子どもたちが「俺たちは日本人ではない」と言う

一昨日次男坊が連絡もなく突然シドニーから帰ってきて、昨日またシドニーに戻って行きました。一泊二日の里帰り。長男は長男で次男坊と一緒にシドニーへ。3泊4日で遊んでくると。

本当に仲が良い兄弟。2歳違いだけれど私は兄と弟という差をつけた育て方はせずに、全く平等だと言って育てました。実際には彼らから見ると育て方に差はあったのだろうけれど、彼らの中に上下関係は全く無し。幼い頃から意思表示がはっきりしている次男坊のほうが上みたいな感じがしないでもない。(笑)

私はとんでもなくワガママで強引な親の下に育ったせいもあって、親子の間にも上下はないみたいな感じで子どもたちを育て、皆が思ったことを素直に遠慮せずに出しあう、隠し事はない親子関係を目指していました。皆が言いたいことを我慢せずに言う親子関係だけれど、小さな頃から躾はかなり厳しくやったので、親に対する遠慮みたいなものは持っている。また彼らは私のことを尊敬してるといつも言葉に出して言ってくれるし、私も彼らに対する愛情は隠さずに出すし、彼らが悩んでいる時に放置する、見捨てることは一度もなかった(はず)ので、これほど強い親子の絆ってないんじゃないかと言って良いくらい私としては理想の親子関係だと思っています。反抗期なんて全くありませんでした。

そして私と似ていて子どもたちは理屈っぽいし、討論会が大好き。(笑)

今回も子どもたちと家で、食事中、車の中でかなり熱い討論会をやりました。私としてはこういう機会はどんどん減ると思うので、彼らが何を大事にしているのかをはっきり知りたかったし、私は彼らが「息子として」ではなくて「日本人として」「男として」わかって欲しいことを話しました。これは彼らが小さい頃から話していたことですが、長男は6年間メルボルンで大学生活をしましたし、次男坊はシドニーで2年間の大学院生活、そしてそのままシドニーで就職して3年ですから、彼らが大人になってからこれだけ真剣に3人で話し合うのは実は今回が初めてだったのです。

基本的には仕事に対する思い、人として何を大事にするべきかを私は話したのですが、びっくりしたことに通じないんですよ。私としては目の前の現実的なことより、守り続けなければならない大事なものがあると育てたつもりなのに、やっぱり環境とのギャップがあるんでしょう。彼らは現実主義者で理想論を否定する傾向が非常に強い。そして個人主義で団体とか全体とか、それを大切にするという考え方が希薄。簡単にいえば自己中で、これはまさにオーストラリアそのもので、家でどんなふうに育てようと環境の影響の大きさには敵わないのかもしれません。

でも私も「頭の周りにチョウチョが飛んでいるような理想の中に生きる大人」には絶対になって欲しくなかったので「本質を見ろ」といつも言って育ててきましたし、その部分ではオーストラリア的なものと合っていたのかもしれません。でも彼らのその現実主義が強すぎるように私は感じるのです。

もう10年以上前ですが、こんなことがありました。日本では偏差値至上主義をやめようという時代で、徒競走では皆が手を繋いでゴールをするようなキチガイじみた世の中になっていました。幼稚園児をそのまま大人にするような教育が行われていたし、流行歌の中にもそれが見えました。子どもたちは日本のそういう環境にいたわけではなく、オーストラリアは個人主義で有るけれどもろ競争社会で甘っちょろい考え方は子供の中にもないと感じます。

そこで彼らに聞いてみたんですよ。彼らはまだ小学生だか中学生だかそんな年齢でした。「お前らSMAPの【世界に一つの花】って歌を知ってるか?」と。もちろん知っているよというので、日本では大流行だけれど、お前たちはあの歌を聞いてどう思うか?と。

ちなみにこんな歌。久しぶりに聞いても、私はとんでもない歌だと思うのですが・・・。

私はこの歌を聞き、これが大絶賛されているという状況に、日本は終わりだ・・と思ったんです。だから息子たちにどう思ってるのか聞いてみたんです。(しかし中居ってマジで歌が下手ね~ 笑)

すると彼らは口をそろえて「これは負け犬の歌だ」と言いました。そして「綺麗に咲く花は、自然界の厳しい淘汰の中で生き残りの戦いの末に勝ち残ったし、その一つの花が咲くためにその何十何百倍の仲間を含めた他の生命が犠牲になっているという現実を無視している」と。

全く私もその通りだと思っていましたし、小中学生なのにこれほど的確に現実を見る目を持っているのは嬉しいと思ったくらいです。そしてやっぱり日本を出てよかったと思いました。日本はこの歌のように個を大事にしようと(一見良い方向に)見えるのだけれど、社会の競争を無視し、ファンタジーの世界の中に子供を入れたままにしようとするし、それこそが日本お得意の全体主義の現れであると思ったから。(今のシールズの若者はこういうファンタジー教育の結果生まれたと私は思うくらい)

私は子どもたちのその反応を見て、シメシメと思ったんですよ。ちゃんと現実を見てどうするべきか考える大人になるだろうと思ったから。

ところがですね。25歳、27歳になった彼らの中は「現実しか無いのか?」みたいな感じになっていたんです。見えないモノを大事にするという考え方が希薄。恋愛の話になってもそれは同じで、「守らなければならないもの」に対する考え方が無いと言っても良いくらい。「ダメなら別れるしか無いじゃん?」みたいなことを平気で言います。また彼らの今までの彼女関係の話を聞いていてもまさにそれを実践しているんですね。別れるときには未練もなくさっさと別れる。ま、この辺は彼らに言わせれば未練がないわけはないと言うのですが、私が考えるものとはかなり違う。

そして彼らは神を信じていないんです。宗教はどちらかというと否定する側で、これは私とは正反対。私はXXX教に属しているわけではありませんが、古い太陽神を信じるというか、全てのものに命が宿り、意志を持っているという自然信仰みたいなものを持っているのですが、彼らにはそれが全く通じない。これもまたオーストラリアのアメリカと似ているようで似ていない宗教心の無さが私の子どもたちにも現れています。宗教は弱いものを救うための方便でしか無いと考えている様子。ですから臭い言い方ですが「万物に感謝する」という考え方も希薄。

また「XXX道(どう)」という考え方もないんですね。スポーツとXX道との違いとか、そういうのがわからない様子。全てはスポーツみたいな考え方で、仕事にしてもそうで仕事を通して「人として育つ」という考え方は一切なくて、「生活するための手段」としか考えていません。当然、「会社に対する忠誠心」なるものも無くて「ルールに従う」という考え方が基本。オーストラリア人そのまんま。

私自身は祖母、母と宗教心の強い二人にいつもいろいろ教えられていましたし、「見えないけれど大事にしないとならないもの」の存在をいつも言われていました。これは私が育った商人の生き方にもそれはあるわけで、売上がどうじゃ利益がどうじゃという前に、店の玄関は綺麗に保ち、それ以上にお便所は綺麗にし、お便所こそが店の「顔」であって便所掃除はトップの仕事だと私は今でも信じているんですよ。これは客がどう思うかの問題じゃなくて、店とか事務所は「神聖なる道場。修業の場」という考え方があるんです。これは武道のそれと似ていて、稽古場に出入りするときには礼をするじゃないですか。あれと同じなんですね。

でもそれを子どもたちにいうと笑う。(笑)

困りましたねぇ。これは自宅の最後の別れを言いに行った昨日も感じたことで、自分を守り育ててくれた家に対する感謝とか礼の気持ちがないのね。家を出て車に乗った時に「お前たち、ちゃんと家にさようならを言ったのか?」と聞きました所、窓から手を振って「バイバーーイ」ですと。(笑)

彼らにとっての仕事場、会社って「稼ぐための場」でしかなくて、仕事は「生活の一部」であって「仕事第一」は絶対にあり得ないんですね。これは全ての従業員も同じで、日本人が持つ仲間意識とか「戦友同士の関係」みたいなものは全く無いと言います。彼らは「要はみんな傭兵みたいなもんなんだよ」と表現します。「自分の仕事能力を高め、今以上に儲けることだけを考えている」と。なるほどなぁ・・とは思うのですが、あまりにも現実的過ぎる彼らに私は正直びっくりしています。

彼らのそういう考え方って恋愛、結婚、仕事、全てに関してそうであるんですね。

私はそういう生き方は安っぽいと言うのですが、通じません。会社の上下関係もそれは単なるそういうそれぞれの立場があるだけの話で、人間形成においてはなんら関係が無いっていうんですよ。そんなもんですかね。それを指摘すると「俺達の常識も価値観も日本人とは違うんだよ。俺たちは日本人じゃないんだよ」と言い出す始末。

私は仕事の中で、「こんなすごい人がいるんだ・・」と思ったことは何度もあって、私にしてみればそういう人は「神」であって、そういう人のしゃべり方、挨拶の仕方、電話の話し方、名刺の出し方、そういう一挙手一投足、仕事の進め方、考え方を真似したり、どうしてそこまで頑張れるのかは自分の中にどうしても妥協することが出来ない「夢」とか「理想」「価値観」があるからで、自分もそういうものを持とうと一生懸命になったもんです。そうしたから成功するってわけじゃないけれど、あんなふうに人生を生きてみたいと強く感じたわけです。

でも我が子どもたちはそんなふうに感じる人には会ったことがないというんですわ。会社の中の人間関係も非常にドライで、仕事は仕事、プライベートはプライベートだし、「人としてあるべき道」なんてことは話題にも出ないと。「仕事人としてのあるべき姿」の話も出ずに「ルール通りに皆が動くのが成果を上げる唯一の方法」と信じている。そして日本の人間的な上下関係みたいなものがオーストラリアには無いっていうんですよ。逆に、そういうものを排除する考え方があると。逆に日本の企業風土に彼らが触れることがあるわけですが、「日本企業には無駄が多すぎる」と断言します。

そんなもんですかねぇ。だから会社に対する忠誠心も出てこないし、会社は社員を簡単に切るし、目の前の仕事をこなすにはそれが一番でも、長い目で見た会社の成長ってそれじゃダメじゃないかと思うんですけどねぇ。でもこの点に関しては、「技術力はあっても勝てない日本」みたいなものを感じるんですよ。スピード感がないんですね。これに関しては日本は世界に遅れているのは間違いが無いと思うのですが、効率と成果ばかり追うような仕事人生って面白くもなんともないと思うんですがねぇ。

でもその話を言うと、「オヤジのそれは宗教を押し付けるのと同じだ」と笑います。話は全くの平行線。

旗色が悪いので、私としては「お前たちは頭デッカチで経験が浅いからそう思うんだ」と言ってしまうのですが、それって彼らにすると最大の侮辱なんですね。彼ら自身も、彼らが属する社会も私がいうことを求めてないどころか排除するんですから。もちろん彼らはそのとおりだねなんて言うはずもなく、「オヤジのそれは間違えている」と理屈を並べるんですよ。で、私は「お前たちがそれに気が付かないと、【理屈で勝って仕事で負ける】ことが起きるぞ。オーストラリアはオーストラリアはとお前たちはいうけれど、じゃぁ、その結果この国はどんな国になったんだ?世界に勝てているのか?」「でもオヤジ、俺達はそのオーストラリアで育ってオーストラリアで生きているんだよ」と持論の応酬になるだけ。

そこで私は言ったんですよ。「お前たち、誰かのために死んでも良いと思ったことがあるか?」と。彼らは笑いながら「あるわけないじゃん」と答えます。彼らがこう答えるのはわかっていましたので、この時点で私の勝ちが確定しました。(笑)

「だろ?だからお前たちは経験がないって言うんだよ。」と、そして「お前たちに自分の子供が生まれて、その子供を自分の腕に抱いた時に何を感じるか想像できるか?」と続けました。

やっぱり彼らはそこで黙るんですね。

「【こいつのためになら命を喜んで捨てられる】と過去に想像したこともない感情が芽生えるんだよ。そして太陽に、空気に、空に、風に、身の回りの全ての存在に感謝したいと思うようになる。恋愛も同じだ。」と。

こればかりは経験のない子どもたちには反論はできず、「なるほどねぇ・・」と納得するしか無い。

そして、「俺やママがお前たちをどれだけ愛してきたかはわかるだろ?」とダメ押しして締めくくり。(笑)

飛行場で次男坊と別れるときに「お前の周りに、いつか【神】と思うような人が現れる。でもそういう人がいるという考え方がそもそもないと、その神にお前は気が付かないかもしれないぞ。」と言ったところ。「ウン、わかった」と言ってくれました。そして「そしていつかお前がその【神】にならないとダメなんだよ」と言いましたら「任せとき~~~」ですとさ。(笑)

あいつらの超現実主義には正直な所びっくりしましたが、フト自分があの年代に何を考え何をしていたか思い出すと・・・・・・。あああ、やだやだ、思い出したくもない。(笑)

あいつらがいつか「武士道」に気がつく時が来るのか・・・・・・・

これを書いている時に、ヨメさんが私の部屋に入ってきました。そして「ヒデ(次男坊)が帰ってきてくれて私たちは癒やされたね」と。「うんうん。本当に二人共良く育ってくれた」「うんうん」。

そこで「あんな良い子どもたちに育ったのはお前のおかげだ」と言ったんですよ。するとヨメさんは「へっへっへ」ですとさ。

嫌味とか冗談がわからね~やつ。(笑)

でも真面目で絶対に嘘をついたらならないと、自ら実践して子どもたちに教えたのは間違いなくヨメさん。その点、私は「物は言いよう。嘘も方便」って育てちゃったかも。(笑)

海外で子供を育てる親御さんには注意していないと、子どもたちは間違いなく現地人になるってことを忘れないで頂きたいです。現地の良い所ばかり見ていてはダメだということでもあります。

前に日記に書きましたが、こんなことがあったんですよ。

家の郵便受けになぜか5ドル札が入っていたんです。なんで?と考えても理由がわかるわけもなく、それを家族に話した所、「ラッキーじゃん」って当時小学生の次男坊が言うんです。「ラッキーってどういうことなんだよ」と聞いたところ、「ラッキーはラッキーじゃないの?」という答え。「じゃぁ、道路に財布が落ちていたらやっぱりラッキーなのか?」と聞いたら「そうだよ」と。「じゃぁ、お前、それをもらっちゃうのか?」と聞いたら「世の中ってそうじゃないの?みんなそんなもんだよ」と。

この時には私は頭に血が上って、「お前、そういうことをしたら、あるいは言ったらマジで殺すぞ」と脅かしました。(笑)

逆にこういうこともありました。食事に出た時に、店の駐車場で当時小学生だった長男が石を投げて遊びだしたんですよ。あっと思った瞬間、その石が停めてあった他人の車の窓に当たって窓にヒビが入ってしまったんです。こりゃヤバイと思って、その車の主を探したのですが見つからず。そこで車にメモをはさんでおいたんです。長男に自分で書かせたのですが「僕が投げた石が当たって車のガラスにヒビを入れてしまいました。大変申し訳無い。謝りたいですし、ダディにお願いして窓ガラスの修理もしますので連絡をください」と長男の署名と私の名前と電話番号を書いておきました。息子には「もし車の主に怒鳴られようとぶっ飛ばされようと覚悟しておけよ。お前の責任なんだから」と脅かしておきました。

そうしたら次の日だったか、車の主から電話が掛かって来まして、「息子さんが正直なのにはびっくりした」と。その後、息子さんは何歳?とかどこの学校に行っているのか?とか雑談をしたのですが、車の主いわく、ああ、あの学校ですか、やっぱり教育がしっかりしているんですね、ですと。(学校によっては中学生で飲酒、喫煙、マリファナ、男女の関係、窃盗、カツアゲなんて問題にならないようなところもある)

チャウわい、親の育て方だわと言いたかった私。(笑)

結局は、その車の主も大した人で、弁償は不要ですと。メモを置いてくれてありがとうってお礼まで言われてしまいました。

このことは息子たちにしつこいほど、これが日本人の生き方だ、絶対に忘れるなとコンコンと話したことを思い出します。

小さな毎日の出来事、彼らが何を考えて何を常識としているのか、それは家でどう育てても環境の影響力のほうが遥かに強いですから、親としては細心の注意が必要だと思います。

頭に血が登っていると現地の「良い所だけ」みる傾向がどうしても強くなりますが、現実は逆と考えたほうが良いかも。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

子どもたちが「俺たちは日本人ではない」と言う” への8件のコメント

  1. 「世界に一つだけの花」についてのご見解、ごもっともです。
    ただ、多くの分野で勝ち組みは1割もいないから、あの歌が人気なのでしょう。
    さらに、あの歌の流行から分かるのは、世の中の圧倒的多数派=9割の負け組みの人達の目線で世の中を見ることが、ビジネス成功の重要な一技法だということです。

    • ビジネス的にはそのとおりでしょう。子供も大人も競争社会に疲弊しているところをうまく突いたと思います。

      でも教育上、非常によろしくないということです。嘘とファンタジーの世界を現実だと思う子供は少なく無いのに夢をもたせる方向性に問題がある。そしてあれを流行らせたのはビジネスを仕掛ける側の問題以上に、あれを素直に受け入れてしまう民の問題だと思っています。こちらが重要なのです。ディズニーのようなファンタジーに憧れる年代ってあるはずですが、日本はそれが青年や親の世代までも広がっている。ここは単なる「娯楽」とか「息抜き」では済まされない重要な問題があるといつも考えています。

      そもそも勝ち組負け組なんて誰が決めるのか私は知りませんが、最初から戦うことを放棄することが美徳であるような世間の風潮は異常だと感じます。

      ビジネスに成功するならなんでも良い的な風潮に止まりが掛からないのも日本の悲劇だと思いますが、その仕掛けに簡単に民衆が乗ってしまうのが不思議で、日本全体が幼児的になっているのは、大人の話し方、テレビの番組の構成を見ても明らか(海外とここに違いが見られる)。流行れば良い、ビジネスとして成り立てば良いなんて困ったもんです。

      でも最近、その線で押し続けてきたフジテレビが落ち目のチンタになっているのは、民衆は決してバカではないことの証拠かも知れませんし、そこに若干の希望を私は持っています。

  2. 私は『得な事よりも正しい事』と育てられた人は必ず自分の力で自分の中にある幸せにたどり着けると思っています しかし同時に、背に腹を変えられない状況になった時に人間は必ずしもそうは動かないのも現実だとも思います 国民を守るとか子を守る立場になれば特に 最近は得な事よりも正しい事 という考えをベースにはっきり持っているのは日本だけなのかなと感じ初めて居ます だから西洋では宗教によって道徳教育をする必要があるのかなと どう思います? 
    あと、すべてにおいて競争社会というのは、痛切に実感します 私は日本で働いた際に1+1=2ではない、チームが一丸となった時は3にも4にもなるという経験を実感していますので、職場で同僚と仲良くしようと努力しましたが、そんなものはこっちではまったく通じず、しらっとした空気でびっくりしました 極端かもしれませんが社会全体で共有する事はあっても上から下へ、または前任者から後任者へ承継するという習慣が全くないように思います 反って非効率に見えますけど、こういう社会なんですかね

    それにしても良い息子さんに成長されて幸せですね
    お孫さんが出来た時に、息子さん達はどのような子育てをしていくのか楽しみですね
    daboさん、うるさいおじいちゃんになるのかな~?

    • 私は商人の家に育ちましたから「武士は食わねど高楊枝」的な発想はないんです。最終的に利益が出なくてどうすんの?という現実的な考え方があります。

      ただ、儲けるためには正しいことをしないと儲からないということなんですね。儲けたければインチキするな、客を騙すなということですから、「儲けること=正しいことをする」となります。

      私が若いころは「そんなのは理想論だろう、世の中は違う」と思っていたのですが、いつの頃からか「それしかない」と思うようになりました。(笑)

      宗教に関しては全くその通りじゃないかと思っています。行き過ぎた個人主義を抑えるのは宗教しか無いはずで、宗教を否定した共産主義のあの国がどうなったか見ればわかりますよねぇ。

      「やる気満々」と「宗教」って車の両輪かもしれませんね。日本の神道は宗教というとちょっと違う感じがするのですが「お天道様はいつも見ている」と多くの人が信じてきたのは果たして宗教かどうか、難しいところだと思います。

      日本の仕事場の倫理感が近年大きく変わってきていると感じるのですが、これからどうなるんでしょうね。ドライな息子たちのいうことが正しいとは思えないものの、「年功序列」や「終身雇用」が完全に壊れた日本はややこしいことになると思います。会社に忠誠心なんかまるでないのに、働くものを大事にしない会社はブラック企業と否定するクレーマー社会になりそうな・・。(笑)

      私は孫には優しいと思います。嫌われたくありませんし、褒めちぎってお小遣いで釣ってやろうと企んでいます(笑)。教育に関しては息子たちに「俺を利用しろ」というつもりで、「ちゃんとしないとオジーチャンって怖いんだぞ」「えーー、うっそーー」みたいな状態が良いかと。もし孫が私にタメ口をきくようだとしたらどうしましょうかね。息子たちに(ヨメじゃなくて)ビシっというしかないかな?

      でも結局は子育てと同じで、彼らが「愛されている」「大事にしてくれる」「自分の味方だ」「理解してくれる」と信じるような間柄が作れれば問題なんておきないんですよね。でもどうしようもない糞ガキだったらどうしましょうか。(笑)

      私はやっぱり学校は大事だと思っていて、厳しい学校に入れたほうが良いと思っています。学校が社会の始まりですから。日教組がいるような学校だったら・・・想像しただけでゾッとします。

      それと武道はやらせたいと思います。次男坊は全く経験がありませんが、長男は剣道と合気道をちょっとカジッただけですがやっぱり違いが出ていると思います。

  3. 息子さんたち、しごくまっとうに育ってらっしゃると思いますよ。
    やっぱり彼らが暮らしていくのは、ウェットな昭和の日本じゃなくて、
    ドライな西欧社会なんだし。
    「オヤジのそれは宗教を押し付けるのと同じだ」とは上手く言ったもんですね。

    きちんと社会で稼いで行ける一人前の社会人になって、
    なお、家族思いなんて、最高だと思います。

    不思議なことに、「日本語」「日本人として」を、ほぼまったく言わなかった
    うちの娘の方が、日本人っぽくっなっている気がします。
    彼女は、親が至らない分、早々に大人になって、
    わたし達親をいたわってくれているように見えます。

    • ドライな西欧社会だからドライで良いってわけではなくて、世界最古の歴史を持つ日本が手に入れた価値観ってあるじゃないですか。それが「XXX道」の中に生きているし、それに気がついた西欧人が日本にホレ込むことがあるわけで、日本人なのにそれをまるで知らないって困ると思うわけです。

      ただ娘だと全く違う育て方をしたと思います。アマゾネスみたいになっても困るし。(笑)

      親は至らないって本当ですね。私は理想論を言って子供を育てて来たわけで、自分がそれを実践しているかというとそれはまた別の話(笑)。でも子どもたちは私を嘘つきだということもなく、目標を持ってそれに向かうことが大事で、我々は同士なんだみたいに理解してくれているようです。

      実際には、ある時点でこいつら俺を超えたと思った瞬間があって(そんなことを子供には言いませんが 笑)、私としてはもう満足です。あとは勝手に伸びていけって感じ。親にとって親を乗り越える子供を見るのが一番の幸せですよね。そういう意味で、もう親孝行はしてもらったと思っています。いやいや、生まれてきてくれたことで親孝行は終わってますね。(笑)

      昔から、親に感謝しろとか親孝行をしろとか言いますが、あれって大嘘ですよね。あれは社会が問題なく動くように考えた交通ルールみたいなもんで、真実は違うところにあると思います。

  4. ゴールドコーストに来週から移住予定の者です。6歳、4歳、2歳の3人の息子を連れて行くにあたり、情報収集をしていてdaboさんのブログにたどり着きました。海外での子育てに関する記事を全て読ませていただきたいと思っていますが、daboさんの他の記事もたくさん気になって、寄り道をしながらなのでなかなか進みません(笑)、、、しかも、日中にこの記事(あまりにも為になるので何度も読み返しています)と合わせて、「オーストラリアの日本男児」の記事を読んでいたら涙が溢れて、子供達が周りで動揺してしまい、、、今週お世話になっている義理母(オーストラリア人です)にもどうしたの??と言われたのですが、この記事を説明したところで所詮理解してもらえないだろうと思い、、、日中読むのは止めて、夜中にこっそり読ませていただいています。普段はいろいろなブログを回っても読み逃げさせていただいていますが、daboさんのブログ記事にはあまりにも感動し、まさに探していた情報を提供されていたのでお礼を言いたくてコメントさせていただきます。ありがとうございます。オーストラリア人として育ってしまう子供達に、日本人の美徳を身につけてもらうのはやはりとても難しいのだという事がわかり、少し残念ですが、諦めずに地道に家庭で子供達になげかけていこうと思います。daboさんの記事を読んで、武士道もやらせようと思いましたし、うちは余裕がないので公立校で考えていましたが、やはり私立校に行かせたいなぁという気持ちが沸々と湧いてきました。たくさんの為になる情報をありがとうございます。

    • トーイさん、いらっしゃいませ。これからゴールドコーストに移住ですか。お仲間というかバトンタッチですね。(笑)

      コメントですが、同じ内容が重なっていましたので「勝手に」編集させて頂きました。m(_ _)m

      お話から察するにお子様たちはハーフみたいですね。

      純粋な日本人でも「日本的なもの」を伝えるのは簡単ではないですからトーイさんの場合はどこかで妥協しないとならない時はすぐにくるはず。

      最近はゴールドコーストもハーフの子供たちが増えてきまして、日本語補習校に通う子も多いのですが、やっぱり「日本の勉強に追いつく」と考える親は非常に少なく、補習校の勉強の内容も昔とはかなり違って、中学生が小学生の教材を使うようになってしまったらしいです。

      また親御さん達は「どこまで日本的なものを伝えるべきか」で常に悩むはずで、そして現地校の勉強も忙しくなると低いハードルも越せないことが起きるんじゃないでしょうか。

      ただ「大和魂」という原点は伝えたいと思うのなら、「武道」を学ばせるのは良いかもしれませんね。我が家の長男も「合気道」と「剣道」をやっていまして、やっぱり「己に克つ」という点を教える先生たちも素晴らしく、礼儀作法もうるさいくらいでした。

      外国人でも「~~道」を通して日本の良さに気が付いてのめり込む人がかなり多いようですし、お子さんたちもそれを通して「自分の中に流れる血」を意識するようになればバッチリかもしれませんね。

      ただくれぐれも「マーシャルアーツ系」には行かないように。(笑)

      学校ですが、余計なお世話ですが、男児3人いたら恐ろしいお金が掛かるはず。昔は安かったんですが・・。公立校も良い学校が無いわけじゃなくて、その辺は調べればわかるはずです。また進学が気になる親御サン達はわざわざブリスベンの公立校へ通わす人もいました。

      諦めないで頑張ってくださいね。子供が小さい頃は親のオマケみたいなもので何でもいうことを聞きますが、小学校高学年からまるで人格が変わるようになるのが普通で(笑)、その時までに基本的なことを教えるのが重要だと思います。「まだ小さいから・・・」なんて思ったら後で後悔するはず。

      でもね、面白いんですよ。そういうことになっても親ってのは「これで良かったんだ」って必ず思うんですね。自分も将来そう言うふうになるは100%間違いがないと思って、子供の成長の先、先を読んで手を打つ必要があるんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です