スキャル超初心者用のチャートセッティング【相場】

私のチャートはわけがわからないというメールを頂戴しました。

ま、チャートなんてのはトレーダーそれぞれが自分の癖や好み、ニーズに合わせてつくり上げるものですから、これがベストなんてのはあり得ないんですね。それぞれ手法もルールも違うわけですし。

では何か簡単なものはないかと考えていたのですが、私の古い友人で「平均足とオシレータだけあれば勝てる」と豪語していたのを思い出しました。

私はそれだけじゃパンツとTシャツだけで外を歩くのに似ていて、どうも寂しくてしょうがないのですが、言わんとしていることは良くわかります。要は「トレンドを見るインジ」と「タイミングを見るインジ」があれば良いってことで、それは私も同じだからです。私のはトレンドを見るためのインジを何種類か、タイミングを取るインジを何種類か並べているだけと言っても良いはず。

私も実は「平均足」には随分長い間お世話になりまして、かつてはオシレータはRCIを使っていました。

ただ私が使っていたのは普通の平均足ではなくて、「平均足を平均したもの」です。

ちょっと例を出してみます。USD/JPY Day chartです。

2016-08-18_19h36_02

これだけでもどうにかなるのがわかりますよね?色変わりより位置関係をよーく見てください。

オシレータは私が今頼りにしているMFI(中段)とRCI(下段)で、RCIは3本重ねています。パラメータは(6,26,52)。

このチャートでは小トレンドを見ているわけで、スキャル用ですが、もう少し長いトレンドを見たければ、同じ平均足のインジのパラメータを長くしたものを重ねれば小、中、大のトレンドを表示できることになります。

ただ違う長さのトレンドを見る時には違うインジケータの方が良いケースもあって、だから私の場合は一目改で大きなトレンド、Doda_donchian(一目の基準線)で中トレンド、Trend_Magicで小トレンドというように大中小のトレンドを見るようにしています。そしてオシレータもそれぞれ長所短所のあるものを並べています。平均足の平均線も重ねてみました。まぁ、これも良い感じだと思います。

2016-08-18_19h40_12

このややこしいチャートも上のシンプルなチャートも使い方は全く同じなんです。ただ下の方は情報量が多いってだけで、それぞれのインジの長所欠点がわからずにこれだけ並べるとわけがわからなくなるだけでしょう。

だから最初はシンプルなものを使って、それから足していくのが良いと思います。わけがわからないものを並べるぐらいなら、無いほうが良いくらいですので、たくさん並べれば良いってもんじゃないのをお忘れになりませぬように。

ところで、前に「オシレータ」の使い方がわからないとメールを頂いたことがあります。これって答えようがなくて、教本を読んでまずは勉強してください、そしてまだわからないところがあれば具体的にどこがどうわからないのか言ってくださいと伝えました。でもその方からはそれが最後で無しのつぶて。(笑)

私はあれほどお世話になったRCIを使わなくなって10年以上立ちます。それは洋物のチャートソフトにはRCIが装備されていないのが普通だからなんですね。RCIって元々は輸入物ですが、日本で花開いたものの、海外では殆どの人が知らないインジケータです。Rank Correlation Indexの略で、日本語では「順位相関係数」。

海外の先物をやるようになってから海外のチャートを使い出したのですが、RCIが無いのは本当に困りました。これがなければ絶対に勝てないって思っていましたから。(笑)

その頃はCQGという会社のチャートを使っていたのですが、デベロッパーと連絡をとってわざわざ有料で作ってもらったくらいです。で、面白かったのが、そのデベロッパーがこれは面白いインジケーターだと言い出して、これを転売しても良ければ安くしてやるって言ってきたんですよ。(笑)

私にしてみれば、誰でも知っているRCIの計算式を彼に渡しただけで、私が考えだしたものでもなんでもありませんからOKを出しました。するとなんと、そのデベロッパーはRCIに独自の名前を付けて売りだしたんですわ。もしかすると今ではRCIだとは知らずに「良いインジケータがある」なんてお金を出して買っている日本人ユーザーもいるかもしれませんね。そしてその後、他のチャートソフトにも移植してそこそこ広まっている様子。あのJMAというウソみたいに高性能の平均線を考えだしたJurik Researchもそれを扱いだしたので、ボスのJurikに、あれはSpeamanのRank Corerelationで昔からあるものだから、騙されないようにってメールを書いたこともあった。(笑)

ま、余談ですが、それほど私はRCIにのめり込んでいて、これがないならトレードはしたくないと思うくらいでした。でもMT4用にはあったので助かりましたが、今ではMFIが私にはなくてはならないインジになりました。

RCIが3本重ねてありますが、同じインジを違うパラメータで並べると非常に使いやすいんです。これはパターンを見るんです。決して数値じゃないんです。例えば有名なストキャスもそうですが、80のラインを超えてその後下がって来たら売りだとか、そういうバカみたいに単純なルールを使う人も世の中にはたくさんいるんですね。逆張り指標だと思っている人が大半。

でも私はこれを順張りに使います。

例えばですね、RCIでもそうですが、「買われすぎ」の時には上に張り付いて動きますよね。「売られすぎ」はその逆。その動きから80なり20のラインを割ってきたら売りだの買いだのやっていると、これは逆張りですから、トレンドが出てきたら必ずやられるんですね。ヨコヨコの動きの時には面白いように取れますが、トレンドが出てきた時にごっそりやられてしまう。

では順張りに使うにはどうするかですが、買いだとしましょう。それもトレンド追従の順張りだとした場合、こういうパターンになるんですよ。

この矢印のところが最高の押し目買いなんです。わかりますよね?中期線、長期線が上昇過程にあって、短期線が下がって陽転する場所。

2016-08-18_20h29_22-1

同じ場所ですが、ここも押し目買いのポイント。でもここでは中期線も長期線もかなり高い位置に来ていますから、要注意なんですね。波動で言えば上昇第5波動がこんな感じになる。上の例では上昇第3波動で絶対に狙わないと駄目な場所。

2016-08-18_20h29_22-2

そしてこれは初動買いのポイントですが、これはかなり難しいんですね。下落トレンドが継続中の可能性がありますから。

2016-08-18_20h29_22-3

買いだとするなら、20のラインを下から上へ抜いたら買いだ、なんてのとは全く違うってこと。それどころか上昇力が強いとオシレータはほんのちょっと下がるだけでまた陽転します。20ラインをわるどころか60のラインにさえタッチせずに陽転するケースが多くあるし、「そういう所こそ狙い目」だってことなんです。オシレータが(買いの場合)底に落ちてくるまで待っていたら駄目ってこと。

私のチャートでいうと、売り出撃する場所はこういうところになります。赤の矢印の所。下段のインジも見てください。下げトレンドの中で短期オシレータが上がって来て下がる瞬間。ここがショートで出撃する場所。

2016-08-18_20h44_28

緑の矢印の場所は多くのオシレータが底まで落ちてきて、ここから反転するのが予想されるポイントですから、ここで買いたくなるのが普通ですが、これは逆張りになるんですね。いわゆる「売られすぎからの反転は買い」ってやつなんですが、これってエリオットで言う「上昇第一波」を狙う方法で、意外に大きく動かなかったり、下落が続くケースがあるんですね。ツッコミ買いも同じで、小さな反動で終わる可能性はかなり高い。

だからこんな所を無理して取りに行かずに、ちょっとやり過ごして、次の陰転、そしてその次の陽転で「上昇第三波」を狙って買い出撃したほうが勝つ確率は高いはずです。そして簡単だし、怖い思いもしないで出撃できる。でももし押し目を作らずにどんどん上がっていったら「縁がなかったと思って諦める」わけです。トレードは野球と違いますから「見逃し三振でアウト」はないんですね。100回見逃しても全く問題なし。「好球を見逃したことを悔やんではならない」ってこと。いくらでもチャンスはあるんですから。

また買い場所はこんな風な場所です。赤矢印の所。

2016-08-18_20h50_24

なぜ私がオシレータの画像だけ出して、値そのもの、ローソク足を出さないかお分かりになりますでしょうか。

ローソク足を見ると、これらの出撃場所が結果的に失敗だったか成功だったかすぐわかりますよね。でもそれは「後から見るからわかる」わけであって、出撃する時点では小さな上げで止まるのか、大きな上げになるのかわからないわけですよ。でもこういう時に出撃するってことなんです。私の「トレンドを見てオシレータで出撃する」ってのはこういうことで、私のチャートには様々なトレンドを見るインジケータ、タイミングを見るインジケータがありますが、いろいろな場所で綺麗なサインを出しているのがお分かりになるはず。

そういう「綺麗なパターン」にハマった時だけ出撃すればそれで十分なんですね。そして下手に深追いはせずに、「チョロっとつまみ食いして逃げる」。それで十分勝てるわけです。

オシレータは「順張りに使うからこそ意味がある」。ここを是非お忘れになりませぬように・・・。

逆張りが大当たりすると確かに気持ちが良いし、「俺って天才か?」なんて思うはずですが、それは長続きしないと思ったほうが間違いがないんですね。(笑)

上に出した「平均足の平均線」はHeikin_Ashi_Smoothedというインジケータです。また3本の重ねのRCIはRCI_3Line_v130です。検索するとすぐ出てきますから是非DLして使ってみてください。

--------- おまけ -----------

私のチャートの下段に緑と赤の玉が並んでいるインジケータがあります。これはBB_MACDと呼ばれるインジですがかなり使いみちがあります。これだけでもトレード出来るはず。

緑と赤の玉が並んでいるBB_MACDをよ~く見てください。BBはボリンジャーバンドの略ですが、赤い玉がボリンジャーバンドの外に出たまま下落しているのがわかりますよね。つまり下降波がそれだけ強いということを意味していますから、オシレータがちょっと上がって下がる瞬間は「最高の売り場」となります。またオシレータを使わずにこの玉の色、ボリンジャーバンドとの位置関係を見るだけでも使えるってこと。

以前、このBB_MACDの使い方を説明していた非常によく出来た動画を紹介したのですが、いつのまにか無くなってしまっていました。非常に残念です。ただ、どう使うかのわかりやすいPDFはありましたので、それを見てください。ここをクリック。英語ですが、英語が苦手の人も画像を見ればわかるはず。また是非こういうので英語を学んでみてください。専門用語に最初は慌てるかもしれませんが、逆に使われる単語は決まっていますから慣れてしまえば楽勝です。やっぱり英語の世界の情報量と奥深さは半端じゃありませんから、これを機会に「英語の情報」を見るようにするのも良いと思います。

またBB_MACDはかなり使えますし、計算式をちょっといじった派生物もいろいろあり(かつては3rd Generationという凄いのもあったけれど今のMT4では動かない)、ちょっと調べてみたら面白いと思います。またパラメータを変えると「かなり」変化しますし、自分のテイストに合うように設定できるはず。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

スキャル超初心者用のチャートセッティング【相場】” への4件のコメント

  1. ダボさん、こんばんは。
    先日はインジの配布ありがとうございました。

    今回の記事にも書かれているように、配布していただいたチャート内の情報量が豊富なので、ダボさんの過去の日記を読みなおし考えた結果、保有期間は長くなりますが日足で、まずはTrend_Magicだけを表示し「これで勝てなきゃやめちまえ」の日記に出てくる方法に仕掛けは忠実に従って実際売買し始めました。手仕舞いはそのままだと遅れる場合もあるということで、利益が急速に伸びた時はTrend_Magicだけじゃなくダボさんのインジセットを表示させオシレーターたちを眺めています。

    始めたのが先週の月曜(8日)からで、ちょうどほぼ一方通行の展開になるものが多く、Trend_magicだけでも波に乗った時はかなり強いということを感じることができました。自分にはない手法なのでトレンドに乗った時の強さに驚いています。

    オシレーターに関しては、聞いたことはあるけど全て使ったことのないものなので、1つ1つ意味を理解しながら自分のスタンスにあった使えるものを1つずつ増やしていけたらと思っています。

    そんな中、今回の記事のようにダボさんが試行錯誤して手に入れたオシレーターの具体的な使用方法を教えていただけるなんて本当に貴重です。過去の日記も凄く参考にさせてもらっています。

    まあでもこういうのはいくら読んでも自分でやってみて壁にぶつからないと身につかないと思うので、ロットを抑えてどんどん実践してみて試行錯誤してみたいと思います。

    ダボさんのインジに触れることで株のシステムトレードに生かせられることもあるかなという思いで配布をお願いしたのですが、日足しかデータを取れない株で使うのは保有期間が長くなりすぎて残念ながら生かせないかもしれません。ただ、自分の手法や時間軸や売買時間とは全く異なるので資産の増減の波を穏やかに出来そうな気がしています。

    といいながらどうなるか分かりませんので、これからヨコヨコも経験していろいろ感じてみたいなと思います。

    • おおーー、早速試していますか?8日からってことはちょうど上昇波動に乗れたってことですね。

      これってやっぱりたまたま運が良かったと思うほうが良いですね。(笑)

      日足を見てやっているそうですが、1時間足、せめて4時間足で見てやるのが良いかもですね。ただ先物にしてもETF、CFDだとしても私は日経225って世界で一番難しいと思っているんですよ。

      刻み値が大きすぎるんですね。ミニだと5円ですが私にしてみるとそれでも大きすぎる。もし1円ならガンガン攻められるんですが・・。

      で、海外に目を向けると、日経225が1円刻みみたいな感じのがあるわけです。その代表がドイツのDAX。刻み値が小さいと逃げる時に非常に楽。

      ま、日経にこだわらずにFXでもなんでも是非使ってみてください。それぞれクセがありますし、動く時間帯とかありますから、3種類程度自分に合うものを見つけられればほぼ24時間好きな時に出来る。(笑)

      それとですね、「これで勝てなきゃやめちまえ」に書きましたが、出撃は良いにしても出口はラインのクロスまでまったら駄目なんですね。そこでオシレータの出番。これが伸びきったらやっぱりそこで出たほうが結果は大きく違うはず。あるいは出口は4時間足で見るとか。

      ヨコヨコになったら何もできませんから、やっぱりそういう時のために「デイトレもやる」ってのが良いと思うんです。それはFXでも他の先物でも良いわけですが、大体日経がヨコヨコならどこでも似たようなものですが、実はデイトレはそういう時のほうが簡単なんですよ。値幅は小さいですが、まさに「小物ばかり釣って大漁を狙える」ってこと。

      大きく動くほうが利益が出るなんて「多くの人が考えること」ですが、相場の世界も「大衆は常に間違える」ってのがありまして、やっぱり「人の行く 裏に道あり 花の山」じゃないですかね。

      シスヤさんは普通の人が考えないところに生きる道を見つけた人だから、何か「摩訶不思議な面白い方法」を見つけるんじゃないかと思ってます。その時は教えて下さいね~~~~。

      それとオシレータの使い方ですが、山では「売り」か「買いの手仕舞い」だけ。谷では「買い」か「売りの手仕舞い」だけ。これが基本です。多分Trend magicを使うと、買いに入るところはすでにオシレータも伸びていたり、撤退するときは谷になったりしているはず。これじゃもったいないなぁと思うようになると視野が突然広くなって面白くなるはず。当然、その時はオシレータを重視します。

  2. こんにちはー。
    アドバイスありがとうございます!

    本当に始めたタイミングは凄く良かったです(笑)
    ダボさんチャートでは、今原油、金、アメリカ株のCFDとFXをやっています。
    日経は自分の経験上も難易度が高いので控えてます。個別株の方が合ってます。言葉足らずだったかもしれません。すみません。

    あとダボさんの今までの講義を見ていたので、ダボさんの言うとおり4時間足、1時間足と見ていった方が良いのは分かってるんですけど、できるだけ相場に張り付く時間を減らしたいと考えているので保有時間は長くなっちゃいますけどそこは投資先を多くして手数を増やすことでリスクを減らせるかなと考えています。もったいないんでしょうけど。

    ただ、「出口」についてはTrend_Magicのクロスを待ってると取り逃がすことが多くなるということで、利益が大きく伸びた時は4時間足や1時間足やオシレーターを見て何かを掴んでいきたいなと思っています。

    投資に関してはあれこれ考えるより、とりあえず少額でいいからやってみて壁にぶつかってみないと何も分からないと思っているので、今後のことを考えると早くヨコヨコが来て欲しいです。そうじゃないと真剣に悩んだり考えたりしないと思うので(笑)壁にぶつかって試行錯誤しながらオシレーターの知識と理解を深めていけたらなと思っています。

    そうやっていくうちに「不思議な面白い方法」を見つけられたら良いんですけどね~。FXやCFDは出来高を気にしなくていいんで、もし何かいいアイデアが浮かんだら共有して一緒に武器を磨いてやって下さい(笑)

    • あはは、やっぱり若いから時間がいっぱいあるんですね~。私は日足を見ていると時間がもったいないと感じます。

      ヨコヨコがどんなになるかはそれこそ5分足でも見て暇な時に1時間でもやってみたら良いんじゃないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です