野田聖子議員がトンデモ発言。びっくりした~~

自民党の野田聖子氏ですが、総裁選の話になると名前が出てくるようになりましたね。次期総裁選に出馬する意欲を見せていると。

私にしてみると全くノーマークの議員だったのですが、テレビでの発言を知りひっくり返るぐらい驚きました。

南沙諸島は日本に無関係であると。(@_@;)

南沙「日本に無関係」=野田聖子氏 (時事通信) – Yahoo!ニュース

「直接日本には関係ない。南沙(諸島)で何かあっても、日本は独自路線で対中国の外交に徹するべきだ」

「南沙の問題を棚上げするぐらいの活発な経済政策とか、お互いの目先のメリットにつながるような2国間交渉をやっていかなければいけない」

こういうことを本当に考えているんでしょうか。それとも反安倍の自民党支持者の受け皿になろうとしているのか。この発想ってシールズの若者と全く同じ。頭のなかは大丈夫か?

南沙諸島に日本が関係ないとするならば、アメリカはもっと関係ないわけで中国はやりたい放題になる。野田氏の考え方はそれを容認する考え方。世界の貿易の40%の物資があの海域を通行する重要な場所なのに「国際法を無視する国が領海を主張し管理する」ことに危険を感じないんだろうか。

100歩譲って南沙は関係ないとしても中国が「国際法を遵守する国」になってくれないと世界は困るわけだけれど、どう対処するつもりなんだろうか。

南沙が関係ないってことは彼女にとってはチベットもウイグルも関係ないってことじゃないんですかね?

南沙の問題って結果であって原因は「中国の横暴さ」にあるわけで、これは戦前の「世界から見た日本」もそうであって、こういう拡張主義を世界の一員である日本が見過ごしたらどうなるんでしょう。

「一緒に酒を飲んで楽しんで仲良くなって、僕が抑止力になります。」と言ったシールズの青年だけれど、野田氏も全く同じに思えます。

この人が総裁選に出るって?

誰が総裁選に出ようと勝手だけれど、自分一人で騒いでどうなることでもなく、彼女を押す政治家、党員もいるってことなんだろうけれど恐ろしい・・・。

私はこういうのを聞くと、やっぱり女は・・・・って考えてしまいます。女々しいってのはこういうことだと。

差別主義者と思われて一向に構わないのですが、私は男女同権とは思うものの、性差は間違いなくあると思うんですよ。そしてその差があるから世界はうまく回るし人間は今まで生きながらえたという考え方を持っています。

でも国のトップを狙う人が女性的だと困るんじゃないかなぁ。じゃ、ヒラリーは?メンケルは?サッチャーは?となりますが、彼らを私は女性だとは思わないわけで、男女の性差を超えた存在で、サッチャーなんてのは男さえビビるようなことを推し進めた人。

逆にクネさんは私は女性的だと思っていて、どうにも彼女の言動は理解できない。

でも社会が女性的になると支持者も増えるんじゃないですかね。シールズもそうだし、シールズと共同作戦を取っている「安保関連法に反対するママの会」もそう。自由な社会ですから誰が何を考え主張するのも良いし、その権利は保証されないとなりませんが、それぞれは一つの考え方でしかなくてそれをゴリ押しするのはうまくない。でも私から言わせると「平和ボケ」している人が国のトップになったらどうなるのか。

でも私みたいな考え方は「戦争好き」みたいに思われるんだろうし、安倍さんは元より安倍支持者は同じく「戦争好き」でとんでもないやつってことなんでしょうね。

ま、そういうせめぎ合いの中でトップは選ばれるわけで、公正な手続きを踏んで選ばれるのであれば誰がトップになっても構わない。

しかしまぁ、強盗や詐欺を働くメチャクチャなやつがいるのに、自分の財産が直接侵されることがないのなら「関係ない」って言える人が政治家とは・・・・・

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

野田聖子議員がトンデモ発言。びっくりした~~” への4件のコメント

  1. 野田聖子、こんなに下品な人物だとは思っていませんでした。
    それにしても、シールズが「一緒に酒を飲んで楽しんで仲良くなって、僕が抑止力になります。」と言っていたんですか?知りませんでしたけど、こんな発想でよくも国会に招致されましたね。世も末って感じです。

    • 僕が抑止力になりますと言ったのは他のメンバーです。国会前のデモの時にマイクを持ってそれを言っていた。

      それを紹介した日記があります。証拠の動画も載せました。どれだったっか・・・

  2. 左翼とかリベラルとか自称する連中は戦後体制に乗っかって世渡りがうまい。筋金入り左派なんて百万人に1人ぐらいでしょう。自社さ政権発足当時の村山富市など総理になった途端、日米安保容認。朝日新聞も日本が敗戦になった途端、鬼畜米英から一転マッカーサーよありがとう。朝日新聞の慰安婦誤報でも誰か辞職したとか自殺したとか聞いたことがない。だから左翼とかリベラルとかを真面目に論ずるのはムダ、そして本質を見失なうような気がします。
    辛口のコメンテーター青山さんという人が時事通信社勤務時代、要領が良くうまく立ちまわる不愉快な連中は全て元全共闘の連中だったと言っていたが正に彼らの本質を突いている。
    日本メディアに強い影響力を持つ中韓は日本人の気質を実によく研究している。流されやすくメディアを容易に信じる、それに加えて天性の性善説信者だと。
    何が有っても武力反対の日本女性は4割にも達すると聞きます。ある有名な女性画家が女性とマスコミがしっかりしてれば平和をキープできる、と言っていたが逆で破滅に向かうでしょう。

    • ペナンスズキさん、お久しぶりです。

      私は最近、右とか左とかの分け方は違うような気がするんですよ。左派の言うことはリベラルというより「自己中」と言ったほうが良いかと。

      市民派なんてのはそれの最たるもので、気になるのは「自分の権利」「自分の利益」で全体のことを考えていないように思うのです。でも彼らは「自分」とは言わずに「国民」とか「市民」とか言いますので全体のことを考えているように聞こえてしまう。本人も気がついていないのかもしれない。

      女性の自己防衛本能は凄いですが、それ以上に子供を守る気持ちは強い。だから子供が助かれば世界が破滅しても良いようなことまで考えるような気がします。

      百田尚樹氏が面白いことを言っていました。「(安保法制によって)戦争だの徴兵制度だのまで想像力を発揮するなら、もう一歩想像を働かせて、他国に侵略されると子どもたちが殺されたり強姦されたり、そういうことが起きるということまで想像してくれ」と。

      でも女性の武力に対する拒否反応って半端じゃなくて、テレビの討論会である女優が言っていました。「戦争が起きたらもちろん子供を連れて逃げる」と。

      どこにどうやって逃げるんでしょうね。逃げきれると考えているんでしょうか。まぁ、頭が悪すぎると思いました。

      まぁ、百歩譲って戦争が起きたら逃げるのは良いとしましょう。では戦争が起きないようにするにはどうするのかを考えないとならないわけで、武力=戦争というあまりにも幼稚な考え方はどうにかして欲しいですね。でも所詮考えることはせずに「感じる」だけなんでしょうから、どうにもならないかと・・・。

      日本が幼稚園化しているような気がします。本当これで大丈夫なんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です