あの手で食べる食べ方をマスターしたい

マレーシアに行ってから是非行きたいと思う料理があります。バナナリーフライス。それを手で食べたい。(笑)

しかしあの手で食べるってのはかなり難しいんですよね。

私が若いころ、グアムに入り浸っていたのはこのブログの読者はご存知だと思いますが、あの当時、年寄りは皆手で食べるのが普通でしたし、若者も家ではそうしていました。

だから私も真似しようとしたのですが、かなり難しい。最初はどうにかなるのですが、そのうち「汁」が指先から手首、肘の方まで垂れてきてしまう。きっと角度が悪いと思うのですが、その時はすぐに諦めてしまいました。

でもこれからはマレーシアに(将来はわからないにしても)住むわけですから、あの手で食べる方法を是非マスターしたいと思っています。

でも不思議に思うんですよ。ユーチューブで見ながら研究しているんですが、食べる前に手を洗っているケースもあるんだけれど、レストランではそういうのは見た覚えが無いのね。それとも洗うのが当たり前なんだろうか。

それと今の時代、スマホを持つのが普通で、レストランでもスマホをいじっている人は多い。もし手で食べている時に電話がかかってきたり、スマホをいじるときにはどうするんだろうか。

また手がベチャベチャの状態で帰るまでそのまま?デザートやお茶を飲む前に手を洗いに行くとは思えないし、いちいちフィンガーボールなんて出てこないだろうし・・・。

また、左手は使わないはずだけれど、骨付きの鶏肉を食べる時にはどうする?

食べている間に友人と会って、握手する時はどうするんだろう・・・

ステーキを食べるときには?スープやラーメンはどうするんだろう。焼き肉なんて熱くて持てないだろうし・・・。

な~~~~んて考えだすといろいろ馬鹿な疑問が怒涛のごとく出てきます。(笑)

まぁ現代は何でもかんでも手でってことはないにしろ、歴史的にスープ物や熱いものはどうしたのかと・・・。

こういうのってきっと観察していればわかると思うのですが、そういう意味でもバナナリーフライスを出す店に早く行ってみたいです。

ペナンのリカさんは手で食べるのかなぁ。そういうのは見た覚えがないんだけれど、教えてくれるかな?(笑)

もし手で食べる方法、ルール、マナーなど書いてあるサイトがあったら是非教えて頂けませんでしょうか。何語でもOKです。

フィリピン流。グアムも両手を使っていたような気がします。

インド流。手のひらを使わないのがポイントらしい。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

あの手で食べる食べ方をマスターしたい” への4件のコメント

  1. たまに手で食べる時があります
    大抵はお店に手を洗うところがあります、そこの蛇口に注目
    KFCでもマクドナルドの手水場のタップはバリヤフリー用かと思うくらい長い棒状になっています
    なぜなら手を洗ったあとタップ触りたくないから手首で閉めます
    もしくはテーブルの上に小さなヤカンが小さな網付きの桶に載っておいてあります
    それで、右手を洗います
    なんで右手か!うんこする時は紙じゃなくて水を使って左手で黄門を洗います
    そんな左手でメシは食いたくないですよね

    ここまでは理解していただけたと思います

    食べる時ですが人差し指を中指の上に小指を薬指の上に載せます
    シャベルを作る感じ、
    親指とシャベルで食べ物を掴み上の映像にあるように手を口に持っていくのではなく
    口を手に持って行きます
    食材はあくまでも指の上 口が指に近づいたら親指を指の付け根まで持って行き
    押し出す
    その時に電話がなったら左手対応です
    右手は水平よりも上にあがることはありません
    飲み物は直接触るわけではないので左手で飲みます
    スープは流石にレンゲで食します
    あとコースみたいなメニューは毎回洗いに行くし そもそもフォーク・スプーンがあります
    骨付き肉やエビは感動的に器用に片手で食べます
    絶対にうんこの左手は使いません
    実際よく目にする友人にあった場合 「あー今手が汚れちゃってるアピール」して会釈で済ます場合やその辺にあるティッシュでちゃちゃっと拭いて握手するパターンが多いです
    上記のやり方はあくまでもマレー系やママショップ(インディアンもスリム)ですが
    イタリアン日本食のレストランでは普通に箸やシルバーを使います
    すごく丁寧に答えたのですが
    日本では料理は熱いものは熱いうち 冷たいものは冷たいうちと徹底的に仕込まれます
    「冷めるだろ早く持っていけバカヤロー」なんていう罵声は厨房の日常で
    それに慣れていると マレーシアのスタッフのトロさはイライラします
    でも ある時スタッフに
    「熱かったら(手で)食べられないじゃん」と言われた時に刮目しました

    とざっくり書いてあまりにもできが良いので ブログか売文してきます

  2. なるほど~~~。

    ちょっと気になったのは「マレー系(インディアンモスリム)」ってところ。ということはヒンズー教はまた違うんですか?

    どちらにしても、KLに行ったらコーチしてくださいね。大西さんが好きなマンダリンでも行って。(笑)

    ライポーヒンでも良いし。あれれ、中国人の場合は絶対に手では食べない?

    • messengerで手を洗う蛇口とやかんの参考画像を送りました
      また見てください

      ママってインディアンもスリムと聞いています 改宗した人なんでしょうかただいまその手のレストランで働いているのはインドからの出稼ぎです

      そういやチャイニーズで手で食べる人は見かけないですね

      • はーーい、どうも有難う。

        手で食べる食べ方で出身がわかるのかもしれないですね。ついでだからいろいろ知りたいです。(笑)

        そっかぁ、中国人はやらないか。でしょうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です