牛シチューを作ったけれど美味しくない・・・

肉たっぷり、野菜たっぷりのシチューを食べようと思いました。

野菜は家にいろいろありましたので、って入れるものはタマネギ、人参、セロリだけですが、肉だけ買ってきました。安い煮込み用の肉。

RX1R-07379

いつもは肉も野菜もしっかり焼いて焦げ目を付けてから煮こむのですが、今回はそれをやらずにやってみることに。でもタマネギだけは別途かなりの量をキャラメライズして入れました。イメージとしてはオニオングラタンっぽい味になったらいいなぁと思いつつ。

またいつもはビーフストックを骨から取りますが、それも手抜きして余っている市販のチキンストックを使いました。

RX1R-07380

やっぱりこれじゃ駄目なのでブラウンルーを作って入れてみました。

RX1R-07378

煮こむこと8時間。低温調理機+スロクッカーのハイブリッド機で90度に設定。

楽しみにしていたのですが、牛の旨味が全く無い。肉も美味しくない。柔らかく煮えているのですが美味しくない。

あれだけ大量に入れた牛の味の濃さも深さもなく、そもそも手抜きで始めましたし、途中でギブアップ。ヨメさんに後はやってもらうことにしました。

ヨメ 「うーーむ、これじゃカレーにするしかないかもね」

ダボ 「はい、お好きなように・・・」

ヨメさんがカレールー以外に何を入れたのか知りませんが、カレーとしてはまぁまぁ。でも元が大したことありませんから美味しい~~~って感じじゃない。普通のカレー。でも具沢山ってだけ。

RX1R-07381

やっぱり手抜きは駄目なんだろうけれど、牛骨からスープを取るとか、肉や野菜をキャラメライズさせてとかって面倒。

何か手抜きでチャチャッと美味しく作る方法は無いもんだろうか・・・。

料理好きには怒られそうだけれど、化学調味料、牛スープの元とかで何か良いのがないもんだろうか。

最近、思うことなんですが、まぁ、プロがちゃんと作るときにはどうやるのかってのを知りたいと思っていろいろ実験してきましたが、そもそもそれって私が進むべき道とも思えず、っていうか、あまりにも大変な道のりなのがわかるし、どうせ料理というより調理実験でしか無いのだから、このさい、化学調味料なり、XXXの素なりを使って作る方向性の方が私に合っているかもしれないなんて思うんですよ。

ベトナムのフォーボー(牛のフォー)は手をかけるとかなり美味しいのが出来るようになりましたが、コストも時間も半端じゃなくかかるんですね。そんな時にヨメさんが見つけてきた安いインスタントのフォーを食べたら結構美味しいわけですよ。あるいは近くのショッピングモールの中にあるベトナム料理屋のフォーもかなり美味しい。でも彼らが毎日何十キロの牛骨や肉を使ってスープをとっているとは思えないんです。コストも手間も大変ですから、肉もたっぷり入れて12ドルぐらいで売っても大して利益にならないはず。

つまり、プロなら誰でも知っている、そして使っている「XXXの素」みたいなのが絶対あるはずなんですね。

これはマレーシアで食べたパンミーもそうで、鶏パンミーが美味しかったですが、スープの色とか味から判断すると、あの味の濃さは鶏丸々一匹使ってもスープ一杯分にも足りないと思ったんです。店によっては化学調味料がすぐわかる店もあったけれど、それを感じさせないけれどやっぱり「XXXXの素」は大量に使うってのが絶対あるはずなんですね。

そんなのは美味しくない、なんてのは本当のグルメの人たちだけであって、私には十分美味しいと思うんです。味の素は胸焼けするから食べたくないという長男でさえもそういうインスタント物とか街の安い店で美味しいって食べるし。

世の中には味の素みたいな、牛フレーバー、チキンフレーバーの良い物がいろいろあるんじゃないかと思うわけです。でも韓国のDASHIDAにしてもどこでも売っているチキンスットクの素とか、どうもイマイチ美味しいとは思えない。もしかするとあれにまた何かを足すとガラッと変わるのかもしれないとおもったり。

そっち方面を調べて、何か見つけて作るほうが、ジジーの調理実験としては良いかと思ったり・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

牛シチューを作ったけれど美味しくない・・・” への6件のコメント

  1. 私や私の知ってる板さんはAとかグルソとプロは呼ぶ(味の素)MSGは使わないですね
    捨てるような野菜、白ネギの端っこセロリの根っこが大量に出るのとそれを溜めておいて
    スープ作ります。
    鶏をゆでる(2kg)とき塩、白ネギの青いところ一掴み(両手)、しょうがひとかたまりスライス、5リットルくらいのお湯でグツグツ煮ると自動的にいいだしが出ます。それでスープ作れば吸い物でもよしラーメンでもよし 
    プロの使う業者はガラならガラパーツごとに持ってきてくれるのでそれをどでかい寸胴鍋に入れて火をかけっぱなしにするので手間もかからないですね

    一般的な家庭ではそれは量的に無理なのでストックを使うんじゃないでしょうか
    煮物もなんでも大量に作らないとおいしくないは真実です

    野菜をグリルしてから煮込むとおいしいのは真実です 照り焼きソースでも骨をグリルして漬け込むとしっかりした味になります(鶏料理には鶏の骨 魚には魚の骨)

    結局店だとリットル単位で作るのでそれができるんですが家庭でそんなことしたら冷蔵庫が大変なことになりますからね

    私が勧めるのは圧力鍋神様の調理器具 4時間煮込むのが15分で終わる
    さっきのチキンスープに焦がした玉ねぎぶち込んで15分したらおいしいオニグラができますよ 

    ただこの頃の野菜が味が甘すぎるのでいいスープができないというのが私の持論です
    セロリやニンジンってもっと強烈な個性があってそれが素晴らしいうまみに昇華されたのに・・・

    くどくなってきましたね 今日はこの辺で
    GC長男移住等いつもお答えいただきありがとうございます
    返信できずにすみません いつも読んでますのでヨメとシェアしてます

    かしこ

    • 大西さん

      もし大西さんがホーカーズでパンミーを作るとしたらどう作りますかね。

      そこを聞いてみたいな~~。

  2. めんどくさいので捨て野菜やエビガラダシでいっきにつくっちゃうでしょうね
    キッチンから出るごみって本当に使いようのないもので 和食の板前さんの仕事を見たときには驚きました でお客様に出せないけど食えるところは自分たちのまかない行です。
    もう食べ飽きたよーというくらい中落ちのおいしいところばっかり食べてます
    パンミーの店じゃないんですが、イポーフォーファンの大好きな店があったのですが
    そこも大量に出るエビの殻と頭でスープを取ってました コクのあるおいしいスープでしたが ある時からMSGでドーピングするようになり食後やたら喉の乾く店になりました
    自分の味に不安になるときについつい使っちゃうんです。楽というより不安感
    私は基本的にmsgは使わなかったですね今まで

    • おおにしさん

      MSGってのは化学調味料の一つでしかないじゃないですか。現代ではMSGとは呼ばなくても似たような調味料がたくさんありますよね。MSGは元はといえば昆布ですが、カツオ出汁の素、椎茸出汁の素もある。そして韓国のDASHIDAみたいな牛出汁の素、中国料理には欠かせないくらいのチキンフレーバーの鶏粉。これらは牛や鶏から取ったものじゃなくて科学的に合成された調味料。

      こういうのって数限りなくありますよね。風味をつけるものを含めて。

      こういうのを使いこなせば、かなり安く美味しいものが提供できる。

      野菜くずやエビの頭、殻は使うにしても、ホーカーズの多くはそういう調味料を大量に使っているはずなんですね。デサスリで有名なパンミーの店(駐車場の前)に行った時に、美味しかったんだけれど、鶏のスープの濃さが半端じゃ無いんですよ。あれって本物を使ったら、パンミー一杯作るのに鶏を丸ごと一匹必要だと思ったくらい。

      ああいう店がどういう調味料を使っているのかとか、どういう種類があるのかとか調べようはないですかね。ベトナムのフォーに使う調味料も知りたい。カップ麺で美味しいのがあるんですが、裏を見たらアーティフィシャルビーフフレーバーって書いてあるんですよ。オーストラリアは「牛に由来するもの」は一切輸入禁止だから、本物の牛から取った出汁が入っている麺類も輸入できない。当然、牛の出汁の素も化学製品しか無い。

      あの手のものをいろいろ使って実験したいんですが・・・・

  3. マレーシアではチキンストック等のフレーバー系はMSGと総称しています
    やはり思うのは日本の業務用のストックの種類の豊富さ
    例えばデミグラスソースでも2リットルで3000円のものもあれば300gで5000円のもある
    その違いはベースとして使ってください後の味の調整は自分でやってねが2リットル
    300gはそのまま店で出せます使えます めちゃくちゃうまくて手が込んでいるのが食べてわかるレベル
    先日ビーフストックを買ったら「ただのスープやろ!!」という状態で泣きそうになりました(業務用は濃縮タイプが普通)
    そう言えば本だしって「平たく言うと灰汁ですよ」とほんだしを作ってる人に言われました。道理であの味か・・・
    でプロ用のほんだしはカツオでも血あい無しとかいろんな種類があるそうで料亭の人に教えてもらいました
    味の素の人に 「化学調味料」というと怒られるらしいですよ

    • なるほど~~~~。

      おおにしさん、KLに行ったらどういう調味料があるか教えて下さいね。家庭で使う一般的なものじゃなくて、プロが(内緒で)使うやつ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です