中国の戦闘機が自衛隊機を攻撃

なんだか恐ろしく嘘みたいな話が出ていますね。

昨今、中国の「軍艦」がジワジワと日本の接続領域に入ってきたと思ったらとうとう領海の中まで入ってきた。これはどの国にも「無害通航権」というのがあって、たとえ軍艦でも他国の領海に入っても良いという決まり。ただし、「無害」であることが条件で「情報収集」はもちろん、ましてや「ここは俺の領海」だと主張しつつ入ってくるのは「無害」ではない。また細かい規定がある様子。ここが同じく領海を通過したロシアの軍艦とは違う所。

まったくよぉ、日本を挑発するのはやめてくれよ誰しもが思う。ところが不思議にそれを口にだすのは保守系ばかりで、左掛かった人たちは何も言わない。「中国は脅威ではない」というのが原点にあって、「だから軍備も必要ないのだ」と言うわけだから、中国が脅威だなんて言ったら自分で自分の首を絞めることになるんでしょう。そして不思議なのは沖縄の翁長知事。領海侵犯があり、尖閣でごたごたしているのに、お膝下の知事が「何も言わず。だんまり」。

これって誰が考えても異常で、中国からの回し者か?と思いたくなる。

これは左派の国民も同じで、あんな国防に役に立つとは思えない安保法案を「戦争法案」だと騒ぎ、戦争反対と叫び続ける。でも実際に中国大陸で「侵略」をし、他国の領土、領海を掠め取ろうとしている中国には何も言わない。中国大使館の前に言って、「危ないことはやめろ」と言っても良いと思うけれど、彼らは中国ではなくて自国の政府にそれを言う。

どこか狂っているんじゃないかと思うのだけれど、実は裏で恐ろしいことが起きているのがわかった。

中国の軍艦が日本の領海に入ってきた時に、中国の戦闘機もそれに合わせて活動していた。当然、自衛隊はスクランブルを掛けるのだけれど、今までは

空自と中国空軍の間には「北緯××度」という暗黙の了解がある。従来、中国機はそのラインまで来るときびすを返すように北上し、空自機と遭遇することはなかった。

ところが今回は

中国機はその一線を初めて越えてきた。

中国機は想定外の行動に出る。大きく回り込もうとする空自機に対し機首を向け、正面から向き合う体勢をとったのだ。

これに関して、現役の自衛官ではない元空将が言及した。

東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自戦闘機に対し攻撃動作を仕掛け、空自機が自己防御装置を使用して離脱した。

まさか・・と思った時に、日本政府はこれを否定した。中国政府も否定。

なんだ?嘘か?と思ったけれど、確かに「攻撃」はしていない。当たり前でそれがあったら戦争状態になる。

一体どうなっているんだ?と思ったところで、次の発表があった。

中国機「前例ない接近」 東シナ海、空自機を正面から威嚇 政府関係者認める (産経新聞) – Yahoo!ニュース

つまり、攻撃がなかったのはその通りだけれど「攻撃動作」「威嚇」があったことは認めた。

これがどういうことかというと、まさに上に引用した通り

空自機に対し機首を向け、正面から向き合う体勢をとった

これは戦闘に入る。つまりドッグファイトをするという意思表示と考えることが出来る。もちろんそこでミサイルを発射されれば自衛隊機は撃ち落とされる危険がある。

ここで自衛隊機はそこから逃れるために

自己防御装置を使用して離脱した

自己防御装置ってなんだ?ということだけれど、これはミサイル攻撃から逃れるためのもので、ミサイルにはいろいろある中で「熱関知」をして攻撃対象を追いかけるミサイルがある。これから逃れる装置ということ。つまり「フレア」(多くの火の玉)を出し、「自衛隊機が発する熱を追尾できないようにした」ってこと。でも自衛隊機がそうしようとした時に、中国機による「ミサイルのロックオン」がされたかどうかはわからない(ロックオン後発射すればほぼ確実に命中する)。これはロックオンされればわかるようになっているはずだけれど、それに関しては何も発表されていない。でもロックオンされていないのにフレアを発射して逃げるのだろうか。この辺のことは私にはわからず。

フレアとはこれ。戦闘機の後方から「多くの熱源」を放出して、熱関知ミサイルが攻撃対象を特定できないようにするためのもの。

これはF16という戦闘機のものだけれど、ここまでしなければならないのは自衛隊の歴史上初めて。私はこのパイロットは「死を覚悟」したと思う。でも手出しはできないわけで、「自分が攻撃されれば日本はやっと動けるようになる」と考えたのではなかろうか。日本のわけのわからない憲法、法律のせいで「自衛隊員は常に死と向き合わなければならない」ってことじゃないですかね。やられるのを常に待つ状態。

今回、中国の戦闘機と自衛隊の戦闘機とどういう位置関係で何が起きたのかの「動画の証拠」があれば良いと思うのだけれど、そういう緊急事態を第三者視点で記録しているとは思えないし、でも自衛隊機に記録装置はあると思うのだけれど、それを公表するのかどうか。

かつての「漁船の衝突」の瞬間映像を時の民主党政権は隠し、使命感あふれる海上保安庁職員がわざとその記録映像を流出させたのは記憶に新しいけれど、さてさて、今回はどうなるんでしょうか。

もし領空侵犯した外国の戦闘機がスクランブル発進した戦闘機に向かって来るとなれば、どこの国でもそれを「戦闘する意志あり」と認定し、撃ち落とすのがふつうじゃないだろうか。

でも日本はそれをしない。できない。

自分が攻撃されるまで何もできず、とりあえず逃げた自衛隊の戦闘機に乗っているパイロットは何を感じ、考えたか・・・。

安保法案を戦争法案と断定し、「自衛隊員を殺す気か?」と主張する人に問いたい。「現状こそが自衛隊員を殺す」ことになるんじゃないのかと。こういう場合には攻撃しろというのではない。日本が普通の国のように攻撃できる法律があれば、中国もそういうバカなことをしないってこと。抑止力とはなにかを是非真剣に考えて欲しい。

自衛隊員はどこに行っても憲法や法律を守る。だからどれだけ危険な目に合い、相手が攻めてきても、その前に立ちはだかり手を広げて「やめろ」というしかない。そして万が一、戦うことになっても自衛隊には軍法もなく、我々と同じ傷害罪、殺人罪が適用される。

これが平和国家か?

それと、今回の選挙で3分の2を自公民に取らせないようにと民進党は宣伝している。なぜなら3分の2を取ったら「憲法改正」の方向にいくに違いないという論理。

憲法改正を決めるのは国民であって、たとえ90%の議席を自民党が取ったところで自民党が憲法改正することはできない。それをあたかも自民党が憲法改正を強行するような言い方をする。おかしくないか?

自民党が「自主憲法」を作りたいというのは自民党の党是であって、昨日今日いいだしたことではなくて結党以来の自民党の目標。つまり、自民党が圧勝したら「憲法が改正されてしまう」という論理なら、「全ての選挙でそれを主張するべき」だと私は思う。

そしてもう一つ大事なことを忘れている。共産党は「天皇制を認めない」という点。しかし天皇制は憲法に定められている。これがどういうことなのか「護憲派」はしっかり考えるべきで、「共産党も改憲派」であるということ。天皇制を認めないというのなら、憲法改正をはっきり主張すべき。

そして共産党は「自衛隊も認めない」のは党首討論でもはっきり言ったし、それは将来の話として煙に巻いた。「防衛費は人殺し予算」と言った共産党の重鎮もいた。これは彼の暴走ではなく、共産党が民進党と組んで言うべきことを言っていないことに不満を感じる共産党員がいるのは間違いがなく、彼はそれを言わざるを得なかったと私は想像する。それが間違いないのは、言った内容に関して共産党はそれを否定することはなく、志位さんも岡田さんもここには触れたくない様子。本人は「発言を取り消します」と表明したけれど、「取り消す必要なし」という共産党議員が今でも存在する。

民進党はそういう共産党と手を組んでいるということをお忘れなきよう・・・。

暴走を止めたいと思う彼らの気持ちは理解できる。

しかし自動車の運転手を引きずり下ろした後、誰がどう運転を代わるのかは言わないっておかしくないか?

今の運転手は運転が完璧ではないと私も思う。でもそれを指摘しても、代わりの運転手がどういう運転をするのかがわからない。俺にやらせろと言う運転手は、過去に暴走どころじゃない滅茶苦茶だったのを国民は経験しているのに、今回は運転方法も考え方も違う同士で共闘して、今の運転手を引き摺り下ろせという。これってどうしたって「前よりも今よりももっと恐ろしいことになる」と想像するのがあたりまえじゃないだろうか。

そして自民党は相変わらずで、既得権益を守ろうとする態度は変わらず。

選挙?勝手にやれば?と言いたくなるのも分かるような気がしますわ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です