マレーシアでの子育てはやっぱり大変そう

私は「海外での子育てを簡単に考えるべきではない」とこのブログに結構書いていましたが、最近は「勝手にすれば~~?」みたいな考えを持っています。

ピピっと分かる人は分かるけれど、分からない人でも「真剣に考えていますよ~」と思っているかもしれず、そこに問題があるんじゃないのか?って話は通じないのね。海外での起業も同じですが。(笑)

マレーシア絡みのブログで、ここの情報量は半端じゃ無いと思っているブログがあります。以前にも紹介したことがありますし、ブログ主とはお会いしたことはありませんが、お互い知っている仲。

この方はマレーシアに長く、ご主人と自営業をなさっていて、子供の教育にはかなり熱心で情報量は半端ではありません。

そのブログに、マレーシアでの子育てに関してこんなことが書いてありました。

子供さんの英語力を上げるために

「マレーシアのインターに行った子供さんは卒業後はカナダやオーストラリアに留学している子供さんが多いんですよ。」というのが日本でマレーシアのインターの宣伝をしている留学斡旋業者さんの説明だそうです。

英語ができなくてもインターに入れて、卒業後はカナダやオーストラリアに留学できるまでの力をつけてもらえる!

だったら学費も物価も安いマレーシアに行こう!

、、、って思って来てみたら、大学に入る前に「大学入学資格」を取得しないと大学には進めないという現実に愕然としている日本人の親御さん、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

これから「インターを追い出されてから行き場のない子供さん」がますます増えてくるのではないかと私は本当に心配しています。

日本人学校からインターへ転校する場合もそうですが、日本語がカタコトの外国人に、中学3年や高校の年で日本に留学して、日本のセンター試験でまずまずの点数を取ることを要求するのと同じことをご自分の子どもさんに求めているってことなんですよ、、、、。

韓国人や中国人は自国の状態が厳しいので海外への移住を目指し、親も子も本当に必死で、勉強以外のことはしないような勉強付けの毎日で、数年のマレーシア留学でもよい成績を残す子供さんも多いようですが(全てがそうではないでしょうが頑張る子供さんの割合は多いはず)、日本人の場合は親御さんも子供さんもそこまでの必死さはなく、マレーシアではほぼ必須となっている塾や家庭教師もつけず、インターにお任せでなんとかなると預けっぱなしのケースが多いような印象です。

ダメです!
甘く考えていたら。

(ダボ注:この続きはブログで・・)

この日記はこれです。

子供さんの英語力を上げるために | マレーぐまの業務日誌@厚木インフォテック

インター校へ留学する斡旋や紹介している業者が結構ありますが、子供を持っていないとか、子供はまだ小さくて経験が少ないとか、そういうレベルで彼らが勝手に考えたマレーシア観で情報を流しているように私は感じます。私はマレーシア事情は全く知りませんが、「海外で子育てをする」ということにおいては25年の経験がありますし、その目線で見ると、「違うんじゃないの?」と思うことが多々あります。

これは「現在進行形」の小さなお子さんを持ちの親御さんのブログを見ていても感じます。これからが大変なのに・・っていつも思っています。子供が小さいころは親のオマケみたいなものでどうにでもなるんですね。ところが小学校高学年、中学ぐらいになりますと、子供は全くの別人になると言ってもいいくらいですし(笑)、様々な問題が出てくる、わかってくるのがこの時期なんですね。それまでは教育という名の「遊び」と同じ。

ま、その時はその時で慌てて対処すればそれで済むという考え方があるのだろうとは思いますが、それを実際に経験しますと、「あれをやっておけば良かった」「なんでこれに気が付かなかったんだろう」って誰しもが思うのね。だから経験者はそれをブログにも書くわけですが、何に舞い上がっているのか夢見ているのか知りませんが、多くの方の耳には届かない。

でも、ピピっと分かる人は分かるはずで、きっちり準備している親御さんも多いし、私も先手先手を打ってきました。そして簡単に考えていた家庭はまぁ、そのうち消えていくとか、こんなはずじゃなかった・・みたいになるケースを多く見てきました。

大体、情報源が「斡旋業者」だなんてのは、レストランに行って「ここは美味しいですか?」と聞くのに似ているってことに気がつかない人が多すぎるのね。また斡旋業者は教育の専門家じゃないかぎりやるべきではないと思うのですが、まさに不動産の斡旋と同じレベルで「ニーズがあるんだから良いんじゃない?」ってなところなんでしょう。

情報収集している人も多いはずですが、不思議に同じような年頃の子供を持つ家庭と情報交換するのね。ここが私には理解できない所なんです。もちろん共通の問題があるからそれは必要ですが、情報源とは「そこで子供を育て上げた人」であるべきじゃないんですかね。

もし私が小さな子供を持っているとしたら、私は今日紹介したブログ主に連絡をとって根掘り葉掘り聞くと思います。業者の言うことや、来て数年しか経っていないような人の話を聞いても「絶対に何もわからない」と私は断言します。ましてや子育ても終わらせたことのない人に何を聞く?

数年、留学するだけというのなら良いと思います。でもその先の計画をちゃんとしないとうまくないんですね。また日本の大学へ「帰国子女枠を使って入る」なんて手は今でも使えるのかもしれませんが(そういう子供は結構いた)、頭をまっさらにしてよーく考えて欲しいんですよ。「今の日本の教育はどういう教育か?」ってことを。日本の有名大学に入って、英語もそこそこできて「留学経験あり」なんてのに「それも良いと思う」って親は結構いるんじゃないですかね。

それってきっと「古い日本」では「すごいね~~」と言われるケースだろうと思いますが、今のグローバル化された世界で本当にそれでだいじょうぶなのか?

私としては「せっかく世界に飛び出したのだから、世界の基準で上を狙って欲しい」と思うんです。チャンスをミスミス捨てる必要なんかないじゃないですか。

でも「英語ができたら・・・」とか「中国語もマレー語もわかるようになるって凄くない?」みたいな脳天気な親だと大変なことになる。

英語が出来て当たり前なんじゃないですかね。ましてや留学して英語がわからなかったらただの・・・。そして何カ国の言葉を使えても、旅行ガイドになるなら十分でしょうが、専門知識をつけるときにその中途半端さがどれだけ邪魔になるかも考えないと。そして中途半端な言語は武器にはならないってことを忘れるべきじゃないと思います。子供が大きくなる次の時代は「英語は出来て当たり前の世の中」になっているんじゃないですか?そしてそれプラスアルファの部分で子どもたちは勝負していかなくてはならないはず。もちろん「他民族とうまくやっていくスキル」なんかで食えるわけもない。

もし英語がそこそこ出来て、他民族とうまくやっていくスキルができたら・・ってことは、ほぼ全部のマレーシア人と同じってことですよね。どこにでもいるマレーシアの若者やオッちゃんオバちゃんを目標とするんですか?そもそも「他民族とうまくやっていくスキル」なんてのは個人の性格に大いに関係があって、海外で育てば育つものじゃないんですよ。これは海外育ちの子どもたちを見ればすぐわかる。そしてそのスキルは「海外で育たないと手に入らない」とするなら、世界で活躍している日本育ちの日本人は一体なんなんですか?

勉強だけが人生じゃない、なんていう人も結構いるし、それはその通り。じゃ、勉強は出来なくても、特技、専門もなくても良いのね?と私は聞きたい。

これからの世界、日本も格差がどんどん広がる時代に突入しているのに、古い考え方でいると子供が苦労することになる。

それと日本人は一般的に「仕事は社会に出てから覚えるもの」と考えているフシがあると感じます。ところが世界の流れは「仕事ができる若者」「仕事ができる才能を持っている若者」を欲しているはずで、「白無垢を着て、貴方の思うままに染まります」なんていうのはダメなのね。これって学生時代にバイトして世の中を知っているとかそんなお子ちゃまの話でもなくて、専門家、あるいは専門家の卵を欲している。

これは海外の企業の新卒の採用を見てもわかることですが、日本みたいにとりあえずまとめて入社させて、それからいろいろ経験して部署を決めてなんてのじゃなくて、部署ごとに採用するケースが増えている。つまり専門職として出来る若者じゃないと、いわゆる「その他大勢」の仕事になってしまう。例えば銀行に入ってM&Aをやりたいと思う若者はその部署に応募するわけで、銀行の一般に応募すると窓口業務専門とか、そういうレールが敷かれているのが見えている。このレールの乗換って簡単じゃなくて、だからこそキャリアを積んで職を変えて行くということが起こるんじゃないですかね。

ちょっとやそっと英語が出来て、外人との付き合いもうまくて・・・だとしても「で?他には?」と聞かれる時代じゃないんでしょうか。留学そのものも何の価値も認められないと思いますよ。今は世界中から優秀な学生を集められる時代なんですから。

でも我が家はそういう流れからあえて外れようと思いました。そんな競争社会に子供を送り出したいと思いませんでしたから。でも次男坊はやる気満々で自らそういう世界に飛び込んでいくタイプ。でもおっとりしている長男は、私が考える世界が求める若者像とは違う性格なので、世の中の大きな流れとは全く違う生き方を彼に提案しました。それはまさに私が歩いてきた野良犬、まぁ、中小企業はみんな同じようなものですが、自分の小さな世界を作ってその中で生きていけるように私も親として最後の手助けをしようと思っているわけです。

でも教育は全ての基本ですからしっかりつけるべきで、でも日本的な「覚える勉強」ではなくて欧米では当たり前の「問題解決能力をつける勉強(専門は兄弟とも金融)」が出来たのは良いと思っています。その能力はどんな人生を送るにも役に立つと思いましたから。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアでの子育てはやっぱり大変そう” への11件のコメント

  1. はい、daboさんに賛成です。教育は“問題解決能力”をつける勉強につきますね。
    私の世代では駐在人生30年有余という人は沢山いますが、親の仕事に子供の人生が巻き込まれた感が強いと思います。安易に子女教育を海外で、なんと考えて連れて行った親は余りいないように感じます。むしろ高校からは日本に送り返し大学受験に備える人が多かったと思います。
    私の長女は小学校はLA、中高はNY、大学はボストンで帰国後、学士入学で日本の大学に入りました。
    大学までは補習校や家庭教師について日本の教科を勉強するなど負担は多かったと思います。
    当時はPerfect bilingualがそれ程多くなかった時代ですからそれなりに価値があったようですが、今はどうでしょう。今42歳です。未だに娘の教育はこれで良かったんだろうかと考え込む事があります。在学中は大変でも結果オーライかな。でもマレーシアの子女教育はプロセスも結果もどうなんでしょう。その場合、とことん子供に寄り添う親の覚悟が問われますよね。
    もし、マレーシアでしたら現地の優秀な中華学校をお勧め致します。
    投資家ジム・ロジャーズもNYからシンガポールに移住し、子供には中華校に通わせていますね。彼はこれからの中国語の重要性を強調しています。

    • あら~~、Harryさんのお子さんはそれこそ海外育ちの鏡みたいですね。

      同じ海外で子供を育てるにしても、駐在の人と一般の人とかなり考え方が違うんですよね。駐在組はちゃんとわかっていますから「海外で教育~~♪」なんて浮ついている人は少ないと思います。子供だけ帰らせるの普通の時代もありました。今は子供だけイギリスとかアメリカっていうケースが私の知人には多いです。

      バイリンガルも今の時代はかなり高いレベルが要求されて、海外育ちなんてだけではまるでお話にならないですね。適当な通訳に使われているだけという帰国子女はたくさんいますし、我が家の息子達はバンリンガルだなんて恥ずかしくて絶対にいえません。ただのオーストラリアという辺境で育っただけの変な日本人。

      中華学校ですか。なるほど。

      今の中国、そして世界に散らばる中国人を見ますと、世界中どこでもトップクラスの大きな%は中国人なんてことになりますね。オーストラリアでも医学と会計の学生は中国人とインド人しかいないみたいな状況ですし。

      でも中国語と言っても、それは三番目の言語ということで、英語の代替にはならないんでしょう。

      逆を言えば「英語が出来ない」ってのは致命傷になんだろうと思います。もちろん計画書、報告書、プレゼン、会議、ディベートも問題なく出来るというレベルじゃないと意味がありませんし。

      日本って明治時代から海外の知識を日本語に直してきて、母国語で勉強できる環境が整っていた珍しい国なんですよね。他の国は、韓国にしてもそうですが、かつては日本語、中国語、今では英語で勉強するしか無いわけで、外国語は必須の歴史があった。その必要がなかった日本が、まさかそれが理由で世界でも有数の「外国語がダメな国民」になるなんて誰が想像したでしょう。

      いつかその汚名を晴らす時が来るのでしょうが、それとともに日本の文化も消えていくような気がして寂しいです。

  2. マレーグマさんの「子供さんの英語力を上げるために」の日記ですが、

    http://malaysia.atsugi-info-tech.com/?eid=875

    でアクセスできるようです。ちょっと875という番号を当てるのに手間取りましたが。

    ついでに、中国語についてコメントすると、歴史の長い期間を最先進国として君臨していた中国の言語が将来的には英語に取って代わることはあるのかもと思いますが、現状はやはり英語でしょうかね。

    中国語は発音(というより、イントネーション、四声)が難しいし、書き言葉も学ぶのが英語よりはるかに大変で、世界言語向きではないというのが個人的意見で、なかなか取って代わられないのではと思っています。(余談ですが、私の観察だと、マレーシアには漢字が読み書きできない華人がたくさんいる模様です。もちろん、英語and/or中国語(広東語?閩語?出身地の方言)はしゃべれるけど、ということです。いい中華系の学校に行くと、その点違うのかもしれませんが)

    Jim Rogersはアメリカ人で元々自分たちが英語できるから、娘に中国語「も」できるようにしたいと思ったのでしょうから、日本人とは立場が違うと思われます。

    まあ、中国語の将来については個人的感想なので聞き流して下さい。

    • おおお、URLを有難うございます。日記本文にそれを使わせてもらいますね。

      中国語ですが、仰るとおりだと思います。英語が出来ての次の言語としてなら良いですね。また中国本土で仕事をするなら中国語を優先するのもありでしょうが、自分のケースを考えてみると周りが中国人だらけになっても基本は英語になるだろうと思っています。

      英語をネイティブとして話せたら人生変わるだろうなぁ・・。全然ダメな私。(笑)

      • ”どこにでもいるマレーシアの若者やオッちゃんオバちゃんを目標とするんですか?”
        ”じゃ、勉強は出来なくても、特技、専門もなくても良いのね?と私は聞きたい。”
        ”世界の流れは「仕事ができる若者」「仕事ができる才能を持っている若者」を欲しているはず”

        これまでごちゃごちゃコメントさせていただいてきましたが、まさにこの3点を言いたかったんです!

        現在のマレーシアの就職事情も、まさに専門性問われるものだと聞いています。マレーシアのどこにでもいるマルチリンガルなオッちゃんオバちゃんたちは、自分の子供に同じ人生を歩ませないために、「勉強勉強」って言ってるんですよ。
        もちろん、中には勉強が合わない子もいるので、そうでない子が歩む道ももちろん用意されていますが、それはごく普通のお勉強苦手な青年やグレたような青年が進む道です。マレーシア人ならいざしらず、わざわざ留学までしてそれで良いのでしょうか?…ということですよね。

        中国語に関しては、極める事ができれば一生の宝物になるとは思います。我が子は統一試験で好成績だったのでその宝物(出版社や新聞社に採用されるレベルの中国語力)を得ることが出来ました。いざというときの安全牌にとっておくそうです。
        そして、今は英語で専門性のある勉強をしていますが、インターナショナル・スクール出身でなくても英語でのプレゼンテーション・各種リポートなど難なくこなしているようです。テキストや授業中の言語の問題も全くないそうです。

        中華系の学校の良いところは、きちんと勉強させてくれるところだと思っています。厳しい教育方針が合わない人には厳しいですが、我が家のような根っからの怠け者には、強制的に勉強をさせられる環境およびガリ勉に囲まれ刺激されたことはプラスの方向に向かいました。我が子が苦手なadditional mathematicsを克服し、現在数学を使う専門家を目指せるようになったのは、ひとえに中華系学校に通っていたおかげだと思っています。

  3. この頃発見したのは「人は他人の過去の失敗から全く学ばない」ということです
    今の店の立ち上げから現在までいろいろアドバイスしたし 会社も私の経験を買ってると思うんですよね。
    全く言う事を聞かない、だから言ったでしょということの繰り返しなので この頃は三回言って動かなかったら何も言わなくなりました ストレスフリー
    留学の件も注意警告しても言うこと聞かないんだったら ぼんやり独り言形式で言うことにしました
    母語がしっかりしてないと 違う言語覚えても中学生レベルだとわかりました
    私も会社勤めしてないから 日本語でビジネス文書書けませんから
    英語喋れますと言う人には How can i address you?と聞くようにして
    その人の英語で接客できるかレベルを測るようにしています

  4. こびたさん、出てきてくれましたね。日記を書きながらこびたさんのことを思い出していました。(笑)

    お子さんは数学を専門に扱う方向ってActuaryですか?うちの次男坊はなぜか大学院でそれを専攻しました。でも全く知らない勉強したこともない会計分野の監査法人に勤めています。(笑)

    大西さん、私も最近それを感じています。他人の失敗からしっかり学べばこれほど安くて安全なことはないのにね。

    でもやっぱり「やりたいこと」ってあるわけで、フト、以前勤めたことのある会社の社長を思い出しました。彼は部下がやりたいことはなんでもやらすんですよ。無理だろうと思うことでも。でもちゃんと本流から逸脱しないように見ているのね。失敗しても何も言わないかわりに二度目は許さない。(笑)

    最近思うことは、「やりたいことをやれ」「チャレンジしろ」と誰でもがそのとおりと思うことを誰しもが言いますが、では「どうやって?」というところが抜けているんだろうと思いました。やっぱり「問題解決能力」が何よりも重要で、まずは「現状把握」「問題点のあぶり出し」「対処方法を探す」という当たり前のことが出来ずに、とにかく「夢に突っ走る」「やりたいことをやる」人が多いのだろうと。

    夢の未来は現状の延長線上にあるのに、突然ある日ある時「夢のある未来が出現」するかのごとく考える人が多いみたい。発想がギャンブルと同じなのね。でもそれに気が付かないから怖い。

    でもそういう人が多いってことは自分にはチャンスがあるわけで、皆んなが同じ様にやるようになったら自分の出番は無い。(笑)

    とは言うものの他人は勝手にすれば良いけれど、家族や同じ社内、部下だと困りますよねぇ。

    母国語が基本だというのは良くわかります。それで深掘りが出来ないと、たとえ10言語わかったつもりでも何もわかってないのと同じですね。見世物としては価値があるのかもしれないけれど。(笑)

  5. Actuaryほど高度な数学は使わない資格の方です。法律などにも興味があるので、なるべく好きなことで将来の就職に役に立ちそうなものということで選びました。
    実は本当に興味があるのは歴史とか言語・文化研究などなのですが、それは趣味として楽しむことにしたようです。かつては中国語で書く作家志望でした。

    • へーーー、本当に興味がある分野に行ったんじゃないんだ?

      前に書いたことがありますが、長男は子供の頃から「考古学者になりたい」って言っていたんですよ。小動物や虫にも興味がある様で、わけのわからないものを飼ってみたり。

      「お前、そんなんでどうやって食うんだ?男として責任が果たせるのか?」って私は言い続けたんです。私は結構催眠術がうまくて長男を洗脳して、私が望んだ金融の方へ進んだんですが、ある時、「俺はオヤジに繰られている」って言い出したんですよ。

      結局好きでもない学業がうまくいくわけもなく、金融は合わないと次にビジネスでまた学位を取りなおしたりしたんですが、それもやっぱり彼が好きな道じゃないのね。だからどうしても「社会が望む若者」にはなれないし、私もかなり反省しまして「好きなことをやらせなければいけない」って本当に申し訳ない思いをしました。

      今となってはやり直しも出来ませんし、予定を変更して「とにかく儲けることを覚えろ」と若者、ましてや自分の息子に薦めるべきではない相場の道に引きこむことになりました。これは彼も賛同したので無理やりってわけでもないのですが、「儲けてから好きにその金を使え」「自費で考古学でも何でもやってみろ」と言っています。

      「もし好きな道へ進んでも金がなければ好きなことはできない」という真理を彼は理解してくれましたが、では「儲からなかったらどうなるのか」という大問題があります。もし私が彼をトレーダーとして育てることが出来なかったら、私は彼の一生を潰した責任があるし、KLに行ったら親子で頑張らねばなりません。どうなりますかね~。

      こびたさんのお子さんは趣味で楽しむと割りきれたようでよかったですね。

  6. ご心配ありがとうございます。
    実は、いざそこに入ってみると、数学は思っていたほど難しくないし、専門科目の内容も今まで趣味でやっていた(趣味が多いんです 笑)ことを土台としたものであったため、全くストレス無しで過ごすことができているそうです。

    マレーシア人の間で「役に立つ」といわれる専攻分野はかなり限定されてしまうので、なかなか難しいです。。。(オーストラリアに留学するマレーシア人が選ぶコースをご覧になれば、その偏り具合がよくお分かりになるかと思います。)

    • 若いって良いですよね~。

      若い時って何歳までに何をして・・みたいなことを考えますが、実際には時間はたくさんありますし、勉強は何歳になっても出来ますし、世界は広いし、慌てることなく一つ一つ階段を上がっていければよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です