信じられないAirbnbのオーナー。これがマレーシア流か?

Airbnbで放浪生活を続ける我が家ですが、明日はまた移動日です。

普通Airbnbの場合はチェックインが14時か15時以降。チェックアウトは12時ってだいたい相場が決まっています。ホテルと同じですね。

明日のチェックアウトも申込時に12時ということに決まっています。

ところがですね、オーナーから連絡が入ったんですよ。

「9時から清掃人を送ります」と。(@_@)

12時にチェックアウトという決めがあるのに、9時に部屋の掃除人が来るってどういうことよ。

まだその時間はチェックアウトの用意も出来ていないし、下手をすればシャワーを出たばかりでパンツいっちょってうろうろしているかもしれない。これはヨメさんとて同じで、髪の毛は濡れてちゃんとした服も着ず、化粧もしていないスッピンのはず。

こんな時に、「掃除に来ました~~~」なんて赤の他人が部屋に入ってきたらどう思います?

このオーナーって馬鹿じゃないかと思って、その理由を聞いたんですよ。

すると「14時に新しい客が来るから、それまでに掃除を完了したい」と。

新しい客が来るかどうかは我々には関係がないし、そうだとしたら次の客のチェックインを遅らせるとか、ホテルみたいにチェックアウトからチェックインまでの時間にどうにか終わるように努力するのが当たり前で、暗に「早く出ていってくれないかな~~」みたいなのは冗談じゃないですよね。

仏のダボもブチ切れました。(笑)

ってのは嘘で、「10時にしてくれないか?」と頼みました。すると「まずはバスルームとキッチンの掃除から始めるはずで、9時から始めてもあなた達の邪魔にはならないはずだ」とヌケヌケという。

ここで仏のダボは本当に切れまして(笑)、何を言ったか。

「OK,それでいいでしょう。我々は9時には出ます。しかしこれはあってはならないことだ」と。

するとオーナーは「では10時に出ていただくということでいかがですか?」と。

私はそれを了承しました。

おかしいでしょ~~~。酷いでしょ~~~。こんなことは日本ではありえないし、世界的にも異常なはず。

でもね、これが世界だと私は思うんです。オーストラリアも似たようなことって結構起きるんですよ。前に自宅を売る件で、隣の住人にうまくやられちゃった話を書きましたが、あれと同じなのね。日本みたいに「相手のことを考える」文化じゃない。

まずは「自分の希望を言ってみる」ってことなんですね。

ここで日本人はびっくりして腹を立てたり、あるいはブツブツ言いながらそれを受け入れたりする。

でも相手は「自分の希望を言っただけ」ですから、それに対して我々も「我々の希望を言えば良い」ってことなんですね。そしてすり合わせをして結論を出す。

日本人は本当にこれが下手くそだというのを私はオーストラリアで学びました。

お互いに言いたいことを言えば良いんですね。これが苦手なのは日本国家も同じで、外交が下手だってのはこれですよね。相手に何か言われるとそれを真に受けて「大変だ~~、どうしよう~~~」と大騒ぎになる。

でも海外ではお互いに言いたいことを言い、そして協議して落とし所を見つけ「契約」をする。だから契約書は大事になるし、約束は絶対的な力を持つ。そしてそれが履行されなければ弁護士の出番となる。

これが契約社会の動きであるし、ここマレーシアもその点では同じなんでしょう。日本人が信じる美徳ということで、言いたいことも言わず、ニヤニヤしていたら「実は馬鹿にされるだけ」というのはここマレーシアでも同じだと思います。

かと言って、理不尽なことを言われて切れる日本人も短絡的なんですよね。「お前はそうしたいの?でも俺はこうしたい」と言えばいいのに、それをいわずに切れたら、こいつら日本人って頭がオカシイのか?って思われるだけ。

要は「怒ることなく、へつらうことなく、ニコニコしながら【言いたいことをガンガン言えば良い】」ってことじゃないんですかね。

このコンドのオーナーは中国人です。相手を思う前に「自分の希望を言う」のに長けている人たち。これは程度の差こそあれオーストラリア人も同じでした。ただオーストラリア人の名誉のために書いておきますが、彼らに「恥の文化」はありませんが、「フェアであること」に関しては非常に真面目に考える人達だと思います。ズルを嫌う人たち。もちろんおかしなやつはどこにでもいますが。(笑)

彼らがおかしいのではなくて、日本人こそがおかしいのであって、「日本ではありえない」というのは「同じ民族同士で同じ価値観を大事にし、【マスターベーションをしている】のと同じ」かもしれないという発想は大事だと思うんです。

とは言いつつ、私は根っからの日本人ですから、こういうことがあると切れます。(笑)

ま、そんなこんなで12時にチェックアウトの約束が10時になってしまいますが、この話を聞いたヨメさんもかなり怒っていました。常識がないと。

でも面白いもんで、こういうことが起きると日本人は日本人らしい反応をするんですよね。

ヨメさんは何も言っていませんが、きっと明日の朝から張り切って「掃除とはこうするのだ」というほどまでピッカピカにするはず。もちろん臭いタオルや枕カバー、シーツもきっちり洗濯して綺麗に折りたたんで、テーブルの上に置いておくはず。

そんなことをしても掃除人が楽をするだけで、オーナーは何も気が付かないでしょう。でもそんなことはどうでも良いんですね。

これが日本人の意地なんですから。(笑)

ところで、この話はここでは終わらないんです。

明日はチェックアウトしますが、その後、新しいAirbnbにチェックインするわけです。で、そのチェックインの時間は14:00ということになっている。ま、普通ですよね。

ところがですね、次のAirbnbのオーナーから連絡が入ったんですよ。

「自分はチェックインに立ち会えないけれど、代理人が行くから【11時にコンドの前で待っていてくれ】」と。

面白いでしょ~~~~?

チェックインの約束は14時なのに、11時にコンドの前で待っていてくれと。

今のコンドを10時に出て、次のコンドは11時にチェックインと「オーナーの都合」で変わりましたが、結果オーライ。(爆)

マレーシアって楽しい国ですね~~~~~~~~~。

毎日こんな感じで過ごせるのだろうか。

楽しみ楽しみ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

信じられないAirbnbのオーナー。これがマレーシア流か?” への4件のコメント

  1. 嫌だったら断っていいですよ
    とりあえず言う人ばっかりだから
    断るは本当に断るで

    • 私は、自分は結構言う方だと思っていましたが、まだまだですねぇ。相手に飲まれてしまいます。(笑)

  2. マレーシアあるある出すね。。。私M最初は言われるがまに相手の要求をのんでいましたが、最近はチャイニーズアンティも負けず主張するようになりました。子供にもこのあたりの姿勢を知ってもらいたいのもあり。ところで今日はモントキアラ内の移動ですか?木曜日恒例の市場がプラザモントキアラで開催されます。野菜や果物、各国料理、雑貨から洋服、本等々。大体お昼過ぎあたりから賑わいます。お時間があれば覗いてみてくださいね~。

    • 彼らに合わせて(ずーずーしく)言える自分になるのが良いのかどうかは難しいところですよね~~。(笑)

      木曜日ですか?うーーむ、先週か先々週か、プラザダマスの広場で何かやっているのに遭遇しました。あれのことかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です