夜食に作った「豆鼓蒸排骨」

夜中は調理実験をするには最高の時間帯。誰にも邪魔されず(笑)、じっくり考えながらできるから。

で、本日の夜食は冷蔵庫に残っていた少量の「バラ肉」を使って「豆鼓蒸排骨」を作りました。

これはチョ~~簡単で細切れの肉に調味料を合わせて15分ぐらい蒸すだけ。

調味料はこれだけ。

豆鼓
生姜
ニンニク

砂糖(ステビアなどの代替品を使う)
米酒
醤油
ホットチリ(赤い唐辛子)
ごま油

ただこれはいつもの調味料なんですが、最近「みりん」の美味しさに目覚めまして、今回は砂糖の代わりにミリン、そしていつもは入れたことのない「オイスターソース」をほんの少量いれてみました。

RX1R-06771

これに豚の細切れを混ぜる。この時、ちゃんとしっかり手で混ぜること。この程度の量のタレは全て肉に吸い込まれますし、そのようにする。

RX1R-06772

生の赤唐辛子を入れるのを忘れましたので、それを足して、皿に「広がるように」並べる。

RX1R-06773

15分蒸して出来上がり~~。トッピングは葱とショウガ。

RX1R-06777

美味しい~~~。でも何か違う。やっぱりオイスターソースはいらない。これだといつも作る餃子の味になってしまう。それにもしかしたら醤油もいらないかもです。

というか、飲茶で食べる「豆鼓蒸排骨」には醤油が入っていないはず。でもおかずで食べるにはやっぱりちょっとだけ醤油がほしいと思うのですが、余計かも。

ちなみに多くの人がこの豆鼓蒸排骨が美味しい~~って言う時、化学調味料がたっぷりの場合が多いので要注意。(笑)

KLのリッツカールトンの麗苑の「豆鼓蒸排骨」。これは肉も柔らかくてトロンとしていてこれを目指して作っても私には全く駄目。簡単な料理ですがプロの技が生きているんでしょうね。でも難しいことはしていないはずで、どうやって作っているのか教えてほしい~~~。

RX100-06931

「豆鼓蒸排骨」は本当に簡単で美味しく出来ますが、実はこの料理の一番美味しいのはこれじゃないかと思うんですよ。

RX100-03770

小皿に残ったスープ。(笑)

これはめちゃ美味しいと思うんですが、飲茶を食べに行ってこの皿に残ったスープを飲む人はいないですが、このスープを利用しない手はないんじゃないでしょうか。

ですから私は豆腐に豆鼓蒸排骨を乗せた豆鼓蒸排骨豆腐なるものを発案したのですが(笑)、これはかなりいけます。また中華の料理に、ご飯(餅米?)を小さな鍋に入れて、その上に豆鼓蒸排骨の具を乗せて蒸す料理もあるのね。あれはお店で食べたことはないですが、かなり美味しいはず。家で作るのも簡単だしいつかやってみるつもり。

それと中華料理のレシピを見ていて気がついたのですが、中華で言う「排骨」を私たちは単に「バラ肉」といいますが、また私達のバラ肉って「三枚肉」のことをいうんですよね。いわゆる皮があって脂があって肉があってまた脂があってと層になっている部分。中国ではあれを「花肉」という。じゃぁこの豆鼓蒸排骨に使うような肉って何かというと、日本で言う「軟骨」なんですね。これは他の料理を見ていてもわかるんですが、排骨とは軟骨だと思ったほうが良いんじゃないでしょうかね。

ではその軟骨ってどの部位かというと、三枚肉の奥の方というか小さな骨、いや肋骨の先っぽも入っているような部位、そして両側から肋骨が来て前でくっつく部分じゃないですかね。で、軟骨って日本でも好きな人は好きみたいで、普通肉屋の店頭にはないけれど頼むと手に入るらしい。でも肉って牛もそうですが、捌き方、呼び方が国や地方で違うんですよね。だから豆鼓蒸排骨を作るとしたら日本で言う「軟骨」を使うのが良いだろうと思うのですが、でも中国人に「軟骨」というと通じなくて「脆骨」というらしい。ではその部位を排骨と言ったら間違いなのかというとそうではなくて、排骨とはスペアリブの部分をいうはずでかなり範囲は広く、単に排骨というと骨付きのリブがでてくるはず。ややこしいですか?

ま、とにかく豆鼓蒸排骨に使うのはこの部分ですね。

2008091809245477-1

ゴールドコーストでも見つけました。我々が考えてるバラ肉とは随分違いますよね。これは圧力鍋でかなり時間を掛けてしっかり煮込むと軟骨も柔らかくなって美味しいのね。これを名産としている日本のどこかの地方もあったはず。

メチャクチャ安い部位。売り物にならないので日本では捨てる店もあるらしい。それを日本在住の中国人が目ざとく見つけて、中国人の中で話題になっている様子。

RX1R-02060

肉の呼び方ってどうでもよいような気がしますが、これがわからないと注文のしようもないですから覚えようと思います。豚肉と言えば中国人の世界で、KLのTTDIではこのような呼び方をしている。

RX100-06800

ここに書いてある種類がどういうものなのか全て私に理解できているわけじゃないですが、KLに行ったらしっかり覚えようと思います。そしてここには「脆骨」がないですが、それは言い方が違うのか、その辺の確認もしようかと。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

夜食に作った「豆鼓蒸排骨」” への3件のコメント

  1. ぉ~! ぬぁんという盛り付けの洗練具合! そうとうの巧とお見受け致しました。

    紹介遅れました。 初めまして、tovoと申します。

    昨日、居住権についてネットで調べていたところ、dabo様の2014年9月18日の記事に巡り会ってしまった。という次第です。

    この件に関しまして、過去にいろいろ網羅してきたのですが、他には全く書かれていない内容がふんだんに盛り込まれており、

    この人は只者じゃないと感服致しました。そして何より感激したのが、文章の滑らかさというか柔らかさというか、構成の組み立てに

    流れがあってメチャクチャ分かり易くて読みやすいということです。それと、表現が実に具体的かつ丁寧かつ親切で、イメージが頭

    に浮かんできます。 私も文を書くことが好きで、基本話が長い人種です。昨今の長文アレルギー人間の増殖には危惧していて、

    長めの文を書かれる人たちを滅多にお目にかかることができない貴重な存在として捉えています。ホッとするのです。長文を嫌う

    世間の風潮を完全否定する気はありませんが、もう少し寛容であって欲しいものです。

    と、いきなりダラダラとすません (こういうことなんですよね・・・。分かっちゃいるけど治せないw)。

    ところで本題なのですが、

    daboさんは、ゴールドコーストにも近く海外にお詳しいということなのでお聞きします。 

    バヌアツへは行かれたことはありますでしょうか。

    私は、海外へは卒業旅行でハワイに1回しか行ったことがありません。

    恥ずかしながら数年前から体調を崩してしまい、日本という便利すぎる環境をいっそのこと全て変えてしまったら回復するのではな

    いかという発想に行き着いたわけです。

    いろいろ、世界中の情報をかき集めて網羅した結果、バヌアツに惹かれてしまいました。

    素晴らしい自然、そして何より暮らしている人々の心・・・(行ったはありませんが、素晴らしく感じてしまいました)。

    ちなみに私は、ネットを使って仕事をして参りましたので、今のところその道でしか食べる術を得ていません。

    できれば、通信環境がスムーズな方が助かります (便利を求めるなら日本にいればいいじゃないかとお叱りを受けるかもしれませ

    んが)。

    バヌアツの居住権や禁止されている仕事 (ネット取引)、通信環境、衣食住・・・etc. に関して・・・ご存知であればできるだけ詳細にご

    伝授お願いしたいのですが。

    よろしくお願いします。

    いきなり長々とすみませんでした。

  2. P.s.

    ぉ~っと!なんたること!

    改行に失敗してしまいました。

    非常に読みずらくてごめんなさい。

  3. tovoさん、いらっしゃいませ~~。

    私の長文はこれはごまかしなんですよ。語彙が少ないしまとめるのが下手で、話し言葉で頭に浮かぶがまま書きなぐっているだけ。でもま、興味が無い人には苦痛でしょうが、そもそもここを読まなければ良いだけの話で、私に「長い!」と文句をいう人は一体何を考えているのかと。(笑)

    バヌアツですが行きましたよ~。2,3年前に行ってきました。ここから近いですし。

    本当に自然は素晴らしい所なんですが、発展途上国というのも違っていて、限りなく「未開」に近いと感じました。未だに山奥、離島には裸族がいますし。

    本島の首都がある辺りはそこそこ開けていますが、ちょっと離れただけで何もありません。電気もない。水道もない。ネットにも繋げませんでした。

    うちのヨメさんは乾癬という病気に掛かっているのですが、あれよあれよという間に良くなったのでびっくりしました。自然が綺麗なんでしょうね。水も綺麗な雨水ですし。

    ただ本当に「開発が遅れている」という点でも「見どころ」(笑)があって、命の洗濯には良いでしょうが生活はどうなんでしょうね。

    居住権じゃ何じゃバヌアツの情報は私は一切わかりません。ネットで検索して出てくる程度の知識しかありませんし、居住に関しては考えたこともなくビザなどのことも全くわからず。

    ただ、バヌアツは今ちまたで騒いでいる「タックスヘイブン」だということ。所得税がありません。ま、仕事もないような国で、住民は公共事業で働き(道路の整備とか)、オーストラリアやニュージーランドの援助でやっているような国のはず。産業らしい産業もないし。

    バヌアツに住んでいる日本人も何人かいるようですし、興味があるなら彼らにコンタクトを取ったら良いんじゃないでしょうかね。

    でも「できるだけ詳細に」ってのは頼まないほうが良いはず。(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です