お尻に火が着いた我が家・・・

自宅が売れてまとまったお金が入ってきたのは良いのですが、それの運用はマレーシアに渡ってからゆっくり考えようと思っていました。だからそれまではとりあえず定期にでもしておこうかと。

今日、利率を聞いてひっくり返りそうになりました。なんと年率1.83%ですと。(@_@;)

世の中は本当に金余りになっているんですね。

話を詰めれば1.83%からは多少は上がりそうですが、それにしても低すぎます。私が今まで経験した高い利率は10%でした。24年前ね。あの当時はゴールドコーストの物価は安いし、生活は楽でした。多くの日本人が「使い切れないよ」なんてニコニコしていた時代。当時、日本では養老保険とか転換社債で7%ぐらいに回っていた時代。

当時はゴールドコーストに来たばかりの人たちばかりで、皆んな頭に血が登っているんですね(どこでも同じですが 笑)。ウォーターフロントだ~~すげ~~~、自宅にプール?すげ~~、ってなもんで無理して買っちゃうのね。中には「家の前にボートが無いとなんだか絵にならないね」なんて乗ったこともないモーターボートやクルーザーを買っちゃう人もいた。

でも段々と慣れてきて落ち着いてくるとヤバいのがわかってくるわけですよ。金利はどんどん低くなるし、夢に見たマイクルーザーも結局、一月に一度しか乗らないなんてのが普通で手放したり。そしてですね、いい加減なのは当時の銀行の日本人担当が「税金は払わないで良いですよ」なんてことを言っていたんですね。多くの人はそれを信じていたけれど、そんなわけがないじゃないですか。皆んな永住権を取って住んでるわけですから。

結局、資金はどんどん減って、金利も下がって、大変だ~~なんてことになっていろいろ仕事を始めたり。そもそも永住権を取った人の多くは「事業家ビザ」なんですね。つまりオーストラリアで事業を興すという約束で渡ってきたし、永住権申請時に興す仕事の青写真だって出すからOKがでるわけですよ。

ところがそんなのは建前で何もやらなくても良い時代で、ハナから何もせずに遊んで暮らそうと思った人は少なくないはず。金利は10%で税金が無いなら、そして物価は安くこれならどうにかなると思いますから。またオーストラリアの歴史なんか知らないから、この国がインフレが当たり前の国だってのもわからないのね。

結構多くの人たちが苦労したと思います。また子連れで来ている人たちが殆どで、段々と子供の問題も出てくるわけですよ。家庭内暴力が始まった家庭もあったし、こんなところには書けないような様々な事件も起きたり。

皆んな四苦八苦しながら生きていましたが、また後から後から多くの人たちが入ってくるんですね。

こういう人たちと知り合って話をしていると面白いのね。夢いっぱいで目がキラキラしてて、大きな夢を語るわけですよ。

俺達もああだったよな・・なんて思いながら話を合わせるわけですが、中には早期退職で多めに退職金をもらった人もいて、自営なんかしたこともないのに夢がいっぱいのビジネスプランを語るのね。ま、頑張ってくださいね~としか言いようがなくて、その手のビジネスはすでに多くの人が手がけて結局ダメでカスしか残っていない市場ですよ、なんてことも言えないのね。

中には、こりゃやっぱりうまくないと思うほど舞い上がっている人もいて、「もう少し考えたほうが良いんじゃないですか?」なんて思わず言っちゃったことがあるんですが、その人はすごい剣幕で怒り出しましたっけ。私の夢を壊すんですか?私は絶対に大丈夫ですと。でもあの人も消えていくのは早かった。今頃どこでどうしているんだろうか。

私は電話関係の仕事と中古車の輸入販売を始めていて、日本人の顧客も結構いましたから世間話もするわけですよ。中にはとんでもない詐欺に引っかかった人もいて、「オーストラリアの企業に投資すれば永住権が取れます」って話を聞いて、それにホイホイ乗ったんですね。で、あるオーストラリアの会社に投資をするつもりで5千万円を「その紹介者に」送ったんですと。紹介者って弁護士じゃないですよ。旅行会社のガイドです。

意気揚々としてその人はオーストラリアに来て、その会社に行った所、「あんた誰?投資?金?知らないよ」と言われて騙されたのがわかった。さてどうしましょうって電話で私に聞くわけですよ。なものどうにもなりませんから、とりあえず弁護士に相談したらどうですか?と弁護士を紹介したのですが、後でその後の話を聞いたら、訴訟も起こしてないっていうんですよ。わけのわからん人で、たまたま飛行場に行ったらそのガイドがいたので「金を返してくれ」って言ったのだけれど返してくれないってまた私に愚痴を言うわけです。

まぁ騙す奴も騙すやつで、ガイドの仕事をしながら金持に擦り寄ってあの手この手で仲良くなって個人的に付き合うようにするわけですよ。で、ガイドの仕事が無いときにはカジノのVIPルームにいつもいるのね。もちろんカモを探すためです。で、何気なく近づいて友だちになって、ある日、良い投資案件があるとか、買得の家があるとか、相手を見ながらいろいろあの手この手の話を持ちだすんですね。脳天気な金持は「良い人と知り合えた」なんて思ってるわけ。

ま、こういう例は極端ですが、「家を買うなら良い家を紹介しますよ」なんてのは良くある話で、悪いやつが多かったというより、わけのわからん頭に血が上って有頂天になっている金持が当時はいくらでもいたんですね。

こんな話をしだすとキリがないんですが、20年以上居ますと、まぁ、いろいろなことが起きるし、ゴールドコーストで当時から生き残っている人ってどのくらいいるのか考えても、私の知り合いでは本当に数えるぐらいしかいません。逃げるようにして日本に帰ったり、いつの間にか消えてしまったり、金持だったのが破産して一人寂しく死んでいった人もいるし、一家離散した家もある。そういう意味では、我が家はラッキーだったと思います。

一体何の話でしたっけ? ^^;

あ、そうそう。我が家はどうにか生き長らえてきましたし、相場があったからどうにかなったわけですが、この私の相場の手法ってデイトレですから半端じゃなく疲れるんですよ。朝の9時から次の日の夜明けの5時までモニターに付きっきりだったり。だからある程度稼ぐとそれを運用して・・ってなるわけですが。リスクを考えるとやっぱり債券で、どうにかずーっと7%を維持することは出来ました。

7%って良いような気がしますが、全然駄目なんですよ。まずここから税金を払いますよね。半分近く取られる。それで手取りは4%だとしましょう。もしそれを生活費として使ってしまうとどうなるか?そりゃ凄いインフレに簡単にやられちゃうってことなんですね。つまり、インフレが3%だとしたら7%で回しても1%分しか使えないってことです。

いわゆるインフレも凄いですが、子どもたちが大きくなってくると大変なんてもんじゃないのね。子供が小学校の頃なんて学費も年間3000ドルぐらいだったのが高校生になったら2万ドルでっせ。二人で4万ドル。これって経費で落とせませんから(笑)、4万ドルの学費って税込みで7万ドルぐらい稼がないと駄目ってことなんですね。学費だけでそれですから、あれじゃこれじゃとまぁ掛かること掛かること。

子どもたちが大学に行っているときはもう死にそうでしたよ(笑)。長男はメルボルン、次男はシドニーで、大都市の物価ってゴールドコーストより高いですから生活費が大変なのね。前にちょっと書きましたが、これからの時代はオーストラリアに子連れで移住するとなると、そしてもし子供を私立に入れるとすれば、税込みで最低でも20万ドルは稼がないとどうにもならないってことなんですよ。それもインフレ分を考慮せずにです。もしその収入が金融資産から生まれるとして全部使ってしまったらインフレに殺される。

だからオーストラリアで遊んで子育てをしようと思ってもかなり難しい時代に入ったんですね。ただ、オーストラリアへはお母さんと子供だけで、ご主人はそれこそマレーシアにでも住んで「所得税を無税にする方法」を考えるとか。

先日、このブログで知り合ったのですが、相場で資産を作り家族でオーストラリアに移住してきたシドニー在住の友人に「これからオーストラリアに渡って、金利だけで生活し、子供二人を私立に通わせるにはいくらぐらいの資産が必要か?」って聞いてみたんですよ。彼は現役の子育て真っ最中だからその辺はよくわかるわけですが、「2億?絶対無理。最低でも5億は必要」との答え。ま、そりゃそうですよね。債券でも3%にしか回りませんから、1500万稼いでも税金でごっそり持っていかれるし、その残りで慎ましく生きてインフレにも備えないとならないわけで、裕福な生活は5億あっても不可能なのは小学生の算数でも答えはすぐ出る。

オーストラリアってそういう国になっちゃったんですね。でも給料も良いからちゃんと仕事があってしっかり稼いで、また子どもたちはほとんど無料の公立に入れればどうにかなるのね(永住権がないと高い)。大都市には公立でもかなり良い学校はいろいろありますから。でもゴールドコーストはどうなんでしょう。悪いところばかりではないですが、大都市の良いと言われる公立校とは全く違うと「私は」思っていますし、わざわざブリスベンの良い公立校へ子供を通わせるためにブリスベンに引っ越しする家族もいたくらい。

公立が駄目だっていうんじゃないですよ。ただ自由奔放な生き方をする子どもたちが多くいますから、環境に流されやすい子供だと結構難しいことがあるんじゃないですかね。

ま、そんなこんなで金融資産の投資で生きるのが大変なオーストラリアですが、今じゃ債券でも3%ぐらい。定期預金だと2%以下。これでどうやって生活します?ここから税金も払うんですよ。そして金利が低ければインフレも低いなんてうまい具合にはなっていないわけです。まして世の中の進歩ってのがあって、長い間には生活もそれに合わせてレベルアップして金も掛かるようになるわけです。昔は家族一人一人電話を持つなんて考えられなかったのが今では当たり前でしょ?そういう感じで社会全体の生活水準がジワジワと上がるわけですよ。

ま、日本に長い人はそれでも日本に比べれば良いって言うかもしれませんが、豪ドルがこんなになるなんて私は全く想像もしませんでした。

ダボ家としてはマレーシアに経済難民として逃げるっていうのはこういうことなんです。でもどこに住んでも持っているのが豪ドルだったら、他国へ行っても利回りが良くなる訳じゃない。

ですから今日は長男と、「しっかりして稼がないととんでもないことになるぞ」と話をしていました。

デイトレは疲れるだの、目がもう駄目になっているだの、そういうことを言っている暇もありません。

頑張らなくては・・・・orz

そうそう、もう一つ重荷が増えました。KLに住む両親ですが、もうすぐ90。オヤジは現役でやっぱり資産運用でどうにか生きてきましたが、とうとうもうだめだと音を上げました。お前に任せたいと。

これって今更任せられても困りますよねぇ。お前には相続させないなんて意地悪を言われていて(昔からそういう親子関係)、死んだら財産は孫達へ直行という話しだったのが、今になってもうダメだなんて言われても・・・。

ということだそうですから是非頑張ってくださいと息子に我らが夫婦の将来もひっくるめてお願いしちゃいたいくらいなんですが、これから息子と私と二人で、どうにか6人分の食い扶持を稼いで、なおかつインフレにも負けないように維持しないとなりません。息子には我々夫婦とオジーチャンオバーチャンとそしてオバちゃん(私の姉)、年寄り全員合わせて5人が死ぬまでちゃんと暮らせるように頑張ってくれよと頼んでいるのですが、「任せとき~」と軽い返事。あいつはあいつで資産構築しないとならないのに・・・orz

借金だらけでなおかつ何年分もの手形を発行してしまって、それでいて売上はほとんどなくて途方に暮れている従業員6人の中小企業のオヤジになった気分・・・・

さ~~て、マレーシアで不死鳥のごとく羽ばたけるか?

ハァ・・・・・・・・・・

な~~んて弱気でいるかというと実はそうでもなくて、どうにか死ぬまでには資産倍増計画を成功させるつもり。

こんな程度で終わってたまるかってんだ、じぐそー

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

お尻に火が着いた我が家・・・” への12件のコメント

  1. 1989年当時、普通預金で12%、定期預金だと18%あったと思いますよ。
    今や見る影もありませんが。
    Ubank の Usaver はご覧になりました?
    あ、金額が多すぎるんですよね。
    Suncorp はTerm deposit でもうちょっとマシだと思いましたけど。

    • 私が知っているのは普通預金で16%、長期の定期で12%でした。普通長期のほうが率が良いですが、当時はまさに金利の下降局面だったんですね。

      私が書いた%はオーストラリア国外の銀行です。

      これもほんとうに不思議で、同じ銀行でも昔からオーストラリア国内のほうが金利が良いんですよね。でも税金を払うことになりますから(非居住者も)海外の方と同じになっちゃう。

  2. ヘッジについての質問に関してblog上でのおへんじどうもありがとうございます。御礼がおそくなって大変スミマセン。返信の延長としてmyrのFXを開始なさったとのこと・・・、確認させていただきました。

    ご懸念のヘイズによる皮膚の影響ですが、ヘイズ自体は皮膚に直接的にはあまり影響を感じませんでした。日本の3月の花粉症のほうが影響を感じます。ただ個人的に対症療法として紫外線療法をやっていたので、1週間に半日しか快晴の日がなく、日光に全く当たれませんでしたので、皮膚が激悪化して「間接的に」影響があったということです。

    BTW,ここのblogに最初に訪問させていただいた直接のきっかけが「属人主義課税」「属地主義課税」だったのですが、属人主義課税が原因で米国籍を捨てたお姉さまの旦那さまは今KLにはいらっしゃらないのでしょうか?個人的な質問でプライバシー侵害にかかわるようでしたら無視してくださって結構です。Thank you

    • どうもお久しぶりです。

      ヘイズですが、アトピーの人が調子が悪くなったとどこかで読んだ覚えがあるので気になっていました。

      紫外線療法ですか?へーー。私は紫外線のせいで42歳で白内障の手術をしましたのでちょっと紫外線には恐怖を感じています。(笑)

      ヨメですが、水を変えてから劇的に良くなりましたし、それを読んだ読者の方もやってみたら改善したとのことで、我々がマレーシアに行っても同じようにしようと思っています。

      姉のエックスハズバンドはどこにいるのか知りません。どうしてそれが気になるのですか?

  3. ここのblogに最初に訪問させていただいた直接のきっかけが「属人主義課税」「属地主義課税」で検索したからだったのですが、属人主義課税が原因で米国籍を捨ててまでKLにいらっしゃるのだとしたら、ラブアン法人でも使って不動産の自営業に何か税法上特別なメリットでもいかしていらっしゃるのか?と思ったからです。

    奥様の症状が改善されたとのこと・・・、ほんとうによかったですね。KLでヘイズの影響を受けないといいですね・・・。
    thank you

    • なーるほど。でも米国籍を捨ててマレーシアに住むのならラブアン法人を作る必要もないと思いませんか?不動産投資はラブアン法人にしても外国人枠の制限を受けるし。

      また姉が永住権を捨てたのはアメリカに戻るつもりはないからであり、またエックスハズバンドがアメリカ国籍を捨ててのは「税金」だけのためではありません。彼は強烈な平和主義者でアメリカがやっていることに人として我慢できないと常日頃言っておりました。そしてアメリカ人であることが恥ずかしいと。

      夫婦でアメリカを出ようと決めた時に、エックスハズバンドも元々は日本人ですし日本に住むつもりでしたから帰化を選んだのでしょう。姉にしてみれば日本に帰ってくればアメリカの永住権を持つ意味もありませんし。

      結果的にマレーシアに渡りましたが、税金を払いたくないから永住権、市民権を捨てたというわけではないのです。でもアメリカと縁を切るのなら、納税義務からも離れたいと思うのは当然だと思いますが、納税から逃れたいというのがそもそもの発端ではないのです。

      その点、オーストラリアに高い税金を払いたくない(のと物価高)という理由でオーストラリアを出る私とはちょっと違います。(笑)

  4. おへんじどうもありがとうございます。わたしがKLのlocal registered agencyから話をきいたときは不動産の所有権自体はマレーシア法人で持たせて規制逃れをする。そしてマレーシア法人の株式をラブアン法人にもたせて法人税を限りなく節税をする、というスキームでした。KLのlocal 法人のregistered agencyですが、ラブアン法人の司法書士資格も持っているようでした。(その後きちんとこのスキームのウラはとっていません。)

    >>そしてアメリカ人であることが恥ずかしいと。

    なるほど。でも日本人の血税もアメリカの戦争にかなり使われてきたので、なかなか平和主義者でいることも大変ですね。thank you

    • その規制逃れに関してもう少し教えてもらえませんでしょうか。

      私が調べた限りではマレーシア法人も株式の比率が問題で、外人が50%以上持っている場合には外国法人とみなされると聞いています。ですから(外資の)ラブアン法人を作ってもマレーシア法人の持ち株は50%以内になるわけで、すべてを自分でコントロールするのは不可能だと聞いています。

      またラブアン法人に利益を溜め込むにしても、ラブアン法人は配当所得しかないわけで、当然それはマレーシア法人の税引き後から支払われるもの。そしてそれは持ち株比率によって総額の50%以下になるとしたらどれだけのメリットがあるのでしょうか。

      きっと大手企業がマレーシアに進出するにあたり、現地の有力な企業とタイアップして合弁を立ち上げ・・・って話だとすれば有り得ることだと思いますが、我々一般個人レベルでそれができるのかどうか。誰とタイアップするのか、そしてその人(企業)が50%以上の株式を保有するわけで、リスクはどうなるのか。

      この辺をどう考えれば良いのでしょうか?

  5. >>そしてその人(企業)が50%以上の株式を保有するわけで、リスクはどうなるのか。

    ご懸念のとおりnomineeをつかうスキームなのでリスクは当然あります。ただKLのregistered agencyのライセンス証書をご本人から提示されて、ラブアンの金融監督庁のサイトにもきちんと名前が確認できる方の、ご本人自身がなると言っているnominee share holder費用がシンガポールの業者よりもちょっと安い程度の年/900ドル程度の金額でした。あとはnominee share holderの契約書の作り方次第とnomineeとしてのサインをもらう時点で株式買い戻し契約書にも事前にサインをもらっておく、ということでしょうか?nomineeという大変危険なスキームでありますので、私自身もまだやったことはございません。Thank you

    • なんだか良くわかりません。

      法人設立に関して必要な人を確保するのにnomineeを使うのでしょうが、それっていわゆる名義貸しですよね?その人は投資もしなければ直接経営に参加することもない。

      ではその人を使って法人設立をすれば、不動産取得の外人枠から逃れることが出来るという前提ですよね?

      私はそれは出来ないはずだという認識なんです。実際に「誰がどのくらい投資しているのか?」で決まるはず。

      つまり外人が直接投資しようがラブアン法人を使おうが、元の資金が外資だとなれば規制を受けるんじゃないんでしょうか?

      実際にもしその法人に参加したいというマレーシア人が出てきて、彼に51%以上の出資をしてもらい法人を作り、その法人が「借入金」として外資をつかうとするならば大丈夫なのでしょうが、nomineeを使っても出来るんですか?

      マレーシアの法律は知りませんが、いわゆる「ダミー」を使って規制を逃れるのは出来ない仕組みになっているのが世界の常識だと思っているんですが、マレーシアは大丈夫なのでしょうか?

  6. >>いわゆる「ダミー」を使って規制を逃れるのは出来ない仕組みになっているのが「世界の常識」

    外国人がからむスキームとはまたすこしちがいますが、マレーシアにはaffirmative action法制がありますね。ブミトラ優遇政策をやめる/やめないの議論がありますが、無意味です。ブミトラ優遇政策のメリットを享受しているのは実際におかねを出している中国系です。JB現地生活の長い方に隠語で「サクラ」というのだとうかがいました。thank you

    • ゆっきーさん

      世界中どこにでも裏道、グレーゾーンってのはあるのは間違いがないですが、それを利用すれば良い、自分でもできるだろうという考え方っておかしくないですか?

      脱税と節税の違いも同じで、こういう抜け道があるというような情報ってどれだけの意味があるんでしょうか。

      ブミプトラもそうですが、それによって利権がきっちりしていてそれに基づいて動いている業界もあるじゃないですか。中古車輸入業界がそうですが、でも裏道はありますよっていう議論は意味が無いと思いませんか?

      やりたい人は好きにやればいいだけの事ですが、ゆっきーさんはそういうところに興味があるんですか?実際に実権を握っている中華系の人の様に我々普通の日本人もやれば良いと?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です