今日は内職はお休みだけど・・・

今日はなんとなく気が乗りませんので内職はしませんでした。気楽で良いですね。

ただ単にその気が起きないというか、チャートを見ていて「やりずらそう」な感じがしたのも確か。

これ見てください。

2015-12-08_22h08_58

EUR/USD 1分足のゴールドコースト時間で18時から21時ぐらいまでのチャートですが、なんだか昨日と違う感じがしません?

つまりですね、陽線陰線が長いんですよ。大きく動いている時にそうなるのは普通ですが、たいして波乱があるわけでもないのに、動く瞬間って短い間にサッと動くんですね。こういう時って大きくウネリがあるのとは違って、非常にやりずらいのね。ササッと動いて停まって、またササッと動くような。

これってボーーッとしていると逆に持って行かれて逃げる隙もないようになるんですね。

昨日の同じ時間帯の動きと比べてみてください。

2015-12-07_22h52_22

ま、大差がないといえば大差はないですが、なんとなくやりずらいな・・・と思ったらやらないのが良いと思います。会社に出社して、やる気がでないと帰っちゃうみたいな感じですが(笑)、それが許されるのがこの世界。上司もいないし、やることなすことその理由を説明しないとならない説明責任もないし。\(^o^)/

勝負事って、負けそうだ・・と思ったり、嫌な予感がしたら絶対に手を出さないのが一番だと思います。それって単なる勘違いかもしれないし、自分でも理由がわからない時も多々あるんですが、これは自分では気がつかないところで脳みそが一生懸命働いて出した答えだと思うように私はしています。

ここで頑張らなくちゃ・・なんて思う必要はなくて、日本代表でオリンピックに出ているわけでもありませんし、またいつでもチャンスはありますから。無理はしないで休養するってのが良いかと・・・。

前の日記に書きましたが、やりずらそうな日足も練行足で表示すると随分違うはずなんですね。今日のこの動きも同じで、1分以内にちょっと大きく動いたのが練行足だと均されて表示されるんですね。綺麗なつながりのあるウネリになって表示されますから流れに乗るのは非常にやりやすい。

またこのチャートの長い陽線陰線も1分掛けて動いたのか、それとも数秒のうちに大きく動いたのかがこのチャートからではわからないんですね。だからといって30秒足だ10秒足だと小刻みにしてもしょうがないわけで、まずは動きが見づらいと思ったら練行足で見て、動いている時にどのくらいの時間を掛け動いているのか、その辺も見極めないと、後からこういうチャートを見ても結局は何が起きていたのかはわからない。

ま、本当に本格的にやるとしたら、このFX専用みたいなMT4は信頼出来ないし、いろいろ出来そうで出来ないし、やっぱりもうちょっとまともなチャートを使って、データにインチキがない先物をやるってのが将来に繋がるというのが私の持論です。

ま、草野球とか肩慣らしレベル、いろいろな実験をするにはMT4って良いと思いますが・・・・

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

今日は内職はお休みだけど・・・” への6件のコメント

  1. ユーロドルは昨日も一昨日も同じ時間帯は売られているのですね。

    止まった時にポジションを抱えていると精神的にもきついです。

    きついと思うなら止まるような状態の時にインをしていること自体が間違い

    なんじゃないかと考えています。

    • 止まったら逃げる。これは鉄則だと思います。

      ポジションを持ったままどっちに動くかな?なんて考えること自体が間違えなんですね。上なら上、下なら下へ動くと思うからその方向にポジションを持っているわけで、それと違う動きをしたら逃げる。

      「止まる」というのも自分の読みとは違っていると考えないと。

      でもこの日はあちこちにそんな動きが見えますよね。で、次に出てくる陽線、陰線が長い。これってギャンブルに似ている状態だと私は考えます。

      触らぬ神に祟りなし。(笑)

  2. 止まったら逃げる

    頂きました。ありがとうございます。

    人間の心理は負けるようにしか動かない

    昨日のコメントのやりとりで 思う事がありました。

    下げのチャートとなで上がってきたところをSするかんじですかね。

    自分自身それやってんの?

    買いであれば上げのチャートの下がってきたところを買う。
    私自身はブレイクアウトのようなインの仕方が殆どです。

    人間の心理は負けるようしか動かない。

    安く買って高く売るしか利益を上げる方法はない。

    そもそも勝てないトレーダーの行動全てが間違っているわけで一度勝てないブレイクアウトを捨てて

    安いところを買って高く売る

    これを徹底してやってみようと思っています。

    上昇局面においてトレンドが継続している事を前提に下げたところを買う。

    抜けたらカット。支持されたら目標値で利食い。

    勝てないトレーダーが、

    え、ここ本当に大丈夫なの?

    みたいに思う場所が実は絶好の買いポイントなのかもしれない空気感満載なのですが(笑)

    • ブレイクアウトはそれなりに意味があると思います。私もたまに日経225の読み方などで、「この高値を超えたら着いて行くべき」とか書いています。

      そもそもブレイクアウトはどうして意味があるんでしょうか。ここをきっちり考えないと~。

      参加者にはそれぞれ「値の壁」があるじゃないですか。それは今までの高値(安値)であったり自分が売買した価格であったり。

      面白いことに値がこのラインに近づくとどうしてももたつくんですね。ですから過去の出来高が多い価格帯をだれしもが意識するわけです。

      そしてこのラインを値が超えてくると「新しい局面に入った」と誰しもが考える。

      ただこれは日足であるとか大きな節目の価格とか、「皆が意識するライン」であることが必要で、1分足で上だの下だのちょこちょこ動く中で、数分前、あるいは数十分、数時間前の高値安値を参加者が意識していると思います?

      意識していないとは思いませんが、意識しているとしたら必ずその値の近くで動きが止まったり揉み合ったりするんですね。でもそういう動きがなくすんなり越えて行くとしたら、誰もそのラインを気にしていないってことじゃないんですかね?

      ある値になると必ず抑えられて何度かその節目を越えようとしているけれど押し戻されるとか、そういう動きの中で一気に抜けてきたのなら意味がありますが・・。

      ブレイクアウトとは参加者が「節目」だと考えているラインを超えるから意味があるってこと。

      少なくともデイトレでブレイクアウトを見るとしたら、昨日の高値安値とか、あるいはその日の高値安値とかであるわけですが、私自身はそれをほとんど意識することはありません。

      皆が意識する意味のある価格は動きを見ればわかるはずで、その動きが無い場合にはブレイクアウトは関係ないと私は考えています。

      ただその値が日足で見て意味がある位置なら話はまた別ですが。

      それと細かく言いますと、レンジ内で動いている場合はそのレンジで動くと仮定して高値で売り安値で買うという手法がありますが、ブレイクアウトを狙う場合でも「レンジ内の動きを取るような場所で出撃するべき」という手法が有効であるとかないとかそういう議論も結構あるんですね。

      この辺は本当に難しくて、レンジを超えたら出撃だ!なんて考えても「ダマシ」は結構ありますし、これが答えだってのは無いのだろうと思いますが・・・

  3. おはようございます。

    ブレイクのだましに関しては本当に難しいです。

    騙されても次で来るかもしれないので再度インしなければならない。

    上げてきたのを確認してから入るようでは騙しだった場合のカットが大きくなるので

    なるべく対象となるライン付近で入る必要がある。

    かみ合う時はストレスなく上げてくれるので良いのですが。。

    一分の上値切り下げラインのブレイクとか結構狙ってました。

    • 1分足だろうが日足だろうが「参加者が意識する値」はあるはずで、それはどの値なのかは動きを見ていればわかるわけで、それらしき動きがない場合はブレイクも何もないと私は考えています。

      基本的には1分足でのそれを私は意識しないのは書いたとおりですが、たま~~に上値が抑えられているのに下値が段々と切り上がってきて、「おお~~、力を溜め込んでいるな?」なんて思うこともあって、そういう時のブレイクは乗ることもありますが・・。

      どちらにしてもそういう場所を待つほど私は気が長くないですし、もしブレイクのような形に結果的になって、皆が「ブレイクだ!乗るか?」と考える頃には逃げる態勢に入っているような手法が好きです。

      性格の問題なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *