なぜオプションに興味があるのか【相場】

まぁ、興味という意味ではもうずーっと持ち続けていますが、マレーシアで再び人生の再スタートをするのをキッカケに、オプションと真剣に向きあおうと思います。

なぜオプションなのか。

◯ 楽をしたいから。

この言い方は語弊があると思いますが、「時間がほしい」と言ったほうが良いかもしれません。私のトレード手法は超短期売買で相場の行方を追うのが仕事です。デイトレードって一言で言いますが、結構大変なんですよ。かつてどっぷり浸かっていた頃は、18時間はモニターとにらめっこでした。それも映画を見るのと違うわけで、それこそライフルを構えて引き金を引こうとする状態をずーっと続けるわけです。あるいはアーチェリーで弓を引いた状態で、獲物を延々待ち続けるわけです。

目はおかしくなるわ、アドレナリンは出まくるわ、頭もハゲて当たり前だと思います(笑)。ましてやそれなりのロットを動かしますから、鼻歌混じりなんかじゃできないんですね。

だからせめてデイトレはやめて、数日間のホールドで利益を狙う手法、あるいはスイングトレードとかに移行したいと思っていたわけですが、結局はモニターを見続けちゃうんですよ。短期売買はしないと思っても、目の前にチャンスがあるのに何もしないとか、ポジションと逆の方向へ動いているのに見ているだけってかなり難しいわけです。できることなら「一日が終わってその日のチャートを見て、次の日の戦略を考える」ような手法でやれたら良いのですが、どうしても「見ているだけ」ってのがなかなか出来ない。

でもオプションなら時間が作れると思うのです。そもそも原資産にしてもオプションにしても24時間動いていなければ、チャートを見るにしてもその時間だけで済みます。また「オプションのOTMを売る手法」だとすれば、値がそのストライクプライスに近づいてこないかぎりになにもしないで放置していれば済むわけです。毎日チャートを見続けていてもどうにもなりませんし。

そしてもし、ストライクプライスに近づいてこなければ、それこそ「何もしないで勝てる」のがオプションの売り。

でもそう簡単に行くはずもなく、ストライクプライスに近づいてくる、あるいはイン・ザ・マネーになるかもしれない。でも心配するとしたらその時だけで済むんですね。これが私にとっては非常に大きなメリットとなります。

一つの例ですが、カバードコールとはこういうもの。資産が株でも金(ゴールド)でも通貨でも何でもよいですが、それの動きとは別に、オプションのカバードコールで利益を上乗せする、あるいは損を補うという考え方。赤線の決済日というのがオプションが決済されるSQのこと。横のラインはその行使価格のコール(買う権利)の価格。ストライクプライスってやつですね。

つまり、赤い決済日までに緑の矢印のように動く場合には勝ちとなって、「コールを売った代金(プレミアム)は利益となる」。黄色の動きだけが負けになるってこと。しかし原資産を持っているわけで、売ったコールのマイナスが大きくなっても、「コールの負け=原資産の上昇分」ですから損はでないんですね。これを延々続けますと、やり方によっては現物の値は変わらないのに、カバードコール(あるいはスプレッド)の利益が現物資産の20%を超えるなんてこともある様子(ウイークリーオプションではこれを狙う人が多いように見えます)。私は最終的には5%の上乗せを狙ってやるつもりです。つまり、毎月カバードコールだけで0.5ー0.6%のプレミアムを受け取れたら良いなと。難しいかな?

2016-08-20_22h51_11-1

この黄色の動きだけが困るわけで、それ以外は放置。そしてオプションが良いと思うのは、事が起きる前に「こうなったらああする、ああなったらこうする」という作戦を予め決めて出撃できるんですね。ま、先物だって同じですが、余裕も使える手の多さがまるで違うんじゃないでしょうか。そしてSQまで待たずに利食いしたり撤退するケースも決めて、「行動を起こさなければならないときには決めた通り行動をする」だけ。

これならたとえ目がかすんでモニターが見えなくなっても出来るかもしれない。集中力もなくなってボケて、寝たきりでも出来るかもしれない(笑)。だからカバードコールに関しては私としては「達人」になりたい。(笑)

そしてもう一つ理由があります。

◯ 資産を遊ばせておくわけにはいかない。

つまりですね、今の時代、投資利回りがかなり落ちていますよね。でももし、昔みたいに債権でも定期でも7%以上に回るならそれはそのまま放置でもかまわないわけです。ところが3%じゃ2%じゃとなったらインフレにもやられてしまうし、そこから生活費も出す、資産も増やすなんてことはまず不可能。私にしてみると、2-3%の投資利回りはマイナスと同じだと思うぐらい。結果的に駄目ならタコが自らの足を食うがごとく生きるなんてのは、老い先短いジジババの言い訳にしかならないんですね。それって投資家の考え方ではないはず。

だからと言って大きな利益を目指すということではなくて、今現在の2-3%にもし4-5%上乗せできたら、6-8%ぐらいの利回りで回しているのと同じことになるんですね。これならインフレにも勝って生活費も出せる。だから利益を出せなくなった資産にプラスアルファの利益を付けるのにオプションは良いと思うわけです。

利益が欲しいなら頑張ってデイトレでもなんでもやれば良いのは間違いがないのですが、その手の利益は「自分が動かずに生まれることはあり得ない」ってことなんですよ。でもオプションの場合は、うまく行けば「放置で勝つ」こともある。「過ぎていく時間」が利益をもたらすんですね。

ただ私としては難解なオプションを徹底的に学びたいとは実は思っていないんです。私の本職はやっぱりチャート分析ですから、基本的に値動きを読むのが商売。つまりそれに反するようなオプション戦略は私にはたとえ理解は出来ても実行は出来ないんです(頭も悪いし~)。そして私自身が進むべき道は全く未知の領域ではなくて、このスキャルの技術を2-3日間の短期売買に使えるようにするってことなんですね。つまり私のスキャル技術はまだまだ完成には程遠い。

ただ私の長男はまだマッサラですから、オプションをしっかり学んで欲しいと思っています。実は私が思う最強のトレーダーとは「オプション戦略を基本としてチャート分析もするトレーダー」じゃないかと。そしてそれだからこそ長続きするんじゃないですかね。自分の時間も作れるし、モニターに一日中張り付くなんてバカなこともしないで済みますから。

つまりですね、「畑に種を巻いて芽が出たらそれの面倒を見て育てる」のがオプションだと思うんですよ。でも私みたいなスキャルパーは猟師と同じで、常に獲物を探さないとならない。これってどうしたっていつか限界が来ます。人類の発展は「農作」が出来た時から始まったんですよね。(笑)

両刀使いが理想ですが、チャート分析が基本にあるとオプションってイライラして駄目なんですね。だから下手にチャートなんか見れない人の方が私はオプションにあっているんじゃないかと思うんです。これからトレードを勉強するとしたら、実はチャートを捨ててオプションを学んだほうが良いかもしれない。そしてそのオプション戦略をもっと効果的に使うためにチャート分析をするってのが良いような気がします。でも順番を逆にするとうまくいかないような気がします。

で、折衷案として考えられるのが上に書いた戦略です。オプションの難しいことは分からないにしても、手当が必要になりそうな時だけ「先物で手当をする」のなら出来そうです。

私みたいなセカセカしたトレードをする者から言わせると、オプションって「不労所得を狙う手法」に見えるんです。でも私みたいなスキャルパーは腹の空いているネズミと一緒でで、一生食べ物を探して動き続けないと生きていけない。(笑)

そしてオプションでプラスアルファの利益を資産にプラスできないと、チマチマとスキャルで一生懸命稼いでも大部隊の本体は放置することになるんですね。小さなコップで一生懸命プールに水を貯めようとしても、プールからはどんどん蒸発していくみたいな・・。

ヨーロッパでは前からマイナス金利が当たり前。日本も利息なんて無いと一緒でマイナス金利になった。

こんな状態が世界に広まったらどうします?金利だけを頼りにしていると、それこそどこの国とは言わないけれど金利が20%つくけれどハイパーインフレで、為替は滅茶苦茶だなんていう国の通貨に泣く泣く投資するなんてバカなことが起きるのかもしれない。

だからやっぱり、日銭を稼ぐスキャルはスキャルとして大事にして、でも大部隊は薄利でも大部隊だからこそ作れる利益もあるわけで、両方狙っていかないと駄目だと思うわけです。

 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

なぜオプションに興味があるのか【相場】” への8件のコメント

  1. カバードコールってもはやトレードじゃなくて、不動産経営なんですよね。なので、トレード知識があると逆に実践は難しいかもしれません。
    家賃収入だけを見るなら、年間5-10%はふつうに可能でしょう。不動産価格が暴落すると家賃収入が増えるという不思議なことも起こります。

    なにやら謎かけのようですが、青天井は厳しい守秘義務がありますので、オプション戦略の詳細をここに記すことはできません。
    来年の9月にはカバコについてスピーチをしたいと考えてますので(予定は未定)、興味のある方はご参加ください(初心者お断り)。

    • 是非、ポーさんのその話を聞いてみたいです。

      チャートを見ながらカバードコールをしていると仮定していろいろ想像しているのですが、私が動く時はチャート上の「転換点」を探すわけで、その明確な転換点が見えない場合には全く動けません。これは大きなトレンドっていう意味じゃなくて、目の前の小さな波動のことです。

      でもオプション戦略からいうと、その転換点より、「現在の位置」「残存日数」「プレミアム価格」など、あるいはギリシャ文字を見ながら対策を考えるはずで、それが全くわからないでカバードコールをやるのはやっぱり無謀かなと思ったり。

      オプションって最初に台本が出来ていて、それに添って手当をするものだと思うのですが、私の台本には「頑張れ」としか書いていない。(笑)

      また手当をしなければならない時期に、運良く小さな転換点が見えたとした場合、私はそこで先物出動をすることになるわけですが、先物ではなくてオプションで何をするのかってところも興味があるところです。多分ここに私がオプションの売買をするにあたって一番大事なポイントがあるんだろうとは思っているのですが・・・。

  2. 状況に応じてオプションのさまざまな戦略を使いわけて儲けられるようになるのはけっして簡単ではないですが、カバコはトレードではないので楽ですよ。ギリシャ文字を見る必要もありません。
    もしかしたら奥さんにやっていただいた方がいいかも(笑)。

    • へーーー、カバードコールは結構簡単っていっちゃなんだけれど、初心者向けなんですね。

      嬉しいなぁ。

      常時10%に回るぐらいのことが出来たら、それだけで私は嬉しくてチビッちゃいそうです。

      でもそれだけのパフォーマンスを出すのはOTMってわけにはいかないような感じがしています。どうにか5%を目標として始めて、それを少しでも上げるような、リスクを減らすような、先物で出撃しないで済むような、あるいは追加でオプションを売るような手法もあるんだろうと思いますが、その辺を中心に「自分のもの」にしてみたいです。

  3. 今日は。OPですね~!!!!。私も15年以上USでOPやってました。GREEKSトレが専門でした。凝り性のダボさんならずっぽりはまるのは間違いないでしょうね!!!!GOOD LUCK!! これからブログ見るのが一層楽しみになりました。

    • こんにちは~~。

      OPには本当に興味があるのですが、昨日もずーっとチャートを見ながら勉強していると、いつのまにやら先物の目で見るようになって、気がついたらどうやって私の手法をリファインするべきか、そればかり考えるようになっていました。

      私達がマレーシアに拠点を変えるのは、「大きな収穫」を目指しているからであって、それに適しているのはやっぱり先物なんですね。これがうまくいかない限り、マレーシア行きは何の意味もなくなります。

      だからやっぱり私の頭のなかには先物が90%を占めていて、オプションはオマケの域を出ないと思います。自分の全く知らない世界、どんな結果が出るのかわからない世界、そして学び、それを実際に行動に移し成果をだすにヒジョ~に長い時間がかかるわけですから、先物中心にやりながらボチボチオプションをやっていくことになると思います。

      そして5年ぐらい掛けて何かしらオプションの世界が見えるようになったら大成功かもしれない。もうすぐヨレヨレのジジーになりますから。

      また息子にはしっかりオプションを学んで欲しいものの、私の知っていることをまず息子に伝えるのが何よりも重要で、やっぱりオプションは二の次になる。

      オプションって「資産防衛」には良いと思っていますが、「資産形成」にはデイトレに限らず短期売買が良いと、オプションを学べば学ぶほどそう思うようになりました。オプションでも積極的な攻撃の手法があるんでしょうが、それをこれから学ぶ余裕があるのかないのか。

      カバードコールから入ろうと思っていますが、これも簡単じゃないのがわかります。例えば資産に対してカバードコールで年率10%のオマケを作るためには例えば豪ドルにしても「OTMを売っていたら無理」なのもわかった。でも証拠金ベースで考えれば、かなりの利回りは作れるだろうというのは見えています。ここをどう考えるべきか。

      でも原資産からの利回りで考えるとやっぱりチャートでポイントを探してATM、ITMを売らざるを得なくて、あるいは「買い」も使うのであれば、ポイントを探さなくてはならず、それならば先物で勝負したほうがはるかに早い。先物のデイトレの場合は、投資金額に対して狙う年率は500%を超えるわけで、効率とスピードがまるで違うんですね。もちろん10倍程度のレバレッジを掛けますが。

      それと私はデイトレの期間が長かったですから、「毎日のノルマ」を決めてやるんですよ。でもオプションはそれが出来ないんですね。またそれを決めたとするととんでもない投資金額が必要になるし、それがそれだけ大きなリスクにさらされる。

      やっぱり世の中には「楽なこと」って無いんだと思っています。(笑)

      まずは出来ることからやる。そして今わかっていることを間違いなく子供の伝えていく。そんな風に考えています。オプションは「将来への希望」って感じであって、我々の「現実」になる日はきっと遠いと思っています。

  4. OP勉強に便利なTOOLがあります。私はこれにかれこれ10年おせわになりました。旧バージョンでよければTEMPチャート,インジケーターをいただいたお礼にお送りします。http://www.kaininito.com/options/ ご連絡ください。
    息子さんにさしあげてください。GOOD LUCK

    • 収益曲線を描くツールはどうしようか考えていたところです。紹介を有難うございます。

      ちょっとお聞きしたいことがありましたのでメールを送りました。

      よろしくお願いします。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *