お墓の問題

将来の我が家のお墓ですが、一体どうするべきか・・・。

私個人としては別にこだわりとか、ああして欲しいこうして欲しいってのはないのですが、ま、東京にある先祖代々の墓に入るんだろうなとは思っています。

東京に墓があるわけですが、これが問題なんですわ。

今、KLにいる年老いた両親もいつかはそこに入る予定ではいますし(日本に帰って住む気は全く無い)、私もそうでしょう。ところがですね、オーストラリアで育った二人の子供たちは日本のことは大好きでも、日本に住みたい、日本で仕事をしたいなんてことは全く言わないんです。きっと世界中に何百万人といる「日系人」に将来はなって行くんでしょう。

我が家の墓ですが、オヤジは長男、私も長男で、誰かに頼むってわけにもいかないんですわ。

当然、今の時点では息子たちに「ちゃんとやってくれよ」と伝えていますが、私の両親、私でさえも海外暮らし。息子たちの時代になったらそれこそ日本に行くのも数年に一度、観光で行くぐらいでしょう。

なのに墓は東京にある。

これっておかしな話ですよね。

90になるオヤジは長男のくせに、私にちゃんとやれよと言うだけ。で、私も子供たちに同じことを言うだけ。(笑)

かなり前ですが、子供たちに負担をかけてはまずいと思って、また日本のことは何もわからない彼らに任せるのも気になりますので、私の時代に今の墓はなくして「永代供養」をどこかに頼むのもありかと思ったんですよ。

で、そんな話をオヤジにしたら一瞬で形相が変わりましたので、その瞬間、ピタリとその話はやめ。(笑)

どうしたら良いんでしょうねぇ。

これって海外に出ていなくても日本国内でも同じ問題を抱えている人たちって結構いるんだろうし、「無縁墓」もあちこちにある。我が家のお墓の隣もそれで、数年前の大改装(?)で撤去され、今では新しい家族がお隣さん。(笑)

日本に頻繁に帰ってくるわけでもない子供たちに管理を任せて、もし無縁墓みたいなことになったら、やっぱり私としては「化けて出てくるしか無い」ですよねぇ。(笑)

実際には管理事務所には銀行口座から管理費は自動引き落としになるのでその口座にお金だけ入れておけば存続はするんでしょうが、墓の掃除もしない、お参りもしないって・・・。

我が家の墓は東京のどまんなかにあるんですが、東京都の大きな墓地で、管理するお寺さんがないんですよ。これも大きな問題なんですよね。普通のお墓みたいにお寺さんの境内にあるのなら、そのお寺さんに話を付けておけば良いのだろうけれど、それも出来ないんですわ。墓そのものの管理は「お茶屋」さんがやるようになっていまして、そこにもお願いしているのですが、きっちりやってくれてはいない。

ネットを探してみますと、お墓の清掃とかお参りの「代行業者」もいるのね。ちゃんと綺麗にピカピカにしてくれて、ちゃんと花とお線香も供えて、その証拠写真も送ってくれるようなサービス。

まぁ誰も管理できない、お参りにもいかないとなればそういうところに頼むのも一つの案ですが、そのまま10年20年30年、そして息子たちがジジーになる時代になっても、行きもしない東京に墓があるっておかしなもんですよね。

息子たちもいつかはそこに入りたいっていうのならまた話は別なんですが、どんなヨメさんをもらい、また彼らにも跡取りができるわけで海外生活が続くんでしょうし、その墓が維持できるわけもない。我々の先祖代々の墓が「ドイツにあります」ってのと同じですもんねぇ。

やっぱり私の世代でどうにかするしかないかな。

ところがですね、もうとっくの昔に亡くなった祖父や祖母も入っているんですよ。その墓を無くすとなれば親戚が黙っていない。でも彼らは自分たちの墓はあるわけで・・・・。考えられる可能性としてはオヤジは長男ですが、次男の叔父、私の従兄弟に話をつけて、一つにまとめてもらうとか・・・。でも父方の親族とは断絶状態。冠婚葬祭の付き合いもない。でも本家の墓を無くすなんてことになれば大騒ぎするんでしょう。彼らの親が入っているんですから。

とりあえず、両親、叔父叔母がいなくなるまではいじれないか・・。

そんな話をヨメさんにしたらなんて言ったと思います?

「悪いけれど、私はあのお墓に入りたくない・・・。」ですとさ。

まったくよぉ~~~、あっちもこっちも好きかってなことを言ってどうすんだよ~~~~。

やっぱり全ては息子たちに任せて、あいつらがちゃんとやらなかったらたまに化けて出てきて怒鳴り散らすなんてのも良いかもだ。(^_^)v

でも本音としては「墓が東京にあることによって子供たち、子孫の日本との関り合いを維持できるかもしれない」なんてことも考えるんですよ。私は彼らが日本人の顔をしているだけの外人になってほしくないし。自分たちのベース、アイデンティティは日本にあると、そう思う子供、子孫であって欲しい。

ダボ家の皆は未来永劫、日本男子と大和撫子であって欲しいし、国旗掲揚、国歌斉唱なんて当たり前のこと(笑)。たとえ海外暮らしを続けるにしても根っ子も何もないグローバリズムなんてバカな疫病、新興宗教に陥るような子孫であって欲しくない。ただ国境を意識することなく生きていけるスキルは絶対に手に入れて欲しいと思うだけ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

お墓の問題” への10件のコメント

  1. お墓ねぇ。うちも一緒です。
    主人のお父さんが長男で、お墓は埼玉にあります。
    主人は二人兄弟で、お兄さんには一人娘がいます。
    うちは、娘と息子ですが、二人とも日本に住む予定も意思もありません。
    お兄さんの娘さんがお嫁に行ったら途切れます。
    でも、主人の祖父母も入っているわけで・・・。
    主人のおばさん二人は他家にお嫁に行って、おじさんは独身のまま死亡。
    やっぱり途切れます。
    どうなるんでしょうかねぇ。

  2. あらあらあら、ちりとてさんのところもご一緒ですか。

    困りますよねぇ。

    ちりとてさんはそこに入る予定?

    • 思い出した。実家のお墓も祖父が作ったもので、わたしが一人娘なので途切れるんですよね。
      父の弟のところも娘二人だし。
      永代供養にしてもらうって言ってたかな。
      両親は、母はどこかに散骨してほしいと言ってたような・・・。

      わたしの世代は、やっぱり嫁ぎ先の墓には入りたくないって女性が少なくないようで、弟がいる人は、実家の墓に入れてもらえるように頼んであるって言ってた記憶があります。
      母に言ったら、「そういうことが言える世の中になったのねぇ。」
      と感慨深げでした。

      わたし自身は、義父母と一緒は抵抗ないんですが、主人が義母をいじめた祖父母と一緒というのに抵抗あるらしくて・・・。
      たぶん、主人とわたしは別口になるんじゃないかと思ってます。
      しっかり話し合わないとね。

      • あらあらあら、あのお父さんお母さんもそういうことになっているんですか?へーーー。

        >たぶん、主人とわたしは別口になるんじゃないかと思ってます。

        へーーーーーーーーーーーーーーーー。

  3. うちの実家は娘二人ですでに嫁に行ってしまっているので、墓はこれ以上誰も入りません。
    どうするんだろうと、ぼんやり考えていたら、過疎の田舎のお寺なので、新規顧客(?)が極めて少ないらしく、お寺側が墓地を清算してなくしてしまいました。
    都会は土地不足、田舎は跡継ぎ不足で、これからはお墓の管理形態は今まで通りというのはどんどん困難になっていくのでしょうねえ。

    私個人的に死んだあとどのように葬られるか、ということに興味はないのですが、世の中、嫁ぎ先の墓に入りたくない奥様って結構いらっしゃるようですね。

    • なるほど・・・。

      これだけ日本人も移動する時代になってますます変わるんでしょうが、こればかりは自分だけで決められることじゃないですからややこしいですね。

      ヨメさんが嫁ぎ先の墓に入りたくないってどういう理由なんでしょうか。あの世に行ってもイビられる恐怖があるのかな?(笑)

  4. 勢い良くマレーシアに移住するセカンドホームの人に聞くのが
    私「墓どこにするんですか?」
    セ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
    私(考えとらへんかったんかい!)
    ご夫婦双方の反応が(絶対に違うので)面白いので機会があれば聞くようにしています
    私はヨメに「灰はランカウイの海に流して欲しい」というと
    「えーわざわざ行くの?めんどくさい」と言われました
    うちの母親はお寺さんでまとめてあずかってくれる所有るし
    五山の送り火の時に手を合わせてくれたらそれでええがな
    と言ってました
    しかし私はその横で苦い顔をしていた父の表情を忘れられません

    ブログにアップできる文だな(と自画自賛)

    • あはは、面白い奥さんですね~~。いつか紹介してくださいね。

      ところでマレーシアに移住するセカンドホーマーはそれが普通じゃないですか。そもそも皆さん「移住」という言葉を使うけれど腰掛けの人ばかりでしょ?長期観光でしかないんですから、墓の心配をするほうがおかしいかと。

      そもそも、「セカンドホーマー」が「移住」って日本語になっていないですよね。面白いと思います。

  5. なにをおっしゃる うさぎさん
    家処分して資金を作ってマレーシアに移住する人多いですよ 
    背水の陣どころか特攻状態、ダメだったらあんたどうするの?
    と聞きたくなるような人多いですよ。(公務員が多かった)
    だから安易にマレーシアええとこでっせーなんて言ってる人を見ると
    余計なこと言うなと言う気分になります
    会社以外の社会知らん純粋培養の人多いですね
    まだ、おねえちゃんができてヒラヒラとマレーシアに住んでる方がマシかも

    • うーーん、それを言ったら我が家も同じなわけで、家を処分して渡ってきたからってマレーシアで最後を向かえようとは思ってないんじゃないのかなぁ。

      でもそうしようとしている人たちも居て、老人ホームを作ろうと一生懸命動いている人たちもいるけれど、半信半疑、いつか帰ることになるかもしれないと内心思っているんじゃない?

      ロングステイだとしても家を処分するのは私は一つの作戦として良いと思っていて、日本は中古物件、ましてや田舎だと本当に安いし買おうと思えばいつでも買える。だからとりあえずキャッシュにしてマレーシアで金利を稼げば面白いことになるかもしれないという考え方はあると思う。

      私はマレーシア、リンギットでの投資って考えていないけれど、もしリンギットで儲けようなんてことを考えているとしたら恐ろしいことになる可能性もあるよね。実際にリンギットは下がっているし、円高にでもなろうものなら本当に帰るところがなくなっちゃう。

      老人ホームが出来たとしても、為替の問題、医療の問題、医療【費】の問題、そのホームの母体の問題、保証人だって必要なはずで、破綻した人のセイフティーネットもそうだし、この話は日本の公的機関でも関わらないと無理だと思ってる私。そういう諸々のコストを積み上げるとかなり高くなって何のためのマレーシアかってことになりそ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *