中国では臓器移植のために民間人を殺している

中国では臓器移植のために人を殺しているという話は何年も前からありましたね。そしてそれは大変な人権問題となってる。

今日、久しぶりにそれに関するわかりやすい動画を見つけました。そして世界が動き出しているのもわかった。

でも日本は?

朝日新聞なんてこの手の話は先頭に立って大騒ぎしても良さそうなもんですがねぇ。福島みずほも同じく。

世界中から臓器移植を望む人たちが中国に行って、大体3週間、早ければ1週間で臓器を探して移植が可能だと。大きなビジネスになっている。

この手の動画って山ほどあって、中国のある病院に匿名で電話をかけて「腎臓移植をしたい。急いでいる」なんて話をして、それに答える医者の言う内容を録音したものとか。その移植に関わっていた中国の医師がカミングアウトして証言しているもの。そして多くは法輪功学習者達から「生きたまま臓器を摘出している」とのことで、その証言も多数あるのね。法輪功学習者は国家によって「邪教」扱いを受けていて多くの人が捕まえられ拘置状態。それを推進したのは江沢民。裁判も起きている。

朝日新聞は、NHKはなぜこれに関して沈黙するんでしょうか。

証拠がないというならそれも良いと思うんですよ。でも海外でこれが問題になっていることを報道することはできるんじゃないですかね。

報道しない権利もあるんだろうけれど、都合の良いことばかり大げさに報道する報道機関なんて無いほうが良いと私は思う。

そういえば、先日の「日本テレビ」の安倍首相のスピーチに関する報道の件、知っています?

安倍氏は民主党、維新の党に関してこういったんですよ。「選挙のためならなんでもする、誰とも組む。こんな無責任な勢力に私たちは負けるわけにはいかないんです」と。

これを日テレがどう報道したのか。日テレは安倍さんを写して「選挙のためならなんでもする」というテロップを流した。ウソみたいでしょ?

私は安倍さんを擁護したいんじゃないんですよ。どうしてこういう汚いことを平気でやるようなマスコミが日本に存在するのか。情けないなんてもんじゃありません。

てなことをいうと、産経も同じだ、なんて言い出すアホもいるんでしょうが・・・。

そういえば、これまた関係ありませんが、アメリカで「日本の真珠湾攻撃は事前にわかっていた」ということを立証する書籍がでたそうですね。日本語にも訳されているとのこと。真珠湾より何年も前から日本の通信は傍受され解読されていたと。そして真珠湾攻撃をアメリカ上層部は皆知っていた。ただし「ハワイの軍司令官を除く」ということらしい。オーストラリアも日本の動きを察知して連絡を入れていたというのは前に聞いたことがありますが、世界って恐ろしいと思います。

いつもニコニコして「隣人とは仲良くしよう」みたいな日本。戦争や侵略の危機があっても「一緒に飲んで楽しんでボクが抑止力になります」という若者。是非とも北のお坊ちゃまと仲良くなってきて欲しい。

ファンタジー国家、日本はどこへいくんでしょうか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *