待望の「St.Mary」にチェックイン。でもここを長期に借りるのはパスしようとすぐに結論が出た。

楽しみにしていた「St.Mary」にチェックインしました。

約束の時間より早く着いたので、G階にあるお店で珈琲を飲んでいたのですが、ヨメさんはかなり気に入った様子。街のど真ん中だけれどそれなりに緑があって、大通りに面していないので車の通りも多くはなく、恵比寿か代官山みたいな雰囲気があるねぇ、なんて話していました。

時間が来てコンドの中に入りましたが、都会の喧騒は全く関係ないような雰囲気で良い感じ。部屋もまぁまぁ綺麗。作りも良さそう。

dsc_0163_2016_09r

dsc_0162_2016_09r

St.Maryというとこういう写真がネットに出てきますし、こういうのを見るとかなり高級感があるようですが、ユニット全体は思ったほどではなく、そこそこ良いという程度。

dsc_0159_2016_09r

dsc_0160_2016_09r

3BRの一部屋は窓もなくトイレもなく、独居房のような部屋で、そこに泊まることになった長男はずーっとブツブツいっていました。よくあるメイド部屋ほど酷くはないものの、ちょっと広めのメイド部屋と言っても間違いはないはず。

それとですねぇ。ここは3棟コンドが建っているようですが、我々が泊まったユニットは眺めがそんなに良くない。そして、なんとその狭い眺めのところにビルが建設中。これが出来たら完全に眺望は遮られてビルに囲まれたコンドとなるのは間違いない。

こんなすぐ横にビルが建設中のコンドに住むってどうなんでしょうか。良い風が入るようなコンドではなくて完全に窓は締め切って冷房をかけっぱなしにしていますが、それなら外の五月蝿い音は入ってきません。コンドの敷地には自然があるような感じがしますが、なんだか部屋そのものははビル街の一室という感じ。

息が詰まる様な感じがしないでもありません。

最初は喜んでいたヨメさんですが、段々と顔色が暗くなってきました。そして私と長男が二人で近所の散策で30分ほどでかけていたのですが、帰ってきたらヨメさんが「ここはやっぱり駄目だわ。寂しすぎる」というのです。

我々が出かけてから「取り残された感」が強くあった様子。つまり、このSt.Maryは街のど真ん中に建っていますが、周りはオフィスビル群なんですね。ショッピングセンターやショップロットがすぐ近くにあるわけでもなく、小さな小さなしょぼいコンビニがあるだけ。

でも歩いて10分15分。車で5分も走ればそこはブキビンタンであり、ジャランアローであり、KLCCであるわけですが、多くの日本人のように10分20分歩くのはなんでもないという我が家ではありませんし、糞暑い中、あるいは荷物を持って歩くなんてとんでもないわけです。

ですから車を運転するわけでもないヨメさんにしてみると、「陸の孤島」に取り残された感があるんでしょう。なんだかんだと文句を言っていたミッドバレーはその点、やっぱり良いよね~なんて言い出しました。

これには私も息子も同じことを感じていて、(我々の感覚の)徒歩圏内には「何もない」と言って良いような場所。オフィスとどうでもよさげなお店がいくつかある程度。ただし、St.Maryにはあの有名な「日向」があります。

部屋も大きな部屋なら随分違うと思うのですが、1500スクエアフィートでもそれぞれの部屋は小さい感じがしますし、キッチンはオープンキッチンなんですが、すぐ横にダイニングテーブル、リビングがあって、「大きめのワンルームマンション」的な雰囲気の部屋。もちろん(私が楽しみにしている)ウェットキッチンもない。

じゃぁ、大きな部屋を見てみる?とヨメさんに聞いたのですが、もうすでに興味を失っている様子。

St.Maryは上質のコンドと言って良いはずで、かなり楽しみにしていたのですが、空振りです。

聞いてびっくりしたのですが、どうも住人の6割近くが日本人だとのこと。またオーナーも日本人が6割ですと。凄いですねぇ。ただし、MM2Hというよりビジネスマンが多いらしい。この近辺にオフィスがある人には便利なんでしょうし、部屋も都心のコンドって感じがします。

我々はゴールドコーストみたいな田舎に長い間住みましたから都会に憧れていますが、やっぱりこれでは「都会すぎる」感じがします。

St.Maryを見せたらヨメさんは「ここにする~~」というと思っていましたし、その通りになりましたが、1泊もしない数時間のうちに「ここはパスだね」という結論が出ました。

パッと見た感じは良いコンドですし、ロケーションだってKLCCにもブキビンタンにも近いし、すぐ目の前にはモノレールも走っていて便利な気がしますが、ここは東南アジア。日本みたいに外をテクテク歩くことがない場所ですから、その辺を見間違えると大変なことになると思いました。

でも「どこに行くにも車」と割りきってしまえば良いのでしょう。でもそれなら都会のど真ん中の必要もないわけで、やっぱりここは「ビジネスマン」には最適って感じでしょうか。

でもま、これからここに3泊しますし、その間にまた違うものが見えてくるかもしれません。

私としては「ここが良い~~~」と騒ぐヨメさんをどう言いくるめて他のコンドを見せようかと考えていたのですが、その必要はなくなりました。でもSt.Maryと言えばトップクラスのコンドですし、「ここはダメだ」なんて思う我々が満足するようなコンドってあるのかどうか、気になってきました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

待望の「St.Mary」にチェックイン。でもここを長期に借りるのはパスしようとすぐに結論が出た。” への4件のコメント

  1. 平日に宿泊したら、奥さんはもっと拒絶したと思いますよ~、

    • なるほど~。

      ここに聞いたのは土曜日、今日は日曜ですが、「思ったより混雑してない」と感じています。でもそれは土日だからなんですね。

      明日はどんなになっているかが楽しみです。

  2. 裏の工事に面しているユニットとプールに面しているのではだいぶ印象が違うでしょうね。
    B2の駐車場から出れば、車でも歩いてでもスリアまであっと言う間です。
    ちなみに、日本人が6割なんて、ありえませんよ。

  3. おっしゃる通り、棟の違い、向きの違いで随分差があると思いました。我々が泊まったユニットはいろいろ問題があって、レントに出そうにも難しいからAirbnbにしているんじゃないかと。

    実はSt,MaryのAirbnbは3件あったのですが、我々が泊まったユニットが一番残念なユニットの様子。

    スリアが近いかどうかは主観の問題であって、物理的な距離は関係ありませんから難しいところですね。

    日本人の割合も私は眉唾だと思いました。3日いても日本人らしき人とは合わなかったし。でも日本人がかなり多いとAirbnbの主が言っていましたし、6割が日本人というのはあそこに常駐しているコンシェルジェの談ですから、6割は大げさにしてもかなり多いのかなとは思いました。あの辺に会社があるビジネスマンには良いと思いますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です