シドニーから次男到着、家族が合流

今日はシドニーから次男坊が到着しました。

でもKLIA2でスムーズに行かないらしく、電話で愚痴。

1時間待ってもスーツケースが出てこないらしい。次男坊だけではなくてシドニー便全部がそういうことになっているらしく、あと20分待てと掲示板に出ていると文句タラタラ。

あのねー、Airasiaだから何が起こるかわからないの~~。我慢しないと~、安いんだから。ってそのはずなんだけれどこの時期はめちゃくちゃ高いのね。シドニー=クアラルンプールがエコノミーで2000ドル。AirAsiaって本当にどれだけ安いのか?って思いますね。暇な時に安いだけじゃん。乗りたい時はいつも高い。

その後、タクシーに今乗ったと電話。その話で笑っちゃったのが、バジェットタクシーのクーポンを買って延々タクシー乗り場に並んで、自分の番が来てチケットを見せたら「バジェットはここじゃなくて向こうだ」と言われたと。そして言われる方向に行ったら誰もいなくてガラガラだったと。つまり、タクシー乗り場にズラーっと並んでいたのはプレミアを頼んだ客で、そこに次男坊は並んでいたのね。馬鹿だ~~~。

空いていたせいかすぐにホテルに来ました。荷物を部屋に入れてから・・・なんてやっていると遅くなるし、もう9時を過ぎていたので荷物はフロントにあずけてみんなで食事に行くことにしました。

今日もある意味特別な日で、マレーシアで初めて家族4人が集合した記念日。さてどこで祝杯をあげようかと思ったものの時間は時間だし、ミッドバレー内、しかもガーデンズホテルの7Fにある「利やきとり」に行くことにしました。

予約は取っていなかったのですが、まぁどうにかなるだろうと。

でも利やきとりに着いてびっくり。かなり大きな店ですが、しーんとしています。客もいなければスタッフもいない。待っても誰も出てこない。しょうがないのでかなり大きな声で「エクスキューズミ~~」と数回。

スタッフが奥の方から出てきたので「開いているのか、それとももう閉まったのか?」と聞いたら開いているとのこと。焼き場がある部屋にはいってまたびっくり。客は私達だけ。大きな店でこれほど暇ってどういうことなんでしょうねぇ。

DSC05897_R

ま、それでも気を取り直してビールを注文。私と息子二人はまずはビールなので、メニューに有るタイガービールの「JUG」を頼みました。ところが運ばれてきたビールはグラスに4杯。

「JUG」を頼んだのだけれど?と言ったところ、JUGは4杯分だから4杯持ってきたと。

ふーーん、この店のスタッフは誰がビールを飲むのか、飲まないのかわかるんだ?

ヨメさんはビールはいらないと言っていたのに・・・

こういう気を使っているんだか、勘違いされるのって私は嫌いなので、「ビールを飲むのは3人だけだ」とはっきり言ったんですよ。するとヨメさんが、良いじゃないのと言い出して4人でビールで乾杯。結局、私がその後、ヨメさんの飲みかけを飲むことに。

メニューを見てさすがだと思ったのはやっぱり焼き鳥専門店なんですね。今まで食べたこともない焼き鳥がいくつかありました。それは何?なんて聞かれてもその部位の名前さえわかりませんが、セセリ(鳥の首)もあったし軟骨も何種類かあったり。この普通の軟骨ではない軟骨は結構美味しかった。初めて食べた部位です。

私はつくねが好きなんですが、パサパサでした。全然駄目。

DSC05907_R

ヨメさんいわく、作り置きしていたものを焼くとこういうふうになると。でもその真偽はわからず。

長男が「絶対に食べたい」と言っていた、店のオススメだか特別メニューに乗っていた「鴨とナス」。

DSC05910_R

私もカモ好きですが、これじゃ駄目なんですね。火が通りすぎてパサパサ。でもナスがベチャッとしているから一緒に食べれば良いんじゃない?なんて話に。

これって素人料理と言われてもしょうがない。

次男坊が「鮮魚サラダ」を食べたいと注文をしようとしていたので、「私はちょっと待て」と。

鮮魚がメインの店ではなく、これほど暇な店でどうして鮮魚を頼もうと思うのか?と次男坊に聞いたところ、「あ、そっかぁ」と納得。そこで彼が頼んだのはムール貝の料理。何もわかっていない次男坊。(笑)

ところでハタと気がついたこと。頼んだ焼き鳥の種類は胸肉以外のほとんど全てだったのですが、タレのものもあれば塩のものもある。誰かタレか塩か選んだ?と聞いたところ、そういえば誰も言っていないよね、と。

つまり店が決めているわけですが、店は「XXXはタレであるべし、塩であるべし」というのがあるのかもですね。でも「ねぎま」が塩で出てきましたが、私はタレのねぎまが好き。タレは邪道なんでしょうか。

DSC05912_R

美味しいと思ったものもありました。それはキモ。肝臓ですね。タレでした。これは追加注文したし皆が美味しいと言っていました。でもちょっと焼き過ぎ。惜しい~~~~。

DSC05913_R

でもねぇ、焼き鳥って難しいですよね。焼き鳥の原価って凄く安いわけで、でも美味しく焼き上げるのは簡単ではないし、だからこそプロの意味がある。

ブロガーの情報を見ますと結構良い評価がありますが、そういう時代もあったんでしょうね。でも今は今日みたいに客がほとんどいないような店になってしまった。私も二度目は無いだろうなぁ・・・。

それでもお会計は4人でRM740。ま、4人だしホテルの中の店ですからそんなもんかと思うものの、なんとも納得がいかなかった食事でした。

KLは美味しい店が多いとは思ってはいるものの、なかなか難しいのかもしれないと思いました。

焼き鳥に関しては有名店がスバンにもありますし、そんなに美味しくなくても安く気軽に食べて飲める店があれば良いなぁ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

シドニーから次男到着、家族が合流” への2件のコメント

  1. 日本でも凝った感じの焼き鳥屋は店側が塩とタレを指定するところがよくあります。天ぷら屋の影響なのか・・・クアラルンプールにはネット通販メインの茶葉屋HOJOの実店舗があるのでどんな感じなのか一度機会があれば見てみたい。

    • へーー、そうなんですか。

      しかしKLは広くてありとあらゆる店があって、自分に合う店があるのか探すだけでも大変そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です