ゴールドコーストの魚の食べ納め。さて何を食べたでしょうか

さてさて、ゴールドコーストの魚ですが、あれも美味しくないこれも駄目だと文句を言い続けて何年経ちましたかね。でもやっぱり慣れてしまうもんで、贅沢は言わずに地元の魚や日本食材店の魚を食べてきました。

地元の魚ではやっぱり「アルファンシノ」(多分、キンメ)が一番美味しかったと思います。刺し身でも焼いても煮ても美味しい。でも当たり外れがあって、ある日本食材店でニュージーランドから入荷したものをごっそり買ったことがありますが、食べられるようなレベルじゃありませんでした。でもいつもこのブログで紹介している日本人の魚屋=Real Fishのものはハズレなし。

アルファンシノ。

DSC_00021511_R

それとOrange Roughyって化物みたいな顔をしている魚も美味しかった。

Orange Raughy(ヒトウダイ)。

Xperia-0119-1

あとはお馴染みのバラマンディ(スズキ目・アカメ科)だの真鯛(パサパサで美味しくない)だのありますが、私はそれらには興味がありませんでした。

意外に一番お世話になったのは「お財布にメチャ優しい」BASAですかね。スーパーでもフィッシュアンドチップスの店でも一番安い魚がこれ。白身で美味しいと思うんですよね~。日本でもお弁当とかの白身フライはこれが使われているケースが多いと。でもねぇ、「ナマズ」だなんて聞くと食欲が失せますよね。でも私はこれは結構好きでした。日本風に調理するのも良いし、安いから多めに買ってすり身にしたり。

アンコウ(Monk Fish)も見つけると買いましたっけ。でも日本のアンコウをイメージすると全く別物で、火の通し方が難しくて下手をすると硬くて美味しくもなんともない魚。

刺し身系でいうと、やっぱり「本マグロ」ですね。インドマグロなんでしょうが、釣りで釣られるものもあれば、オーストラリアでは畜養をやっていまして(子供を捕まえて育てる)、日本に入っているオーストラリア産本マグロってほとんどがこれのはず。

それとヒラマサ(King Fish)は抜群に美味しいと思います。でも大型で脂が乗っていないと駄目。

鮭?鮭は子どもたちが好きでしたが、何はなくても鮭だけはあるってのがジャパレスも魚屋も同じで、私としてはどうでも良い魚の部類。飽きました。でもこれでフレークを作って常に冷蔵庫いれておくのは我が家のお約束。(笑)

オーストラリアにはいろんな魚がいて、美味しいのもいくらでもいるんでしょうが、商業ベースに乗らないものは獲らないんですね。基本的には大きな魚で三枚におろして「フィレ」の状態にならないものは獲らないし食べない。アジとかイワシを食べるオージーってかなりの変わり者で、普通、アジ、イワシは「魚釣りの餌」でしかない。

基本的にナイフとフォークで食べられる魚じゃないと駄目なんですね。小さな魚を「箸」を使ってたべるなんてことはしない。

また根魚もいろいろいるんですよね。カサゴとか。でもそういうのってイタリア人、ギリシャ人はどうにかスープにしたりするんでしょうが、大きな切身になりませんから漁師も獲らない。売っていても売れないんでしょう。

それとですねぇ、安い魚の筆頭は上に書いたBASA(ナマズ)ですが、ニュージーランドから入ってくるHoki、タラの仲間。これも安い。どうもマクドナルドのフィレオフィッシュはこれらしいし、安い「魚のフライ」と言えばこれ。

そしてそして、もう一種類、安くてどこででも売っている魚があります。それはFlake。鮫。

私は小さな頃に鮫を食べて、アンモニア臭くてひどい思いをしましたから、鮫?と聞くと食欲が失せるんですよ。ですからオーストラリアに来てから、売っているのは気がついても絶対に食べませんでした。でも去年?今年かな?日本人の魚屋=Real Fishで売っていたので、フライにしてもらった食べたんですよ。

結構食べられるじゃ~~~ん。

日本のあの鮫とは全くの別物。臭みもなし。

ということで、今日は鮫のフライを食べてきました。それとバラマンディも。どちらもオーストラリアを代表する魚。(笑)

DSC_0056_1605

あと食べず嫌いだったのがMullet(ボラ)です。これも私みたいな東京育ちに言わすと、食べるような魚じゃないんですね。東京湾の川の河口付近にいる魚で臭いなんてもんじゃない。

でも日本でも高知産だったかな、ボラの刺し身を食べて美味しくてびっくりしましたし、きれいな水のところにいるボラは美味しいんでしょうね。ということでこれも去年だか今年だか、初めて食べたんですよ。こわごわと口に入れましたが、全く問題なし。

ま、そんなこんなでゴールドコーストの魚の食べ納めは「鮫」のフライでした。いい思い出になると思います。

魚達にもいろいろお世話になりました~~。有難う~~~~~~~~~~~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ゴールドコーストの魚の食べ納め。さて何を食べたでしょうか” への4件のコメント

  1. 日本でも一般的に、寒い一時期限定で捕れる寒ボラというのは食べられてますねー。
    アジは刺身と寿司、イワシは唐揚げで食べます。釣ったやつだけですが(笑)
    ナマズ、、、バサはウナギの代わりに食べます。蒲焼きを作って。

    • あああ、寒ボラですか、美味しいと聞いたことがありますわ。

      パースの方ってどんな魚が穫れるのか興味があります。同じオーストラリアと言っても、まるで違う世界ですもんね。西海岸にはとうとう行く機会がありませんでした。タスマニアも面白いのだろうなぁ。

      先日、BASAを買ってきて蒲焼きにしようと思ったんです。日本でもナマズの蒲焼きが(鰻の代替品として)注目されているみたいだし。ところがヨメさん、息子が「フライが良い~~~」ってなもんで、普通のフライにあいなりました。

      どうもマレーシアでもBASAは多く売られているようで、冷凍モノでも買っておこうと思ったり。

  2. ダボさん、
    出発間際、最後までオーストラリア生活の役立つ情報をありがとうございます。日本にいる時は、日本の骨が多くて小さな魚は、子供3人分と夫の分の4人分の魚の骨を取ってほぐしているうちに冷めて美味しくなくなってしまうのでほとんど食べませんでした。オーストラリアに来たら大きな厚みのあるフィレがたくさんあるので楽しみにしていましたら、結構高いんですね!!隣の牛肉の値段と比べてしまうと手が出ません、、、たまぁにしか買えない魚を選ぶのに、ショーウィンドウの前でどんな魚なんだろうと想像しながら悩んでいたので、この記事内容をメモにまとめてお財布の中に入れときました。とても助かります。ありがとうございます。

    これからも、このブログをオーストラリア生活のバイブルとして使わせていただきます。マレーシアに行かれてしまうので(いや、行かれなくても)、私からは何も恩返しできないのが心苦しいですが、、マレーシアに行かれても引き続きダボさん的独特の視点で色々な事を教えてください。楽しみにしています!お元気で!(返信いりません!)

    • トーイさんもまだまだこれからが大変ですね~。でも子育てほど面白いものはないし、笑ったり泣いたりたくさん素晴らしい思い出を作っていただきたいと思います。

      マレーシアに渡りますときっと「オーストラリアと比べて」どう思うかという日記が増えることと思います。日本とは比べられません。最近の日本のことは全くわかりませんし。

      住んだ国を比べるのって自分の子供を比べるのと似ていて、たいした意味は無いと思うのですが、自分が何を感じるのかは正直に書いていこうと思います。その中でオーストラリアの良さもあらためてわかるかもしれませんし。

      これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です