周りの空気が読めないのは我が家の特徴だというのが良くわかった

今回のKL旅行はairbnbで住んでみたいコンドに泊まりましたので、そもそもKLのコンドってどんな感じなのか、またそれぞれの地域の特徴などもわかり、かなり多くの収穫がありました。

でも、それとはちょっと違う収穫もあったんです。

今回は私と長男だけの旅でしたが、何度かKLにすでにお住まいの方々と会食、いや飲み会をする機会があったんです。初めて会った方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方はこのブログなりSNSなり、なんらかの繋がりで存在そのものは知っていた方ばかり。

だから飲み会と言っても緊張感らしい緊張感ってのはありませんでした。

でもねぇ、逆に羽目を外しすぎました。

私も長男も「日本的な常識」を持ち合わせていないのは昔から自覚があるんですが、それでも若い人たちと飲むときには言いたいことを言い、盛り上がって騒いで、あるいは真剣に意見交換をしたりして面白いのですが、逆に、「ある程度の年齢が行った日本人」っていうのを私達は良くわからないんですよ。

特に長い間サラリーマンを続け、それなりの仕事を成し遂げて来た人たちって、それなりの特殊技能と言って良い能力があるんですね。

私達みたいに、言いたいことを言うなんてバカなことはしませんし、しっかり場の雰囲気を読み、相手を見、考えながら発言をするし、人の話も聞く。そんなのは当たり前じゃないかと思うでしょ?ところが私自身、好き勝手に生きていきましたから、大きな組織の中でどう生きるのかってのがさっぱりわからないんですよ。もちろん取引先には大手の会社もありましたから、外から見ることは出来ても、その組織の中で生きたことがありませんから、「企業人の常識」が私にはわからない。オーストラリアで育った息子は、ディベートそのものはかなり訓練されているものの、「場を読む」というのは出来ないんですね。

それどころか「自己主張は当たり前」「何も発言しない人は無視される」世界に長くいましたし、そもそも私は怖いものなしの中小企業のオヤジでしたから、調子に乗って思ったことを喋ってしまう。下町のハっつぁん、クマさんと同レベル。この傾向はこのブログを読んでいる人にはよく分かるはずで、普通は口に出さないこと、我慢することでも私は書いてしまうのをご存知のはず。そしてそれって会って話をしても同じなんですね。もちろん相手を無視するなんてことはしませんが、「日本の常識として必要とされる気遣い」に関しては理解が低いのは間違いがないんです。

ただ、日本は「相手を傷つけてはいけない」という点では異常なくらいそれを重視すると私は思っていて、それを重視し過ぎると「大事な話が出来ない」という考え方を持っています。ディベートも同じで、自分が違う意見をいうことは決して「他人のそれを認めない」とか「間違えていると断定している」とか「相手の人権を無視している」とかそういうことはないのですが、日本の場合は言いたいことを言う、自己主張をするとどうしても、そっち方向へ動いてしまいますよね。「それは反対です」なんて言おうものなら、言われた人は「俺をばかにするのか」って怒るのが普通。

だから私もそれなりに気は使っているのですが、それでもやっぱり言い過ぎるのは間違いがない。このブログに書く内容も同じで、ブログを読みながら「このやろ~~、言いたいことを言いやがって」って思う読者の数は私は自慢してもいいくらい多いんじゃないかと思っています。(笑)

ましてやお酒が入るとどうなるか?

おそろしいですよね。

そしてその失態を今回の旅で私も息子もやってしまった自覚があるんですよ。

コンドに帰ってきてから二人で反省会をしていました。「お前、あれは言っては行けない話だぞ」「オヤジのあれの話もヤバイよ」ってなもんです。(笑)

そんな反省会を結構延々と夜の夜中にやっていまして、やっぱり俺たちって普通の日本人が知っていることを知らなさ過ぎるんじゃないか?という結論に達しました。

この傾向って実はヨメさんも同じで、良く言えばピュア、悪く言えばバカで、煽てられるとどんどんその気になって何でもしゃべる、やるタイプ。だから以前、日本人村の中で村八分にされた経験があると書きましたが、やっぱりそれが原因なんですよ。日本人村社会は個人が自由であることを許さない社会だというのがどうも我々家族には理解できていない。

でも福岡のド田舎出身のヨメさんに言わすと、田舎の村社会も面倒な社会だけれど、無礼講という逃げ道、ガス抜きがあるというんです。それがあるからこそ、それぞれの腹の底が見えて、信頼も持てて付き合えるのだと。

でもねぇ、私が知っている海外の村社会ってそれとは違うんですよ。無礼講のつもりで無礼講をやると、あとでいろいろ言われる。(笑)

面倒くさいなぁ・・とは思うものの、ではそういう日本人社会には近寄らないってわけにもいきませんし、ドキドキしながら様子ばかり伺うような付き合い方もしたくない。

その点、やっぱり企業で長い経験もあり、それなりにやってきた人は上手いんですね。言うべき時には言う、引くときにはスッと引く、この身のこなしが軽いというか、空気を読むのが上手いというか、大したもんだと思うわけです。我々には出来ない芸当。そしてそういう人たちにしてみると、我々は赤ん坊みたいなもの。(笑)

でもま、これでやっていくしかないし、でもやっぱり酒が入った時は気をつけようぜと長男とともに「ガッテン、ガッテン」でした。

いつも皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ないです。m(_ _)m

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

周りの空気が読めないのは我が家の特徴だというのが良くわかった” への12件のコメント

  1. 私も本当にそうですが、ダボさん家族が想像どうりの方で良かったです(*^_^*)
    私はこっちでは日本人と全く関わっていませんが、ダボさん家族なら楽しく気を遣わず話せそうです。
    日本に見切りを付けたり、海外に好きで住んでる方って私もそうですが日本では浮く存在でそんな感じなのだと思います。マレーシアは海外が好きというより日本ではできないから仕方なく来た人達がMM2H、駐在、教育移住を含めて多いと思います。だから日本人同士気を遣いあって日本人村で生きていく。日本にいるより狭い世界だと思います。無理して入らなくていいと思いますよ。多分あとで面倒ですから。。
    出る杭は打たれる。そんなことになりかねない気がします(苦笑)
    特に奥様が、、女性の私がいうのもなんですが、女性は面倒ですよ。環境が恵まれていればいるほど。。
    いろんな兼ね合いはあるのかもですが、価値観の違う人と無理に関わることないと思います。毎日楽しいのが一番ですよね。

    • >ダボさん家族が想像どうりの方で良かったです(*^_^*)

      あれれ、Nomsgさんって今回お会いした方ですか?どなたかわからずちょっと混乱しています。

      しかし海外の日本人村って日本より日本的なのが不思議ですねぇ。

      今、フト私のこちらの非常に親しい友人家族を思い出しました。こちらに来てすぐに知り合って、非常に深くお付き合いをするようになったのですが、ご夫婦共「日本人とは一切付き合わない」って言う人なんですよ。

      私が「私は日本人ですが・・・」って言って大笑いになったんですが、後でそのご主人がこちらの日本人の間で「付き合わない方が良い日本人のブラックリスト」に載っている人だと他の人に聞いてびっくりしました。

      ブラックリストに載っているような人のほうが気が合うのか・・・ということは?私も・・・、なーんて考えちゃいましたよ。(笑)

      そもそもブラックリストなるものが存在するのが凄いですよね。

      ま、私はいつも書いている通り、村とかグループとはそれなりの距離を置いて今まで通りやっていくつもりですし、付き合いってやっぱり「個人対個人」でしかないんですよね。グループに所属しているからって皆同じってわけでもないし。

      でもヨメさんが「日本人恐怖症」に罹っていて、日本人会館へ行くことさえ嫌がりますからどうなるのかちょっと心配です。

      嫌な面っていろいろありますが、でもやっぱり心のヒダヒダが分かり合えるのは日本人だし、難しいですね。

      • あ、以前クレジットカードの件で質問させて頂いたものです(^◇^;)
        今回お会いした方の中に同じような事を仰る方が居られたんですねw。私も日本人会には立ち入りたくないです。。KLにいる限り嫌で付き合いを辞めたとしてもまた、誰かにどこかで出会い嫌な思いをしそうです。奥様は本当に行かれない方がいいんじゃないですか。なんだかかわいそうです。
        KLの日本人村は村長がいて、幹部がいて、その他もピラミッド式でという感じで馴染もうとすると何処かに所属しないといけない感じだとおもいますから。ブラックリストですか、、大人なのにやることが、い、陰湿ですね。
        でもきっとなにがあってもダボさん大丈夫なんでしょうね!なんとなくそう思いましたw

  2. アハハ。たいへん正直で素敵な記事でした。

    いつもお子さん達を日本人として育てた、と胸を張るように書いていらっしゃるdaboさんが、息子さんに関して「場を読む」ができない、と日本人の基本ともいうべきところに欠けているようなことをおっしゃったり、
    ご自身についても、
    「日本の常識として必要とされる気遣い」に関しては理解が低いのは間違いがないんです。
    なんて、なかなか書けないことだと思います。

    不思議とうちは「日本人として」を意識してなかったのに、
    娘はわたし以上に「場を読む」気遣いができたり、
    息子も、娘ほどではないにしろ、「日本人だなぁ。」と思ってしまうことがあります。

    ホント、海外の日本人村社会は、日本国内より狭い感じがしますよね。
    (わたしも村八分に近いこと、やられましたから。
    あ、ということは、同じく「場を読んで」いなかったのか・・・。)

    ただ、日本の国内も、もう長いこと離れてしまってよくわからないものの、
    わたし達が住んでいたころよりも息苦しくなっているかもしれない、
    と感じたりもします。
    特に、小学生・中学生・高校生あたりが友達関係に悩んだりするのは、
    我々世代より厳しいんじゃないでしょうか。

    うちの子達は、ゴールドコーストなんていう場所で、
    のびのびと育ってしまっているから、
    日本人社会では生きられないだろうなぁ、と思います。

    • あはは。

      でもね、「場を読むこと」が良いことなのかどうなのかってのが問題でもあるんですね。

      私が海外に出たのは「海外が良い」からではなくて「日本では息が詰まる」からなんです。そして「場を読めない」って言うよりか、「場によっていうことを変えることを強いられる」のに我慢ができないんですよ。自己主張が強い。

      これを自虐的に「場が読めない」と書いているだけなんです。だって「言い過ぎた」って自覚があるんですから。言わないほうが良いと思いつつしゃべりますし。このブログも同じです。こんなことは書かないほうがと思いつつ・・・・。(笑)

      息子の場合は単に「社会経験不足」だと思ってて、他人に対する気遣いは私よりはるかに上手い。でもね、後で喧嘩になるんですよ。なんであそこで妥協するんだ?って。(笑)

      どちらにしても日本の大企業でそれなりに長い間やってきた人たちと話をすると、私は勘違いしていたことに気がつくんです。彼らは「場を読んで」「なおかつ自分の有利な方向へ話を進める能力」を身に着けているってこと。決して自分を曲げたり、嘘をついたり、相手におべっかを使うわけじゃないのね。

      この辺が若いころの私にはわからなくて、見猿・聞か猿・言わ猿で生きていくのが日本社会だと思っていたわけです。でもその中で生き抜いてきた人たちは、ちゃんとその中で「相手を傷つけずに」自分を通す術を知っているのね。

      凄いと思います。

      仰るとおり、日本の最近の子供たちは「大人のような付き合い」を強いられているのかもしれなくて、かなり悩むのだろうと思いますが、その中で彼らは学んでいくんだろうと思います。そして付き合い方もうまくなるんでしょう。

      私みたいに落ちこぼれて海外に逃げるのも増えるでしょうが。(笑)

      私なんかそういう意味じゃ、子どもと一緒。(笑)

  3. nosmgさん、過去のコメントを調べてどなたかわかりました。了解です。

    私たちは日本人村社会には本当に呆れていますが、私はもう63のジジーですし、ヨメさんももうすぐ60のバーさんです。今までいろいろ経験していますから、ちょっとやそっとのことでは驚きません。ただ、ああいうのが好きではないというだけの話。

    私も気性が激しいですから、もしやられたら黙っていません。(笑)

    ヨメさんが村八分にあった時には、その首謀者のところに私が乗り込みました。何年も仲良く付き合ってきた友人でしたが、私は「ニコニコと笑いながら、相手が後ろを向いた瞬間、背中から刺すようなことをするな」とはっきり面と向かって言ってやりました。またその首謀者に同調した人たちにも、「やっていいことと悪いことがわからないようなのは友人ではない」と言って回りました。(笑)

    私は蛇年ですからシツコイんですよ~~~。どんな借りでも(良くても悪くても)忘れないし、必ず返します。

    でもね、ヨメさんは自分が原因を作ったわけですから、悪いのはヨメさん。でも悪ければ後ろから刺すようなことをして良いのかって話なんですね。聖人君子なんか世の中にいないんですから。

    • 頼もしいですね!いつもブログを読ませていただくと奥様への愛情がとっても伝わります(*^_^*)
      差し出がましいことをすみませんでしたー。

      • いえいえ、愛情というより・・・、なんでしょうか。義務かな?

        私は子供の頃から孤独にはなれているし打たれ強い方だとは思いますが、ヨメさんが標的になるのを見過ごすわけには行きませんよねぇ。

  4. 無礼講という言葉で、私も思い当たる、エピソードがあります。

    前に、うちで飲み会があったとき、お客様の奥様(外国の方で体質で、お酒は飲めない)が、ご主人が酔ってしまったことを気にして、貴方は醜態?をさらして、もう嫌われたのではないか?と叱ったようで、そのご主人から、謝りのメールをいただきました。なので、私が、「日本には、無礼講という習慣があると奥様に伝えてもらえないか?」と返事しました。
    (無礼講って、今は職場の飲み会で、上司が部下に言う言葉になってるのかもしれませんし、うちは、高い身分でないので、使ってはいけないかもしれませんが)

    学生時代の集まりって、侃々諤々、(今考えると他愛もない内容を論じていたのかもしれませんが)、大いに飲み大いに語り、だった思い出があります。激昂して、喧嘩になってしまう人を皆で、まあまあととめたり。

    お酒のんだあとお店の外で触れる南国マレーシアの外気の温かさって、ちょうど、日本の夏の夜みたいな感じです。
    お仕事関係の接待の席でなくプライベートなら、お酒は潤滑油で、多少はめをはずしても許されるのでは。

    高校生の甥が先日、初めて、オーストラリアのパースにホームステイしたのですが、ホストファミリーの父親、友人、息子さんたちが
    週末サーフィン終了後、ポテトチップつまみながら宗教や政治や環境問題や徴兵制度、政治について、意見交わす習慣があって、すごく刺激になった、今まで、日本で
    そういう機会なかったと言ってたので、良い体験できて何よりだったなーと嬉しくなりました。本人も日本の文化や宗教について質問され、答えられなくて、一生懸命調べたりしたようです。以前、ダボさんが、オーストラリアの教育で、ディベートの訓練をするという記事書いてらっしゃったと思うので、その話伝えておきました。
    私自身も、学校でディベートの練習は皆無でしたが、ルールにのっとってリング上で戦う知的な格闘技って大事ですね。
    ネット上では、誰かの意見に反論するとき、論拠を示さずに、すぐに人格攻撃になるものが多く、それって説得力ないなーと思います。反論するには、脳みそ使わないといけませんが、脊椎反射して暴れてる感じで。

    あと、日本企業マンの処世術のお話、相手を傷つけずに、というのもなるほどなと思います。柔能く剛を制すという諺もありますねー私も、この頃、介護のプロフェッショナルの方と接する機会が多いのですが、毒が入ってるから食べない!とハンストおこしてる老人に優しく枕の位置変えてあげて、ちゃんと完食させてしまうの見て、自分には無理ーーーと驚愕してしまいました。

    • 嫌なものから逃げるのは簡単ですが、その中で生きる術を見つけるってのがやっぱり大人なんでしょうね。我が家は本当にガキ丸出しです。(笑)

  5. 子育て真っ最中の我が家には、すべてが新鮮で楽しい時間でした。特にダボさんと息子さんの関係、熱くて密接で素敵です!反省会なんてとんでもない!次回は我が家でじっくりやりましょう〰

    自分の意見すらない人、理屈のない単なる不平を述べる人。我が子にはそうはなってもらいたくない、という考えが根本にはあります。

    日本人として良いところ、できる人はいても同時に悪いところも身に付いていたりしますから。初対面のメンバーで。あんなに楽しい時間を共有できただけでも、十分良いところは身に付いていると思います。

    おっと、次回は私の隠し玉を投入しますね!日本から仕込んで帰りまーす!

    • しかしあの時の写真を見ても不思議なんですが、どうしてあのメンバーで焼酎二本が空になるのか・・・・。

      皆さん凄いですね~~。

      日本からの隠し玉ですか?へーー、なんだろう。

      楽しみにしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *