HSBCはやっぱりアホだった

銀行関係ではいろいろと苦労しているのは書いていますが、今回はHSBCの話。デビットカードを使ったときにSMSで電話に連絡が入りますが、なぜか私のスマホではなくてヨメさんのスマホにSMSが入る件。

これをどうにかしようとHSBCに行ったのは今日が3度め。

やっと解決しました~~~。

モントキアラのプラザモントキアラのHSBCに行きました。こんな手続きはどこでも出来るはずですから。

用件としては「私の個人情報の確認をしたい」ということでブースに行きました。そして「住所」「電話番号」「パーマネントアドレス」などを聞きました。

全く問題なし。ちなみに私のパーマネントアドレスはマレーシアになっているとのこと。

そこで、「なぜSMSは私に入らずにヨメさんのスマホにはいるんですかね」と聞いたんですよ。するとHSBCの男性スタッフがモニターをいじりながら、「理由がわかりました」と言って、モニターを私にも見せてくれました。

そこにあった電話関係のデーターですが、

○ 電話番号の欄に私の携帯電話番号

○ 携帯電話の欄にヨメさんの携帯番号

いわゆるどこでもそうですが、自宅の電話番号は固定番号、そしてFAX番号があって、「携帯電話番号」という欄があるじゃないですか。なぜか私のデータなのに、携帯番号のところにあるのはヨメさんの携帯番号。

これが理由だとわかりましたので、それの変更をお願いしました。

彼いわく、ヨメさんのデビットカードは同じ口座のカードで、いわゆるサプリメンタリーカードなんですね。家族カードですか?

つまり元は私なわけで、誰がデビットカード、家族カードを使っても「その口座に登録されている携帯にSMSが入る」と。

なるほどね。でもこれは想像していたとおりでした。だから今後はヨメさんが使っても私の携帯にSMSが来る。これはこれでOK。

ではなんでこういうバカみたいなミスをしたんでしょうね。これを考えてみますと、まず私が元ですから私のデータをいじりますよね。そして携帯番号の場所にも私の携帯番号を入力する。そして終了。

その後、ヨメさんの番です。ヨメさんの携帯番号を入力するときに、私のデータに上書きしたってことでしょう。

「口座の電話関係のデータは元の人のデータしかない」ということを知らないスタッフだったばあい、こういう上書きを平気でしてしまうんじゃないでしょうか。

このミスをすぐに見抜いたHSBCのスタッフですが、インド人の男性かな。彼に言ったんですよ。「このSMSのためだけに、私は3度HSBCに来た。でもその問題点、解決方法に気がついたのはあなただけだ」と。

彼は手を広げて笑っていました。

マレーシアは幸せな国だ~~~~~~~~~~~~~~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *