(ゴールドコーストの)イポーに行ってきた

イポーと言っても地名ではなくて店名。(笑)

Ipoh Satay Restaurantという店。ゴールドコーストにもマレーシアンチャイニーズの店が結構あるんですが、我が家はここが一番美味しいと思う。車で30分以上掛かるのですが、この店はわざわざ行く価値があると思う。

BYO(Bring Your Own)なので店にはアルコール類は置いておらず、近所の酒屋で酒を買って持ち込みます。ヨメさんは白ワイン専門で私はビール。

酒屋で初めて見たビールを買ってみました。アサヒの「爽快」ですと。アルコール分が低いらしい。3.5%。普通のビールは5%以上?

まずはこれで乾杯。

A7R2-0002

うーむ、これって昼間に飲むビールですねぇ。夜、それも食事の時には物足りない。でも美味しいことは美味しい。

このイポーレストランに来たら何が何だろうと必ず頼むのがこれ。

海南チキン。

A7R2-0004

本当に美味しい。ここの海南チキンを食べると家で蒸し鶏なんて二度と作りたく無くなるぐらい。味ももちろんですが、どうやってこういう茹で具合にするのかサッパリわからず。ネットで何十というレシピを見て研究をしたけれど、こういう風にはならない。身の方はそこそこOKでも皮が駄目なんですね。で、皮に重点を置くと身に火が入り過ぎる。不思議だ~~~~。

この海南チキンを作っているところだけでもチラっと見せてもらえればすぐわかるんだろうけど・・・。間違いがないのは低温調理で作るものとは違って沸騰、あるいは沸騰近くで鶏を投入しているはず。でも火の掛け方、お湯の量が多すぎれば身の方には火が入り過ぎるはずで、取り出す瞬間も含めてその絶妙なタイミングが大事なんでしょうね。そしてお湯から出したら一度冷水に入れて火入れを止めているはず。またお湯はただのお湯じゃなくて、かなり濃い目のチキンストックになっているはず。てなところまではわかっても真似できない。プロって凄いですよね~~。

そしてこれも定番。ヨメさんが大好きな「ナスと豚肉、魚のホットポット」。この魚があのタラの干したものみたいでちょっと匂いが強いのね。だから食材としての魚じゃなくて調味料としての魚。ヨメさんはこの臭いのが良いのよ~~なんて言う。

A7R2-0005

そしてこれも定番のいんげんの炒めもの。これもなんてこと無いのだけれど美味しい。

A7R2-0007

この店は何ヶ月に一度ぐらいしか来ませんから、どうしても頼むのは定番のものばかりになるんです。しょっちゅう通う店だといろいろ食べようと思うのでしょうが、久しぶりだとやっぱり「アレを食べたい」ってなるのね。

ということで頼んだことのないものにしようとメニューを眺めていたのですが、気になったのが麻婆豆腐。麻婆豆腐は私も結構拘って作りますので、美味しいこの店がどういう風に作るのか非常に大きな興味がありました。

A7R2-0003

美味しい。でも私が作るのと全く違う系統。辛くしてもらってあるのですが、いわゆる「粉唐辛子」の辛さじゃないのね。生のあの赤い唐辛子の辛さ。それと葱が多目ってことはなくて、ザーサイが結構入っている。この歯ごたえと酸っぱさが絶妙。そして味のベースは豆板醤ではなくて甜麺醤。そしてオイスターソースが多目。豆鼓はもちろん入っている。麻婆豆腐なのに「麻」の部分はおだやかでホアジャオ(花椒)が入っている感じは無し。これってきっとオーストラリア風にしてあるんでしょうね。ホアジャオ(花椒)がきついとオージーは食べられないと思うし。でも我らにしてみるとちと物足りない。

これも良いねぇという話になって、次回家で私が作るときにはこれを再現してみようという話に。

あああ、それとこの麻婆豆腐の豆腐が抜群に美味しかった。麻婆豆腐はこうじゃないと駄目なんでしょうが、こういう風にちょっとクリーミーでトロっとした豆腐に仕上げるのは簡単じゃないんですよね。最後の火の入れ方と化粧油の使い方で違いが出るらしいのはためしてガッテンで見たけれど、私が作る麻婆豆腐の豆腐は「普通の豆腐」でしかない。(笑)

そしてこれまた久しぶりに食べたくなったチャークェイティアォ。

A7R2-0006

期待が大きすぎたのか、これは感激は無し。

なんだか水っぽいビールをガブガブ飲んじゃいまして、お腹が一杯でこれだけでも多すぎるぐらいでした。白いご飯ですが、我が家は基本的に食べません。

でもま、大満足。このお店は美味しいと思うなぁ。

店もそうですが、この店がある小さなショッピングビレッジが綺麗になっていました。で、この店の前の外にある10ぐらいあるテーブル席はこの店専用になっていた。大繁盛店です。

でも正直なところちょっと高いという感じがします。ましてやマレーシアが頭にあると尚更。

この料理5点。そしてビールとワインの持ち込み代込で二人で88ドルかな(酒屋で買った酒代を入れれば120ドルか)。これと同じものをマレーシアで食べたらいくらぐらいなんだろうか。3000円ぐらいで食べられるんでしょうね。でもそのマレーシアでもビールとワインを同じように飲んだら合計金額は同じ程度かもしれない。

マレーシアって安く上げようと思えば安く上がりますが、酒好きにはとんでもない国ですね。下手をすると飲み代の方が高くなる。また一般的な物価も同じで、安いなんて喜びつつ、ちょっと気の利いた自動車を買ったら数年分の「安さ」が簡単にすっとんでしまう。

そういう意味で我が家にとってマレーシアの物価は決して安くはないことになります。ただ所得税が我が家の場合はゼロだということだけ。

ま、しょうがないっすね。

早くマレーシアに行きたいな~~~。

Ipoh Satay Restaurant


大きな地図で見る

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

(ゴールドコーストの)イポーに行ってきた” への13件のコメント

  1. 以前、生卵の殺菌について書き込みをしたものです。その後、別の記事にてすでに試されておられたことが分かりました。
    ダボさんの探究心に脱帽です^^
    以来、ブログをいつも拝読させていただいており、大変勉強になることばかり、とても感謝しております。
    さて、こちらの魚の干物は、おそらくピラルクーだと思います。
    アロワナ科の長く巨大な淡水魚です。
    独特の風味があり、薄く切って揚げたものをそのままおかずにしたり、料理の風味付けに使います。
    ピラルクーの数も少なくなったため値も上がり、20センチ四方の切身で2~3000円と高価です。
    お粥のおかずに大変よく合います^^

    • はーい。AZさん、覚えています。生卵の殺菌実験を薦めてくれた方ですね。

      あのどこにでもある魚香茄子ですが、高級店は知りませんがIpoh Satay Restrantとか普通の店でそんな高価なものを使うんでしょうか。

      大体匂いが客家料理や韓国料理に良く使うあの(安っぽくて臭い)干しタラそのもので、もう一歩でアンモニア臭くなる危ない匂いですから。(笑)

      そのピラルクを使った料理を一度食べてみたいです。

  2. ちょっと気になって調べましたら、こういう「塩漬けの魚」を使う様子。

    このレシピです。主はシンガポール人ですから、となりのマレーシアのIpoh料理とすれば同じかもしれませんね。元々は客家料理でしょう。

    私はこの匂いが苦手です。(笑)

  3. ペナンで買ったミャンマー製のものです
    カチンカチンで魚くさく、しょっつるのような匂いがします。
    包丁では刃が立たず、使う分だけギザギザのナイフで切っています。
    ビデオのはこれを戻したものでしょう。
    塩よりしょっぱく感じるほどですが、アミノ酸の旨みが強烈です。
    多目の油で半ば揚げるようにカリカリに炒めると、くささが香ばしさに変わります。
    華人にとっては昔からの懐かしき味なのでしょうが、日本人にもどこか不思議と郷愁を誘う味です。

    • へーー、こういうものをオーストラリアの普通のなんてことない店でもつかうんでしょうか。

      それとも一般的なものなのかな?

      • マレーシアで、キャン・フー(塩魚)と呼ばれているものはこちらです。
        それほど量を使うものではないので、料理一品で数十円~百円程度だと思います。
        それでも豚肉よりは高いでしょうね。
        干したものが1kgが3000円として、動画では戻したのを50g、戻すと重量が3倍になるとすれば、ちょうど50円分ですね。
        ああ、懐かしい、と注文する定番料理のようです。

        • なるほど。それかもしれませんね。

          ちなみに動画のは塩魚のオイル漬けみたいですが、この手はいろいろあるんですね。

          味とか匂いはタラみたいなんだろうか・・・。

          • タラよりは強い匂いで、しょっつるのような醗酵臭もあります。
            嫌な匂いではなく、アンモニア臭は少しもありません。
            きっと品質によってランクがあるのでしょうね。
            マレーシアに行かれたら、奥様もお好きですし、daboさんにぜひ試していただきたい食材です^^

            • あの店に行くとヨメさんは必ず注文しますが、私としてはあの臭さが苦手で・・・

              実はですね、あの匂いで安っぽい韓国料理を思い出すんですよ。アンモニア臭たっぷりのタラの干物を使った料理・・・。

              KLに行ったら本物を食べてみたいです。

  4. 海南チキンですが、チキンはスープで余熱を通さず、火が八、九分がた通ったところで引き上げ、かなりきつめの塩を満遍なく当て、植物油をふりかけます。
    乾燥しないようにボウルに入れてラップをし、余熱で完全に火を通し、そのまま荒熱をとります。
    ライスは、生姜と首の皮とぼんじりを炒めて油を出し、研いで水を切った米を炒め、ソース用のすりおろした生姜の絞り汁を加え水で炊きます。
    せっかくのスープを使いたくなるのですが、チキンの味が重なるので、米の甘味を生かすのだとか。
    それでも、鳥の脂と生姜で、かなり風味の効いたライスが出来上がります。
    スープは、賽の目に切ったジャガイモとエシェロット、春雨を入れて仕上げ、チキンライスに供します。
    荒熱が取れてからチキンをカットしますが、本来は骨ごと断ち切ります。
    チキンはあまり大きくない方が良いようです。
    海南人に伝わるレシピでした。
    インディカではなくジャポニカを使うときは、普段より水を1割弱少なくすると塩梅が良いです。

    • 海南チキンの作り方は何十とチェックしましたが、私が狙うものはそれらを真似しても出来ませんでした。

      是非貴方の作る海南チキンの手順を「目で見て」そして食べてみたいです。いつか作る過程を動画でみることができたら嬉しいのですが・・。結局、文字で伝えるのは不可能だと思うんですよ。手順はわかっても細かいノウハウが大事であってそこは伝えようがないのですから。

      またこのIpoh Satay Restrantの海南チキンは美味しいと思いますが、他店のはまぁ普通なわけです。ですからIpohがどういう作り方をしているのかが問題ってことなんですね。これはKLでも同じで、有名店で食べても皆それぞれ違いがあるわけじゃないですか。

      味付けそのものは好みがありますし、私はそもそも「蒸鶏(実際には茹でる)」が好きなのであって決して「海南チキン」でなくては駄目ってことでもないのです。ですから気になるのは「茹で方」のみ。ライスも必要ありません。

      私が悩んでいるのは身と皮の調和が取れないという一点なんです。身に合わすと皮の火の通りが不十分で、皮に合わすと身には火が通り過ぎる。ましてや店で出されるものはパーツではなくて丸ごとですから、白身(胸部)と赤身(腿部)と火の入り方も全然違うのに、どうして調整できるのか本当に不思議の固まりです。(もちろん調整なんか出来ていない物、そういう店のほうが多い)

      あるレシピでは茹でる時に丸ごとの半身、つまり胸の部分はスープから顔を出した状態で仕上げるものもあって、なるほどと思ったものの、それが普通だとも思えず、やっぱりわからない。

      ただ私は胸肉が嫌いでまず食べませんので、蒸鶏は腿、脚だけうまく出来ればOK。

      骨があるものと無いものとはこれまた火の通りがまるで違うので、今は骨なしのものを使い、そして「皮は別に調理する」ことによって私が欲しい茹で具合を得ようと奇策を練っています。(笑)

  5. なるほど、このお店のレシピがどうかということですね^^
    daboさんの腕前をして再現できないとなると、重曹や酵素製剤処理などの
    業務用レシピなのかもしれませんね。
    おとなしく、daboさんの研究成果を楽しみにしています^^

    • 私には腕前なんて呼べるようなものは何もないですよ~~。

      小学校の理科の実験をやっているようなもので、凄腕のプロが作るものをいかに「インチキも使って」近いものが作れないか試しているだけです。それも「伝統」とか「文化」は横に置いといて、「科学的に考える」のが面白いと思うだけなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です