日本式肉まんを作った~

肉まんも大好物。ただし中華のあの甘ったるいチャーシューが入ったチャーシューパォは好きではない。マレーシアで薦められて食べた鼎泰豊の肉まんは日本の肉まんと全く同じ。美味しかったなぁ。私にしてみれば鼎泰豊で一番美味しいのはあの肉まん。

ゴールドコーストではあの手の肉まんがないので自分で作るしかありません。先週だったか肉まんを作ろうと思って餡を作ったまでは良かったのだけれど、嫁さんたちの「お腹すいた~。待てない~」の大合唱で肉まんのはずが肉団子スープになり、そして餃子になったのでありました。

今日はやる気満々で作りました。面倒な皮も小麦粉から練って・・。

出来上がりはこれ。包み方は相変わらず下手ですが~。

RX1R-06582

いつの頃からか「肉汁たっぷりの肉まん」が好きになりまして、小籠包程ではないにしても肉汁が肉まんの内側にちゃんと染みているのが美味しいんですよね~。

肉はこれ。バラ肉。メス豚の冷凍はしてないもの。美味しいらしい。バラ肉は脂が・・なんて思ったら駄目で、中華料理店が肉屋に注文するミンチの脂の%を聞くとびっくりするんですよね。あれが美味しさの秘密かもしれない。

RX1R-06569

これをフードプロセッサーでミンチして。

RX1R-06571

水分たっぷりでベチョベチョ気味の餡にします。混ぜて混ぜて練って練ってデロデロになるまで。乳化するまで混ぜます。乳化するとデロっとした白い膜が鍋肌や手にできるのでわかるのね。箸やヘラで混ぜるような混ぜ方では具がまとまらない。

具は肉まんですので簡単。

◯ 酒
◯ 醤油
◯ オイスターソース
◯ ごま油
◯ 水+シイタケの戻し汁
◯ ウェイバー(味覇)(豚スープのもと)
◯ ゼラチン(肉汁がこれで小籠包のように美味しくなる)
◯ 塩
◯ 胡椒
◯ 砂糖
◯ ショウガ汁
◯ 葱
◯ 戻した干ししいたけ
◯ ヨメさんが入れてくれというキクラゲ

おっと、この写真はデロデロにするまえに下練りした時のもの。餃子もそうですが、練るときには水気のものとスパイスだけで、他の具材はいれないで練るのね。スープ(水)はすこしずつ入れてしっかり混ぜて肉に吸わす。他の具材は最後に合わすだけ。

RX1R-06572

皮作りですが、ちゃんとドライイーストを使って膨らまします。牛乳も半分ぐらい。でも水を入れすぎて粉を足してまた足して、それでもかなり柔らか目の皮になりました。

発酵前。

RX1R-06573

電子レンジの中に放置しましたが、30分で鬼のように大きくなりました。

RX1R-06574

これで皮を作り餡を包むのですが、やっぱり柔らかすぎ。麺棒は全く必要なく手のひらで押し付けるだけで簡単に伸びちゃう柔らかさ。

セイロに入れて~。

RX1R-06578

16分蒸してそのまま3分休ませて出来上がり。

RX1R-06580

美味しかった~~~。スープが適度に出て肉まんの皮の内側がかなり美味しい状態。

RX1R-06583

8個だけ蒸しましたが、あっというまに完売。ヨメさんも息子も美味しい~~と言ってくれた。少食のヨメさんはいつも1個しか食べないのに今日は2個。そしてなんと「これ、売っていたらお金出しても食べたいと思う」ですとさ。\(^o^)/

「いくら出す?」と聞いたら「4ドル50」ですと。

実は今日の餡はいつも入れていないものを入れたんですよ。それでガラッと味が変わった。それは何か。砂糖です。こんなに変わるもんなんですかね。

いやーーー、大満足です。

やっぱり肉まんはこれじゃないと~~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本式肉まんを作った~” への4件のコメント

  1. 肉まんいいですねえ。
    マレーシアの中華系は南方系の方が多いせいか、饅頭や包子のお店が少なく、とても残念です。
    レシピ参考にさせていただきます。

    実は肉まん作って食べようとマレーシアに台湾で買った竹のせいろを持ってきていますが、気分が盛り上がらず戸だなにしまったままです。
    単にモチベーションが上がらないのが第一要因ですが、マレーシアでは粉物との相性が悪く、パンをこねても餃子の皮をこねても粉自体やる気を出してくれないというか、ねっとりしたところからうまく練りあがらないのです。
    温度・湿度の問題か、粉の問題かよくわかりませんが、日本から強力粉を持ち帰って原因を検証したいなあと考えています。

    • はーーい。本当に美味しかったです。自画自賛。(笑)

      リコヨンさん、マレーシアの小麦粉に問題がありそうですか?

      実はリコヨンさんもご存知のみぬぅさんですが、ご主人はフランス料理のプロ中のプロだし、みぬぅさんはフランスでパティシエの資格をとってあちらのホテルで働いていた人だし、KLではさぞや凄い食材を使っているんだろうと思ったんですよ。

      それを聞いてみたところ、なんと食材はふつうのものを使うとのこと。なるほどと思いました。あるもので美味しく作るのが本当のプロだと。

      ところがですね、みぬぅさんのご主人は小麦粉だけは業者にお願いして手に入れているらしい。やっぱり違うのかもですね。

      みぬぅさんご自身はお菓子専門とおっしゃっていましたが、小麦粉のことは詳しいはずですし、聞いてみましょうかね。

      粉ですが、日清製粉の日本のものは伊勢丹か日本人会の中の日本食材店で売っていませんかね。こちらでは日本食材店で売っていますが。あああ、リコヨンさんはJBでしたね。

  2. そうなんです、不毛の地JBです。。。。
    主に近所のイオンで買ってるのですが、あそこは管理が全然だめなので、小麦粉自体の問題か、管理が悪くて古いものが並んでいるのか、不明です。

    まずは使い慣れた日本の強力粉で試して環境因子が原因なのか小麦粉が問題なのか、はたまた腕が悪いのか突き止めたいと思います。

    • あはは、JBは不毛の地なんですか?

      でも良いじゃないですかぁ、橋を渡ればそこは天国。(笑)

      しかし小麦粉ってそんなに違うもんなんですか。難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *