お金だって人間と同じ様に「住みたい場所」がある

このことは前にも書いたことがありますが、私の信条を書いておきます。

普通、日本に住んでいれば「円」を持ち、投資(定期も含む)は国内でする。あるいは外貨、海外の商品も日本国内で買う。

私はこれって全くナンセンスだと若い頃から考えていました。

自分には国籍があって心の故郷である日本の存在があるけれど、住みたいと思う国は別にあった。私にとってはそれはグアムであり、アメリカ西海岸であり、カナダであり、そしてなぜかオーストラリアに住んでいるけれど、日本人だから日本に住むのが当たり前だとは思わない。

これってお金だってそうで、お金が活き活きと住める場所があるはずなんですね。

でもそれは生まれ故郷の日本でもないし、主の体が住んでいる国でもない。というかそんなのは全く関係ない。お金にはお金の好きな場所がある。

だから私は3つの国をいつも意識していました。

○ 生まれ故郷で切っても切れない縁がある日本。

○ 住む国。

○ お金を活かす国。通貨。

これが同じである必要はないし、もし日本に住んでいても、お金はアメリカでも香港でもブラジルでも全く構わないわけです。通貨はスイスフランでもインドネシア・ルピアでも構わない。

「日本人は日本に住まなくてはならない」なんて誰も考えていないのは間違いがないと思うのですが、でも不思議なのは多くの人が「お金の住む場所は体と一緒じゃなければならない」と考えていること。

だから外貨投資でもその国に直接投資することはせずに、日本に住んでいれば日本国内でその外貨、外貨建ての金融商品を買う。オーストラリアならオーストラリアに資産を持ち込み、豪ドルを中心に持ったり、外貨を持つ場合でもオーストラリア国内の銀行に持つ。

マレーシアも同じで、なぜかお金はマレーシアに持っていく。あるいは日本とは縁が切れないから、日本とマレーシアに分散する。まさかマレーシアに住んでお金を他の国に置き、なおかつ他国の通貨にしようとは思う人は少数派。

自分はマレーシアに住み、お金はシンガポールに置き、通貨はスイスフランでも一向に構わないはずなのに、そう考える人は少ない。

おかしいですよね?

中にはマレーシアに住んでいるけれどオーストラリアドルを持ちたいと、わざわざオーストラリアに来て口座を作る変わった人もいる。

自分はどこに住むべきかを考えるのと同様に、お金のことにも気を使ってやるのは大事じゃないんでしょうか。

でもそれはちょっと・・・と思いながら、わけのわからないマレーシアリンギットに替えるのは平気。

なぜ?

金利?

住んでいるから?

皆がそうしているから安心?

逆に東南アジアに住む人の多くはなぜ他国の通貨を持ちたがるのか。お金を海外に出したいと思うのか?主要通貨って一体なんなのか?

なぜそれに我々は逆行するのか。

何か自分が気がついていない大事なことがここにあるんじゃないか、なんて思いませんか?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

お金だって人間と同じ様に「住みたい場所」がある” への6件のコメント

  1. 気がついていない大事なことって何かヒントでも頂けませんか?

  2. それって何でしょうね。私もはっきりわかりません。(笑)

    ただ、考え続けることが重要かと・・・・。

  3. 金利平価仮説という考え方があります。

    高金利通貨の為替レートは低金利通貨に対していずれ減価することによって、金利差が相殺されるという考え方です。 

    しかし取引参加者が全員正しい予想をしていることが前提ですから、実際は高金利通貨からの超過利益を得る機会は存在すると思います。
    ただし為替ヘッジをすると高金利のメリットを十分に受けることが出来ません。

    MM2Hのようにマレーシア国内の金利で得たリンギットをマレーシア国内で遣う分には、為替リスクのの問題は生じません。

    わたしは、為替リスクは高い金利メリットを享受するためのコストと考えてよいと思っています。

    • ま、そのように考える人が多いってことですね。オーストラリアも同じ。90%以上の方はそう考えていると思い、この日記を書きました。

      でものまーどさん、インフレとか実質金利という言葉も出てきませんし、そののまーどさんの考え方で何年間やってこれました?今の時点で精算して利益が出ていますか?

      為替の変動はその国の中にいる限りさほど影響はないというのは良くわかります。豪ドルが大暴落した時でもオーストラリア国内では何も変わりませんでしたし。でもそれは外国からの輸入依存度が低い国だけであって、万国共通ではないはず。日本のドルショックが良い例。さてマレーシアは?私にはわからず。

      ただ、実は私も高金利通貨は良いという考え方なんです。でも高金利通貨は為替が弱くなるという経済理論を私は取り入れません。7%ぐらいで回るのが当たり前だったオーストラリアドルを25年抱えて常に悩んだ結果として、為替が弱くなると実感することはありませんでした。でも発展途上国では普通に起きていること。だから理論そのものは間違えていないと思っています。

      また、のまどさんが考えてらっしゃるように「ヘッジにはコストがかかる」ということも私は考えません。どうヘッジするかの考え方の違いだと思いますが。

      私の中にある結論は、高金利通貨を持ち、為替リスク回避のヘッジはするけれどヘッジにコストを掛けない。あるいは最小限で行う。結局これが出来ないかぎり、どの通貨を持ち、どの国に住んでも「いつか必ず」青い鳥は逃げていく。そういうふうに考えています。

      私だって、つい2年前までは豪ドルは世界最強だと思っていたくらい。(笑)

      あとはやっぱりインフレは重要で、「自分にとっての」実質金利を無視はできない。つまり、他通貨を持っているとしてもその金利と、住んでいる国のインフレの関係も考え無くてはならないという意味。だからその通貨の国で消費する場合、その実質金利が何よりも重要になる。税制も大いに関係してくる。ここでも私の結論としては、「無税で金利を得、その通貨の国のインフレ率より低い国でその金利を使うのがベスト」という考え方になりました。当然、為替リスクはありヘッジ無しで海外通貨を持つことはできないのは同じだと思っています。

      でもこの考え方を突き詰めると、ヘッジにコストが掛からないのであれば、そこから利益がでるわけで、通貨はなんでも良いということにもなってしまう。(笑)

      で、なんでも良いのなら高金利のほうが良いという結論です。高い分、ヘッジに余裕が出ますから。

      ま、マレーシアの場合は無税ですから、私はこれが何よりも大きなメリットで、税金分だけ為替変動にも耐えられるってことだと思います。

      でもそこで、「他通貨により効率のよい通貨はないのか」を考えることをやめてしまうことは出来なくて、低金利時代の現在はやっぱり強い通貨には敵わない。2,3%の金利なんか簡単に消えてしまいますから。

      でも為替のヘッジはしないのが大前提なら、金利の高い通貨を持ち、その国に居住するのが良いような気もしますが、マレーシアのそれがいつまで続くのか。

      最近、マレーシアの金利が下がったようですが、もし1%以下になるようなことがあればどうするのか。その時、日本はデフレを脱却して金利も2%以上になってきたら?アメリカはもっと高くなっているかもわからない。

      長い間にはこういうことが頻繁に起きるわけで、高金利を追いかけているだけではどうにもならない。結局、為替変動にどう立ち向かうのかのノウハウがなければどうにもならない。これが私の結論です。

      ただロングステイだったら、最後は「諦める」「引き上げる」という手がありますが、未来永劫、海外で金融から生まれる投資で生きるとしたら、どうあるべきか。

      これを考えると答えは変わって来るはずなんですね。

  4. わたしはこれから年金を頼りにリタイア生活に入るので、遣うための為替、減らさないための為替の知識を知りたいと思っております。

    為替で儲けたことはないです。(笑)

    daboさんのコメントのなかにヒントを見つけました。
    ありがとうございます。

    • のまーどさん、いつも偉そうなことばかり書いてすいませんです。

      本当に為替、金利、インフレって悩みの種で、いつ何時どれほど変わるかわからないんですね。日本だって金利7%で嬉しい時期もあったんですから。

      短い期間を区切ってみれば、日本が良いの、オーストラリアじゃ、アメリカじゃとなりますし、通貨も何が良いのってなりますが、「それがそのまま続いたことがない」というのが現実だと思うのです。

      では大きな変化はいつくるのか。それは誰にもわからないし、その変化に自分が巻き込まれるのか、うまく逃げられるのかもわからない。

      だからやっぱり他の読者の質問に答えたように「考え続ける」しかないと思うのです。私はそんな生活をオーストラリアに来る前から30年以上やっていましたが(金融で生きていたわけではない)、まぁ、荒波に翻弄される小舟みたいなものでした。

      結局、私の結論は「為替と戦って勝つしか無い」ということなんです。逃げまわっていてもいつか捕まる。そして通貨の乗り換えをするのも非常に難しいんですね。金利が高い方へ当然、乗り換えたいわけですが(笑)、為替の動きを合わせて考えますと、その時点ではかなり不利なのが普通で、「マイナスからの出発」を余儀なくさせられる。「為替で損して、高金利を取る」みたいなことが普通に起きる。

      これもまだ7%で回るとかなら年数が経てばどうにか為替差損も埋められますが、金利が3%だなんて、これじゃ為替にやられるばっかりなんですね。だからやっぱり「為替と戦うしか無い」と思うようになりました。

      でも不思議なもので、「人を好きになるようにある通貨を好きになる」ってことも自分の中に起きまして、私はなぜか「米ドル嫌い」なのですが、「豪ドルとは(どこに住むことになっても)心中しても良い」と思うようになりました。(笑)

      だから為替交換をして乗り換えることは基本的に考えておらず、為替変動に立ち向かうつもりでやっています。

      それが簡単にできるのなら、人生楽勝なんですが・・。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *