海外の銀行口座の情報交換が始まる

各国が銀行口座の情報交換をしようという動きがあるのはここに何度か書いています。

それに向かって各銀行が準備をしだしていると本日、取引のある銀行から連絡がきました。本格的に動き出すのは2017年ということですが、自動でデータのやり取りが行われるようになるので、口座の持ち主自身で対処しないと銀行としては何も出来ないとのこと。

OECD参加国がこれに同意したのは2014年の7月だったでしょうか。その時の内容を再び載せますが

富裕層の税逃れを防ぐため、海外に住む個人の金融口座の情報を多国間で交換する経済協力開発機構(OECD)の新ルールの詳細が30日、明らかになった。各国の金融機関に海外居住者すべての口座情報を毎年1回、税務当局に報告させ交換するのが柱だ。2015~16年の導入を目指す。

主要20カ国・地域(G20)もOECDルールの活用で合意しており、9月にオーストラリアで開くG20財務相・中央銀行総裁会議でも詳細を確認する。

米国は海外の金融機関に米国人の口座情報の提供を義務づける法律を10年に成立させ、海外口座情報管理を強化。これを機に、多国間で情報を交換すべきだとの機運が国際的に高まった。

新ルールに参加する国の税務当局の間で、海外に住む人の情報を交換し、資産隠しや税逃れに歯止めをかけるのが狙い。

日本の国税当局が米国に送るのは、日本の金融機関に口座を持ち、米国に居住する日本人や米国人らの情報だ。逆に米国の当局は米国で口座を持ち、日本に居住する米国人や日本人らの情報を日本の当局に送る。

各国の金融機関に海外居住者が持つ預金口座や証券口座の情報を税務当局に毎年1回オンラインで提出することを義務付ける。海外居住者が持つすべての口座の名義人、住所、残高、利子や配当の受け取り記録などを報告の対象にする。

金融機関の事務負担を減らすため、残高100万ドル(約1億円)以下の口座はシステムでの検索など簡易な方法での確認を認める。一方、100万ドル超は営業担当者への聞き取りや保存する書類の確認など、より詳細な作業を求める。

口座情報の交換は当初15年末までに始めるとしていたが、準備が間に合わないため、16年末まで延期することも検討する。

各国はこれまでも税逃れを防ぐために、租税条約を結んで情報を交換してきた。ただ、不定期に情報が入ったCDなどを郵送でやりとりする程度だった。

新ルールでは年に1回オンラインでやりとりするため、情報の質や更新頻度が高まる。ただ、金融機関の手間やコストの増加につながる。日本の金融機関は口座を特定する作業が膨大になることを懸念し、一定額以上の残高がある口座に対象を限定するよう求めていた。新ルールにはOECDに加盟する34カ国などが参加する見通し。G20の枠組みで新興国にも広げ実効性を高める方向だ。

2014-08-09_16h50_58

これはOECDの話ですが、このシステムに参加表明を出している国もありますし、どちらにしても遅かれ早かれ世界の常識になるんでしょう。

ま、悪意を持って何かを企んでいないかぎり何の問題もないはずですが、銀行に届けてある住所がどこになっているのかの確認ぐらいしておかないとA国の非居住者なのにA国の居住者(納税義務者)として処理されたりややこしいことは起きるかもしれませんね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

海外の銀行口座の情報交換が始まる” への2件のコメント

  1. ダボさん

    いよいよマレーシア行きが本決まりとなり、なによりです。小生もこの冬は1月~2月にかけてKLへお伺いしますので、あちらで会えるといいですね。

    ところで、今日のエントリーについては11月11日の日経にもMoney & Investment欄で特集されており、各国とも高齢化社会の税源探しに躍起になっていることが窺えます。

    今回導入されたマイナンバー制度もその環境整備の一環と考えられますが、相続税の大幅アップと合わせ、国外資産の捕捉に躍起になっているようです。そこで一番の関心事は捕捉の期間をこれまでの5年から15年から20年ぐらいまで延長しようという動きですが、その方向にあることは間違いないようです。

    ここでその政策判断のメルクマルとなるのは税収ですが、今年度予想していたより下振れした場合には延長の方向が強くなることが考えられます。いずれにしても各国の協調体制が整わない限り捕捉のしようがありませんので、該当する方はそれまでに対策を考える必要がありそうです。

    • へーー、特集があったんですか?探してみますね。

      しかし5年を15~20年にするってどういうことなのか、ちょっと理解が出来ません。時効との関係もあるわけで、海外に出た場合は「時効のカウントを止める」みたいな考え方ですかね?

      でもこれの対策も何もそんなのは関係無いと思っています。

      確信犯で脱税をしようとしているのなら別ですが、私はそういう考え方には断固として反対します。

      節税はやるべきですが・・・・

      私は商人の家に生まれ育ったということでいろいろ想像は着くだろうと思いますが、脱税は私は一切認めたくないし、脱税ってそれをやるとバカになるんですよ。節税に頭が回らなくなるのが普通。

      いっその事、時効は無しにして、重罰を課す様になったほうが人間は進歩すると思うぐらい。

      私がこの件をブログに書くのは「気をつけてうまくやりましょうね」というつもりで書いているのではないのは是非ご理解いただきたいと思います。

      痛くもない腹を探られることが無いようにという立場です。居住地の税制に従って納税するのは絶対に守るべき居住者の一番の義務であって選択の余地はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です