オーストラリアにまた「慰安婦像問題」が勃発:中国のオーストラリアへの進出

オーストラリアはシドニー郊外のストラスフィールド市に慰安婦像が建てられそうになりましたが、在住日本人の方々の努力、またオーストラリア人の協力も得てどうにか慰安婦象設置は阻止できた。

ところがですね、また再燃してるとのこと。

今度はその隣の市らしいのですが、なんと「教会の敷地の中で道路に向かって建てる」とのこと。これの詳しい話はわかりませんが、ネット番組の「虎ノ門ニュース」の中でその話をしていました。

またオーストラリアは中国ベッタリで、ダーウィン近くの港を中国企業に99年間貸す契約をしてアメリカもカンカンに怒っている様子。それらを含めててオーストラリアにおける中国問題を語っています。

該当部分から再生するように設定しましたが、CMなどがはいるとズレるかもしれません。本編01:06:12辺りから。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

オーストラリアにまた「慰安婦像問題」が勃発:中国のオーストラリアへの進出” への2件のコメント

  1. 動画、見ました。恐ろしいですね。
    わたし、選挙権あるんで、ターンブルの党には入れないようにしようと思うんですが、
    労働党の時のラッドも親中でしたよね。
    アボットが安倍さんと仲良しっぽかったからよかったのに、どうしたらいいんでしょう。
    数ある政党名のボックスに、1~6まで数字を入れて投票するらしいです。
    自由党、労働党を外して 1~6を書いたところで、ただバラバラになるだけですよねぇ。
    あ、でも自由党が負けたら、ターンブルは責任とってやめるかもしれないから、
    労働党に投票したほうがいいのかなぁ。
    すごく長~い投票用紙で、たぶん、20個かもっとたくさんある政党名の横のボックスに番号を書くんです。
    みんなちゃんと真剣に記入するのか心配。

    • ねーー、怖いですよねーー。

      でも私にはまだわからないことがあって、日本人的感覚でいるからわからないのかもしれないと思っています。日本人って真面目だけれど、世界は「利益」を常に考える。

      ま、それは日本人も同じだけれど、イギリスにしてもオーストラリアにしても「目先の利益」を重視する。これも多分アリなのかもしれないんですね。でも日本人みたいに「受け入れるとなればなんでも受け入れる」みたいなバカなことは彼らはしない。

      もらうものはもらうけれど、ダメなところはビシっと言うってところがあるような気がするんですよ。そういうところに「ズルさ」を感じるのが日本人だけれど、欧米人の感覚って非常に現実的であるような気もします。

      でもそういう生き方って「リスクを内包しながら」生きるわけで、舵取りは難しいだろうけれど、それが「大人の付き合い」みたいな気もするんです。でも日本人は子供だからそれが理解できない。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *