiputra 政策”で、マレー人の起業、奨学金や他のあらゆる面でマレー人を優先することで、中華系との経済格差を無くそうとしたのに、
        マレー人はそれに応えて努力すると思いきや、”ゆりかごから墓場まで政府が面倒みてくれるから” と安心、慢心してしまって、感謝どころか、もっと政府に要求する、と嘆いて涙を流してのスピーチでした。残念ながら何年の党大会だっかは忘れましたが、YouTubeで検索したら出て来るかも。。。。 あと、彼の著作
        “Malay Dilemma”という本にも似たようことが書かれています(この本はそのずっと以前に書かれたのですが。) 
        マレーシアはいろんな意味で観察していると面白い国ですよ。。
        それでは、早くマレーシアで落ち着かれて楽しい毎日でありますように!

  2. マレー人と付き合って彼らが言うのは、「俺達はこんな生活は望んでない、昔はたしかに不便だった電気も電話もない、でも人のつながりがあった。何故か経済的に急成長した、車やコンドミニアムもある、でも大切なのんびりした生活がなくなったんだ」と皆さんおっしゃいます(私と同世代4,50代以上)
    タクシーに乗っていた時同い年くらいの運ちゃんが「デサパークね、、、プランテーションだった」なんていわれたりたしかに私が来た当初ワンウタマより北は何もありませんでした
    望んでない人たちを先進国から来た人が見るとやる気のないバカばっかりと思いますがドッチが正しいのかというと 私には判断ができません

  3. 結局、彼らの将来は彼らが選ぶもので、それに関して、あるいは今の生き方に我々外国人がとやかくいうことではないですね。

    我々には「受け入れるか」「受け入れないか」の二者一択しかなくて、ああじゃこうじゃと批判する権利も無いんでしょう。「こうすればもっと良くなるのに」なんてのもそのサジェスチョンを求められたときに言うべき言葉で、勝手に言い散らすのは筋違いかと。(笑)

    私がかつてグアムに住もうと思ったのはまさに近代社会との違いがあるからで、他人の顔色を伺いながらへとへとになるまで働くより、椰子の木の下で涼みながらビールを飲み、釣り糸を垂れる生活がしたかったからだし。

  4. Michelleさん、有難うございます。

    マハティール氏に関しては元首相というより人間として興味がありますので、彼の若い頃、「何が彼を動かしたのか」からずーっと時系列にマハティール研究をしたいと思っています。

    その著作も読んでみますね。楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *