野蛮なユッケジャンスープを作ってみた

ちゃんと牛骨からスープを取り美味しいユッケジャンを久しぶりに作ろうと思いました。

なぜそう思ったかというと韓国スーパーで売っていた美味しいそうな肋肉、いわゆるカルビを見つけたから。そして店のスタッフに「韓国人はこれをどうやって食べるの?」と聞いた所、焼き肉と言うと思ったら「スープにする」っていうんですよ。

RX1R-06272

霜降りの美味しそうな肉だと思いません?骨付きで1キロ23.5ドル。約550グラム。これを2パック買いました。

RX1R-06273

スープということはユッケジャンとかのはずで、では牛骨を・・・。これまた骨髄がしっかり詰まった良さそうなのがありました。

RX1R-06269

これなら良いスープが取れそうですが、時間がないので圧力鍋を使うことに。それでも2時間掛けました。

出来たのはこれ。気持ちが悪いほどの脂が出ています。

RX1R-06270

上に浮いた恐ろしい脂を取り除き、骨も取り出しました。

いい感じの濃厚な白湯スープになっています。

RX1R-06271

これにカルビを入れてまた煮込んでいくわけですが、冷凍庫に「アキレス腱」が入っていたのを思い出しました。それも一緒に使おうと。アキレス腱は一度吹きこぼしをしてカット。

RX1R-06276

これをカルビと一緒に入れれば、トロリとしたアキレス腱と美味しいカルビと一緒になって、初トライのダボ流創作ユッケジャンになります。

ところがアキレス腱がトロリとするぐらい煮込みますとカルビもトロトロになってしまいますので、アキレス腱だけ別に再び圧力鍋を使い、それをカルビと合わせたらどうかと。

アキレス腱は30分圧力をかけ、カルビと一緒にスープに投入。それにコチジャンを入れて煮込みます。この時にガーリックを6粒投入。

RX1R-06278

肉系は全部トロントロンではつまらないので、カルビはちゃんと歯ごたえもある美味しいカルビとして食べられるように火を掛けるのは30分にしました。

この後、これに大量のゼンマイ(Gosari)を入れます。韓国スーパーで買ったもので、本当はこれ以外に里芋の茎(Toran)も入れたいのですが、在庫は乾燥ゼンマイしかなかったのでこれを戻して投入。

RX1R-06275

そしてキムチを1パック投入しさらに煮込みます。食物繊維たっぷりの濃厚ユッケジャンスープになるはず。

RX1R-06279

これで基本的には完成なんですが、味見をしたところ何かパンチが足りません。ヨメさん曰く、古くなったニラのキムチも入れちゃったら?ですと。それを入れたら塩っぱくなると思ったのですが、女帝の言うままに・・・。

これが大正解で、スープを飲むと「鍋の後のスープ」みたいな濃くて複雑でなんとも言えない味になっていました。キムチに入っているアミ(海産物)や大量の化学調味料がうまく効いたのでしょう。(笑)

これを小鍋に移し、野菜を入れて煮立てたら完成~~~。あとは上に唐辛子をのせるだけ。

RX1R-06282

美味しい~~~~~~。スープがメチャうまだし、中を探すとトロンとしたアキレス腱にそこそこ噛みごたえと味もしっかり残っている美味しいカルビ。\(^o^)/

ヨメさんが食べたところ、「うっ」っていうんですよ。こんなに美味しいのに「ガーリックが効きすぎ~~~」ですと。

おいおい、これ韓国料理のつもりだし、ガーリックはそんなに入れてないし、私はガーリックはもっと入れても良いと思うくらい。ああああ、キムチにもガーリックが入っているかぁ。orz

やっぱり和食好きのヨメさんには私の好みは「野蛮」なのだそうです。ヨメさんと肉骨茶を食べに行ったことはないけれど、ヨメさんはあれは嫌いなタイプだと思う。

ふんっ。どうせ私は野蛮な肉食系ですよっ。

でも私も息子も美味しいと思うのでOK。

このスープにご飯を入れて食べても美味しかった~~~~~。

しかし、こんな料理は韓国料理にあるんだろうか。

もしこれと同じようなのがお店にあったら私は嬉しいんだけどなぁ。

これを韓国人に食べさせたらなんて言うんだろうか。「うっ」だったりして? (笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

野蛮なユッケジャンスープを作ってみた” への9件のコメント

  1. 初コメです。本当に器用に何でも作っちゃうんですね。
    DABOさんの料理記事を見ると、毎回ものすごい食欲に襲われます。
    私は韓国に長年住んでいた経験がありながらも作り方をまったく知りませんが、
    見た目(色やコクのありそうな感じ)にはかなり近いように思います。

    時折無性に韓国の家庭料理が食べたくなるときがあるのですが、
    日本の韓国料理屋では同じ味はなかなか味わえないんですよね…

    DABOさんのユッケジャン、食べたいです(笑)

    • 八さん、いらっしゃいませ~。

      韓国の家庭料理ですかぁ。私は逆にそれを食べたことがないのでどんな感じなのかヒジョーに興味があります。

      私が行く韓国料理屋は高級店でもないし、料理にコストを掛けているはずがないんですね。だから「本物」はこれとは違うんだろうなぁなんていつも思いながら食べています。と同時に、自分の好みとは若干ずれているのをいつも感じるんです。

      そういう意味では自分が作る韓国料理風(笑)の方が好きなだけコストも掛けられますし、味付けも同様で、「これの方が美味しいんじゃね?」みたいに思うこともしばしば。

      実はですねぇ、今回作ったユッケジャン風スープですが、これに「納豆」を入れようと思ったんですよ。私は納豆チゲが好きなんですが、外で食べる納豆チゲは味は良いのに「内容物」がそれなりでストレスがたまります。つまり、納豆チゲにいろいろ入れたら私の理想の物ができるかもしれない。

      でもヨメさんは納豆を入れると怒るんですよ~~。

      八さんに是非私のユッケジャン風を試食してもらいたいです。「うっ」っていうのかどうか・・・・ (笑)

  2. 納豆チゲがお好きとは、またまたツウですね~(笑)
    あれはニオイが普通の納豆とは比較にならないほど強烈なので、
    奥様が嫌がられるのも無理ないと思います。
    食わず嫌いの人も多いけど、好きな人はとことん好きな食べ物ですよね。

    私が食べたいものと言っても、ハム(スパム)をジョンにしたり、
    それこそタニシ(?)の入った味噌チゲなど、ごくごく庶民的なものです。
    もしかすると、日本で食べる韓国風料理よりは、
    DABOさんが通われている韓国料理屋のほうが
    私の求めている味に近いのかもしれません。
    何せ、学食で出てくるようなやっす~い味が好みですから(笑)

    今後も、DABOさん流韓国料理記事、期待しています!
    それに限らず、ちょくちょくお邪魔させてください^^

    • 納豆チゲって最高だと思うんですよ。コクがあって・・・

      納豆の量を調節すれば、それこそ中華で使う豆鼓と同じで隠し味としてかなり良いはずなんですね。いつか中華料理で豆鼓の代わりに納豆を使って実験してみるつもりですが。(笑)

      はーーい、いつでも遊びに来てください。またコメントは大歓迎です。

  3. 韓国館でランチを食べたんです。
    暑いから、冷麺を食べるつもりで行ったんですが、店内は冷房が効いていたので、
    スープのランチセットにしました。
    カルビスープです。大きなどんぶりにいっぱいの白いスープでした。
    中には、出し殻になったようなカルビと春雨みたいなものが入っていて、
    卵でとじていました。
    これに、豚カルビと付け合わせ4種がついて15ドルでしたから、
    バリューはありました。スープは塩味でそれなりにおいしかったです。
    でも、きっとdaboさんのユッケジャンスープには敵わないでしょう。

    • 韓国館ですかぁ、懐かしい~~。もう7,8年行ってないかなぁ。

      カルビスープ、大体想像が付きますが、それが普通ですよね。

      でも自分で作るととんでもなく美味しいのが作れます。ちりとてさんは料理が得意ですが韓国料理は作ります?

      私はユーチューブでレシピを見るのが好きなのですが、韓国人の牛骨からスープを取るやり方を見て、ああ、これが普通なんだと思ったし、やってみたらとんでもなく美味しいし、それは洋食でも何でも同じなんだってアタリマエのことに気が付きました。(笑)

      ベトナムのフォーも同じで、うちのヨメさんはいくら料理が好きと言っても骨からスープを取るのを私は見たことがなくて、我が家ではせいぜい肉+野菜を煮込むカレーやシチューの延長でしかありませんでした。

      でも考えてみれば、洋食のレシピも骨はよく使うし、これを我が家は知らなかった、しなかったのは大きな損失だと思ったくらいです。この何十年、損したような気分。(笑)

      オマケに「動物系出汁の素」がまさかアーティフィシャルのものが普通だったなんて知らずに使っていましたし、なんだか世の中のコマーシャリズムにうまく乗せられていたと悔しい思いさえしています。

      でもお店では、本来のトラディショナルな作り方なんかしたら全く採算が合わないんでしょうね~。

  4. あれ?一回前のコメントが入ってないですね。
    韓国料理、作りますよ。
    ジョン・キョンファさんの「きょうも、おいしかったね」という料理本をバイブルにして。
    壊れるまで使って、絶版になっていたため、中古を通販で買って使い続けています。
    こちらで手に入るお材料で作れる料理が多いので重宝しています。

    わたしの料理は、手も時間もあまりかけないで何品も作る、というものなので、
    daboさんのように、手も時間もかけて丁寧に一品を作るというものではないです。
    主婦の料理は、毎日やらなくてはいけないものだし、
    また、家族の健康を考えてバランス良く、
    洗い物も考えて食器洗い機に入りきるもの、
    数品が、同時に目標食事開始時間にそろうもの、
    (主人はわたしが座るまで食べ始めてくれないので)
    といった条件をクリアして作ろうと思うと、なかなか凝った物はできません。

    ただ冬場は、鶏がらからスープを作っていたのですが、
    ここ数年、ウールワースでもコールズでも鶏ガラをみかけなくなりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *