密輸の相談を受けた

読者の方々からメールを頂くことが結構あるのですが、今回はちょっとびっくりしてしまいました。

マレーシアに入国する時に「タバコを3-5カートン持ち込みたいのだけれど、リスクがほぼなければ持ち込みたい。駐在やリタイヤの人はどのくらい持ち込んでいるのでしょう」というご質問。

困ったなぁ・・・と思いません?

気持ちは良くわかります。タバコに限らずお酒を免税範囲を超えて持ち込む話は結構ありますし、飛行場の税関も何も調べないで素通りさせることが多いのは私も知っています。

でもこの手の話って、「酒を飲んで運転しても大丈夫なんですよね?」みたいな話と一緒で、答えようがないですよね。

こういうことって「自分でリスクを取るのか取らないのか」ってことでしかなくて、他人に聞くような話じゃないと思うし、これって「密輸」と同じ犯罪なんだという意識が低いのだろうと思いました。

わからないから、気になるから聞いてみようというのもわかりますが、なんだかなぁ・・・・って思うわけです。

昔からある「日本の健康保険を使う」話も同じで、「市役所には住民票を残して、でも社会保険庁(?)には海外に出ると届ければ、税金を払う必要はなくなって健康保険は使えるんだぜ」みたいなのを「有益な情報交換」として皆で共有しようとする人たちもいる。

見つからなければ何をやってもかまわないという意識を持つ人がマレーシアに行くロングステイヤーに多いのが気になります。そしてそれが掲示板とかで話し合われている。恐ろしいと思います。つまり個人間では当たり前のように話されているってことでしょうね。

私はゴールドコーストに25年いますが、こういう話を一度足りとも聞いたことがないんですよ。でもマレーシア絡みではいくらでも聞こえてくる。

前にもびっくりしたことがあるんですが、日本では「5000万以上の海外資産を持つ場合は申告が必要」となりましたよね。このことを話し合う場面で「気をつけないとね」という意見があった。

何に気をつけるんですかね?一体何を企んでいるんですかね?

こういう話が普通の会話の中に出てくるマレーシアって私は異常だと思う。

かつて私にこうはっきり言った人がいます。

「俺達は今までガラス張りで税金を払ってきたのだから、多少のことは許されて当たり前なんだよ」

こういうのを「貧すれば鈍する」と言うんじゃないですかね。

それで「日本人の民度は高い」とか「(他民族のことを)あいつらどうしようもない」とか平気で言う。舛添氏のこともクソミソに言う。

なにこれ?って思いませんか?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

密輸の相談を受けた” への9件のコメント

  1. 正直者はバカを見る、と言われればそれまでですが、私もダボさんに大いに賛成の一人です。(隠すような資産もないのですが。。。)
    もう自分の中のモラルとの闘いかもしれないレベルかもしれませんが、やはりお天道様は見てくれているし、恥ずかしくない自分でいたいのです。子供に対しても偉そうなこと言えませんよね。人間、窮地に立った時こそ本性が出るというのであれば、喜んで馬鹿正直になります、私。

    こんなおめでたいこと言ってるから、いつまでも貧乏なのかもしれません。でも、騙すより騙される方が、まだマシ。夢見が悪いことはしたくない!!!

    • あ~
      そのメッセ、私にも来ました。

      色々な方に送られているのですね。
      ブログを見れば私やdaboさんに聞いても仕方がないのは分かると思うのですが。。。
      何か他の目的があるのでしょうか?
      ちょっと怖くなりました。

  2. KLママさん、お久しぶりです。

    ですよね~。KLママさんが書かれた「お天道さま」の話。それも日記本文に書こうと思っていました。「お天道様はお見通し」ってこれこそ日本人の価値観の根本にあるもので、見つからなければ良いなんて発想はないはず。だからといってお天道様に何か期待するわけでもありませんが、「見てくれていますよね」って話しかけながら生きていく充実感って非常に大事だと思ってます。

    ところでKLママさん、その後お仕事は決まりました?メールでも出そうか考えていたところです。

    リコヨンさん

    リコヨンさんにも同じメールが?う~~~~む、他に何らかの思惑があるとも思えないんですが、そういう方がマレーシアに渡られてどうなるのか、ちょっと気になりますね。

    その方は悪気も無いんだろうと思いますが、そういう「脇の甘さ」が気になります。

    実はこうやってブログをやっていますと、本当に「温室育ちか?」みたいに思う人からたまにメールが来るんですよ。他人を疑うことをせずに、「うんうん」ってうなづきながら他人の話を聞くタイプなんだろうな、と。

    多分、田舎で平穏な生き方をしてきた方かもしれないと想像するんですが、海外って大都会以上に海千山千がいて、価値観が全く違う外国人もごっそりいるわけですから、本当に心配になります。

    なんでも経験をするのも良いですが、再起不能にまでむしり取られることもありますもんね。その方も心穏やかなロングステイを経験して欲しいですが、その為には「君子危うきに近寄らず」が大切だってことを是非理解して欲しいと思いました。

  3. 大西さんという方がほざいてましたが 
    「セカンドホーマーはせこい インカムが無くて減る一方だから
    乞食かよと思うこと平気でやるんだよねー」
    思い切ったことを言うひとだなーと思いました

  4. あらら、同姓でそんなとんでもないことをいう人がいるんですか。

    一緒にされたら困りますね。

  5. ダボさん、また近況はメールにてご報告させていただきますね。

    最近、この「バレなければ良い」というケースに何度か出くわしまして。密輸然り、不法就労然り。ちゃんとした会社がそれを黙認どころか、勧めてきたりして。そういうところに、まさに「イラッ」としていた時期でしたので、つい熱く反応してしまいました。しかも「オーストラリアではまずいない」という点にも、過敏に反応しました。私の中に、「やっぱりマレーシアだからこんなもの」という諦めがあるのは事実で、それはマレーシア自体にも、更に現地の日本人の質にも感じています。偉そうなことを言える程大層な人格者ではありませんが、やはりオーストラリアじゃやらないけどマレーシアだから平気、みたいな日本人のある種差別的な感覚に、もう嫌気がさしているのかもしれません。

  6. KLママさん、そんなことがあったんですか・・・。

    私の身の回りではそういうこともない平穏な日々が続いていますが、でも世の中を見ると「見つからなければ何をやっても良い」とか「赤信号、皆で渡れば怖くない」、「俺の利益が何よりも大事」ってのが多すぎるような気がします。そしてそれは大企業、政治の世界、マスコミ、学者の中にも当たり前になってしまったような・・。

    オーストラリアでは皆が聖人君子かっていうとそんなこともなくて、他の日記に今でも話が進んでいますが、「拾ったものは俺のもの」は常識ですし、契約社会なのを利用して「要求し放題」「契約書の中に誤解を埋め込む」とか、まぁ、それはそれは色いろある。

    そしてですね、自分の中にもそれがあるのに気が付きます。スピード違反、駐車違反、酒酔い運転だって取り締まりが非常に厳しいから法律を守るのであって、罰則無しで「運転手のモラルに任せる」みたいな法律だったら、自分自身が何をするかは簡単に想像がつきます。舛添さんを悪く言える自分じゃない。

    マレーシアにだって同じで、私はやっぱり英語が得意じゃないですから、相手が東南アジア人なのか、白人なのかでこちらの緊張度はまるで違いますもの。どうしても相手を上に見たり下に見たりする自分がいる。前にブログに書きましたが、相手がオージーだったら「どうしました?」なんて声をかけるのに、東南アジア人だと「おい、なにやってんだよ、馬鹿やろー」と自分の心は動く。

    一体どうしたら良いんでしょうね。

    自分が聖人君子になれることはあり得ませんが、せめて「何をしているのか」の自覚だけは失いたくないと思っています。

    特に子育て中のKLのママさんは悩むでしょうね。一体子供にどう生きろと教えるべきなのか。どういう背中を見せたら良いのか。不条理にどう対応する親を見せたら良いのか。

    KLママさんが書かれた「お天道様はお見通し」ってのだけは忘れないようにするしかないんでしょうか。いつかお天道さまにお目通りする機会があった時に、ちゃんとお天道さまの目を見れる人間でありたいです。微笑んでくれるのか、頭をゴツンとやられるのか、それとも鬼のような形相で睨まれるのか・・・

    私はその時に言い訳をすることなく、単にお天道さまがにっこり笑ってくれて「おかえり。ご苦労様でした」と言ってもらいたい。そんなことを考えています。

  7. 私もそれこそ若い時からですが、常に死を意識しておりまして。
    「ああ良かった。」と思いながら、最後の時を迎えたいと。

    こういった言葉もありますね。「天知る、地知る、我知る」
    差別意識といったものは、生きている上では避けて通れないもの。
    それにどう向き合って生きるか、私はそこにその人の生き方が現れている気がします。
    歳をとると、内面が顔に現れる。平たく言うと、いい顔したおばあちゃんになりたいのです。

    まだまだ人生半人前ですが、そんなことを考えてKLの片隅でママをしています。

    • わかります。三途の川を渡るときには胸を張って渡りたいです。(笑)

      でもそこまで偉そうなことを言える自分じゃないのはもうすでにわかっている。(笑)

      ま、悩みながら生きていくしか無いのかと・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です