最近欲しいと思うカメラ

まったくカメラに関しては物欲が止まりません。次から次へと良いなぁ・・と思うカメラが出てくる。

そして最近のは一時期のPCと似ていて、3年も経つと全く違うレベルに上がっているということ。こういうのって見ているとワクワクするのだけれど3年毎に買い換えるなんてことは出来ない。困ったもんだ。

私は望遠って全く興味がなくて、それより広角が大事だと思っています。でも先月ですか、日本から友人親子が来て一緒にテーマパークに行ってきた。テーマパークなんてもう10年以上行ったことがありませんでしたが、やっぱりこういうところに行くと望遠が欲しいと思うシチュエーションがかなりあるんですね。ところが私がメインで使っているカメラは35ミリまでしかない。50ミリも無い。(笑)

24-70なんてのがあればかなり良いとは思うのですが、フルサイズカメラでこのズームとなると、大きい、重い、高いの三重苦で、常時持って歩くなんてことは不可能。またテーマパークで撮るような写真ってスナップ写真みたいなものですから、たいして質には拘らないわけで、そんな良いレンズである必要もない。そして70ミリじゃちょっとこころもとない。

昔、ペンタックスを使っていた頃はタムロンの28-300mmを結構使っていて便利だったのを思い出しました。やっぱり300mmなんてのがあったら良いなぁと。でも当然、大きい、重い、高いし、交換レンズを持ち歩くのも無理。

そんな時に、またソニーが良いカメラを出したんですね。

Sony RX10 IIIです。かなり大きい。

DSC-RX10M3

RX10の3世代機ですが、前世代機とは大きく違って出てきた。なんとズームが24-600mm。こんな倍率の高いズームなんて使い物になるわけがないってのが古い頭のジジーが考えることですが、これが結構良さそう。でもとんでもなく大きなカメラ、レンズになるかというとそうでもない。なぜならセンサーは1インチ。これはかつてお気に入りだったRX100シリーズと同じセンサー。これがまた成長していて、写りの良さは磨きが掛かっているし、4Kビデオが問題なく撮れる。4Kビデオなんか・・・って思うかもしれないけれど、これって一度これを使うともう手放せないのね。ハイビジョンに慣れたら昔のテレビなんか見れないのと同じ。

これがコンパクトデジタルの写りか?と思うほどの出来上がり。これは小型で薄くて胸ポケットに入る大きさで大ヒットしているRX100と同じ。

このズームが24ミリスタートってのがミソで、28ミリだとイマイチ風景はダメなんですよね。この4ミリの差って凄く大きい。そして600ミリの威力って半端じゃない。

映像は十分綺麗だと思う。

でもこれだけのカメラだからやっぱり大きいし、重い。小型軽量で写りも良いベストセラーのRX-100と比べるとこんな違いがある。でもセンサーは同じ。

2016-06-11_13h39_06

2016-06-11_13h38_42

う~~む、やっぱりパスかなぁ。だろうなぁ・・・。

でも望遠があるとやっぱり便利。何か良い手はないもんか・・・。

マレーシアに行ったらたくさん写真を撮りたいし、望遠ってほどじゃないにしても120mmぐらいは欲しい。そしてもちろん常時持ち歩いても大丈夫な大きさ重さで、ちゃんとボケ味も出るカメラ。

そんなのあるわけないか。(笑)

でもこのカメラ一台あれば街角スナップには完璧だと思う。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

最近欲しいと思うカメラ” への5件のコメント

  1. 私は、ソニーのスマホレンズで、Wifiで飛ばして撮影するのを買って旅行に持ち歩いてるんですが、やはりボケ味が欲しいと思いました。
    あまりいろいろ持ち歩くのが好きじゃないので、カバンすらめったに持たない人間なんですが、このアングルから撮ってココのボケが欲しい!と思っても今のレンズじゃどうにもならない。。。
    やはりハマってくると良い物が欲しくなるんですが、年に1回日本に帰った時に使うか、ニュージーランドの友人宅にお邪魔する時に持って行くかぐらいなので、一眼レフを買おうかどうしようか迷いまくりです。
    嫁には、どーせめったに使わんねんから違う物買いーや、と言われます笑
    でも、インターネットで検索すればするほど欲しい欲しい病にかかってしまう笑

    • おおお、YYさん、スマホレンズってあのゲゲゲの鬼太郎のオヤジみたいな奴?へーーー。

      YYさんもボケ味が好きなんですかぁ。そうじゃなければ簡単なんですよね。ボケ味はどうしたってセンサーが大きくてレンズも明るくないとだめですから、大きい、重いは当たり前になっちゃう。

      でもこれから買い揃えるならラッキーだと思いますよ。私みたいに「過去の遺産」があるとあれがいいこれがいいって選べませんから。

      最近の1インチセンサーの小型機が結構良いと思うのは、明るいレンズを使っていると結構ボケるんですね。でもかなりそれを意識しないとボケ味は出てこない。

      私が今でもどうしようかなぁって思うのがフォーサーズなんです。中途半端に大きな本体とレンズ数本持っているんですが、それじゃ思うようなボケが出ないんです。でも小型で明るくてボケが出る良いレンズも今は売っている。ほしいなぁと思うんですが、今更フォーサーズを買い足しても・・・って思っちゃう。

      フルサイズはボケがしっかり出ますが、「ここまで必要かな?」って最近は思うんです。ボケが大きいだけにフォーカスが難しくなるし。やっぱりAPS-Cかフォーサーズに決めて、それもミラーレスで小型のもの。そこからレンズを増やしていくのが正解かも知れない。

  2. 私はカメラのことはさっぱりわかりません笑
    ただ、ソニーのスマホレンズは、一眼レフまでは必要ないけど、スマホで撮るよりも望遠も画質も良い。となるとあれば便利かな?安いし。。。という単純な理由で買った物です。
    正直、一眼レフとミラーレスとかコンデジとかいうのも、違いとか区別とかわかりません笑
    一眼買うなら、カメラ買うなら、ニコンかキャノンかな!という単純な理由で選ぼうとする超初心者というレベルです。
    ダボさんの言われる小型のミラーレスですか?
    で、ニコンかキャノンでコレ良いかも?と感じた物はありますか?
    カメラだけ買って、レンズは古いのから新しいのまで装着できるようなのがあれば最高ですが、難しいですよね。。。

    • YYさんがどういう使い方、何を重視するか、また予算でまるで変わってきますが、基本的に昔から言われる「ニコン、キャノン」というのは崩れています。というかスポーツとか報道、あるいはプロカメラマンの世界では圧倒的な強さがありますが、それをイメージして「普及型」を買うと、それこそ中国やアフリカなど新興国の「俺も一眼持ってるんだぜ」になってしまう。

      そもそも大きい、重いってのはよっぽどの好きものじゃないと長続きしないんですよね。そういう意味でミラーレスと呼ばれる近年のカメラは小型軽量。性能も良い。

      私がこれからカメラを買うとしたら・・・・、やっぱりソニーのミラーレスですね。アルファ6300という機種は今の技術の集大成みたいなカメラで、このシリーズが爆発的に売れています。

      あるいはフォーサーズと呼ばれるセンサーがちょっと小さい規格のカメラ。それだけに本体もレンズも小型化できるんですね。良いレンズが数多く売られています。パナソニックとオリンパスが出しています。

      ちょっとソニーのアルファ6300を調べてみてください。良いことづくめで驚くと思います。

      今の時代、一眼レフ(鏡が中に入っている)は「本気でやる人のカメラ」(キャノン、ニコン)という感じで、そのレベルのカメラはヒジョ~~に高価です。それに釣られて安い一眼レフを買わないようにするのが良いかと。

      もし小型軽量で良い物だとするとやっぱりソニーのRX-100というコンパクトデジカメ。ベストセラーです。でも最近のデジカメは「スマホ」に押されていますので安いのが全く売れないのね。だから各社「高性能化」していて、素晴らしいのですがそれなりの価格です。こんなちっこいカメラが10万もするの?みたいな世界になっています。

      写真の写りそのものはカメラ本体より「レンズ」が重要で、良い写りを追求すると良いレンズが欲しくなり、次々と買う人がかなり多くいます。「レンズ沼にはまる」という言い方をしますが、万能のレンズってないですから、「自分が撮りたいもの」を明確にしてレンズを決めないと恐ろしいことになります。(笑)

      そしてレンズは基本的には「他社のものは使えない」ですから、キャノンなりニコンなりソニーなり、それを買うと、「将来もそのメーカーのものを買う」ことになるんですね。ただソニーのE-マウントはアダプターを付けることによってほぼ全てのレンズ(50年前のも)が装着できます。でもオートフォーカスが出来ないとか(出来るものもある)まだまだデメリットは多く、「レンズを多く持っている人」は喜びますが、これからわざわざ他社のレンズを買う人っていないわけで、「多くのレンズが使える」という点は無視したほうが良いかも。

      キャノン、ニコンは世界の流れに完全に取り残されていると思います。結局、カメラの世界もITの世界なんでしょうね。キャノン、ニコンは「機械」「光学」「ハイエンド」に拘りすぎたのかも。かと言って今風のを追いかけると、彼らの屋台骨が崩れるわけで、この2社はかなり苦労しているはず。

      • ほー、なーるへそ。。。
        ありがとうございます。
        参考にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *