非接触型の温度計は便利だ~~&卵の消毒、温泉卵

以前から欲しいと思っていた「非接触型の温度計」を買ってみました。

これ便利だ~~~~~。

今、使っている温度計ってアホで、温度が確定するまで1-2分掛かるんですよ。安物買いの銭失い。これじゃ使えないので新たに買おうと思ったのですが、このさい非接触型にしようと。見てみると価格もいろいろですが、安いのを買ってみました。

2016-04-21_16h35_43

eBayのオーストラリアの業者から買って、送料込みで1800円ぐらい。中国製で中国の業者から買うと送料込みで1000円以下。でも届くまで3週間ぐらいは普通にかかるのでオーストラリアの業者から。5日で到着。

これいいわ~~~。数秒でわかる。

でも欠点としては「表面の温度しか測れない」のと、「表面の反射によって誤差がでる」様子。

本当は下の写真のようなもので、「正確で早い」のがあれば嬉しいんですが・・・

これは私が先月買った安物。温度が確定するのに1-2分掛かるなんて、こんなのがあるんですねぇ。前のは10秒ぐらい掛かったけれど問題はなくて、でも壊れてしまった。これみたいに1-2分掛かったら使いみちはほぼゼロ。

2016-04-21_16h45_23

それとこの手の温度計の誤差って凄いんですよね。今回手に入れた非接触型のものでもプラマイ1.5度の誤差があるとのこと。

ま、どんな温度計もこの程度はしょうがなくて、低温調理機に付いている温度計も同じ。そもそも性能の良い温度計は低温調理機より高いぐらいですし。だからキャリブレーション(調整)をしないとならないのですが(低温調理機にはキャリブレーション機能は付いている)、問題はどうやって「正確な温度」を知るかなんですよね。我が家にはデジタル、アナログで何種類かあるのですが、全部表示温度はバラバラです。

どれが正しいのか全くわからず。

しょうがないので体温計を使うことにしました。体温計って狭い範囲を測りますし、1度なんて誤差があったら大変ですからかなり精度は高いはず。で、これで37度のお湯を用意して、体温計の温度と他の温度計の差がとりあえずの誤差として低温調理機の温度計をキャリブレーションしています。ただし、37度のお湯なら1度の誤差でも、では60度のお湯なら誤差はどのくらいなのかがわからず。

でもま、そこまで気にしないでやるしかない。

そもそも低温調理機の温度誤差があろうとなかろうと、「自分の中」でわかればそれで良いんですよね。たとえば温度が1度違うだけでまるで出来上がりが変わる「温泉卵」ですが、我が家では「68度で30分」が標準です。私はこれだと黄身がちょっと硬すぎると思うのですが、温泉卵を一番食べるヨメさんはこの出来上がり具合が良いとのこと。

sDSCF02861604

でもこれが本当に68度なのかどうかはわからないんですね。だから他人の「何度で何分」というのを聞いても全く参考にならない。温泉卵じゃないにしても、ローストビーフやステーキも結構微妙で、55度と57度じゃ全く違うものになる。我が家では「ミディアムレアは57度」を標準と考えていますが、これを誰かが同じようにやっても出来上がりが違うのが普通。それだけ誤差って大きい。

ちなみに最近はレストランでも「ポーチドエッグ」を低温調理機で作るところが増えているみたいで、ポーチドエッグは「75度で13分」程度が一番良い出来上がりになると思います。ポーチドエッグも普通に作ると面倒なんてもんじゃないですよね。でも低温調理なら一度に20個でも簡単に作れますし、失敗なし。

こんな感じ。ただし、この作り方では駄目で、取り出したらすぐに冷やさないとどんどん固まっちゃいます。すぐ食べるなら良いですが、作り始めてから13分はかかりすぎですから作り置きをしないとなりませんよね。その場合は60度以下でキープしないと・・。

また「サルモネラ菌」が怖い場合には温泉卵にしてしまえばOK。何度で何分というのは世界各国で標準が違いますが、マレーシアでも売っているような「Pasteurized eggs」は60度ぐらいで処理しているはず。それ以上だと白身が濁りますから。

売られている「Pasteurized eggs」や自分で殺菌する人の多くはこんな感じでやっている様子。これは「60分で5分」です。

RX100-04736

崩してみます。生卵との違いは全くわかりません。

RX100-04738

私が自分でやるとしたらもっと安全性が欲しいので「62度で30分ぐらい」でやりたい。でもこれだと見た目は完全な温泉卵になります。

温度と時間的には完璧でしょうが、見た目は温泉卵。これじゃ生卵じゃないですね。

RX100-04720

黄身を割ってみるとこんな感じ。生と同じ。

RX100-04723

混ぜてみます。こうなると生卵とほとんど変わりはなく、食べてみたところ、ズルっとした白身の感触はなく、黄身は濃厚でこの方が美味しいと思うくらい。

RX100-04725

卵の殺菌に関して書いたのはこの日記。

生卵の殺菌方法 | dabo_gc

生卵の殺菌、再び | dabo_gc

生卵は安全か? | dabo_gc

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

非接触型の温度計は便利だ~~&卵の消毒、温泉卵” への11件のコメント

  1. daboさん
    始めまして、Sous Vide に迷い込み、来ました。オーストラリア在住です。
    前からスロクック・低温調理していたのですが、Sunbeamのフードセーバーと炊飯器保温とか使って、ローストビーフ。70度くらいかとしたら、袋は膨らみ見事にディップが出て、悲惨でした。68度軽く越えてたからなんですね。58度が限度ですね。なるほど! サンクスです。
    それと、温度計・・・なんですね。なかなか奥が深く、興味津々。
    Sunbeam Mu4000 Duo Sous Vide And Slow Cooker In Oneは対流ないようですが、使えるのでしょうか?よろしくお願いします。ANOVAはオーストラリアだと高くて。
    最後に、マッシュポテトの記事読んでなのですが、ウーリーにあるDutch Cream Potato、男爵より数段上にほくほくなので、これだと・・・ 
    一応メークイン タイプの数段上がKipflerでだと思ってます。
    ついでに、役に立つかどうか分からない、余計なことまで。すみません。
    で、Sunbeam Mu4000 使えますか? よろしくお願い申し上げます。

    • はーーい。Jinさんいらっしゃいませ~~。

      SunbeamのMu4000ですが、低温調理機としては「まったく駄目」「全然使えない」、「どうしようもない」「最悪」と言って良いレベルです。(笑)

      買う前に口コミを調べたのですが、買った後に「絶賛するユーザー(複数)」に文句を言いたいと思いました。でもね、「こんなのは使えない。まともなものを買え」と書いてあったのも覚えていますし、私も何か書いたはず。

      Jinさんは炊飯器を使って苦労している様ですが、ネットの中には「炊飯器で作れる~~♫」という人も結構いますよね。そういうレベルならMu4000は十分だと思います。

      でも温泉卵を作ったり、牛肉のミディアムレアとレア、あるいはミディアムをちゃんと作り分けたい人が使ったら「捨てちまおうか・・」って思うような器具です。

      対流がないどころか「これって本当に温度センサーがついているのか?」と思うくらい。なんせ設定温度より10度高くなることがありますから。(笑)

      でも「ちゃんとした低温調理機を持っている」場合には、これはサブとして使えます。つまり、普通低温調理では「シチュー」を低温調理したりしませんよね。それをするとしたら「大量のスープを真空パックしてお湯の中に沈める」なんてことをしないとなりませんから。でもこういう場合は数度の違いは問題になりませんから、誤差が大きなMu4000でも癖を覚えれば使えるわけです。またスロークッカーとしても使えますから、私はこれを手に入れてからスロークッカーをお嫁に出しました。

      でもスロークッカー専用機はやっぱりそれなりに良いと思っていまして、Mu4000って便利なようで、中途半端で、これをオススメしたいとは思いません。調理器具オタクには面白いかもしれませんが。(笑)

      Anovaですが、私は新旧の機種を持っていますが、新型はちょっと小さく、浅い鍋でも使えるように、そしてWifiでコントロールできるようになっていますが、「温度を正確に保つ」ことに拘りすぎてダメなところがあるんです。設定温度に近づくとスピードを落としてピッタリそれに合わそうとするんですが、この最後の一瞬で余計な時間が掛かるようになってしまいました。この機能は旧型にはありません。

      素材を入れると必ず温度は下がりますが、それが設定温度に戻るのに「時間がかかるようになった」ってことなんですね。つまり、温泉卵みたいな温度に敏感なものを作る場合、「温度を低めで長時間」やるしかなくなったんです。「温度を高めで短時間」で作るとその短時間のうちの2分の1、3分の1の時間が「設定温度にはなっていない」ことになります。

      世の中には「温度管理が出来る機器」がいろいろありますが、実際に使ってみないとわかりませんね。私もMu4000がここまでタコだとは全く想像もしていませんでした(笑)。今はスロークッカーとして使うのがほとんどです。

      ジャガイモですが、Kipflerが良いんですか?調べた所、あの細身のやつですか?

      私は基本的に「炭水化物を減らす」食事ですし、ジャガイモには拘りがないので良くわからないのですが、ヨメさんはいつも「ドロがついているやつ」を使っています。あの細身のを使っているのは見たことが無いです。

      後ほど、買ってきてヨメさんに薦めてみようと思います。

      どうも有難うございます。

  2. 初めまして。
    すみません。生卵の殺菌についての生地へのリンクが「下書きをプレビューする権限がありません。」と出て見られないようです。
    お手数ですが、修正していただけませんでしょうか?

    • どうも間違えのご指摘を有難うございました。全く気が付きませんでした。m(_ _)m

      早速修正しまして、前に幾つか書いたものもリンクを貼っておきました。

      m(_ _)m

  3. さっそくありがとうございます。Mu4000、ダメですか!ありがとうございます。
    daboさんにとって、どの機種がベストなのでしょうか?宜しければ、教えてください。どこか安いサイトがあれば・・・
    よろしくお願いします。

    ポテトですがDutch Cream がクリーミーな上にほくほく系で、こふきいもやマッシュポテト、ジャガバターに最高です。ウーリーに1キロだったかな袋売り(量り売りにはない)で売ってます。更にほくほくにするため熱湯からゆでてます。
    日本のキタアカリ(男爵よりホクホク系)より ベターなような^^

    Kipfler(細いやつです)は念のため、水からゆでますが、荷崩れしない、それこそ角がとがったままの、しっかりとしたポテトです。カレーやシチュウなどに使ってます。ただ、ウーリーなどには余りなく、ちょっと前に新しくなったパシフィのデリ・八百屋で買いました。

    普通のポテト、セバゴだと思うのですが、
    ダッチとキプフラーは、キャラが鮮明です。

    • 随分ジャガイモに詳しいんですね~~~。凄い。

      低温調理機ですが、やっぱり今の時点じゃAnovaしかないんじゃないでしょうか。

      鍋タイプの対流がないものはやめたほうが良いと思います。初期に出てきたまさに商品名もSous Videですがオーストラリアでも売っていますね。あれは450ドルぐらいしたはずですが、価値があるかどうか・・・

  4. Anovaですか! ありがとうございます。
    安いサイト探してみます。

    じゃがフリークですね^^ 豪で10品種くらいは試したような。
    ダッチクリームは一押しです。是非試されて、ブログになんて!
    今後とも、時々お邪魔します。よろしくお願い申し上げます。

  5. 連投すみません。
    旧型ってSous Vide Immersion Circulator Adjust Cooking Temperature Digital Thermometer
    http://www.ebay.com.au/itm/Sous-Vide-Immersion-Circulator-Adjust-Cooking-Temperature-Digital-Thermometer-/111779207307
    なんでしょうか? これだと安くてうれしい。 それに前のレスから使いやすそうな感じで。
    よろしくお願い申し上げます。

    PS
    新型、豪ebayだと455ドル、
    US ANOVA本家から直輸入だとUS$218 Au$280(送料込み 豪ドル高!)
    電化製品はオーストラリア高過ぎですね。

    • Jinさん

      ジャガイモですが、2種類買ってきましたよ~。どう調理するか考えているところです。とりあえず一緒に茹でるか、ホイルで巻いてベイクするか・・・。

      どちらにしてもジャガイモは子供の頃からほとんど食べませんし、全く拘りがないから良さがわからないかもです。(笑)

      Anovaですが、そのeBayのは全く違うメーカーのものです。旧型はモニターが四角形のもので、名前はもちろんAnova。

      他社製に関しては全くわかりません。こればかりは使ってみないと・・・。

      eBayで検索してみましたが高いですねぇ。なんでだろう。

      しかしあんな調理器具、中国で作らせたら2000円ぐらいで作れそうですね。日本のメーカーでも1万円以下で売り出せるはず。

  6. あらら、別メーカーでしたか、お手数をお掛けしました。
    Anovaをアメリカからですね。嫁さんに交渉です。

    おじゃが買われたんですか。
    特にダッチクリームは旨みを実感できると思います、

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です