このブログの読者と会ってお昼ごはんをご一緒しました

オーストラリアのこのブログの読者からメールがありまして、いろいろお話を伺いたいとのことで、本日、お昼ごはん(飲茶)をご一緒しました。長男も一緒に。

日本からオーストラリアへ渡ってきたばかりの方で、お子さんは3人、ご主人はオーストラリア人。なぜか良くわかりませんが、ちょっと辺鄙なところにお住いで(笑)、サウスポートに来るのに多分自動車で1時間以上掛かる街にお住まいの方。

私みたいな偏屈ジジーに会いたいってことはその方もかなりの変わり者だと思うのですが、話をしてみると結構私のブログを読み込んでらっしゃるのがわかりました。私はその方のことを全く知らないのに、彼女は私の事、家庭のことをよく知っている。(笑)

ま、オーストラリアでまだ小さなお子さんをこれから育てるに辺り、子供を二人育て上げた私にいろいろ聞いてみたいことがあったんでしょう。それがわかっていましたので、実際にこちらで育った我が息子も同席させたわけです。

やっぱりブログの力って凄いと思いました。初めて会ったのに、話がスムーズなんですね。私と会いたいというぐらいですから、やっぱり私に共感するところがあるんでしょう。話がどんどん進むんです。最初の挨拶なんて簡単に終わらせて、すぐに濃くて深い話になっていきました。こういうことってただ知り合った人とはあり得ないんですね。ブログを通してポイントは掴んでいますから話はかなり早く進む。

オーストラリアの教育事情、それも日本人としてこちらで育てる場合の注意点、問題点、日本語補習校のこと、学校選びのポイント、そんなことを「親として」「子として」わかることは全部お話させていただきました。また子育ての間に必ず遭遇するであろうことの話。これは必ず通る道ですから親は事前に心の準備、またどう対処するかを考えておくのと行き当たりばったりとでは違いますから、そんな話をしたり。そう、あの戦争の話です。運が良ければ何も起きませんが、場合によっては「お前は世界一最低な民族だ」なんて言われる時があるんですね。「そんなことはない!」なんて先生に泣きついても、世界史を聞かされれば驚きの事実を知ることになりますし、中には「自分の中には邪悪な血が流れている」なんて悩みだす子供もいるわけです。こんなことは日本で経験することはまずありませんが・・・。

ま、それはさておき、その方とはやっぱり通じるものがあったんでしょう。話はかなり奥深くなって、人生論、死生観、そんなところまで話が広がりました。って、実はここが海外で子供を育てる場合には重要なんですね。「日本人であること」を意識して育てないと、子供は「現地人になる」だけですから。日本人的なものを親としては子供の中に育てたい。

だから親は子供に「日本人を意識する」ように育てるわけですが、子供にとってはこれが間違いなくストレスになるんですね。学校でも普通の友達として仲良くしたいのに、「日本人を意識する」ってことは「差別」「区別」の種を自らが作ることになるわけです。それに関して、私と息子と意見がぶつかることがあるのですが、今日、その方とお会いして「どう子供を育てるべきか」のところで私と息子が激論になりました。(笑)

細かい内容は別にして、息子に言わせると「いらぬ問題を埋め込まれた」みたいな感覚を持っているんですね。もちろんそれは私が埋め込んだものなわけですが、それがあるがゆえに友人関係の構築が難しかったとのこと。いわゆる意識しないでも良いのに、私が子供に「日本人であること」を常に要求しましたので、それが友人との間で摩擦として出てきてしまったわけです。そしてそれを長男は「トラウマ」としてかなり長い間持ち続けていました。だから息子は「私の育て方は間違えている」と言う。

でも私はニコニコしながら、「そのトラウマを持ったこと」これこそが大事なのだと言うわけです(笑)。つまりですね、例えば人種問題にしても、日本にいたら「差別をする」ことがあっても「差別される」ことはないわけですね。でもあえて「差別を経験する」ってことは大事だと私は考えています。日本にいる「在日」と同じで、ああいう苦労を体験するのは「良いこと」であって「避けるべきこと」ではないというのが私の考え方。

人間って、「悩み」そして「泣いて」育つから深味ができるというのが私の持論で、親は子供が苦労しないようにと思うのが普通ですが、「心の傷」の痛さもわからない子供になって欲しくないし、人間ってなんなのか、どうあるべきかというのは幼い頃から常に考える(悩む)様になって欲しいというのが私の考え方でした。でも当人にしてみれば長い間悩み続けるわけですから、「それは良い経験だ」なんて私がいうと腹が立つんでしょう。(笑)

でも悩む時って頭がフル回転するじゃないですか。心も敏感になる。それって訓練と同じようなもので、その時間が長ければそれなりの良いことがあると私は思うんです。でもそれはすぐに良い形として出てくるわけじゃないのだけれど、歳を取ってくると、「あの時の涙は無駄じゃなかった」ってのがわかるのね。良く「可愛い子には旅をさせろ」って言うじゃないですか。あれと同じなんですね。

ただ、旅に出しちゃうと何が起こるのか全くわからない。でも子供たちが親と一緒にいる間に悩むってのは、親は知らん顔しているようで、実はそれをちゃんと見ているし、大事な要所では手助けも出来るんですね。これって大事なことだと思います。

なぜそんなことをそもそも私が子供にしようと思ったかというのは、まさに私がそう育ったからで、本来なら「自分の子供にはあの辛さを与えたくない」って思うんですね。私もそう思っていました。でもある時、気がついたんです。これで良いんだって。だから子供にも同じことを経験させよう、させるべきだと私は考えたのです。私の場合は人種問題ではなくて「自分の実の親から(私の)人間性を否定され続ける」ってことでしたが。(笑)

親と子とはどうあるべきかなんて話にもなって、3人が自分を隠すこと無く話し合えたのが良かったと思います。話の途中でその方も目に涙をいっぱいためるなんてこともあって、初めて会った同士なのに「心のふれあい」が出来たと思いました。

これも嬉しい事で、それもこのブログをやっていたからこういう「時」を皆で共有できたわけです。

小さなお子さんを3人もお持ちで忙しいなんてもんじゃないだろうに、自動車で1時間以上掛けて我々親子に会いに来てくれました。そうするだけの意味がある話が出来たかどうかは疑問ですが、3人での話の中で、我々親子にも気づきがあったんです。これは間違いのない収穫で、私達がオーストラリアのこと、私達が経験したこと等をお教えするなんて偉そうなことじゃなくて、我々にも学びがあったということ。

食事をしながら2時間ぐらい・・という予定だったのが延々5時間、中華料理屋、カフェで大激論。楽しかったです。

この一瞬を持てたのはこのブログがあったからで、それだけでもこのブログの存在価値があったと思いました。

どうも有難うございました。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

このブログの読者と会ってお昼ごはんをご一緒しました” への6件のコメント

  1. 今日は貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。 ダボさんは思っていた以上にユニークな方で、刺激的な時間を過ごさせていただきました! ご長男とのバトルが何度もあって(笑)、こどもの育て方について、育てられた側と、育てた側と、両方のご意見を本音で伺えたことが、大変参考になりました。そして、オーストラリアで育ったとは思えぬ完璧な日本語を話し、日本的な気遣いも出来て、でも自己主張をしっかりとする、そしてとてもまっすぐで素直なご長男(褒めすぎですか?でも本当に感心しました。さらにイケメン)にお会いして、オーストラリアで育っても、日本人の心を持つこどもを育てることが不可能ではないのだと、希望を持つことができました。でも今日アドバイスいただいたように、これからのオーストラリアでの育児で立ち向かうかもしれない困難には、しっかりと心の準備しておきたいと思いました。ご長男様にもくれぐれも宜しくお伝えください。重ね重ね、本当にありがとうございました!!

    • トーイさん

      なんだか初めて会ったような気がせずに、言いたいことを言ってしまってあれで良かったのかとちょっと心配しています。

      また私には国際結婚をし、ハーフの子供を持つ場合のことが想像もつかないんですよ。それこそ文化、伝統、価値観さえまるで違うのが一つの家の中にあるんですから。

      でもどちらにしても無理強いは絶対に駄目ですし、かと言って好きなことをやらせたら糸の切れた凧と一緒ですし、「子供が選べる良い【選択肢】」を数多く揃えたら良いでよね。

      それと「日本を諦める心の準備」がトーイさんには必要かもしれませんし、でも武道を通して子供たちが何かに目覚めることもあるんじゃないですかね。テレビの番組で見ましたが、日本人以上に日本に興味のある外人が世界にはいっぱいいて、凄いなぁと思いましたが、子供たちに「それを選べば道はすでに開かれている」ことに気が付かさせれば良いんじゃないかと。

      「自分に日本人の血が流れていることに嫌悪する時期」もあるかもしれないのはお話したとおりで、ここはうまく通り抜けないとかなりうまくないかと。

      またいつでも連絡をください。

      あああ、それとご馳走になっちゃってすいませんでした。息子にはちゃんと教育しているんですが、脇が甘かったようで、しっかり叱っておきました。m(_ _)m

  2. 「日本を諦める心の準備」、、、お会いしてお話を伺って、そのきっかけを頂いた気がします。

    主人は日本の価値観を外国人の割には結構理解していると思います。そしてなんだかんだ言って結構日本が好きなはずです。でなければ日本で20年近くも暮らさないでしょうし、日本語もあんな流暢にならないでしょうし、日本人の私と結婚もしなかったと思うのです。しかしその上で、「日本に未来はないと思うから子供は日本では育てない、(そんな直接的な言い方ではなかったですが)日本語も学ぶ必要がないし、日本の名前もいらない」と判断したのです。でもそれに対して、私も反論ができない、というか半分以上同感せざるをえなく、結果移住してきました。確かに、日本の画一的で、非効率的な教育では、日本の子供たちは他国の子供達と競争できないだろう思います。競争するどころか、コミュニケーションでさえ難しいかもしれないです。(それでも何かできないかと、高校教師になったのですが、、、主人もかつて中学の英語教師でした)

    でも、日本に未来はないから、じゃー自分達だけ日本を出て、、っていうのがまさに私の好きじゃないオーストラリア人の個人主義っぽくて自己嫌悪です。後ろ髪を引かれたまま日本を出てきたのですが、ダボさんとご長男がお二人とも、「(主人の意見に対して)それはそうかもしれない」と、確信して同感していらしたのがとても印象的で、日豪、両方の良いところも悪いところも把握していらっしゃる、しかも世代の違うお二人がお二人とも迷いなくそうおっしゃるのだから、きっと諦めて前に進まなければいけないんだろうと背中を押された気がしました。

    でも、武道は是非やらせようと思いますし、家での日本語徹底、日本語への興味の向かせ方、日本を誇りに感じさせる環境づくりなどなど、日本を諦める心の準備をしつつ、本人がその気になればいつでも入っていける土台づくりの秘訣をたくさん教えていただいたので、なんとかやっていこうと思います! お話を伺えて本当に良かったです。レジの前で、「いや私が」「いえ僕が」とご長男とさんざんお会計を取りあったのですが、最終的にご長男が引き下がってくださったので、日本のおばさん達状態にならずに済みましたし、手土産を持ってこれなかった私の引け目をさらに上乗せすることなく済みました。この辺りの気遣い、空気の読み具合も、さすがだなぁ、と思いました。ですので叱らないでください!(笑)

    きっとまたご連絡させていただくと思います。その時はよろしくお願いいたします!

    • トーイさん、私自身も実は日本の将来に期待を持っていないのです。教育はもう我々には関係ないにしろ、社会システムや大好きな日本の価値観にも「光と影」があって、その影の部分にうんざりしています。これは欧米的な論理的思考で考えればすぐに改善できることなのに、日本全体がそれを拒んでいるように見えます。でもそれを変えないかぎり、日本は駄目だろうと。

      好き同士でも別れなければならない男女関係ってあるじゃないです。あるいは好き同士でも結ばれることはないみたいな。変な喩えですが、私と日本の関係ってそんな関係かもしれません。

      ただそれだけに視点を変えれば「日本国内で自分が勝てる可能性もある」ってことだと思うんです。それはトーイさんのほうが詳しいはず。「利用する」という考え方は汚いかもしれませんが、自分が日本で「こうやればうまくいくのだ」というのをしらしめる立場にもなれるわけで、それは決して日本にとっても悪いことじゃないし、どっぷり「日本流」に浸かっている人たちに「気付き」を与えられるかもしれない。

      「日本を諦める」というのは「日本を捨てる」という意味とは違いますし、我々が「外から応援する」ということも出来るはずなんですね。そしてそれは血を継ぐ息子さんたちも同じで、「こういう生き方、こういう考え方はどうだ?」と日本に提案する立場でもあるわけです。

      問題は「日本国内でなければ生きていけない」とか「日本でしか通用しない価値観を持つ」ことであって、日本にどっぷり浸かること無く、一歩離れて日本を見守ることは決して悪いことじゃないんじゃないでしょうか。

      お話した「海外の日本好き」も調べてみると、もう日本にはなくなったものを大事にしている部分もあって、それを知ると日本人である自分が恥ずかしいと思うことさえあります。

      ところで日本の価値観をある程度理解しているご主人ですが、我々の価値観とは歴史に直結しているんですね。ですから歴史を無視して価値観を理解することは出来ないというのが私の考え方なんです。そしてその見方の「世界と日本のズレ」って非常に大きいんですね。でもその話をすると「もう終わったことだから良いじゃないか」ってなると思います。

      でももし日本に理解があるのなら、「勝者によって作られた歴史をそのまま信じる」ではなくて「真実を探してみる」余裕が欲しいと思います。これはお子さんに取っては切実な問題として将来も残るはずで、「歴史書」に書かれていない真実はどこにあるのか、これをトーイさんも勉強する必要がありますし、それをそっと息子さんたちに教えてあげられる母親であって欲しいと思います。

      話はそれていきますが、今の中国がわけのわからないことを言うじゃないですか。韓国も同様。でも彼らの言っていることは「歴史に沿った事実の延長」として言っているんですね。でもあの彼らの言い方を見れば、「歴史を作ってそれがあたかも真実のように言う」のが私たちにはわかるわけです。ということは?過去の歴史も作られた話でしか無いというが簡単に想像できますし、それの証拠は今になったからこそいろいろと出てくるんですね。

      そしてそれを知ることは息子さんたちにとっても「日本人のプライド」を理解できるようになるということでもあるはずなんです。でもご主人がそれを理解できないとややこしいことになりますが。

      オージーってアメリカが嫌いな人が多く、これはカフェでも話しましたが、悪いのはアメリカだという人も少なくないんです。これは多くの人が感動したオバマ氏の広島訪問もそうで、よーーーく考えてみるとおかしなことがいろいろ見え隠れするんですね。でもそこまで深く考える人は非常に少ない。あの言葉、大統領が来てくれたというだけで感動してしまう単純さが多くの人たちにある。ややこしい話はやめようよ~~、ってなもんです。でもそのややこしところに真実があるわけで、それは見ようとしないかぎり絶対に見えないんですね。

      今回はお話しませんでしたが、マレーシア在住の友人に母子で生活なさっている方がいらっしゃいます。その息子さんはまだ小さいのですが、お母さんいわく「彼は右翼だ」っていうんですよ(笑)。そりゃ面白いと思ってちょっと話をしてみますと、どこでどう学んだのかわかりませんが、かなり詳しく「本当の歴史」を知っていました。

      これを知るか知らないかで、日本を愛せるか、日本人であることを恥ずかしいと思うか、あるいは昔のことだから関係ないと無視するのか、その辺が大きく変わってくるはずです。ここは「日本人の血」を息子さん達がどう考えるかという点で非常に重要だと思います。

      今は世界各地で「慰安婦」あるいは「南京」の話が広がり、これは「過去の話だから」じゃすまないようになっていて、オーストラリアではそうでもありませんが、中韓のプロパガンダが強烈なアメリカにおいては、日本人の子弟がいじめられたり、日本人社会の大きな問題になっています。そして子供はそのプレッシャーから逃げようとするわけで、私たちは子供が「どうそのプレッシャーから逃れるのか」を考えないとならないんですね。彼らにとって一番簡単のは、中韓と一緒になって「日本を悪く言い」「謝ってしまうこと」。あるいは、「日本人であることをやめる」かもしれない危険性も考えないとならないはず。

      オーストラリアで見た日本人子弟で、オージーが日本の悪口をいう中で自分も日本を糞味噌にいう子供がいました。彼の心の中に何が起きているのかとても気になります。

      日本の価値観とは日本の歴史とペアになっているのを是非、お忘れなきよう・・・。世界には日本のように2600年間も続いた国家は一つも存在しません。その中で日本がどうやって生きてきたのか、何をしたのか、何を大事にして、何を作り上げたのか、それらは全て良いことばかりではなく、また日本の戦後教育のように全てが悪かったわけでもなく、良いことも悪いことも含めて、是非それをまずトーイさんが理解しないかぎり、息子さん達は「巷の話」以上のことを知る機会はないと思います。当然、ご主人の理解も必要となります。

      是非「ママ、僕達に日本人の血が流れているって最高の栄誉だよ、有難う」って言ってくれるように育って欲しいと思いました。「僕達が日本の外で育って大きく強くなって、日本になにか起きたら僕達が日本を助ける」なんて言って欲しいですよね~。

  3. おぉ、「日本の価値観」って、その事だったんですね。またわざわざ解説をありがとうございます。おっしゃる通りです。勉強します。日本人としての誇りを持たせる環境づくりとして大切な事ですね。

    • だと思いますよ~。

      日本人としての「誇り」は歴史をどう見るかでかなり違いが出てくるはずから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です