今日、オバマ氏が広島で何を言うのか楽しみ~~

現職のアメリカ大統領が広島を訪問するとのこと。

このニュースが最初入った当時、日本では「歓迎ムード」で多くの人が喜んだのですね。

でも私はちょっと違うんじゃないかと思っていました。基本的には「謝らないのなら来て欲しくない」という考え。

訪問の可能性が言われていた時点でも「謝罪はしない」と言われていて、それはずーっと一貫していますが、本当にそれで良いんですかね。

日本人は「日本が悪い」と思っていて「原爆を落とされたのも日本が悪いから」、と人類史上最悪の「大虐殺」、しかも国際法無視の「アメリカの蛮行」を認め、彼らの言い訳をそのまま信じている。

これっておかしいと思うわけですよ。ま、あの戦争の責任がどこにあるのかは別にして(世界の認識としては【日本だけ】が悪いとなっている)、それと原爆とつなげて考えるべきじゃないと思っています。やっぱりあれは絶対に許されることではなくて、どんな理由も通用しないはずで、アメリカはアメリカの非を認めるべきだし、謝罪があってもしかるべきだと思っています。(東京大空襲も同じ)

でも日本には「日本が悪かったから・・・」と諦める人が圧倒的多数。

あの広島の記念碑がそれの象徴だと思うんですよ。

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」という【主語のない】碑文。

370-3+

この主語のない所に日本的なものを感じるのですが、この曖昧さの「欠点」を私は強く感じます。この碑文を考えた大学教授(だったはず)は「地球市民」が主語であると解説しているらしく、広島もそういう認識らしいですが、「日本語では【主語がない場合】は自分のことを意味する」という大原則があるはずなんですね。またその辺がうやむやですから、「日本人が悪かった」という方向性が強くあって、当然、左翼はそこを強調するし、子供たちにも「日本だけがわるかった」と教育する。

戦争責任のことは横においといて、原爆投下に関しては私は「絶対にアメリカが悪い」と考えています。ですからいつかそれにアメリカが言及する日が来ることを願っていました。

ところがですね、現職のアメリカ大統領が広島に行って「謝罪しない」ということは、「アメリカは悪くない」という全世界の認識を「強化」することになるんですね。そして全世界の人が、日本人も含めて「当然だろう」と思ってしまう。

これで良いのか?日本人!

戦争に負ける。あるいは勝つということはそういうことであるのは世界の歴史を見ても明らかなわけで、「しょうがない」と思う部分もあるんですよ。でも「悪いのは日本だけでアメリカは悪くない」と「誇張し」、「世界にあらためて確認する」ことはやって欲しくないんです。

ある日本兵が原爆投下の後、現場に入り、多くの傷ついた人たちから「この敵は必ず取って欲しい・・・」と泣かれたと聞きましたが、この思いは私は正常だと思うし、自分の親兄弟、死んだ子供たち、愛する人達に「私達が悪かったのだから諦めてくれ」といえるのか?だから「戦争そのものの否定に心が向く」のはわかりますが、私は世界から「戦争」あるいは「兵器を使った戦い」は絶対になくならないと思っています。

ISISも同じで、必ずどこかで戦いは起こる。でも「一般人を巻き込まない」ってのは大原則であって、国際法もその上に成り立っているし、それだけは「人類が」絶対に守るべきことだと思っています。これも理想論でしかありませんが、戦争そのものを否定してもなくならない。もしも世界的なコンセンサスで「戦争のない世界」が実現しても、どこかに野望を持った人物、あるいは国が出てきたり、あるいは強国に潰されそうな国が出てきた場合、彼らは必ず戦争という最後の手段を取る。もしそれをやめさせるとしたらその国を消滅させる方向に動くわけで、それがそもそも「戦争の原点」だと私は思うわけです。民のための共産主義が「民の名のもとに弾圧、粛清する」のと同じ。民主主義も同じで、少数派が生き残るためには「強行手段」を取るしか道がない。あるいは諦めて消えていくことを受け入れるか・・。

ま、碑文に関してですが、「アメリカは」なんて主語を入れることができるわけもなく、でも「日本が」というのも入っていないということは、当然、当時のアメリカ、世界の世論を考慮したのと当時に、「あやふやであることによってアメリカの責任も追求している」と考えられる。だからつまり主語は「我々」だということになるんですが、でもアメリカも世界も、そして日本も「日本が悪いのだからしょうがない」と考える人がほとんどっては絶対におかしい。隠れた主語であるのが「我々」だとすれば、「日本だけが悪い」と考えるのもおかしいわけです。しょうがないと思ってはいけないはず。

だから謝罪をしないのならオバマ氏は広島に行ってほしくないというのが私の考え方でした。

ましてやオバマ氏は「原爆の廃絶」なんて考えてもいない、出来もしない、単なる理想を「プラハ」で演説し、それで「ノーベル平和賞」をもらった。これを辞退するのが当たり前だと思いましたが、それを彼は喜んで受け入れた。現実的には核の廃絶なんて方向には動いておらず、「世界的に原爆保持の莫大な経費削減をしたい」という共通の利益があるだけで、小型の戦術核(狭い戦闘地域、通常兵器の延長上の核兵器)は逆に増えていると聞いています。

結局、オバマ氏はプラハで言ってしまったこと、ノーベル平和賞をもらってしまったことから逃れられず、また彼の「理想を言いたい願望」で世界が振り回されている感じがします。今回の広島訪問もそれの一貫だとしか思えません。

しかしですね、訪問が近づいてきて、様々情報が入ってきました。

「オバマ氏は謝罪はしない。でもそれに近いことを言う」

という情報です。どこからどう入ってきた情報かを書き出すとそれだけでかなりの量になってしまいますので割愛しますが、そもそも彼はプラハの演説で「道義的責任」に関して言及しているんですね。

つまり、今回の広島訪問でも「プラハ演説」と似たようなことを言えば、それを「謝罪」と受け取ることも出来る。

また、被害者と会うことも決まっていて、ここでなんらかの「言葉をかける」のは当たり前で、「謝罪に近い言葉」を言わざるをえないはず。だからこそ、広島訪問の話が出た時に、「被害者とは会わない」という案がアメリカで主流だったとのこと。また背が高いオバマ氏が背の低い被害者、あるいは被害者が車椅子でも使っていれば、必ずオバマ氏は腰を曲げるはずで、それが「謝罪に見えてはならない」というところまでアメリカサイドでは心配していたとのこと。

ま、私としてはオバマ氏は「アメリカ」という主語は使わずに、「世界は」という主語を使い、「このような悲惨なことが二度と起きないように力を合わせなくてはならない」「行動しなくてはならない」という程度だろうとは思っていますが・・・。(これで日本の理想主義者は拍手喝采するんでしょうが)

考えられる落とし所としては「アメリカは謝罪だとは思わない。でも日本は謝罪の心を感じる」ってところでしょうか。

保守系の人たちの中には私みたいな考え方をする人は多いはずで、「原爆投下は間違えのないアメリカの罪」というのをはっきりさせるべきだと騒ぐ右翼もいる。

でもここで忘れてはならないことがもう一つあるはずなんですね。「あの当時、もし日本が原爆を持っていたら間違いなく使ったであろう」ってこと。そして当時の日本国民の多くはそれを歓迎したであろうこと。どこでどう使えたかってのは横に置いといて・・・・・

今晩のオバマ氏広島訪問のニュースが楽しみです。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です