能力開発をまじめに考える【相場】

世の中には資格をとるのが趣味みたいな人がいますよね。私はですねぇ、能力開発が好きなんですよ。これは子供の頃からで、何か超人的なものに対する憧れから入ったのですが、ちょっと変わったものに興味を持ってきました。

その中でも結構はまったのは「速読」です。これはもう皆さんご存知だと思いますが、斜め読みをするとかキーワードを拾うとかその手の「早く読む技」ではなくて、ちゃんと1ページ丸々読むスピードをあげるという速読。そして普通は1分間に400-600文字程度のはずなんですが、早い人はこの数十倍のスピードで読むんですね。ちょっと練習しただけで2000文字ぐらいには誰でも行くという面白い能力。

これには2箇所の速読研究所の教材を手に入れて、過去にはウン十万払ったのですが(笑)、結構練習がきついんですよ。ですから私は万単位までにはどうやっても行きませんでした。やる気の問題と年齢があるのかもしれません。これの競技会があるのですが、優勝者はたいてい中学生なんですね。やっぱり歳を取るとダメみたい。

これって嘘みたいですが、各国の軍隊とかスパイ(?)訓練所ではどこでもやっていると聞いています。ある種の人たちには必須科目だろうというのは想像がつきます。

でもそんな速読も忘れて数十年経っていたのですが、最近、また興味を持ちだしたのです。それはISO方式という速読法で、どうも今までとは根本的に違うみたいなんです。そして早く上達する様子。

それを知ったのはこの動画です。私の好きな神谷宗幣氏という青年がやっているユーチューブの番組CGSで見た動画。

ま、騙されたと思って途中まででも見てください。

こういうような訓練をするらしい。

私は今どうしてもこれを受講してみたいんですよ。子供の教育に力を入れている様子ですが、もちろん大人、ジジババにも良いはず。

いや、ジジババだからこそ良いと私は考えていて、ボケ防止、あるいはボケてきてもまだ使える脳を維持するためにこういう力は付けたいと思うんです。で、前からやっていてわかることは「動体視力」も上がるんです。だから良いことはあっても悪いことはなかろうと。

そしてこのことをどうしてここに書いたのかといえば、相場に大いに関連があるんじゃないかと思うから。

この速読はパッとカメラのように本を見て、その内容を一瞬にして理解するという嘘みたいな能力なんですが、さてこの能力を持ってチャートを見たらどうなるのか。

いろいろ想像してみてください。

非常に大事、いやこういう能力こそ必要かもしれないって思いません?

私はどうにかこの教室に通う手立て、ジジババ対象にやってくれるのか、通信教育はあるのか、ソフトもあるのか、そんなこともいつか調べてみたいと思っています。

読むスキルって根本的なものですから、若い子供から年寄りまでこういう能力があったら人生変わっちゃいますよね。でもその能力を手に入れればの話であって、わたしみたいに途中で挫折したら意味が無い。

でもこれなら出来そうだと思うんです。目も悪くなっているから、逆に良い訓練になるんですね。

実は私は「速聴」もかじりまして、それ用のソフトを手に入れたり、またユーチューブの動画はだいたい1.5倍~2倍速でいつも見るんですよ。内容がややこしいとチョット待ってくれ~なんて思いますが、普通の動画なら全く問題なく見れるようになるし、速度調節が出来ない動画はイライラするし、テレビを見てももっと早く話せないのかよ~なんて思うようになるのね。

これも脳みその訓練には良いと思っていて、日頃からそれをやっています。

でも速読のスピードって2倍3倍とかそういうレベルじゃないんですね。パラパラとめくりながら読める速さ。

どうせこんなのはインチキ、読めていないのに読んでいるつもりになっているんだろうと思う方も多いと思います。そう思うのが当たり前ですから。でも誰でもすぐに3行ずつまとめて読むという「摩訶不思議なこと」が起こるのは私も体験しています。3行の中には文章が2つ3つ入っているわけで、それをまとめて読んでどうして理解できるの?なんて思うわけですが、なぜかできちゃう。

私達の脳って私達が思うよりもっと凄いのかもしれません。上に紹介した動画もそうですよね。訓練用の動画ですが、あれもよくよく考えてみると、「どうしてこんなことが自分に出来るんだろう?」って思いませんか?

こういう不思議な能力って結構色いろあるんですね。うちの次男坊ですが、小さな頃からパズルを裏返しで作っちゃうんですよ。あのばらばらのやつを集めて一つの絵にするっていうあのパズルですが、普通、絵や写真だからどれがどこに当てはまるのかがわかるはずで、まさか裏返しにしてそれが出来るなんて信じられませんよね。でも次男坊はそれが出来る。

こういう能力ってどこかで自分を助けるはずですし、ジジババは本当にまじめに何かやらないと酷いことになりそうですから、結構私は真剣に考えているんですよ。速聴、速読から入るのは面白いし、実用性があるし、そしてチャート分析にも面白いはず。

面白いと思いませんか?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

能力開発をまじめに考える【相場】” への7件のコメント

  1. めくりながら読めているのが衝撃的過ぎて、、、
    マジなんですかねー、まだ半信半疑です。
    脳が進化、適応出来ることは僕の場合はスマホの音に合わせて叩くゲームで体感済みなんですが、想像のはるか斜め上ですね、1冊数秒とか。
    実現出来たら普段見る景色も違って見えるのだろうというのも頷けます。

    • この能力ですが、こんなジジーになっても今から手に入れることができないか真剣に考えているんですよ。

      若い頃からこういう能力があったら人生変わるでしょうね~~。

  2. 日本に 世界で通用する教育者が 出る 可能性も出て来ると 確信しましたね。これを 義務教育のカリキュラムに加えたら とんでもない事が起きますでしょう。
    フォトジェニックメモリーと似ているところもあります。
    膨大な論文等を読む必要のある職業の人には 必要な訓練になるかもしれません。あるいは すでになっているか?

    一人づつで良いから 日本から 世界的な 政治家と教育者が現れて欲しいデス。
    それにつけても 興味の対象が広いですね。

  3. 訂正です。
    医学生の姪が このトレーニング受けていたそうですが 英語の論文は これでは読めない。メカニズム的に。小説を読んだ場合 味気ないとの回答でした。
    うーむ、、、、、。

  4. 速読に関しては韓国が進んでいるんですね。私がやっていたころ(40年前  笑)は世界大会では韓国勢がトップを独占。

    英語の論文の場合はうまくいかないのは何故ですかね。大変申し訳無いですが、姪御さんの英語レベル、速読のレベルに関係ある様に私は思っています。

    私達が日本語を話し聞き読む時に、どういう意味であるかを翻訳する回路を通りませんよね。母国語ですから。でも外国語の場合は「余計な回路」を通る。となればその回路もスピードアップできないと速読の意味がない。

    小説が味気ないってのも速読になれていないからだと私は思います。私は数行を一度に読むレベルまでしか行きませんでしたが、数行には違うことが書かれているわけですよ。でもそれが一度にインプットされても、理解するには言語と同じように時間がかかる。あとから「段々とまとまってくる」って感じでしょうか。

    どちらにしろ速読って「魔法」じゃないわけで、コンピューターで言えば「入力のスピードが上がる」というだけのこと(でも凄いことですが)で、CPUが同じならCPUの限界を超えることはありえないのと同じなんですね。

    でも何が凄いかって言うと「脳の働き」なわけで、入力が早く、大量に入ってくると「それにあった脳に育ってくる」ってことだと思うんです。だから速読も「読むスピード」は数値化できて、どのレベルに到達したかは測れるわけですが、大事なのはその後じゃないですかね。「脳」「理性」「感情」の動きは「普通のスピード」のままじゃ意味がないはず。

    論文を多く読まないとならない仕事、あるいは判例を多く読まないとならない弁護士、判事などにはかなり有用な技術であると昔から言われていますし、文字ではなくて図形とかチャートも多分同じなはずで、「入力スピードを上げる」「処理能力も上げる」ことによって様々な分野で応用が効くはず。

    相場、トレードもそうで、同じチャートを見ても「何がなんだかわからない」人もいれば「ピンとくる」人もいるのは、速読ではないにしろ似たような訓練の積み重ねがあったからだと思うんです。

    でも実態はなんだかはっきりしないし、どんな能力を開発したら良いのかもわからない。

    でもこの速読は「有力な解決策」の一つに間違いはないだろうと思っています。

    そして段々とパーになっていく年寄りに取っても有用なはず。 (笑)

    今からでも習えるものなら習いたいです。マジに。

  5. こんにちは
    仰せの通り 英語のレベルは 汗 ナンですね、これが。ユーチューブで

    m.youtube.com/watch?v=PEFD8CkWovI

    皆んなのお兄ちゃんみたいな いい子が勉強法を一生懸命 教えてくれてるんですが どこもストレスは同じようで。学生さん達のコメントも可愛い。
    速読については 彼女によると「タネアカシするとですね!漢字だけ拾って読んでるんだよ。漢字拾読。でもなんとなく意味わかるでしょ?笑」英語の場合は 単語?メソッドが少し違うかも デスね。

    私見ですが これだけのスピードで集中すると 脳が感情的な動揺を振り切っちゃうのが 大きなメリットかも。
    要は キャパシティーは 量に比例して伸びる。圧倒的に。脳神経の研究はこれからだそうですが トランプ大統領は研究費を大幅カットしたそうです。なりふり構っていられない、、、様に 見える。

    • 速読に関してですが、申し訳ありませんが姪御さんは初歩の初歩もクリアーしていないレベルですね。1分間に何千、あるいは何万読めるレベルなのか聞いてみてください。

      私は速読には40年近く関わっていて、いろいろなメソッドもやりました。確かに昔の「斜め読み」「キーワードを拾って読む」というのがありますが、この数十年に広まっている速読は全く違うものです。ましてや「漢字だけ拾っている」なんていう評価は何も知らない人と同じです。

      感情がどう動くのかもそんなことを想像する必要もなくて、「自分で経験」すればわかること。

      なんでも自分でやってみないと・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です