ブログ村で起きている「ブログ誹謗中傷問題」に関して

お節介のダボです。m(_ _)m

ブログ村に登録されているブログに書かれた内容に関して、他のブログ主が誹謗中傷と言って良い(私はそう思う)ことが起きています。

事の発端は、あるブログ主が「(冷凍の)すき焼き用牛肉、イカ、タコ、マグロなど刺身、なめこ、納豆、明太子、ちりめん、もずく、干物など合計15kg以上運びました(日本からマレーシアへ)」と書いたこと。ここで留意するべき点は、ここでは「検疫、通関」に関しては何も書かれていないという点。

このブログを書いた方はマレーシア在住だと思いますが、私とは面識もなければ、ブログ、メールで意見交換もしたことがない人。赤の他人です。

これに対して他のブログ主が「自分は(輸入したことを)アウトだと思いました。」と書いた。法律違反をしていると「想像」したのでしょう。そして最後に「この記事を書いた方は、少なくとも検疫について、しっかり説明をする必要があるのは間違いないでしょう!!検疫でOKがでたのなら、今日の記事は、自分の間違いになります。某大陸系の民族が、日本に持ち込み禁止の食品を持ち込んで、平気で食べてる人達です。かれらと同等のレベルにはなりたくないです。」と結んだ。

私がこれを放置できないと思ったのは、「アウトだと思った」ことではないのです。これは誰がどう思うと勝手ですから。ただし、「検疫に関してしっかり説明する必要があるのは間違いがない」という点はおかしいでしょう。これがどういう意味かというと、「お前は犯罪を犯しているかもしれないから、そうではないのならそれを説明する責任がある」ということ。自分で勝手に「犯罪者」と決めつけて、そうでないなら説明しろっておかしくないですかね?私はこれは異常だと思いました。これって「道を歩く人たちに、お前は犯罪者でないのを証明しろ」というのと同じ。

そして極めつけは、某大陸系の民族が「日本に持ち込み禁止の食品を持ち込んで」という、密輸をする人たちの例をあげ、「かれらと同等のレベルになりたくない」としたこと。これは冷凍食品を持ち込んだことを書いた人を「密輸した人」と一緒にし、多くの人が読むブログ上で特定の個人を軽蔑したのと同じだと思いました。

結局ですね、誹謗したブログ主は、「密輸をした」と考えているってことですね。でも私は「検疫を受けたとも受けていないとも書いておらず、またそれらの品々は禁制品ではないのにどうして犯罪を犯したと言えるのか」と聞きました(この質問はクレーマーの意見として無視されたまま 笑)。そもそもこのブログ主は「検疫」に関心があるようで、「マレーシアでは(魚や肉の)検疫を受けなければならない」ということを論拠としているようです。これは正しいと思います。ただ、おかしな点もあって、「これは世界共通で、日本の場合はどうかという説明」も付けている点。

これは知ってる人は何をバカなことを・・と思うはずで、検疫の基準、内容は各国まるで違うんですね。特にオーストラリアみたいに非常に検査が厳しいところに住んでいる人はよく分かるはず。これは肉だ魚だなんてもんじゃなくて、もっと細かい分類があります。また「何をどの国からどの国へ」ということでも違う。だから他国の例を出しても全く意味が無い。

私が「検疫が必要な物」と「持ち込んではいけない禁制品」とは全く違うと書いたことに関しては理解できていないようで、次に「日本から肉を持ち出す時には検疫が必要だ」というまた新たな違う話を持ちだして、「やっぱりマレーシアに肉や魚を持ち込む人はクロである」と話を進めています。

論点がおかしいのはおわかりになりますかね?

○ 輸出国、輸入国で検疫を受けないければならないものは受けるべき
○ 禁制品を持ち込んではならない(密輸となる)

この2つのことは正しい。全く間違いがない。

だから冷凍品を持ち込む人は、マレーシアの場合、肉や魚を持っていたら

○ 日本から出る時に肉の輸出検査を受けなければならない
○ マレーシアでは肉や魚の検疫を受けなければならない

この2つも間違いがない。正しい。

ところが一番最初に戻って考えてみてください。持ち込んだ人は「検疫」「通関」に関しては何も書いていないってことを。これを「検疫は受けていないだろう」と想像するのは勝手ですが、決めつけるっておかしくないですか?

でも決めつけた根拠は「牛肉や魚は持ち込んではいけない禁制品であるから」と考えているフシがあるところ。つまりですね「私は酒を5本持ち込みました」と書いているのと同じように考えているんだろうと思います。もしそうであるなら「密輸をした可能性もある」と考えることは可能ですよね。持ち込み制限がありますから。でもこの場合でも「税金を払って持ち込んだのかもしれない」わけで、密輸をしたと断定することはできない。それでも「牛肉や魚」を持ち込んだだけでそれと似たようなことをいうということは「牛肉や魚は【麻薬と同じ禁制品】」と考えたからじゃないですかね。つまり、検査を受けようが、税金を払おうが、「絶対に持ち込めないもの」ってあるわけで、そういう場合は「私はXXXXを持ち込みました」と書かれていれば「密輸をしたであろうこと」は簡単に想像できる。もしそうだとするなら、「あの人は密輸をしているに違いない」とブログに書かれてもしょうがない。

でも今回の件はこの辺に「勘違い」があるのはわかりますよね?

でも問題はここじゃないんです。自分の想像で「犯罪者」と考えて、「そうではないなら自ら証明する必要がある」という。これは全世界の常識に反していて、犯罪だと思うならまずそれの証拠を出すのが先でしょう。裁判で検察や裁判官が犯罪の証拠を出さずに「まずはお前が無罪だと証明しろ」なんてことはあり得ないじゃないですか。

犯罪だというのなら、まず冷凍食品を持ち込んだ人が「日本でもマレーシアでも検疫を通していない」ことを証明する必要があるでしょう。あるいは「肉や魚を持ち込んではならない(禁制品)」であると、このどちらかをはっきりさせないかぎり、犯罪だと疑うことはできない。

こういうことがわからない人がいても良いかもしれない。でも私は「密輸をする某大陸人」の例を上げて、あたかもそれと同じだと言わんばかりに「かれらと同等のレベルにはなりたくない」と上から目線で特定のブログ主を蔑み、それを多くの人の目に留まるブログに書いたこと。これって非常にうまくなくて、サラッと読んだ人は「あの人は密輸をするとんでもない人なんだ・・・」と思うかもしれない。また「牛肉や魚は禁制品なんだ」と思うかもしれない。(こういう考え方をする人は結構多くて、オーストラリアの場合でも【一切の食料品を持ち込めない】と思う人が多いし、ガイドもそういうふうに説明することが多い)

これじゃ、書かれた人はたまったもんじゃないと思うわけです。

私もはっきり書く方ですから「シールズはバカだ」みたいなことも書きますが、ブログ村という狭い世界で、公人でも活動家でも何でもない普通の人を公衆の面前に引っ張りだして「犯罪者だ」みたいなことを書くのは私は納得できません。

何度も書きますが、私は元のブログを書いた人は友人でも何でもなく、全く知らない人です。ただブログ村に登録し、ブログを書いている人という共通点があるだけ。

もしこの中傷を始めたブログ主のいうことが正しいとするなら、今後、マレーシアに何かを持ち込んだ、お土産をもらったことをブログに書く時、「これは検疫を受けました。通関もちゃんと通しました。禁制品ではありません。」と「その証拠も含めて」ブログに書かなければならないということになる。こんなバカな理屈がありますか?

おかしい・・と思ったならまず本人に聞けば良いじゃないですか。

でも現実的には決まり通りにやらない人もいるでしょう。私だって聖人君子じゃないし、細かな決まりを守らないこともあります。スピード制限があるところでスピードオーバーで走るなんてことはしょっちゅうです。

もし「お前はスピード違反をしただろう。それは間違いのない犯罪だ。そうじゃないのならそれを証明しろ」なんて警察でもなんでもない人に言われたらかなり驚きますよ。ましてやそれをブログに書かれて「ダボは犯罪者だ」「あんなレベルにはなりたくないもんだ」なんて書かれたらどうします?

発端の「冷凍品を持ち込んだ」と書かれた人がどれほど心を痛めているか、それを想像すると私は黙っていられないのです。名前が出ちゃっているんですから(HNにしても)どこの誰かはKL在住者ならすぐ特定ができてしまう。今後は気をつけて書こうと思っているであろうことは想像できますが、「気をつけるべきは読む方も同じ」であると考えるべきじゃないですかね。そして何かおかしいと思ったら「本人にまず聞くべき」であって、それもせずに突然、「あいつは犯罪を犯している」とブログに公表して良いのでしょうか。

冷凍品で持ち込んだものが違法かどうかが問題じゃないんです。

また私はこの件の白黒をつけたいのではなくて、ブログはそれぞれが自由に思うことを書けば良いし、違うと思うことは違うと書くのも良いと思う。でも超えてはいけない一線ってあるんじゃないかと思うってこと。

この件を誹謗中傷を始めたブログのコメントに書きました所、私は「クレーマー」だそうです。(笑)

私が書いたことに腹が立つんでしょう。でももう一人、一方的に犯罪者のように書かれ、腹も立ち、悔しい思いをしている人がいることを忘れないで欲しいんですよ。

面白いですよね。誹謗を始めたブログ主は正義感が強いんでしょう。私も同じだけれど、正義感を振り回して他の特定可能なブログ主を犯罪者呼ばわりし、軽蔑するような書き方は許せない。(笑)

どう考えるかは皆様の自由。

もし私の考え方におかしな点があると思う方がいらっしゃったら、コメント欄に書いて是非それを教えて下さい。無視はしませんから。

 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ブログ村で起きている「ブログ誹謗中傷問題」に関して” への11件のコメント

  1. ダボさんに意見があります。

    わからん奴は放っておけ!

    • あはは、やっぱり?(笑)

      でもありゃないですよ。想像で犯罪者と決めつけてブログに書いちゃうんですから。

      でも現実問題として、禁制品じゃないかぎり細かい決まりは無視するのは普通に起きていることで、良いことではないにしても黙って肉製品、魚製品を持ち込むなんていくらでもあるわけで、検疫が必要だと書いてあってもそれを守る人はほとんどいないのが現状でしょう。だから彼の言うことは決して間違えじゃないのね。

      ここは難しいところだと私は思っていて、オーストラリアみたいに「質問票」があって、そこに「食品を持っているか?」と書かれていれば嘘はつけない。オーストラリアは本気で厳しくやっているし、これってバレるとかなり面倒なことになりますから。でもちゃんと見せれば禁制品でない限り問題なく通るのが普通で、東南アジアからとか中東からとかパッキングも怪しいような食品は彼らはかなり執拗に調べている。

      ただマレーシアの場合、他の「緩い国」はどこでも同じでしょうが、規則はあってもそれが徹底していない国っていくらでもあるじゃないですか。我々はそこら辺を見て行動を決めるのが普通で、質問票もなければ注意書きもない、検疫も通関もまるで調べる気もないようなマレーシアで、「法律は法律」とそれをそのまま受け取るべきかは考えどころ。

      禁制品を持ち込むのはやっぱりかなりまずいと思うけれど、検疫ってちょっと違うじゃないですか。例えば時期によっては「熱のある人、下痢をしている人は申告してください」ってのが検疫ではあるけれど、そんなのを無視する人は多いのと同じ。

      私はそういうことも加味して考えるべきだと思っていて、石部金吉が良いとは思わないわけです。でも今回の問題はそこじゃないのね。本人に確かめもせず、突然、ブログに犯罪者だと書いて軽蔑したんですから。それも個人の特定ができちゃう相手に対して。

      実際に「検疫を受けたのか?」と突っ込まれればそんなことをしていないのがどこでも普通で、彼はそこを突いてくる。元のブログを書いた人も「検疫を受けていない」なんて今更書けないし(検疫は受けていないだろうと私の想像)、書けば、「ほら、私の言った通りだろう」と、誹謗中傷を正当化する方向へ持って行こうとしているのは明白。黙っていれば「やましいことをしているから答えないのだ」とやっぱりそちらに持っていくんでしょう。

      こういう論理のすり替えで誹謗中傷を正当化しようとしている自分に気がついていないだろうことが今回の焦点だと思うわけです。あるいは「怪しい奴は叩いても良い」と考えているのか。これって「疑わしきは罰せよ」じゃないですかね。

      どうあるべきかを現実的に考えようってことじゃなくて、自分の極端な断罪を「正義感を盾にして」正当化する方向へ動いている。困ったもんだ。

  2. そのブログを読みました。確かに魚や肉は検疫を受けろと書いてありますが、その範囲はありとあらゆるものなんですか?

  3. ダボさん
    こんばんは

    私、この件に関してはどちらもどちらだと思っています。

    ダボさんの意見についてもっともと思いますが、
    ブログを見る人って、必ずしも自分の味方の訳ではなく、反対意見の方、下手をすると私を陥れようとしている人もいるかもしれません。
    そんな環境で、グレーなことをしている、と書くとどういうことになるか。

    ブログを書くときって少し配慮した方が良いのではないかと思います。

    今回の件に関しても、肉を持ってきたと書かずに、品目には触れず冷凍品とだけすれば、良かったこと。
    見ている方が肉を想像しようが、アイスクリームを想像しようが自由だし、今回のクーラーバッグの性能を示すのに、内容を詳細に書く必要性はそれほど高くないと思うのです。

    好きなように書きたいなら、ブログよりクローズドのフェイスブックなどの媒体の方が向いていると思います。
    ブログは発信力が高い代わりに、読者を選べないので、世の中色々なところで「炎上」が起こるのだと思います。

    もちろん、こういうもめ事welcomeなら、どうぞご自由にと思います。

  4. 匿名ファンさん

    私も気になるので調べて見たんですが、ちょっとニュアンスが違うようなんです。「MAQIS will quarantine and inspect any plant, animal,
    carcass, fish, agricultural produce, soil, microorganism,
    premise, transporter or any other items at the point of
    entry・・・」ってのはMAQISの仕事を書いているだけで、どの動植物はどのような検疫が必要でどうしろという記述が見つからないんですよ。つまり、ここに書いてある品目は「自己申告が必要である」と解釈するのは拡大解釈だということ。いわゆる検疫とは何かというと、病気などの広がりを防ぐためで、その対称となるものをここに並べてあるだけ。

    では飛行場で何をするべきかというのは違う記述を見つけたので、それは日記の方に書き足します。

    リコヨンさん

    リコヨンさんのお考えは良くわかります。ただその考え方は「触らぬ神にたたりなし」の様に聞こえて、今までどれだけの人が自分のブログに「日本から食品を持ち込んだ」と具体的に内容を書いてきたでしょうか。そういう人たちはいちゃもんを付けられる可能性があるから具体的に書くべきではないということになります。余計なことはしないのが利巧ですか?

    まず私がはっきりしないとならないと思うことは2つあります。本当にそれらの品目は「検疫を受けないとならないのか。そうだとすればどういう手続が必要なのか」ということ。そしてもう一つは「他の特定のブログだけを標的にして貶めることを黙って見ていて良いのかどうか」。この2つです。

    私は今回は2番めのことで反論したわけですが、本来の一番の問題点は「検疫」に関してなんですね。これをそのままにして、「波風が立たないように余計なことは書かない」って私はそういう考え方は非建設的だと考えます。検疫の部分がはっきりわかっていればそもそもこの問題は起きなかったかもしれない。またその検疫の内容は多くの人が知るべき情報じゃないんでしょうか。

    リコヨンさんがわざわざ私が揉め事を大きくしているように感じたとしたら非常に残念だと思うし、「好きなように書きたいならFBなどに書いたら?」というのは私ではなくて突然個人攻撃を始めた人に対していうことじゃないですかね。順番が逆じゃないですか?突然個人攻撃を始めた人には放置で、そりゃないだろうと言う私に「揉め事を起こすな」と?

    リコヨンさん、「炎上」することは悪いことだと考えないで頂きたい。そこで議論が深まって明らかになることって多いのですから。でも冷静に言えない、書けない、議論もしたくない人は多い。でもそれから逃げるのではなくて「炎上の中から何か良い答えがでるかもしれない」という考え方もあると思うんです。また「揚げ足を取られないようにクローズドで書け」ということは、「悪い相談は表でやるな」という意味でもあって、もし本当に冷凍食品を持ち込むことがわるいことであるならば、それはクローズドであっても悪いことに違いはなく、そこで話す分には問題ないことにもならないんじゃないでしょうか。

    私は彼に「謝罪しろ」と言っているのではなくて、書かれた人の名誉を守りたいだけなのも是非ご理解ください。その人は私の知り合いでも何でもありませんが、これは他人事ではなくて、いつか友人や自分にも降りかかってくるかもしれない。そうならないように注意をするのは当然ですが、もしそうなった場合、その横暴を許さないと声を上げることを「揉め事」「炎上」と言われると非常に残念に思います。ま、騒いでいるのは私だけだからそう言われてもしかたがないとは思っていますが。(笑)

    「ブログに書くことには配慮が必要」なのは、全員なのか、それとも冷凍食品を持ち込んだ人と私だけ?私のところだけにそれを書くのは、私が余計なことを指摘して炎上させているお考えだからですか?私が誹謗中傷に対して書いたことも「ブログに書くことには配慮が必要」というつもりで書いたのですが・・・。

  5. こんな感じ
    個人でハンドキャリーするなら、大目に見ますよ
    ローカルのお客様が、和牛塊持ってきて
    「日本から持ってきた調理して」なんて言うオーダーもよくありました 
    友人が「大西さん鮎好きだから」って言って日本から持ってきたアユを20本頂いた事も有ります
    宅急便で送ると検疫するから時間かかって腐らしてもごめんねー
    三日後ぐらいに検疫できたから取りに来て― 「激臭」
    こちらは受け取り業者に免許がないと↑のようなことになります
    だから必ず業者を通す 鮮魚の免許持っていても殻付き貝は違うライセンスがいります
    そんな感じです
    NZにいったとき持ち込んだマウンテンバイクの泥をつぶさにチェックしていたのが印象的でした

    • 結局そういうことなんですよね。

      ただ、今までは「駄目だけれど大目に見てもらう」と思っていましたが、担当官も明らかに法律違反を見逃すわけはなくて、「個人使用の少量はOK」という決まりが各国にあるし、マレーシアにもそれがあるのだと思います。少なくとも医薬品にはある。

      だからこそこそ隠れてやる必要もないし、ブログに堂々と書けば良いと思います。禁制品を持ち込むのは別の話ですが。(笑)

      鮮魚、殻付き貝とかのライセンスって別々なんですか?へーーー。

      泥はやっぱりどこでも調べますよね。靴についている泥も。それと木工品は五月蝿くないのかな?オーストラリアは絵の額縁とかも徹底的に調べるんですよ。虫が食っていないか。虫食いだったら破棄。

  6. 該当のブログを読んだ時の感想ですが…どのような品目が検疫対象なのか、また検疫対象の品物についてはどのような手続きをするべきなのか、持ち込んだことを批判する内容を一方的に書くなら最低限そこは自分で調べて詳細を明記すべきだろうと思いました。今回「冷凍の生肉」についてダメだと決めつけてますが果たして生物だけが問題なんですかね。肉や魚なら生物だけじゃなく加工品、お米や果物などの植物などでも国によっては検疫対象となるものは色々あるはず。大昔で記憶があいまいですけど以前アメリカ出張で現地在住者からカップラーメンを持って来て欲しいとリクエストがありましたがその頃は狂牛病騒動の真っ最中だったからか確か牛肉エキスだけでも問題があったような…。

    注意喚起すること自体は悪いことじゃないと思いますがそれならマレーシアはどのようなルールになってますよと詳しく書いて欲しいですけどね。でも具体的な内容がない、というか該当のブログ主さんも具体的なところまでは分からないままダメだと決めつけているように感じます。

    • マレーシアの検疫に関してじっくり調べてみましたが、わかったことは「細かいことはわからない」ということ。(笑)

      例えば牛肉は駄目でも、加工食品はいくらでもあるわけで、それによって区分も違うはずなんですよね。魚も生魚と干物、あるいは鰹節も魚製品だし。でもそういう細かな分類、差異に関しては全くわかりませんでした。

      でも牛が駄目だからハムもビーフジャーキも、ビーフスープキューブも駄目なんてことはないと思うんですが。オーストラリアでは駄目なのは当たり前ですが。

      だからカップラーメンも駄目なんですよね。牛のエキスが入っていたら駄目。これは他国の製品も同じで、でもスーパーに行くとビーフXXXとかビーフコンソメとかいろいろ他国の製品がある。おかしいなぁと思って調べてみると、全て「アーティフィシャルフレーバー」。(笑)

      食べても合成で作った味だってのがわからない自分にがっかりしちゃいます。(笑)

      ま、あのブログ主は正義感が強いがゆえに走り過ぎてしまったのだろうと思います。でも書かれた本人はかなり落ち込んでいるはず。私が気になるのはその一点のみです。

      新しい日記に「検疫のための申告の義務はない」事がわかったと書きました。なぜなら「全物品が検疫対象」だから申告も何も関係ない。検疫は申告制じゃないってことですね。

  7. こんにちは

    私がdaboさんのブログにだけコメントを書くのは、daboさんとは議論(意見を交わす)の価値があると思っているからです。
    お気を悪くされないでください。

    私が言いたいのはどんなブログにせよ、書いたことについて、批判、誹謗中傷あらゆることにブログ主が責任を負うということ。
    肉を持ち込んだことを書いた人は肉を持ち込んだということについてどのように言われようと、それについて違法だと書いた人は違法だということについて意見されても、それはブログ主が自分の発言を読者がどのように思うのか、ということを考えるべきと思うのです。

    私はそういうのを言われたくないので、余計なことは書かない、書くならきっちり調べて書く。
    (職業に関連するところはもちろんですが、今は主人の仕事の関係でマレーシアにいるので、彼の仕事に悪影響を及ぼす可能性があることについては触れないのが私のスタンスです)

    意見を交わしたいなら、問題提起するのもいいと思います。

    それにしても、マレーシアのお役所のHPはひどいです。
    別記事のコメントで恐縮ですが、ご存知の通り、生きているものも食肉も含め、動物検疫はDVSが管轄していますが、私が猫を持ち込むときとはHPの構成が変わってしまっていて、今になって調べようと思うと、以前書いてあった項目が無くなっていたり、様式が取り出せなくなっていたりしています。
    おそらく、食肉に関しても同じようなことが起こっているのでは?と思います。
    万事が万事そんな感じで、いろいろなことが運用規定が変わっていてお役所に行って、「えーっ!」みたいなこはざら。
    しかも広報がしっかりしていないので、情報収集にも苦労します。
    マレー語を理解していない外国人にはかなりハードル高いです。

    • リコヨンさん

      このリコヨンさんのコメントは嬉しいと思いました。

      実はリコヨンさんにメールを書こうと思ったんです。リコヨンさんの真意がわからず、ちょっとお聞きしたいと思って。

      リコヨンさんが私のブログだけにああ書くということは「話が通じるから」と思っているからだろうとは想像していました。ただ内容が、「見猿、言わ猿、聞か猿になれ」みたいに感じて、「うそだろ?」って思ったんです。リコヨンさんが正義感が強いのは知っていましたし、リコヨンさんらしくないと感じたのです。

      でも真意は理解できました。

      ただ私とはちょっと違うところがあります。同じな訳はありませんが(笑)、私は誰が何を書こうが良いと思っていまして、当然、誰でも間違いはある。考え方が浅かったり、まるで的はずれだったり。でもそれを指摘してくれるのが読者であって、違う考え方もあるぞというのもわかる。全く相容れないこともあるけれど、なるほどねぇ~と思うこともある。それで一歩前に歩けるのですから、読者のコメントこそが何よりも大事で、決して無視はしないし、たとえ反対意見でも誹謗中傷でも有難いと思うようにしています。

      間違いがあれば直せば良い。ただそれだけのことだと思っています。だから間違いを恐れてはならないし、反論も恐れてはならない。それどころか私は「これはきっと違うだろうな」と思うことさえ書いて反応を待ったりするぐらい。

      リコヨンさんはある分野のスペシャリストですし、ご主人が現役で働いていらっしゃるから、な~んのこだわりもなく気楽に生きている私とは全く環境が違うのがわかります。だからリコヨンさんの考え方ももちろん理解できます。

      最終的に「検疫で申告するものは何もない」ということが私の調べではっきり理解できたので、実は今ではあのブログの彼には感謝したいぐらいです。そもそも検疫とは何かという曖昧な部分があったのもちゃんとわかりましたし。

      冷凍食品を持ち込んだと書かれた「ももてつさん」という方を私は全く知らないのですが、落ち込んでいるし、余計なことを書いた、今後は書き方を変えようと萎縮しているであろうことは簡単に想像できましたので、メルアドはわかりませんが、所属のグループには連絡を入れました。

      「そもそも検疫は全物品対象で、申告するしないは全く関係なく、通ることが出来たということは【検査はパスした。問題なし】という意味である」ということ。

      今回の一件で多くの人が「持ち込んだものに関して余計なことは書くのをやめよう」と思ったはずで、私は皆がこんなことで萎縮して情報量が減ることが気がかりでした。でもそれは心配無用であるという根拠を一つ示せたのは良かったと思っています。

      考え方は多様でまだまだ反論も出てくるでしょうが、私としては「これは間違えではない」という自信が持てたことは収穫でした。でも「違うぞ」という声が出てくれば、もちろんそれに耳を傾けますし、無視することはあり得ません。

      また直接自分がターゲットにならずとも、無理やりこじつけて特定できる個人を断罪したり蔑むような行為があれば、私は独りででも立ち向かいます。(笑)

      これからもこんな調子でやっていくつもりです。m(_ _)m

      マレーシアの法律とか各分野で国がどう動くかってのは私には全くわかりませんが、MM2Hのビザ関連では信じられないような話を何度も何度も聞いていますから、きっと他の分野でも同じなんだろうと想像しています。法治国家ではないとは言えませんが「現場主義」であるのは間違いがなく、そこに怪しい利権も存在するのだろうと思っています。だから話を持っていく相手によって結果が変わる。これをもってして最低な国ということは出来ないと思っていて、日本が素晴らしいわけでもない。(笑)

      そういう意味でも郷に入っては郷に従えであるはずで、その「ゆるさ」の中でどう生きるかを理解できた人にはこんな良い国はないということにもなるんでしょうし、そういう声も聞いています。遠回りすることもあるんでしょうが、信じられない近道もあるんでしょうし、それがマレーシアだと思って順応していけば良いだけのことだと考えています。

      ああ、マレー語に関してはその通りで、英語で調べていく内に突然マレー語のページしかなくなったり。あれだけは早急に改善して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *