Airbnbはギャンブル。どんな部屋かは運次第。

Airbnbを使いまくっていますが、これって本当にギャンブルと同じですね。写真や口コミからじゃわからないことばかり。

ちゃんと写真を精査して、どの地域のなんていうコンドかはっきりさせて(申し込むまでそれは教えてくれないのが普通)、口コミの評価も調べて申し込んでいますが、それでもやっぱりハズレがあります。

極論を言えば、Airbnbに良い部屋はないと言っても良いかもしれません。良い部屋なら普通にレントに出せばよいはずで、稼働率を50%以上で維持するのはかなり難しいAirbnbに出しつづけたいオーナーが多いとは思えません。

実際に、「このコンドに良い部屋があったら長期で借りようかと思ってる」とカマをかけてみますと、ほぼすべてのオーナーが「ここはどうだ?相談に乗るけれど」と言います。中にはこのコンドの他の部屋もいくつか紹介できるというオーナー(?)もいます。

どうも不動産のエージェントがAirbnbを管理しているケースが多々あるようで、長期のレントに出したいけれど、それが決まるまではAirbnbで稼ぐというビジネスモデルが定着しているんじゃないですかね。レントで貸し出しができないのなら、稼働率が低いにしてもAirbnbでいくらか稼げればオーナーに文句はないはずで、エージェントも良いこずかい稼ぎができるはず。

ただ長期に貸したくても借り手がいない物件であると言っても良いようなものが多くあるような気がします。欠点というほどじゃないにしろ、問題がなくはない物件が多いような気がします。

コンドはそこそこ良いのに、そのユニットのフロアプランが変だったり、目の前に大きなビルが建設中だったり。あるいは長期で出すにはリノベーションが必要だけれど、手をかけないでとりあえずAirbnbに出しているみたいな。

実際に今まで問題が何もなかった部屋ってありませんでした。

〇 Wifiが使えるはずだけれど、使えない(つながるけれどスピードが出ない)。
〇 バスタブがあるのにお湯をためると途中で水になって使えない。
〇 冷房が壊れていて動かない部屋がある。
〇 目の前がビルの建設中でうるさい。(この部屋は将来的には完全に陽が入らないユニットになるのがわかった。高級コンドなのにどうするのかと心配になるくらい)
〇 キッチンのガスコンロの火が付かない。
〇 洗濯機が壊れていて使えない。(これはK Residenceも同じで、私が直した 笑)
〇 家具がお粗末。これは当たり前だと思います。見ず知らずの誰が使うかわからないのに良いものなんか置きたくないですもんね。
〇 リノベーションが必要なのにしていない。これも良くあるケースで、これじゃレントに出しても誰も借りないだろうみたいな物件がある。これに当たると腹が立ちますがしょうがない。
〇 シーツやまくらカバーをちゃんと洗濯していない。これが結構あるんですよ。ベッドに寝たら酸っぱい匂いがしたとか、枕が臭くて寝られないとか。大体タオルはちゃんとしているんですが、シーツ、まくらカバー、寝具類はかなり危ない場合が多い。チェックインした直後にヨメさんが全てのシーツ、まくらカバーを洗濯したユニットもありました。

あとはどんなことがありましたっけ。ま、とにかく問題が何もないということはいまだかつてありません。

ただですね、ユニットには問題があってもオーナー(担当者?)は全て良い人ばかりでした。一生懸命やっているのがわかります。だからユニットに問題があっても文句を言おうとは思わないし、口コミにそれを書けないんですよ。なおかつ、チェックアウトした後に「ぜひ星を5つ付ける評価をしてくれ」って頼まれたり。

だから私はAirbnbの評価をかなり重要視するけれど、なかなか本当のところは見えないかもしれないと思いました。少なくとも私は「問題があった」とは一度も書いたことがありません。(笑)

でもま、一泊だけどか、旅行でとりあえず寝泊りができればということならそんなAirbnbでも十分でしょうが、我々みたいにそのコンドを将来的に借りるつもりで、そこでの生活シミュレーションをしているものとしては、そういう問題が起きると非常にこまるわけです。

どうにか我慢できたとしても、次に泊まるのもAirbnbですから同じ問題が続いたらアウトなんですね。

それと生活体験ですから荷物も凄いことになっているわけですよ。鍋釜は持って移動していませんし、家財道具と呼べるものはないにしてもかなりの量です。例えばこんな感じ。

dsc_02942016_9_r

この荷物を持って毎日移動するわけにもいきませんから、最低3泊と決めていますが、それでも結構忙しいんですね。でも長くすると怖いわけです。

例えば前に書いたコンドですが、初日に「もうここはいいわ」って思うケースもある。そういう場合、そのコンドに泊まり続けることは苦痛にしかならないんですね。経済的にも無駄なんてもんじゃありません。だから3泊というのは「どうにか我慢ができる日数」ということでそうしています。

でもやっぱり短期での移動って疲れます。もうそろそろ一か月になりますが、慣れるどころか疲れがたまるばっかり。

中には本当に良さそうなところもあることはあるのね。でも代金が高かったり、予約ができなかったり。

ああ、ここで一つAirbnbで部屋を探すときの大事なポイントがありますのでそれを書いておきます。

普通、旅行するときには日程が決まっていますよね。だからAirbnbもその日程、人数で検索するはず。ところがそういうやりかたをしていると「人気のある良い宿」はヒットしないんですね。その日程で空いてなければヒットしないのは当たり前。

だから「どこか泊まれれば良い」というのなら関係ありませんが、「良い場所に泊まりたい」と思う場合は、「日程を入れずに検索する」のがポイントです。するとすべての宿がヒットするはず。で、良いのがあれば、空いている日に合わせて日程を調節することも必要になる。

ま、我々みたいに「泊まることそのものが目的」という旅行は少ないから関係ないでしょうが、もし我々みたいに気になるコンドに泊まってみたい場合、上に書いたやり方をしない限り、そのコンドはヒットしないかもしれない。あるいは人気のない部屋しかヒットしないということが起きる。

正直なところ、Airbnbはちょっくら疲れてきました。10日ぐらい、ちゃんとしたホテルかコンドでゆっくりしたい~~~~~。(笑)

でも面白いですよ。毎日発見がありますし、毎日自分の中に経験が溜まっていくのがわかる。自分自身もヨメさんも息子も毎日変わっていくのがわかります。

で、変わった結果どうなるのか?そこまでは全く分からず。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

Airbnbはギャンブル。どんな部屋かは運次第。” への4件のコメント

  1. お風呂のお湯が途中で水になるのは多くのコンドミニアムでそうだと思います。湯沸かし器の容量が小さいので、一度にお湯にできる量が浴槽より小さいためです。
    対策としてはお風呂に入る15分前くらいに湯沸かし器のスイッチを入れることですが、バスルームの上の天井を覗き込めれば湯沸かし器のサイズが見れると思いますので、大きいものがあるところを選ぶのが良いかもしれません。大きいものがあれば、の話ですが...。

    • 多くのコンドがそうなっているんですか。

      困ったなぁ・・・。

      でもそれも慣れですかね。

      お風呂にちゃんと入れないせいか、ヨメさんの乾癬もひどくなっているみたい。

  2. ダボさん、お疲れ様です!KLにいらした時期と、私の仕事始めが重なり、ご連絡も差し上げず失礼いたしました。ブログは仕事の合間にこっそりと読ませて頂いております。車も住まいも、実際来てみないとわかりませんよね。。。我が家も未だ着地点が見出せないポイントもあります。時間はかかるかもしれませんが、ある程度の「落ち着ける」着地点が見つかることを願っております。モントにお戻りの際は声をお掛けください!今は体調が悪くて禁酒しておりますが、よければ我が家の台所でも使って、楽しくご飯でも(作って欲しいというわけではありませんが汗)。お兄ちゃんともまたお話ししたいですし、奥様ともお会いしたいです!

    • お久しぶりです~~~。

      仕事が決まりましたか?おめでとう御座います。どんな仕事なのかな~~。

      我々はまだドタバタと放浪の身ですが、そのうち落ち着くはずで、そうしたらゆっくり酒盛りでもしましょうね~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *