KLに行ってから車を何にするか、やっぱり振り出しに戻った

息子のMM2Hの承認が出たので近々また一緒にKLへ行くことになっています。そして免税で車を買えるので注文してしまおうと。納車まで半年ぐらい掛かるらしいですから。

ほぼ何にするか決まっていたのですが、息子がやっぱりあれは駄目だと言い出しました。大きすぎて自分に運転できるとは思えないと。

まぁ確かにKLって道路が狭かったり、特に駐車場、出入り口も狭いのは間違いがなくて、ホンダのアコードやトヨタのカムリクラスの大きさでも持て余すような場面があると思っています。でも買おうと話していたのはそれより一回り大きい。

やっぱり駄目かなぁ・・・

私は大きな車は慣れていますのでどうにでもなると思っているのですが、息子が運転する自信がないってのはかなり困ります。そもそも買うのは息子であって私ではないし。

極めつけは「俺でも無理だと思うんだからママは絶対に駄目だと思うよ」ですと。

大体二人共ペーパードライバーですから彼らの意見を聞いてもしょうがないものの、「運転できない」とはっきり言われると困ってしまいます。ジジーの私がいつも運転手ってわけにもいかないし。

近い将来、二台必要になるのはわかっていますから、その時には小型のを買おうって話していたんですよ。

「でも結局その小さいのにいつも乗ることになるんじゃない?」ですと。

確かに一理ある。近くのショッピングセンターに行くとか、ちょっと食事になんていうときは小回りの効く小型車のほうが間違いなく良いですもんね。だからヨメさんが運転して多少擦って来ても「しょうがねぇなぁ」で済むようなのがやっぱり必要になるんでしょう。そこそこ良くて大きな車を運転して、ぶつけちゃった~なんて事になったらやっぱり面白くないし。

でもそういう小さな車を最初から乗るってのはどうもイマイチ気乗りがしません。せっかく免税で買えるのに・・。

あと1-2週間の間には何にするか決めないと・・・。困った。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

KLに行ってから車を何にするか、やっぱり振り出しに戻った” への4件のコメント

  1. KLのショッピングモールの駐車場で、入口だけでなく、出口にでるときの、狭い幅でのありえない角度のカーブや、らせん状が続くカーブは、東京出身の運転のうまい夫でも、これは技術が要るねと言います。笑
    あと、KLはバイクが多いので、しかも無茶な運転をする人が多いので、死角の多い車の窓の形は危険だと思いますよ。たしかに大きい車はかっこいいし、ロングドライブには良いですが。おせっかいコメントですみません。。。l

    • いえいえ、おせっかいどころかコメントは有難いです。

      私はレンタカーをあちらで運転したことがあるのですが、結構思ったほど怖くないと感じました。でもやっぱり駐車が困るんですね。大きなショッピングセンターなのになんでこんなに細い出入り口になっているんだ?なんて思うことがなんどもありました。切り返しをしないと難しいような。

      私はどうにかなってもペーパードライバーには難しいですよね。そして確かに、オートバイのことも考えないとなりませんね。

      こんな話をヨメさんとすると「私が運転しなければそれで済むことじゃん」なんて嬉しそうな顔をしています。困ったもんだ。(笑)

  2. 昔、オーストラリアに来て初めて新車を買った時、3ヶ月待って納車されたばかりの車を30分で廃車にされたことがありました。
    わたしは何も悪くありません。全部相手のミスです。それで相手が言った一言にブチギレました。
    保険に入ってないのよ、ロッテリーが当たったら新車を返すわね?
    と。
    ふざけんな!と思って、警察と裁判所に届けて、結局そいつの財産から全額弁償させました。
    罪悪感ゼロという態度に、とにかく頭きたのを覚えています。
    東南アジアとかもこういう人間は多いと思うので、車は十分考えて事故も気をつけてくださいね。
    YOUTUBEを観ると、東南アジアでの当たり屋の映像なんかも数多くアップされてたりするので。

    • あらあらあら、納車後30分ですか?それってオーストラリア国内でも記録になるぐらいのスピードじゃないですかね。

      がっかりしたでしょうね~~。

      東南アジアでの事故は全て「自損事故」のつもりでいないと駄目だと思っています。相手に期待さえしなければ良いと覚悟してます。

      でも怖いのは人身事故ですね。何もなければ良いけれど・・

      注意しますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です