TPPはどうなるんだろうか・・・。アメリカの大統領候補者は反対しているし

皆さんはTPPに関してどう思われています?

私は当初は大反対だったのですが、時代の流れ、そして「TPPを利用して他国に進出する立場」で考えると結構面白いと思っています。その実力が日本にあるかどうかは別ですが・・。(笑)

アメリカの大統領予備選挙で、大統領になるかもしれない候補者達は皆TPPに反対。

これって???って思うわけで、TPPはアメリカの横暴だのなんだの言っていたはずなのに、アメリカ自体が被害者意識を持っている。ま、TPPは大きなそして一部のグローバル企業がよりシェアを伸ばすための条約なのは間違いがなさそうで、やっぱりアメリカの一般市民は違う考え方を持っているのでしょう。

でもま、とりあえずは日本としてはTPPを批准する方向にあるわけですが、やっと最近、TPPの中身が見えてきましたね。でもこのTPPって本当におかしな進み方をした条約で、交渉内容も公表しないという約束の中で進んできた。そして何年も掛けて「これで決定」ととんでもない量の条約内容を提示されて、それの吟味もせずに調印。おかしな話ですよね。

膨大な資料の日本語訳もやっと出てきて、それの吟味をする評論家達がいるわけですが(政治家や官僚は吟味したのかしていないのかもわからない)、どうもやっぱり内容はおかしな条約なのがわかってきた。

前からこのブログでも書いていますが、日本はアメリカの忠犬ポチで長い間いちゃもんを付けられて来たわけで、日米構造協議や年次改革要望書とずーっとやられっぱなし。そしてその延長線上にあるのがTPPで、完全に日本を食い物にする内容であるのが見えてきた。これって今までの日米構造協議や年次改革要望書とはわけが違って「条約」ですから拘束力があるんですね。努力目標ではない。

では一体何が問題なのか。

またいつものチャンネル桜の討論会を出しますが、このTPPに限らず、官僚や政治家が一体何を考えて今までやってきたのか、それが浮き彫りになる内容なので非常に面白いと思いました。そして「日本にはまったく戦略がない」「戦略を考える部署も人材もいない」というのもはっきりした。日本の自立なんてことを真剣に考えている国の指導者はいないようで、とにかくアメリカに流れる。アメリカの言うことを聞く、運命共同体の日本として生きる道を日本は選んでいるのが良く見えてきました。いや、運命共同体ではないですね。常に搾取される立場を維持しながらアメリカの女房役として存在し、そこにのみ日本の生きる道があると日本の指導者は考えているのが見え隠れするような気がします。

かなり長いですが、TPPの問題点。そしてそれは日本に問題があるからこういうことになるのだというのがはっきり見えてきます。これは3部に分かれていますが、2部からどんどん核心に迫っておもしろくなります。

これを見ると我々日本人が抱えている問題の大きさは半端じゃ無いように思います。TPPなんて氷山の一角でしかないんでしょう。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *