親子ってやっぱり似るんですねぇ。食べ物に関してですが・・

今日は大晦日。さてどこで何を食べるか。って毎日それなりに贅沢な食事をしていますのでこれと言って食べたいものもなし。

あのエビを思う存分食べたい・・と子どもたちが言い出しました。あのエビってチッタモールにあるユニークシーフードの蒸しエビ。わかるんだなぁ、その気持が。家族4人とも思いは同じ。(笑)

ということでどこにでも行くところはあるだろうに再びチッタモールへ。今回の滞在中だけで3度め。

そして蒸しエビ。本当にこのエビは美味しい。ゴールドコーストのエビでこれが作れたら良いのに・・・。

DSC_0089_R

それと子どもたちが是非食べてみたいというミル貝。これってKLやニュージーランドで何度か食べましたが、やっぱり火を入れると美味しくないんですよね。刺し身ならかな~~りイケるはず。

でもこういう店の活ミル貝だとしても大丈夫か?貝であたると怖いぞ~~~、なんて話をしながら、どれだけ怖いか経験するのも楽しみのうちという馬鹿な話になってミル貝の刺し身を注文。

DSC_0082_R

美味しかった~~~~~~~~~。やっぱり刺し身が一番。

リスクはあってもそのリスクを前向きにとってみようと決心したものだけが得られる喜び。(笑)

いや、本当に美味しかったです。身の真ん中の方はコリコリしてまさにあのミル貝そのものですし、根本に近いところは色が黒っぽく、身は柔らかいのですが、噛めば噛むほど貝の味が出てくる。至福の一瞬・・・・。

その後、両親のコンドに行っていろいろダベって夕方にはホテルへ。

パビリオンをウロウロして買い物をしたらもう夕ご飯の時間。

お腹空いていないよねぇ。なんて話しつつ、食べないわけにもいかないのでどうしようかと・・・・。

「鼎泰豊でもいいよ?」と誰かの一言。

「だねぇ、鼎泰豊でも良いし・・」とそれに続く。

ここで反対意見が出ないのが我が家の面白いところで、2日連続で鼎泰豊へ。

相変わらず混んでいました。約20分待ち。

でも本当に美味しいこの小籠包。飽きません。

DSC_0091_R

そして肉まん。

DSC_0092_R

その他いろいろ食べてから最後に、肉まんを6個、おみやにしましたが、蒸したのと蒸していないのを頼めるのね。蒸していないものを頼もうかと思ったのですが、ホテルの部屋でちゃんと蒸せるかどうかもわからず、最悪の場合は「チン」でも大丈夫なようにと蒸してあるものを注文。これが明日の朝ごはんになるはず。

その後は皆がバラバラになり、それぞれが再び買い物。

でももう私は買いたいものは買ってしまったし(カメラ)、他に欲しいものは一切無し。それは皆も同じようで別に欲しいものはなかった様子。

ホテルの部屋に帰ってきたら、テーブルの上にこんなお菓子+フルーツが置いてありました。

DSC_0093_R

日本人スタッフからの手紙も付いていました。

実は昨日ヨメさんがルームサービスで頼んだシーフードチャウダーですが、なんと中にプラスチック片が入っていたんですよ。ヨメさんは怒ること無くそれを彼らに伝えたらしいのですが、それのお詫びってことでしょう。

おっとぉ、日本ではもう年が明けました。

皆様、明けましておめでとうございます。

うーむ、めでたいのかめでたくないのか良くわかりませんが、前に向かって進むしかありませんね。

このブログも「KLに行くつもりだ」と書きだしたのが2007年だったですかね。あっというまでした。ということはこれからの8年もあっというまで70歳をすぐ超えてしまうわけで、考えるとゾッとしますが、まぁ、どうにか予定通り今年はKLに行き、住むことになるはず。

でもねぇ、何度も何度も書いていますが、遊びに行くわけでもなく、自分にご褒美をあげる為でもなく、稼ぎに行かなくてはならない経済難民ですからワクワクする感じは全くありません。でもこれから闘いに挑むような武者震いに近いものは感じていて、やる気満々ではあります。

頑張りますっ!

新しき計画の成就は、ただ不屈不撓の一心にあり。さらばひたむきに、ただ想え。気高く強く、一筋に。

本年は、皆様にとりまして素晴らしい年でありますように・・・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

親子ってやっぱり似るんですねぇ。食べ物に関してですが・・” への2件のコメント

  1. 鼎泰豐は数年前に友達と台湾に行ったときに寄ってみましたが、
    特に印象は残ってないですね。
    これが世界一かぁって思った記憶だけがあります。
    九フンの九フン茶房の雰囲気のよさだけが印象に残った旅でした。
    台湾在住の人のブログで日本語版wikiよりちょっと詳しい鼎泰豐の沿革を読んだなぁと思って探してみたら発掘できました。
    発掘記念にurlコピペしておきますね。
    http://tw-cai.blogspot.jp/2015/02/step-4.html?m=1

    • なるほど~~。中華圏ではまた評価が違うのかもしれませんね。確かにプロモーションがうまいような気がしないでもありませんし、非中華圏では鼎泰豊こそが本物みたいなイメージを持つのかも。

      マレーシアも中国人が多いとはいうものの、香港に比べると中華もナニですし、前の日記に書いた香港の有名店がろくでもない出し物でマレーシアに支店を出すなんて、完全に舐められていますし。

      でも我々にとっては価格&内容では間違いなくOne of the bestです。オーストラリアの鼎泰豊は高いし。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です