自分の中に人種偏見があるのが良くわかった出来事

いやー、なんてことはないんですが、いつもの買い物が終わってコンドに帰り、エレベータに乗っている時のこと。

ある階で止まったんですよ。誰かが入ってくるかと思ったら誰も入ってこない。

ドアは自動的に閉まるわけですが、閉まりそうになったらまた開く。つまりその階で誰かがボタンをまた押したってことですね。

こんな時にオージーでもモタモタしてたら

「どうしました?」

って声を掛けます。それが年寄りで慌てているようだったら、「ゆっくりどうぞ」なんていう。

ところがですね、今日は、通路から若い男性の声が聞こえるんですよ。それはアジア人。あそこの国の言葉を話している。

この瞬間ですね、頭にカーーーっと血が上り、私は「乗るのか乗らないのか!」ってかなり強い口調で言ってしまった。私一人じゃなければ言わないんですが・・。(笑)

するとその若者は顔だけのぞかせて「わりぃ、わりぃ。先に行ってくれ」と合図をしたので、そのまま「バーロー」と心の中で言って(笑)、ドアを閉めました。

ったくよ~と思いながら、エレベータの中で「なんで俺、怒ってるんだ?」って気がついた。あれがオージーだったら怒らないのに。

これって間違いのない人種偏見が自分の中にあるってことですね。それも全く意識していない「瞬間」に出てくる。これってその偏見が体に染み込んでいるからそうなるわけで、俺も大したことないなぁ・・なんて反省したり。

でもそのアジアの青年は少なくとも「わりぃ、わりぃ」という表現をした。ところがですね、もう一国のアジア人だった場合、こうはいかないんですね。「お前、待ってろよ」という無言のプレッシャーをかけてくる。これって彼の国では当たり前なんでしょうか。自己中なんてもんじゃない。

そういう意味で、そのエレベータを止めた青年があの国の青年だったからまだよかったかもしれなくて、もう一国の青年で「当たり前の顔」をされたり、「お前、待ってろよ」みたいな態度をされたら私はどんな反応をしたのか全く想像がつきません。

一人で車を運転していると、イラっとすることって結構あって、誰も聞いていないと「てめぇ、グズグズ走るんじゃねーよ」みたいなことを口走ってしまう私。ま、そういうことってそうそうないけれど、心の中で「ばーーか」なんて思いながら運転することは日常茶飯事。これが自分の本性なんでしょうね。

歳を取ると丸くなるとか、優しくなるなんてことが全くない。それどころか「感情と口」を結ぶ経路が直結してきた感じがしないでもなし。(笑)

そのくせ、涙もろくなったのも間違いがなくて、感情の制御が効かなくなってきたのかな?

怖いなぁ・・・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

自分の中に人種偏見があるのが良くわかった出来事” への7件のコメント

  1. あ、私無言です。
    無言でエレベーターの閉ボタンを押し続けて、無視して降りて(または上がって)いきます。
    自己中な連中は自己中で返す。
    いわゆるDQN返しというやつでしょうか。
    かの国でもオージーでも誰にでも。
    礼儀の良いやつにはやりませんよ(笑)

  2. おおお、陰湿ですねぇ。いいですねぇ。(笑)

    ところで、もし他の人が状況がわからず、YYさんがそうやっているのだけを見ている人がいたらどう思うんでしょうかね。

    彼の国の人間のフリをする?(笑)

    ああ、そういえば、「俺は日本人だ」と言いながら悪いことをする彼の国の人たちって結構いると聞きました。困りますねぇ。

  3. わたし人種区別主義者です人と人は分かり合えない(そんな事はないなんて言う人がいればヨメちゃん子供両親と分かり合えてるんかい?とききたいですね )という前提で
    分かり合えない同士でどうやったら同じ方向に進めるのか落としどころを探そうと考えています
    なのであまり腹も立ちません ただ面白いなぁと思ったのは
    中国系と付き合ってると外見や考え方が近いので分かり合えると思ったら根本が全く違うんですね でもマレー系やインド系は宗教も外見も全く違うから違うカテゴリーだと思うって付き合うから「なんだいっしょじゃん」となって仲良くなれたり
    まあそんなところです

    • なるほどね~~~。

      遊びや仕事、表面的な付き合いをする分にはなに人でも関係ないと思うんですが(遊びはオーストラリア人が面白い。一生懸命になるから)、なぜか中国人とは一歩踏み込んで「内的な話」をしたことがありません。オーストラリア人とも「話が通じない」と感じます。

      でも不思議だと思ったのがインド人、ポーランド人は日本人に似た思考回路を持っているような気がしたこと。話している内に彼らが外国人だという意識がなくなっていきます。その理由を考えてみたのですが、歴史に共通点があるぐらいで、はっきりわからず。

      ただ日本人でも同じですが「育った環境」が大いに関係しているのは間違いが無いようで、インド人は基本的に好きなんですが、オーストラリアにいるインド人とマレーシアにいるインド人とはかなり「違う」のではないかと思ったり。これはオーストラリア国内でもそうで、シドニーやメルボルンにいるインド人って「いわゆるマレーシアでも言われるインド人っぽい」ってこと。

      ま、人種で分けるってのは「倫理的には良くない」のはわかるんですが、それは理屈であって、自分の奥底には「いろいろとインプットされている(笑)」のは間違いがなくて、マレーシアに行ってからそれが自分の行動にどう出てくるのかが楽しみです。

      昔、ゴールドコーストで知り合い友人になった韓国人に「ダボが韓国人だったら良かったのに・・・」って言われた時にはドキっとしましたわ。またマレーシア人の友人の女性が「着物を着た」んですよ。そうしたら全くの日本人に見えて「日本人みたい~」と思わず言ってしまった。やっぱり誰でも心の奥底に「自国の優位性」ってのが刷り込まれているのを感じました。

      理性では「それぞれの思いを重視して」なんて考えますが、なかなか簡単には行きませんね。

      「人類兄弟、皆同じ」なんてのは嘘っぱちで、叩かれれば痛い、蚊に刺されれば痒いぐらいの共通点しか無いと思っています。

      タイタニックの映画を見た時に、船が傾いて大勢の人が甲板を滑る場面があったんです。その時に映画館の中に「笑いが起きたこと」が忘れられません。自分はこういう世界に住んでいるんだ。怖いと思った瞬間です。

  4. 私は偏見って自己防衛本能みたいなものじゃないかなと思います。
    何度も同じような目にあったり、期待を裏切られたりした時の
    防衛本能とでもいうんでしょうか。
    ちなみに私は韓国人の女性は気が合うという前提で付き合いが始まりますが
    フィリピン人の女性には偏見から入ります。
    両者の後ろに抱えるものの違いなのかもしれませんが。
    オーストラリア来る前は両者とも未知の人達でした。

  5. ちなみに私の旦那はオージーですが、若い頃は日本人が嫌いだったそうです。
    戦争の時に日本の潜水艦がシドニー湾でウロウロしていたのを見たおばあちゃんに
    日本人のアレヤコレヤを聞かされて育ったからだそうです。
    でもその後、日本人の友人とスキー場で意気投合してから日本人好き?になったみたいです。

    • ニコさん、いらっしゃいませ。

      やっぱり感情とか本能、刷り込みって「頭でコントロール」できないものなんでしょうね。また「好き」ってのは裏返せば「嫌い」と同じ動きなわけで、「相手を理解する」とは程遠いわけで、益々ややこしくなりますね。嫌いだから駄目で、好きなら良いってわけでもないと思っています。

      偏見は自己防衛本能から出るってのはその通りだと思います。でもその逆の好きもきっと同じ防衛本能のはずで、では一体「愛」ってなんなんだろう、なんて考えてしまいます。(笑)

      ま、心に湧いてくるものを止めるのは不可能だと思いますが、その大本にあるものが「たったひとつの出来事」だったり、「誤解」だったなんてこともあるはずで、でももちろん「真実」であることもあって、自分の心の中に浮かぶ感情をどう考えるべきかが私にはよくわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です