フォーが美味しい~~~~

今日の朝に何時間も掛けて作ったフォー用のスープですが、美味しいものの自分が考えていたものとちょっと違ってがっかりしていました。こんなことまでして作る必要はないんじゃないかと。

でもま、フォーを作って皆で食べることに。

まずフォーボー(牛のフォー)で必要なのは生肉。シャブシャブ用の薄切り肉で、霜降りではなくて赤身のほうが(なぜか)美味しい。メルボルンで東南アジア人みたいな生活を6年間していた長男に言わすと、生肉をそのまま麺の上に広げて、熱いスープを掛けるのが良いと言いますが、せっかく家で食べるのですから肉もケチケチしたくないわけですよ。でもごっそり生肉を入れたら熱々のスープを入れても肉は生煮え、スープは冷めてしまう。

また麺ですが、普通は米麺の平たいものが多いですが(チャークェイチャオで使うようなの)、私はチャークェイチャォは大好物ですが汁物にはあの麺は合わないと思うんですよ。まだ緑豆春雨のほうが良いと思うくらい。でも米麺を使うのが一つのお約束みたいですし、一番細い米麺を今日は使うことにしました。

でも問題があります。麺は乾燥麺ですが、普通にお湯で茹でてサッパリ目のスープに入れればどうしたって味は薄くなる。でもスープで茹でるのは勿体無い。ということで裏ワザ。韓国人の家庭ではこれがないと始まらないみたいな調味料があるんですね。牛出汁の素みたいなやつ。これで簡易牛スープを作ります。でもこれをフォーのスープに混ぜてはいけない。

この牛出汁の素は2種類あって、これはスープ用。もう一つは肉料理に使うもの。韓国焼肉屋に行くと、これの粉末を肉に掛けて強烈な味にしているところもあるのね。

RX1R-06156

このスープで牛肉スライスをシャブシャブし、若干の火は通す。麺もそのスープで茹でる。乾麺ですからそのスープを吸って味のある麺となる。このままでは大して美味しいスープじゃないですが、麺に若干の牛スープ味が付いていたほうがベター。

出来上がりはこれ。これでも牛スライスは150グラムぐらい入っています。

RX1R-06153

野菜は今日はモヤシだけで、熱湯にくぐらせ冷水で冷やしておいたもの。シャキシャキ感がないとフォーは美味しくないんですよね。それに赤唐辛子と絶対必要なコリアンダー。そしてソースはホイシンジャン(海鮮醤)とチリソース。

極細の米麺(いわゆるビーフン)も美味しかった~~。この方がサッパリ味のスープの絡みも良いし。

RX1R-06155

海鮮醤とチリソースにつけて食べる牛のシャブシャブもなんとも言えず美味しいと思います。

やっぱり作ってよかった~~~。

フォーなんて外で安くいくらでも食べられるのに・・っていつも作りながら思っているんですが、やっぱり自分の家で作れば安心安全な素材を使って、何をどう使うのかも勝手。特に牛シャブシャブは美味しいと思うし、これは安い肉で、日本風シャブシャブだと悲しくなるものの、霜降り肉をフォーに使うとオェってなるのね。スープも出来立ての状態で若干の油が浮いていましたが、これを綺麗にとったほうが美味しいのがわかりました。

いいわーこれ。ヨメさんが、もう肉はないのー?と騒いでおります。そうなるだろうと思って、もう1パック買ってきたし解凍中。長男は長男でスープだけ入った丼を持ってウロウロ。何やってんだよと聞いたら、おかわりが・・・ですと。(笑)

麺を食べるフォーではなくて、シャブシャブをメインにしてみたら面白いんじゃないですかね。その案は以前ヨメさんから出ていましたが、やる価値は大きそうです。どうせなら、きっちり牛骨からスープも取ってちゃんとやりたい。そして出来ることなら和牛の赤身肉。うーむ、ないだろうなぁそんなの。野菜も匂いが強いものは避けて何種類か用意して・・。

楽しみが増えた。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

フォーが美味しい~~~~” への2件のコメント

    • へーー、そういう牛がいるんですか。

      まぁ、輸出されることがあってもそれを手に入れるのはほぼ不可能でしょうし、そもそもかなり特殊なものにかなり特別なお金を払う層ってごくごく一部なわけで、海外市場では見ることさえも不可能でしょうね~。

      オーストラリアにいると日本的な「美味しいことは良いことだ」という大前提自体が「日本独特」であるのに気が付きます。こちらで重視されるのは「安心安全」であって次に「価格」。美味しさを求めるのは限られた富裕層でしか無いって感じがします。

      この食に関する差って恐ろしいものがあって、私が友人宅のBBQパーティに招待された時に、そこにあるイタリアンレストラン(決して無名ではない)のシェフが来ていたんですよ。で、スパゲティを食べようという話になって、そのシェフがスパゲティを茹でたのを見て「驚愕」と言って良いほど驚きました。

      それなりの人数分を茹でなくてはならなかったわけですが、鍋にお湯を沸かせてそこに目一杯スパゲティを突っ込みまして、なおかつ「これじゃ足りないなぁ」と茹でている途中に乾麺を追加でいれたんですよ。

      こんなことは日本では貧乏学生でもやらないでしょ。

      シドニーのインターコンチネンタルホテルで、我々としてこんな高いビュッフェは初めてみたいな食事をした時ですが、あまりの不味さに皆で顔を見合わせてしまったことがあります。素材は良いのを使っているのはわかるんですが、海産物でもどうやったらここまで味が抜けるんだ?みたいな調理をする。

      オーストラリア産の和牛もかつては「かなり」美味しかったのですが、近年味が落ちていると感じます。

      味に対する感覚が根本的に違うんでしょうね。

      だから日本から何か輸出しようと思っても、ピンポイントで需要を狙わないかぎり失敗するはず。当然、それは我々の目に触れることもない市場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *