アホなHSBCでもやればできるじゃんと思ったけれど・・・&Maybankその後

息子のHSBCマレーシアの口座にフォーレンカレンシーの口座を開こうと思い、プラザモントキアラのHSBCに行って手続きをしましたが、なんの音沙汰もなし。

ったくよ~~と思いつつ、その話をStep1の中村社長に愚痴ったところ、USJ10のHSBCに来てくれればどうにかしましょうと言われ、早速そのお言葉に甘えてUSJ10のHSBCで手続きをしました。

その後、4,5日してからでしょうか。オンラインバンキングで口座を調べたところ、新たに「豪ドル口座」「米ドル口座」ができていました。「日本円口座」は必要ないので作りませんでした。

ちなみに、外国通貨の口座はトータルで2万リンギットを常時入れておくように言われています。それに足りないと毎月RM10かな?引かれるそう。

これでやっとHSBCはどうにかなったと思ったのですが、まだ問題がありました。

デビットカードを使用したときのSMSによる連絡です。

私は日本のクレジットカードをペナンで使い、しっかりスキミングされたのでしょう、その後、「台湾で使いましたか?」と日本から電話があり、スキミングが発覚したなんてことがありましたので、このSMSで連絡が来るというのは非常に良いサービスだと思っています。

で、息子のカードは使えば息子のスマホにSMSがすぐに入る。

これと同じように私のカードを設定したのですが、いつになってもそれが有効になっていません。

ところがですねえ、今日、あることに気が付きました。ヨメさんが変なSMSが来るっていうんですよ。調べてみたら、私のカード利用のSMSがヨメさんのスマホに送られていたということ。(笑)

あのね~~~~

ヨメさんのカードを使うと誰にSMSが入るのか、入らないのか、それはまだ実験していませんが、HSBCの仕事も惜しかったですね~~~。もう一息で完ぺきだったのに。

Step1の中村社長の神通力を使ってもHSBCができるのはここまでか・・。(笑)

中村社長に「外国通貨の口座は開けたこと」と「SMSがちゃんと来ないこと」を報告したのですが、中村社長は「では電話番号の変更用紙を持っていきますので、パスポートのコピーを用意しておいてください」ですと。(@_@)

HSBCがタコでまともに仕事ができない尻ふきを中村社長がやっている。なんだかこれっておかしくないですかねぇ。

中村社長がやってくれるとなれば私としてもお願いしたくなりますが、こういうのってやっぱり駄目だと思うんですよ。

私のお尻を中村社長に拭いてもらっているような気がしてきます。(笑)

なんで小学生でもできるようなことをHSBCってできないんですかね。でもできないのだからしょうがなくてどうにかするしかないわけですが、それを我々が自分でできないってのは、我々もこのマレーシアに住む資格がないってことだと思うんです。

だからSMSの件ぐらいは自分でまたどこかのHSBCに行って変更してもらうかと思っています。

ああ、それとですね、Maybankですが、またどうせ放置されるのだろうと思ったところ、電話が入りました。普通口座を開けるようになりましたので、来てくださいと。

ほんとですかね?

この前もそういう電話をもらって行ったのに作れなくて、窓口の女性は「わからない」でおしまいにしたのに、どうして今回は大丈夫だと言える?

でも信じるしかないですよねぇ。 

我々もマレーシアのペースになれるしかないんじゃないかと・・・。

こんなバカみたいなことばかりやっているMM2Hの人って多いのだろうか。今まで多くのブログを読んできたけれど、今回の我々みたいにうまくいかずに振り回されるばっかりのレポートって読んだことがありません。

でも我々はついていないって思うんじゃなくて、こういう経験がマレーシアに来てすぐに出来てラッキーだったと思うようにしようと思うんです。

こういう経験は早いうちにした方が良いんじゃないかと・・・。

って負け惜しみか? (爆)

ーーーーーーーーーーーーーー後記ーーーーーーーーーーーーーーー

ヨメさんのデビットカードを使って支払いをしてみました。

すると来ましたよ~~、SMSが、ヨメさんのスマホに。

凄いじゃないですか~~、HSBC、やったぜ。

で、私のデビットカード利用のSMSはどうするんだ?

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

アホなHSBCでもやればできるじゃんと思ったけれど・・・&Maybankその後” への6件のコメント

  1. Daboさん、私はDaboさんの尻拭いをするのではなく、間違えた原因と対策をするためにHSBCに出向きます。
    申込書を確認して、HSBCの担当者がミスしていたのならば、次回から同じミスをしないように指導しますし、もしかしたら、Daboさんが間違えて記入したと言う事も考えられ、この場合ならば、彼女らの汚名返上の一翼を担えるかと・・・・

    まぁ何れにせよ、私は毎日の様に彼らと付き合っていく立場で、この様な失敗をされたら私自身が困りますので、行きつく所、自分の作業を円満に進める為の行いですのでご遠慮せずに完結するまでお任せください。
    ここだけの話、前回の担当者の子だけはまだ新人さんで、気は凄く良いのですが、チョンボも多いので注意が必要です。 銀行員と言えども一緒に仕事をしていて成長する姿を見ると嬉しくなりますよ。

    • 私が番号を書き間違えた?ヨメさんの番号に?

      私はヨメさんの番号もまだ正確に覚えていないのに間違い様がないと思うのですが、私もぜひその申請書を見てみたいです。そしてもし彼女が間違えたとしたらなぜそんな単純なことを間違えたのか知りたいです。

      でも普通は一人ひとりの処理をするのに、3人いてみんな名字が同じですから画面を見ながら気が付かなかったのかもと思っています。それにしてもアホ過ぎますが。

      私は銀行員にはプロであることを求めますので、マレーシアの銀行はやっぱりほどほどの付き合いにしておこうと思います。

  2. Maybankの件、続きを楽しみにしています。

    寿司、賭けなくて良かったのだろうか・・・・・?

    • 住居によってテリトリーがあるのは知りませんでした。私が知っている限りではペナンでもKLでも聞いたことがなかったので。

      私は、最上級のクレジットカードを申し込もうとしているダボさんを、モントキアラのソラリスの支店が逃すはずはないと思っていましたが・・・この先どうなるんでしょうね。

      • リカさん、今までHSBCじゃなんじゃと行っていて思ったことは「上客だからうまく捕まえておこう」なんていう意識は誰も持っていないであろうってこと。

        自分にインセンティブが入らない限り、そういうことは一切考えない人たちの様に思います。たとえ支店で顧客獲得キャンペーンをやろうと彼らは自分のやることだけ淡々とやるだけじゃないかと。

        本当に自分の会社のことを考えている人なんているんかいなと思っています。

        マレーシアに来てから「労働とは何か」を随分考えさせられました。これって実はオーストラリアも同じで、日本人みたいな向上心を持つ人は非常に珍しいのね。

        それこそ昔の内職じゃありませんが、自分が手を動かした一工程でいくらもらえるのか、そんなことしか考えていない人たちのような気がします。

        でもそれがうれしいと思うのです。日本人に取ってはその違いが国力の違いとなって表れているはずで、競合相手は少ないほうが良いし。(笑)

    • 今回は大丈夫そうな気がするんですが、「開けますから来てください」ってのは前回の電話と同じなんですね。

      これでまた「やっぱり開けません」なんてことになったら・・・。

      いやいや、それを楽しむようにしようと思います。笑いのネタにでもしないとやってられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です