我々の知らない日米の「有事の想定」

昨日、沖ノ鳥島のことを書きましたが、最後の方に書いたことを読んで日米がどういう戦略を持っているのか興味を持った方からメールを頂きました。もっと知りたいとのこと。

これは私も同じで、私が詳しいことをお話することはできません。何も知らないのと同レベルですから。

でも興味があれば、こういうサイトを見て、ここに出てくる語句をキーワードとして調べていくといろいろ見えてくるものがあるはず。

変貌するアメリカ海兵隊&海軍のアジア太平洋戦略 – NAVER まとめ

大雑把ですがこの中に出ているこの動画が考えるきっかけになるはず。

またここにも情報は詰まっている。

安全保障を考える | JBpress(日本ビジネスプレス)

我々一般市民は世の中に何が起きているのか全く知らない部分があると思います。また我々には知らせない部分も多いと思います。

この件を考える時には、「戦争反対」「軍備増強」とか「憲法改正、護憲」も、「沖縄の米軍基地を撤廃」だとかそういうことは一切忘れることが重要だと思います。また「主張は聞かない」のも大事だと私は考えていて、その主張の中からまずは「何が起きているのか」を知るのが重要で、またそれが本当に起きているのかという視点も持つべきで、「大変だ~~」なんて話に乗せられない注意もするべきかと。

例えば自衛隊はどういう軍備を持っているのか、どういう兵員をどこに配置しているのか、それはどうしてなのか、こういうことは全く知らされませんよね。なぜ戦車が必要なのか、なぜオズプレイが必要なのかも同じ、あちこちで行われる大規模な訓練、演習は何を想定しているのかもそうで、これが良いとか良くないとか、人殺しの道具だ、訓練だとかそういうことは一切考えることなく一体彼らが何を想定して何をしているのかをまず知ることが重要だと思います。これは米軍も同じ、中国も同じ。

ソ連の崩壊があって冷戦も終わり、世界に平和が来るかと思ったら全然そんなこともなく、戦争とは言えないまでも大きな紛争はあちこちに起こり、テロという新たな問題も出てきた。そして力が大きくなってきた国が「現状変更」を企み、実際に侵略を行っている。これを「現実」としてどの国家も考えないとならないはずで、理想論でそれらを解決できないのは世界を見てみれば簡単にわかるわけで、一体、世界の国々、日本は、アメリカは、また同盟国として何を考えているのかを知るのは重要だと思います。

そこから我々国民はどうあるべきかを考えなくてはならず、その辺りまで一歩踏み込んだ議論はいつも紹介しているチャンネル桜を見ると、みえてくるものもあるので討論会を紹介します。

アメリカがどういう戦略を持っているのか、「日本は自分のことは自分で守ることになっている」のはどういうことかもわかると思います。

こういうことに興味がない人がこういうのを見ると、狂っているとしか思えないでしょうが、戦争をするためではなくて平和を維持するためにやらなくてはならないことを真剣に考えている人達がいる。良い悪いは横に置いといて、右派も左派も自分の考え方は横に置いといて、彼らの話を聞いてみるのは無駄にならないと思います。

全部で3つの動画になっていて、全てを見ると3時間弱かかりますが、1.5倍速、2倍速で見るのがオススメです。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

我々の知らない日米の「有事の想定」” への2件のコメント

  1. 陸海空の自衛隊とオーストラリア軍との違い、例えば戦車や戦闘機、戦闘ヘリや輸送機、軍艦などの保有台数の違いや各軍隊と自衛隊の人数の違い、軍事費などを調べると「え?」と驚いたりすると思います。
    オーストラリアの友人に、元オーストラリア陸軍や入隊希望者などが数人居るのと、日本には海上自衛隊勤務と航空自衛隊勤務の友人が数人居るので、そういう話になったりします。
    ミリヲタではないので、細かい数字は記憶が飛んでますが笑。

  2. へーー、私にはオーストラリアも日本もその手の友人知人が全くいないので直接話しを聞いてみたいと思います。

    各国の軍備に関しては統計を見るとわかりますが、その内容が全くわからないんですね。自衛隊に関してもそもそもあの装備で全く足りないのか余っているのか、必要な物があるのかないのか、どんなムダがあるのかも全くわからず。

    そういえば、自衛隊ですがなんと無線機が十分にないという内部告発(?)をネットで読んだことがあります。演習時には他の部隊から借りてきたり、古いもの調子の悪いものがあってちゃんと繋がらないこともあり、訓練中に各自が持つスマホで連絡をとりあうこともあると。それが東日本大震災の時にも問題として出てきたそうです。

    その人は、そういう基本的なものを揃えることなく、なんで必要があるとも思えない戦車をあれだけ作るのかと文句たらたらでしたが、自衛隊も実際の戦争を想定していなくて、「もってるぞ」「怖いぞ」「凄いだろ」みたいな見せつけを大事にする部分は大いにあると思いました。

    ミサイルだって全く動かないものをたくさん並べても、十分、抑止力はあるんでしょうね。韓国みたいに海洋国家でもないのに日本が持っているものを持ちたがるみたいな国もあるし、実際に使えるものを持っている国があるのかどうかは疑問。

    その点、戦争ばっかりやってる国って全く違うんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *