健康:常識の嘘・現代医療の間違い

世の中には常識と言われていることでも科学的には全く関係がないとか、かつては医学会の常識も近年それが覆されているとか常に変化があるわけですが、我々一般はそんなことはわからず、常識と言われるわけのわからないものにいつまでも囚われている感じがします。

そういうのを「おかしいぞ」と指摘してくれる点で、武田邦彦教授は私にとって凝り固まった頭を柔軟にしてくれる非常に大事な人です。学会でもマスコミの中でも異端児扱いされている武田教授ですが、私にしてみると「利権を壊す人」だからだと思っています。でも論理的な彼の話を聞くと納得してしまうことが多い。

今回は健康の話ですが、彼が日頃言っている

◯ 血圧は高くても問題ない。
◯ 塩分を摂り過ぎると高血圧になるのはウソ
◯ コレステロール値は高くても大丈夫

に関してです。私自身、高血圧、コレステロールを下げる薬を飲んでいまして、掛かり付けの医者は血圧を下げろ、コレステロール値がこのままだと死ぬぞと脅かします。(笑)

ただ、塩分を摂り過ぎると高血圧になるという話は1995年ごろに決着がついて、塩分は関係ないということになっているらしいですが、血圧が高くても大丈夫という話は出てこない。でも武田教授も「高くても良い」というより、血圧が高いと脳疾患などが増える。でも血圧が低いと癌の罹患率があがるということらしい。

コレステロールに関しても、最近は「卵」は問題がないという医者も増えてきましたし、コレステロールそのものを摂ってもコレステロール値が上がるわけではないというのも広まってきた。

でも武田教授が言う「コレステロール値が高くても大丈夫」ということに関しての理論的裏付けは聞いたことがありませんでした。

武田教授は毎週月曜日にネット放送局である「虎ノ門ニュース8時入り」に出ていますが、その中で説明がありました。

これは2時間半の動画で、その「健康のウソ」に関しては1:04からです。そこから見れるように設定しましたが、表示されるまでに若干時間がかかります。

彼は「データ」を重要視する人ですが、ではそのデータは正しいのかという疑問が残ります。でも武田教授は自分の理論に固執する人ではなく、そのデータはおかしいと指摘するとそれにちゃんと対応してくれるのでやっぱりたいしたもんだと思っています。とりあえず、この話は面白いと思います。

またこの健康の話の次に「地震」の話が続きますがこれも面白い。

武田教授は原発関連でも独自の立場を取る人で、また歴史認識に関しても非常に面白い考え方を持っていて、なるほど~~と思うことばかり。

私は月曜日のこの虎ノ門ニュースが楽しみです。これだけ長い時間を使って武田教授の話をじっくり聞ける機会は非常に少なく、私は非常に嬉しい。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

健康:常識の嘘・現代医療の間違い” への6件のコメント

  1. コレステロールに関してはここの意見が冷静な反応かなと
    http://www.kenkozaidan.or.jp/health/2010/11/post-48.html
    塩分と高血圧については塩の研究者によれば
    http://www.siojoho.com/s05/
    ですが、この人は塩分と血圧は一部の病気の人以外関係ないだろうというスタンスですね
    もう少し塩に悲観的なのでは6号通り診療所の
    http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2013-04-04
    こんなのがあります
    でも結論が出てるとか関係ないと言い切るのは危険ですね
    信じちゃう人がいますから
    それこそこの人が言うところの殺人ですよね
    この武田という人は昔から信じられないほどうさんくさく、いちいち発言がブーメラン。
    専門家は影響力があるから責任があるとかいいながら自分は怪しげな話をペラペラしてしまって、
    放射能関係ではほんのわずかでもヤバいから科学者の合意を守れとかいいながら自分は温暖化問題とか科学者の合意を無視してどんどん温暖化させろと言ってたり
    というかタバコを吸っても肺がんにならないとか言ってて、その主張自体ひどいデータをもとにしたものだけど、
    そもそもタバコに放射性物質入ってますからね。
    タバコの放射能はいい放射能(笑)
    そういうところがあるから異端児なのかなと。

    • 武田教授の話をちゃんと聞いたことがないでしょ?

      彼のキャッチだけを聞いて彼の言うことを判断すると勘違いする。

      そんなことはわかって彼の話を聞かないと駄目なんですよ。そして物事は見方を変えるだけで違ったものが見えてくるという、他にも見方がいろいろあるんだという点で彼の存在価値があるんだと私は思ってます。

      言葉尻をつかまえて白黒つける問題じゃないってこと。

      彼に反論があるなら彼にぶつけてみると面白いですよ。ちゃんと返事が返ってきますから。

      Hさんてやっぱり権威好きみたいですねぇ。教科書や科学者の合意を正しいという前提で世の中を見ているんですか?ま、それが普通なんでしょうが・・・。

  2. こんにちは。
    たまーに、誤植などを指摘したことのあるsaburooです。

    私は、歴史のことなどに関して、岩波新書・中公新書などが好きな人間なので、「右寄り」のdaboさんの話には賛成できないのですが、まあ、それはちょっと置いておいて、、、。

    科学の話ですが、この武田という人は私もだめだと思います。
    私は、こういうへそ曲がり、権威に反対する人は好きなほうなので、かなり前に興味を持って武田の本を読んだのですが、だめだと思いました。

    言っていることが間違っているかどうかという話ではなくて、彼は「ごまかす」人だからです。

    科学でも、経済その他の話でも、「間違ったことを言う」ということ自体は、誰にでもあることです。ニュートンでも、アインシュタインでも。ある時にその人が発表した説が、のちに間違いだとわかる。そんなことはありふれたことで、また、それが科学というものです。

    大事なのは、自分が過去に言ったこと、自説が間違っていたとわかった時、それをきちんと認め、なぜ間違ったかを理解し、次にさらによい説を出すことです。
    そこで、自分のまちがいをうやむやにごまかしてはいけないのです。

    この武田という人は、自分の言ったことが間違いだとわかった時、それを言わなかったかのようにごまかしたのです。彼のある本と、その改訂版を比べてみたら、他の人に厳しく批判された部分を単に(初めからなかったかのように)削っただけで、自分の誤りについては「ほっかむり」でした。間違ったことを認めず、あくまで自分が常に正しいかのように書き続けていました。それを読んで、私は失望しました。

    まあ、そういうことは政治やその他のことではよくあることですが、科学者がそれをやったら、もう相手にされません。
    科学者というのは、10の説を立てたとしたら、そのうちの1つか2つがただしければ、立派なものです。
    科学では、一度正しいことが確認されれば、その説は永遠に残るわけですから。
    ですから、逆に、間違った時はその間違いを認め、はっきり撤回することが必要です。そんなことは言わなかったかのような顔をしてはいけません。
    彼は、「異端」なのではなく、もう科学者としては認められていないと言っていいのではないかと思います。説が正しいかどうかではなく、その辺の「議論のしかた」がもう科学者ではないのです。

    確かに、頭の回転は速いようで、一部のマスコミには重宝されるでしょうが、科学のわかる人はもう相手にしないと思います。

    daboさんも、ちょっとそういう目で彼の言うことを読み直してみるといいかと思います。

    • 彼の何を見るかの違いだと思います。

      私も彼の言うことを全部正しいなんて思っていません。彼の好きなダイオキシンは無害の話にしてもそうですが。

      ただ私は重箱の隅をつつくように彼のいうことをチェックし、科学者としてどうかという見方はしていないんです。極論を言うと、彼の言うことが間違いであっても彼の「発想力」とでもいうのでしょうか、私はそこに魅力を感じているということ。

      一つ一つがあっているとか間違っているとかじゃないんです。「視点を変えるとまるで違って見える」ということを彼の話を聞いているといつも感じることで、私もその発想力を欲しいといつも思っています。誰しもいろいろ問題を抱えていますが、私は「彼だったらこれをどう考えるだろう」と考えるのが好きです。

      一般的には自分の考えをより正確なものとして発展させt利、きっちり確立させた考えを持とうと思うのが普通だろうと思います。でも以前書いたことがありますが、私は「自分を壊すこと」「私を壊してくれる力」に魅力を感じるのです。

      私の右傾した考え方を根本的に壊してくれる人を私は常に求めています。同じような思想を持った者と一緒になって盛り上がりたいなんてことは全く考えておらず、それは時間の無駄だと思うくらい。でもいつも書いている通り、私を左に引っ張っていくほどの説得力がある話し、人には出会ったことがないのです。私にしてみると「武田流左翼のすすめ」を聞いてみたい。これは本当にそう思っていて、もし許されることなら、彼に左翼の立場に立って左傾した考え方をいかに正当化するのかを聞いてみたいくらいです。
      歴史認識に関しても彼は門外漢のはずなのにいろいろ発言しますが、それもそれ自体が合っているかどうかではなくて、考え方、見方一つで随分違ってくるということにいつも気付かされますし、そういう自由な考え方が出来る武田氏に魅力を感じているのです。

      彼はへそ曲がりであるのは確かでしょう。私もへそ曲がりですが、彼に比べたら足元にも及びません。そして私はできることなら彼のようなへそ曲がりになりたいのです。

      何が正しい、間違えかとか、彼が科学者としてどうかとかそんなことは私にはどうでもよいのです。私の脳みそを揺さぶるだけの発想力があるのかないのか、それが私にとっての武田氏の魅力。

      自分自身の世界で、考え、判断しなければならないことがたくさんありますが、自分で自分を超えるのは非常に難しいのが自覚できます。でも彼の程の発想力があれば違う見方を自分の中でどんどん生むことが出来きるということ。

      ディベートの世界とそれはつながっていて、日本人はディベートが下手だと言われるのは「持論に固執する」ことが多いから。ましてや逆の立場でそれを擁護する練習なんか普通しませんので、彼のような柔軟なものの見方が出来る自分でありたいといつも思うのです。私は右に傾いた思想を持っていますが、それでも左の思想を理解しようと努力もしますが、そういう時こそ、彼の発想力が必要だと思うのです。細かいことに固執していると反対の考え方を自分の中に取り入れて吟味することが出来ませんから。

      もし私が若いころに武田氏と会って、彼の下で学ぶことが出来たら随分違った人生になっていただろうと思うくらいです。彼の言うことが正しいとか間違えているとかじゃないんです。ああいう思考回路を欲しいと言うこと。

      でもそれはごまかしがうまいとかそういう意味ではありません。

      私は商人の出ですし、常に金儲けのことを考えて生きてきました。金が儲かればなんでもするってことではなくて、私は詐欺師の中に勉強になるものがあると昔から考えていました。でもそういうことをいうと、詐欺師から何を学ぶのかと糞真面目な人はびっくりするようですが、詐欺師ほど「自分を売り込む天才的能力」「相手の心のヒダに入り込む能力」「ソノ気にさせる能力」が優れている人たちはいない。その能力をまじめに使うか他人を陥れることに使うかの違いがあるだけで、彼らの基本的能力は凄いものがある。これはコンピュータのハッカーと同じようなものですが、私はその能力そのものが気になるのです。

      武田氏も同じで、彼が科学者としてどうか、言っている内容が正しいのかどうかは別問題です。でも彼が提起する「違う見方」が普通ではないと感じるわけです。でもきっとその能力を彼は自分の都合の良いようにつかっているのかもしれませんね。詐欺師、ハッカーと同じなのかもしれません。でも私にはそれは彼の問題であって、私はその事自体には何の価値も見出していないのです。彼の話を聞いていると、固定観念が壊れていくのが自覚できます。私はそこに魅力を感じているのです。今回書いたことにしてもそうで、何が真実かなんてのは私にはわからない。でもこういう考え方があることを知るのが重要だと思うのです。それを聞いて、自分がどう思うかはその人の勝手で、私がそれに対してどうこう言ったり、真実はこれだ!なんて議論をしようとも思っていません。

      また貴方がどれほど武田氏の話を検証したかわかりませんが、いくつかの彼のミスを見つけて、それで彼の全てを否定するような考え方ってどうなんですか?私はそれこそ問題があると思うし、私が左翼が嫌いなのはまさにそういう手法をいつも取るから。あの人は駄目な人なんだから、いうことを信用しちゃ駄目!みたいな。私としては彼の話の内、半分はウソ、間違いでも良いんですよ。ああいう柔軟な考え方が出来るようでありたいと思うだけで、内容はどうでも良いんです。内容に関してはそれぞれが自分の責任において考えれば良いことで、私としては「こういう考え方がある」とこのブログでも出すことに意味があると思っています。日教組みたいに「こうであるべき」なんてことは絶対にしません。(笑)

  3. 私も、この前、健康診断で初めてコレステロール値が異常となってしまって、武田邦彦氏のブログ読んでなかったら、右往左往したかもしれません。

    まあ、確かにおデブになってるので、暴飲暴食は控えようとは思ってますが。。
    (彼の「野生動物に肥満はない」という言葉に、赤面してしまいました、そういえば、上野動物園こども園にはすごく肥満の山羊がいて飼育員が勝手に餌あげる観光客と山羊を叱責してました)

    武田邦彦氏は原発事故関係の時、初めて知って、講演会も数回いきました。火山学者の早川由紀夫教授(実際に放射性物質を計測して汚染マップを作成)と一緒の講演会もあり、かなり参考になるお話が多く。。
    で、こういうこと書くと、当時は「武田信者、放射脳」と揶揄されて大変でした。
    子供達(何処の誰の子でも)を大人が何とか守ってあげよう情報交換するのが、そんなに許されないことなのかな、、。
    。私が実際に彼の書いてることやお話を聞いた範囲では、「未来を生きる子供たちへの思い、健やかに生きて欲しい、そのためにどうリスクを避けるか」を感じました。原発事故に怯える子育て中の親にできるだけ正確な情報提供をして。講演料も安く、飲み水、食べ物の注意など発信してて、、東京放棄を呼びかける反原発学者さんの言葉に動揺してパニックになった人もいますが、「原子炉の状況から、そこまでしなくて大丈夫です」という彼のコラムで落ち着いたり。。中傷が多くても、ずっとニコニコ、子供たちの健康を願って情報を発信してくれたこと感謝してます。
    私も、水や食料で、内部被曝するとか、被曝は蓄積されるとか、知らなかったことがいっぱいありました。

    一度講演会で、彼が喫煙を推奨してるということで、そこに噛みついてる父親もいましたが、激昂せずに、ちゃんと応対してました。

    科学のご専門家の方から見て「科学者でない議論」をなさるかどうかは、科学者でない私にはわからないのですが、、武田氏のいう、リサイクルの嘘とか、へーとか思うことありました。目から鱗というか、違う発想のお話は、私も面白いなと思います。

    詐欺師といえば、先日、本物の詐欺師に会ったことがあるという方に、どういう人だったのか聞いたら、おとなしそうな優男?だったそうです。。
    プロって凄いんでしょうねえ、、でも実際被害にはあいたくないなー

    • 私が武田教授の話をちゃんと聞こうと思ったのは原発事故の時でした。その前から存在は知っていましたが、変わった人だなぁ・・と思う程度。

      原発関連の話を聞く限りでは、私は彼の主張は筋が通っているし、まさに権威ある学者がいかにいい加減に話をそらすか、そしてそれの裏には政府や自治体、東電との繋がりも見えて本当にうんざりしたものです。

      科学者としてどうかは専門の人に任せるしかありませんが、それとてもう我々だって権威のある人達がいかに自己保身に走るかはもう嫌というほどみていますから、権威があることが「嘘をいう理由」にもなっているようにさえ感じます。(笑)

      また学者も学会や学閥のしがらみがあるのは良くわかりますし、そういう意味でも武田教授の自由な発想力が光るのだと思います。内容がどうのとそれに拘る人も多いのでしょうが、自分を疑うことさえできず、自説に固執する人が多い中、彼の発想は凝り固まった私の頭を柔らかくしてくれるので私は本当に彼には感謝をしているぐらいです。

      人間にとって一番重要なのは知識の量やそれの正確さではなくて、ああいう発想力だと思っています。言葉を変えればProblem solving能力ですが、彼の発想力があれば多くのことは解決できると思っています。

      ただ問題は、知識は勉強すればどうにかなりますが、あの発想力、視点を得るのは簡単ではないってこと。困りましたねぇ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *