涙がでるほど感激した~~~

ネットでいつものようにニュースを見ていたのですが、こんなのが目に止まりました。「サラリーマンが自転車で南極点に到達した」というニュース。冒険家でもなんでも無くて「自分がどこまで出来るのか試したかった」と。南極点ですよ、あの南極大陸の。

ま、それはそれで凄いんですが、このニュースを見ていたら胸がジーンとしてきたんですよ。涙まで出てきた。自分でも「どうしたんだ?俺」みたいな。

ニュースはこれ。

神戸の会社員 自転車で「南極点」到達し無事帰国 (THE PAGE) – Yahoo!ニュース

気が付きました。私はこのニュースに感動したのではなくて、このBGMに感動したのだと。

あらためて目を閉じてこの曲だけ聞いていたら泣けてきました。今の俺は本当の俺じゃないと。

「このままでは、終われない。まだ夢の途中、諦めない」と・・・・・・。

自分の人生って生きるのに忙しくて、そして結婚して子供が出来て、いつかオーストラリアに渡りその子どもたちもちゃんと成人して、フト気がついたらとんでもないジジーになっていた。そして60を過ぎて自分の人生の終わりも見えてきて、退職者としてどう生きるかとか、最後はどうするのかとか、世間を見渡して「自分の年齢にあった生き方」を探すようになっていました。そしてそれが「当たり前」だと。

でもこの曲を聞いた時に頭を思いっきり叩かれたような気がしたんです。これが俺が夢見た人生か?と。

私の人生の転機って18才、大学1年の時でした。それまでは「息苦しい日本で、他人の目を気にして、言いたいことも言わず、本音と建前をうまく使い分けて生きる」こと、それが人生だと思っていたんですよ。ところがひょんなキッカケでグアムに語学短期留学をした時にグアム人と触れ合い彼らの生活の中に入りました。そもそもそれが初めての外国だったわけですが、私が受けた衝撃は半端じゃありませんでした。「全然、日本と違うじゃん」って。(笑)

それからグアムに入り浸るようになり、「日本人的な生き方を放棄する」「自分の夢は絶対に実現させる」と心に誓ったんです。

でもま、生きるのは大変で、あの当時持っていた「爆発するような夢」と「怖くなるほどの将来の不安」の葛藤の中でいつしか夢も忘れ、また不安を消すために頑張ってきたわけですが、気がつけば「あの当時の自分はいなくなっていた」のは間違いがない。

この歌がそれを気づかせてくれました。「このままでは、終われない。まだ夢の途中、諦めない」と。

いつの頃からか、歳をとったら普通に、こぢんまりと生きること、そして静かに消えていくのが当たり前だと思っていた。そんなはずじゃなかったのに。

でもまだ救いはあると思いました。そもそもオーストラリアからマレーシアに拠点を変えることを思い立ったということ自体、何か自分の奥底にくすぶるものがあったからだろうと。

私達がマレーシア行きを決めたのは「経済難民だから」と何度もこのブログに書いてきました。でももちろんそれは「経費節減」でもなければ「ご褒美人生」として好きなことをしたいわけでもなくて、「復活」を狙ったからであって、その復活を自分の子供、子孫に繋げたいからであるのは間違いがない。

もう経済難民だみたなバカな言い方はやめようと思います。

マレーシアに行くのはあの若き日に心に誓った夢を実現するためだと、自分の中ではっきりさせるべきだと思いました。

このままでは、終われない まだ夢の途中、諦めない

掴めそうで掴めない苛立ちに襲われて

見えもしない未来ばかり 眺めてた

フト頭に浮かんだ 共に涙したあの日が

忘れかけてた 悔しさを溢れ出させる

言葉に出来なくて ただ泣き崩れてた

だけど今なら自分に負けない 何度でも歩みだそう

夢に敗れたその痛みが いつか強さに変わるから

今の涙を忘れないで 胸の奥に大切にしまっておこう

あれから何年経つかのかわからないけれど

想像もできなかった未来に今向かっている

・・・・・・・・・

これから自分の歳を聞かれたら18歳と言おうと思うし、自分でもそう思おうと思います。実際に鏡に写る自分は年寄りだけれど中身は子供みたいだし。(笑)

頭もボケて身体も思うように動かなくなってきたけれど、それはそういう病気にでも掛かったのだと思うべきで、障害を持ちながら一生懸命生きる人たちは多い。私もその仲間に入れてもらおうかと。

「このままでは、終われない。まだ夢の途中、諦めない」

今日から18歳。まだまさ先は長い。時間もたっぷりある。頑張るぞ~~~~~!!夢の中で夢を追いかけてどんどん先に進む自分を現実の私が追いかけないと~~。絶対に捕まえてやる。待ってろよ~、18歳の俺。(笑)

ところでこの歌の詳細がわからないんですよ。歌っているのはLikalife(リカライフ)というグループらしいのだけれど、曲名もわからない。どなたかご存じないですか?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

涙がでるほど感激した~~~” への7件のコメント

  1. はじめまして。
    私もこの曲を聴いて涙が出てしまいました。
    このまま漫然と老後を迎えるのか、と思っていたのですが、
    目が覚めた感じがしました。
    いい曲を教えてくださり、ありがとうございます。
    調べたらLIKALIFE 夢路という曲のようです。
    では失礼いたします。

    • snowさん、いらっしゃいませ~。

      ですよね。忘れていた大事なものを思い出させてくれた思いがします。

      snowさんがどこにお住まいのどんな方かもわかりませんが、同じ感動を共有できたことが嬉しいと思いました。

      どうも有難うございます。

  2. こんにちはdaboさん.私はこの曲を聴いてサイモン&ガーファンクルの”明日に架ける橋”を思い出しました。友人、仕事、家族、若い頃は立場も環境も違いますから、歳を重ねた今とは、受け取り方も行動も違いますが、涙もろくなるようですね。
    イーグルのグレン フライが亡くなったのはショックでした。

    • あはは、歳を取ると涙もろくなりますね~~。

      ただ悲しみには結構耐性が出来るような気がするんですが、小さな喜びに大きく反応するみたい。

      今回は、若き日の自分に出会えたようで、なんとも言えない気持ちになりました。あの若い自分が私に向かって微笑んでいるような気がします。追いつかないと~~~~~。(笑)

      この曲を何度も聞いて、昔を、歩んだ道を思い出していたのですが、この曲も思い出しました。中島みゆきの「地上の星」。なんだかやる気がメラメラと燃え上がってきて、いまだかつて夢想したことさえないような大きな夢に向っていこうと・・・・。

      サイモンとガーファンクル、イーグルスは私はほとんど聞きませんでした。有名な曲が掛かっているのを通りすがりに聞く程度。私はなぜかヘビメタ(今でも 笑)としんみりしたジャズボーカルが好きで・・・。うーむ、ソウルも好きだしわけわからず。^^

  3. 人はいつまで歩み続けるのでしょうね。
    daboさん、しなやかでみずみずしい心をお持ち続けていらっしゃいますね。
    赤ちゃんの瞳を覗きこんで感動しますよね。私も人生の最晩節に差し掛かって、そのように感じる心を失わないように生きたいですね。
    中島みゆきさんいいですね。「地上の星」のanswere songのようですが。どうでしょう。
    中島みゆきi ♪ヘッドライト・テールライト[STUDIO LIVE]【HD】
    人は永遠に旅を持続するんでしょうか。人生には限りがあるのに不思議ですね.
    中島みゆき ♪宙 船 (そらふね)[最高最強のデュオ]【HD】

    • やっぱり世の中って年齢でいろいろ決めるようになっていて、歳を取れば退職して老後は・・・みたいな「レール」が敷かれている。

      でも鏡に写る自分って「そんなの関係ないね」って顔をしてる。(笑)

      ま、歳を忘れて内なる自分の声を聞きながら生きようと思います。

      中島みゆきの宇船って知りませんでした。いい歌ですね。

      あのプロジェクトXの主題曲に地上の星が使われていましたが、中島みゆきってやっぱり凄いですねぇ。上辺の元気じゃなくて、腹の底からやる気が出てきます。

      • はい、私もそう思います。彼女は演出家としても、パフォーマーとしても一流ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です