マレーシアの定期預金の金利が随分上がっている様子

私のHSBCの金利は3.3%のままですが、最近、高い金利で定期を組めたという話があちこちにチラホラでてくるようになりましたね。

AMBANKで4.12とか4.5とかそういう数字が出てきているようです。またCIMBでも1年もので4.52で組んだ人もいる様子。

当然、大勢の目に留まるネットや店舗にはその数字は公にされていませんが、個別に話す(支店長決済なのでしょう)とそういう数字が出てくるらしい。

XXXの支店では4.5だと言ったら自分の支店は3,3%だと口座開設時に言われた。でもゴネたら「支店長と話をしてきます」ということで結果OKが出たとか。

理由は、私はチャイナマネーの引き上げ、あるいは流入に変化があったのと、なんといってもアメリカの利上げが絡んでいると思います。

ではこれからまだ上がるのか?

世界で心配されているように新興国からお金が引き上げる動きが活発になればそうでしょうし、たいした(アメリカの)影響もないということになれば金利上昇フィーバーも鎮火するかもしれず、どうなんでしょうね。

私もどうにかせねば・・・・・・

こういう金利動向の情報とかは「泉SNS」というロングステイヤーの集まるSNSから得ました。

泉SNSに興味がある方はこちらから(クリック)。

また、AMBANKで作る定期預金ですがマレーシア人以外の場合は「Damansara支店でのみ受理される」という情報が入ってきました。他の支店では話もできないということではなくて他の支店は窓口となり、決済はダマンサラ支店に集中させるということのようです。

日本人は横の情報が早くて、新規の定期はみんな金利が高くするしかなくてAMBANKも困っているのかもしれませんね。(笑)

他店の支店長決済ではダメになったってことだと解釈しています。

(注意)この情報の確認は取れていません。現在、裏とり中ですが、気になる方はMaybankに直接聞いてみるのが宜しいかと・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの定期預金の金利が随分上がっている様子” への2件のコメント

  1. daboさん、

     Maybankは公に11/30まで4.5%の金利を出していました。CIMBは年末まで4.3%です。おっしゃるとおり、交渉次第でそれよりもっと出してもらえるでしょう。

    http://www.thestar.com.my/business/business-news/2015/11/18/fight-for-deposits/?style=biz

     一つには、貸し付け残高が積み上がっていて、貸し付けとと預金の比がアンバランスになりつつあるようです。そこで、預金を集めているということのようです。BISか中央銀行か何かの規制に引っかからないようにしているのかもしれません。もちろん、背景には、チャイナマネーやアメリカの利上げもあるということでしょう。

     余談ですが、Maybankでいえば、今、配当(実績)が6.8%くらいです。へたなREITよりいいです。つまり、株価が下がったり、配当が減ったりしないとすれば、株を買った方が預金するよりさらにいいことになります。もちろん、Maybankは大型株なので非効率な値付けがいる可能性は低く、市場が「いずれ配当が減らされる/株価が下がる」と見ているということだと思います。

  2. なーーるほど。そういう動きがあるんですね。

    でもフト気になったのは、貸付と預金の比率なんて銀行の要中の要なのにこれだけ金利を上げなくてはならなくなったという異常事態が起きているんだろうってこと。マレーシアが先進国入りを焦り、投資に力を入れすぎた歪が出てきているんじゃないですかね。ある意味、中国の小型版みたいな・・。

    Maybankの配当利回りが6.8%ですか、へーーー、良いですね。でも配当に変化、株価が下がってきたら大変ですねぇ。それにどう対処するか考えただけでもどっと疲れが出てきます。リスクを考えると決して良い利回りには思えないです。

    私としては配当という不確かなものと、株価というもっと不確かなものから計算される利回りって絵に描いた餅だと考えるタイプです。

    そういえば、オーストラリアでも株式投資で配当を取ると10%に回る時代があって、ちょうど金利が低下してきた時でしたからそれに切り替える友人もいましたっけ。今、どうなっているんだろうか・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です