刑務所風「ミートローフ」を作った&パン粉は20分浸ける

刑務所風ミートローフってなんだろうと思いますよね。私もその言葉に惹かれてレシピを見たのですが、要は「お金をかけないで量が多いミートローフ」ということでした。納得です。

で作ったのがこれ。ミートローフじゃありません。

RX1R-07248

煮込みハンバーグになりました。だってミートローフをオーブンで焼くのは面倒だし、そもそもミートローフって「日本のハンバーグ」なんですよね。じゃぁアメリカ人のハンバーグって何かっていうと、まさに肉を焼くように「牛ミンチを焼く」のが一般的。タマネギじゃパン粉じゃといろいろ混ぜない。日本のハンバーグっては洋食の「ミートローフ」なんですよね。ただ「焼き方はハンバーグ」ということでしかない。

いつものようにミレポア(セロリ、人参、タマネギ)をバターで炒め、マシュルームも入れ、トマトソースベースのソースを作りました。

RX1R-07243

ハンバーグはミートローフ、あるいは日本で言うハンバーグの作り方と同じ。でも「刑務所風」ですからいつものハンバーグよりパン粉、タマネギを多く入れます。

RX1R-07244

そしてミートローフらしく、ハーブもいろいろ入れて、さて「焼こう」と思った時。面倒くさいなぁ・・・と思って、そもそもこれって日本のハンバーグと同じなのはわかっているわけですから、煮込みハンバーグにしちゃおうということに。

RX1R-07246

両面焼いてから、ソースを入れて蓋をして5分ぐらい煮込んだかなぁ。

RX1R-07247

これで出来上がりですが、この「刑務所風」を食べていの一番に感じたことは、「子供の頃に食べたハンバーグってこういう味だった」ってこと。つまり、タマネギもいっぱい入っていて美味しいし、パン粉も多く入っているから「柔らかく、ジューシーで美味しい」んですね。そしてミンチを混ぜる時に「しっかり混ぜすぎ」ちゃいましたので、ハンバーグのまとまりが良すぎてソーセージとは言わないものの食感がハンバーグらしくない。いや、これこそが子供の頃に食べたハンバーグだったと思いました。そして「パン粉の匂い」が結構強い。

肉が高価だったあの昔。きっと今回以上にパン粉じゃなんじゃ入れたのだろうと思います。そしてミンチも今回は牛ミンチだけですが、昔は豚のほうが多かったはず。

懐かしさに浸りながらこのハンバーグを食べました。

ジューシーさは抜群だったのですが、これって「パン粉」の使い方によるとこのレシピでは言っています。パン粉を牛乳につける時に、20分は待たないと駄目だと。ここで十分に吸水させておかないと、ハンバーグの汁を吸い込んでしまうとのこと。

牛乳を入れたばかり。

2016-06-19_15h33_20

10分後。

2016-06-19_15h33_55

20分後。

2016-06-19_15h34_45

このレシピを見つけたのは2年前だったのですが、牛乳をしっかりミルクに浸けて吸わすってのを知りびっくりしました。牛乳を入れてちょっと放っておけば十分吸収したように見えるけれど、そうじゃないんですね。これを知ってから20分は浸けるようにしましたが、はたしてその違いは?う~~む「なんとなくわかる」ような気がします。少なくとも「ジューシーではないハンバーグ」を作ったことがありません。

これはきっとパン粉を使わずに「お麩」を使っても同じかもしれませんね。お麩を使うとパン粉臭さがありませんが、あの遠くにパン粉の香りがするのも懐かしくて良いと思っています。

美味しかった~~。ご馳走様~~~~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *