鰻が・・・

しかしまぁ、鰻が高くなっちまって・・・・

今日もいつもの通り買い物に行っていたんですが

ダボ 「(スマホ)あああーーーああーあーーーあああああーーーー(これは私のスマホの呼び出し音。ターザンの叫び声。ヨメさんからの電話はターザン)」

ヨメ 「もしもーし、フジマート(和食材店)に着いたら電話ちょうだいね」

ダ 「オッケ~」

・・・・・・・・

ダ 「今、フジマートにいるんだけれど、何が欲しいの?」

ヨメ 「鰻あるわよね?」

ダ 「あるけど・・・」

ヨメ 「買ってきてね」

ダ 「って、お前、一枚40ドル近くするんだぞ?それもペラペラの薄くて小さい奴が」

ヨメ 「私、半分でいいから・・・」

ダ 「そういう問題じゃないだろうよ。(半分で済んだことはないし・・)」

ヨメ 「食べようよ~。良いじゃん」

ダ 「こんなろくでもない鰻は俺がどんな金持ちになっても絶対買わないぞ!」

ヨメ 「でもさぁ~~~」

ダ 「駄目っ!(ガチャン)」

ったくも~、なんであんな子供みたいな鰻に一枚40ドルも出そうと思うのか不思議。大きさも小さいし返ってストレスが溜まりそうだし。3人家族で小さな鰻3枚だけで1万円超えるっておかしくないか?

でもねぇ、和食材店で昔から売っているし、これを買う客もそれなりにいるってことなんだろうけれど、私には理解できない世界。

ヨメさんの金銭感覚って一体どうなっているんだか・・・。でもヨメさんの鰻好きはわかっているし・・・・。

この店には安い(もっとわけがわからない)鰻は売っていなかったので、車を飛ばして韓国食材店へ。

そして半額以下の甘~~~いタレが付いている鰻を買うことにしました。3枚。

家に帰ったらもう鰻重を作る用意がしてある。もし私が買って帰らなかったらどうするつもりだったんですかね。想像しただけでもゾッとします。(笑)

ヨメ 「鰻買ってきてくれたのね~~」

ダボ 「ああ」

ヨメ 「ありがと~~~~~♪」

敵は韓国食材店で買ってきた安い鰻だと気がついていない様子。\(^o^)/

みたらし団子みたいに甘いタレはお湯で洗い流して、蒸し器で蒸します。その間に、タレを作る。鰻は安物だけれど、山椒は京都原了郭のをちゃんと冷凍庫で保存していたものを使う。

RX1R-06654

美味しい~~~。私はこれで十分。こういう時にはグルメで無くてよかったと思う一瞬。ヨメさんも美味しい美味しいと喜んでいる。ったくよー、あのクソ高い日本の鰻じゃなくても良いってことじゃんか。

でもいつか日本に行って、ちゃんとしたお店のちゃんとした鰻重を食べたいなぁ。その時にはケチらないで「松」にする(笑)。それと肝吸いも。あああ、まずは鰻の白焼き、肝焼きで上善如水でも飲みながら、いやいや、久保田の万寿を奮発して・・・・。

そういえば、吸い物をヨメさんが作ったのですが、それを飲んでびっくり。美味しい~~~~~~~~~~~X100倍みたいな。

なんだこれ?

「一体、これ何?半端じゃなく美味しいじゃん。」

「何これってあんたが買ってきたんでしょ?」

「う~~む、全く記憶に無い。なんてやつ?」

ということでゴミ箱をあさって袋を探しました。

「ナガイのもずくスープ?」どこで買ったんだろう、全く記憶に無し。でもフジマートかゴーゴーマートしか考えられない。

RX1R-06655

これはお湯を注ぐだけのシンプルなあの手のものなんだけれど、ヨメさんは昆布出汁を作ってそれをつかっていました。うーむ、昆布は羅臼昆布のそこそこ良い奴(でも安い)。楽天から(送料割引キャンペーンの時に)いつも取り寄せるもの。

まぁ、昆布出汁が美味しいのは間違いがないものの、これ良いわ~~~~。大量に買ってこよう。(笑)

鰻はどうでもよいですが、このもずくスープは絶対にオススメ。本当に美味しい。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

鰻が・・・” への6件のコメント

  1. 数年前、日本に帰った時に、浜松だったかなー、、、?、、、行ったんですよ。
    で、うなぎ屋に行って、天然鰻の特上鰻重を注文したら美味いのなんの。。。
    お値段も7000円/人ぐらいしましたかね(笑)

    • 今はそういう価格は普通なんでしょうね。

      我家の場合はツマミから入るし酒も飲むことを考えると15000円以上になっちゃうんだろうなと思ったり。

      でも鰻って私にしてみるとやっぱり庶民の食べ物で、そこまで出して食べる気分にはなかなか・・・。

      昔、新橋の店の近くに鰻専門店が2軒並んでいたんですよ。一軒は昔からの老舗で良く知った仲だったのですが、その隣に出来た店のせいで閉店。自社ビルの凄い店だったんですが・・。

      で、その隣の店ってのが面白くて、大衆路線なのね。いわゆるパッと見は焼き鳥屋なんですよ。ところがウナギ専門店でありとあらゆる部位を串に挿して売っていた。当然鰻重もあって隣の老舗の半分以下の値段。

      その店が美味しいのなんの。安酒を飲みながら肝焼きや縁側を何本も食べても知れた値段。

      あれが私の人生の中で一番良いと思ったウナギ屋で、あんな店があったら遠くても行ってみたい。

      ちなみにその店も時代の流れでもうとっくの昔に消えてなくなりましたが。

      しかし、鰻にしてもマグロや他の魚にしても、日本の農水省ってバカですよね。何もしないで放置したり、規制をかけても天下り企業には寛大だったり、全く魚行政が出来ていないのね。魚ってほんの数年保護するだけで劇的に漁獲量も戻るんですってね。カナダの鮭や東欧のニシンだったかの例を知ってびっくり。

  2. 鰻を探していてダボ様のページに着きました。
    メールさせていただきました。

  3. 父親が 鰻好で 子供の頃は 職人さんが家ヘワンセット持ってきて  目の前で鰻の頭にスコーンと杭打ち、ニョロニョロ動くのをサーッと開いて、、、昔はそういうの 有りましたねぇ。気持ち悪いとも残酷とも思わず 食べてました。遠い昔

    • 懐かしいですね。私が幼いころ住んでいた新橋の家の斜め前が鰻の老舗で、昼間はその裏道で職人が鰻を下ろしているのを見に行ったり(笑)。あれれ、なんで道路でやっていたんだろう・・。

      しかし家に職人を呼んで・・って凄い家に育ったんですね~~~。

      我が家ではオヤジが穴子を同じように自分で処理していたのを覚えているだけ。

      鰻の完全養殖は成功したらしいですが、実用化にはまだ至らないと。楽しみですね~~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です