スリアKLCCの伊勢丹でイタズラをしてきた

スリアKLCCの伊勢丹でいろいろ買い物をしたのですが、その後、和菓子を買って両親のコンドに遊びに行こうと思ったんです。

で、源吉兆庵があったのでいろいろ見ながら何にしようかと考えていたところ・・・

店の中にはスタッフが二人、若い男女ですが、スマホを一生懸命叩いていて全く仕事をしていないのに気が付きました。私が小さな店舗をぐるっと回りながら何にしようか考えていても見向きもせずにスマホに一生懸命。

そこで私は彼女の真後ろ立ち、ちょっと大きな声で言ったんです。

「Are you busy for playing games?」

って。(笑)

二人共豆鉄砲を食らったような顔をして、恥ずかしそうに私を見てすぐに応対を始めました。何も聞いていないのに商品説明をしだしたり。(笑)

買うものを決めてお金を払うときにオマケで一言付け加えました。

「私はこの店のエリアマネージャー(そんなのあるのか? 笑)の友人だけれど、今日のことは黙っておく。でも気をつけないと職を失うぞ」と。

その後、少々買い物を続けて、フトその店を遠くから見てみますと、女性の方はまじめに仕事を始めましたが、男性はまたスマホに向かっていました。しょーもねーアホだ~~~~。いや責任者が手抜きをしているのかもね。あるいはそもそも源吉兆庵自体がお付き合いで出店しているだけでやる気が無いのかも。

日本サイドの責任者はこういう状態だってわかっているんだろうか。他の店のステッフは結構忙しそうにしているし、頑張って売り込みをかけているのに。

しかしマレーシアって面白い国だわ。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

スリアKLCCの伊勢丹でイタズラをしてきた” への2件のコメント

  1. daboさん
    イタズラのお気持ちにとても共感します。同じ事迄は出来ませんが。。多少似た事をしてしまいそうです。。。

    わたしは、今日午前中まで台湾南部に体験滞在旅行を9日間してきました。現地にも源吉兆庵が有りました。スマホに熱中してる印象は無かったですが。
    台湾での勤勉さ、誠実さ、治安や清潔感は、マレーシアと日本の中間の印象を持ちました。安価な外食は日本人向きで、価格も中間或いはマレーシアと同等の物も。

    わずかなマレー人との接点しかない私にはコメントの資格は無いかもしれませんが、マレーシアのような産油国で常夏でいつでも容易に果物が手に入るキリギリス生活が出来る環境の人々に、冬に備えるアリ生活の国民性を基準に勤勉さを期待するのは、すれ違っているかもしれないなんて思うこの頃です。

    今回の対象者は、華人でしょうかねえ。だとすると確かにもう少し勤勉さが欲しいって気もします。

    • 売り場にいた二人ですが、女性は華人、男性は浅黒い肌をしていました。

      伊勢丹自体は非常に混雑していてどの店舗も賑わっていたので、下を向いたままでスマホに一生懸命のこの二人は非常に目立ちました。

      なぜこういう風なのかは色々想像できますが、これを日本的価値観で改善しようとするとかなり難しい物があるんでしょうね。私だったら「このレベルを基準」にして、それで経営が成り立つような計画を練るかも。(笑)

      ああいう姿を見ると「カチン」と来てしまう私ですが、まだまだ修行がたりないと思いました(笑)。実はゴールドコーストもここまで酷くはありませんが似たようなものがあると思います。シドニーやメルボルン出身の連中とは動きが違うのが普通ですし。

      ゴールドコーストってネジがちょっと緩んでいる感じがする場所ですが、マレーシアはもう二回りぐらいネジが緩んでいると思えば、なんてことないのかもしれません。(笑)

      できることなら他の国や場所、人種とマレーシアを比べること無く、「これがマレーシアなのだ」と素直に受け入れることができるように早くなりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です