マレーシアの銀行口座、クレジットカードはどこにするか?食事が半額になったり、サービスいろいろ【備忘録】

今現在はHSBCとCitiに口座を持っていますが、Citiは全く使わず放置状態。たしか数百円か数千円しか入っていないはず。カードも持っていません。

MM2Hの定期はHSBCで、デビットカードを持っていて、このカードは結構使っています。買い物、現金(マレーシア&海外)の引き出しなど。

ただHSBCですが前に何度か書いたことがありますが、どうも納得がいかないんですよ。金利が良いわけでもないし、リレーションマネージャーがイマイチパッとしません。HSBCシンガポールとの付き合いは結構長いのですが(その紹介でマレーシアで口座を開いた)、シンガポールのマネージャーとは会ったこともなく(店舗に行ったこともない)メールだけのやり取りですが、気の効き方、頭の周り具合がかなりマレーシアとは違うと感じています。ただそれは口座に持っている金額が違うので、シンガポールは良い人がついているのかもわからず、マレーシアでもそれなりの額を入れていればまた違うのかも。

ただ、マレーシアに行ってからはもっとお金を持ち込みますし、日々のお金をどう使うかというのもありますので、新たな銀行との付き合いを考えています。

第一候補はCIMB。ここでまとまった金額を入れようかと。ただし、私の基本は「必要なお金以外はマレーシアに持ち込まない」のを大原則としていまして、基本的にはHSBCシンガポール中心です。やっぱりシンガポールはアジアの金融の中心ですし、情報や投資に関しても幅があると思っているから。ですからまとまった額をCIMBと言っても「マレーシアに持ち込むお金の大きな部分」という考え方で、大きな額の定期を作ろうとかここを通して金融商品を買うとか、そういう考え方はありません。というか、マレーシアであることが有利な投資があるのかどうかを私は知りません。

マレーシアでの投資に関しては
◯ マレーシアのREIT
◯ マレーシアの株式
はやろうと思っていて、もしシンガポールから問題なくアクセス出来るならそうするつもり。一応シンガポールのPhilips証券には10数年前から口座を持っていますので、それで問題なければそれでよし。

ここでもう一つ銀行口座を持とうと思っています。多分、Maybankになるはず。

なぜMaybankが良いかというと、使い勝手はまるでわかりませんが
◯ マレーシア最大の銀行であること
◯ ATMが多い
◯ クレジットカードが面白い
が理由です。

特にクレジットカードが他行より良くて、CIMBより、そして全く面白くないHSBCに比べるとグッドだと思っています。

ただ一般的に良いクレジットカードの条件は何かというと、その人の生活パターンや欲しいサービス、プリビレッジによるわけで、キャッシュバックが大きいのが良いとか、飛行場のラウンジの無料アクセス、あるいはポイント、航空会社のマイルであったり、そして私のように「食事の割引」が気になるタイプなどいろいろだと思っています。

で、私としては食事の割引が嬉しいのですが、私が調べた限りではMaybankが一番充実しているようです。

いろいろあるMaybankのクレジットカードの中でこれが良いと思うのがMaybank Visa InfiniteMaybank 2 Cards Premier(詳細は下の方で)です。ただこれが私に取れるかどうか、あるいは取るにはどういう条件があるのかは良くわかりません。所得の条件があるのは普通ですし、でも勤め人の所得とロングステイヤーの所得って種類が違いますから単に所得額だけでは決まらないだろうと想像しています。またVisa Infiniteは一番上のクラスのカードのようですが、決してこれじゃないとダメってわけでもないので、そこは今後詳しく調べる予定。

実はこのカードが良いと2012年2月の時点でもこのブログに書いていて、3年たった今でも調べてみると相変わらずMaybankのクレジットカードが良いというのは正直驚きでした。

ただですね、シンガポールのクレジットカードもそうなんですが、付帯サービスの内容が結構変わるんですよね。たとえばマイルを貯めるにしても、いくら使うとどのくらいのマイルをゲットできるかとか、カード会社独自のポイントのマイルとの交換比率とか、あるいは食事で50%オフのがなくなっていたり。そういう意味で、将来もMaybankのVisa Infiniteが良いかというとそれはわからない。でも2012年でもこれが良かったというのは、Maybankの方針としてカードの付帯サービスでは負けないという基本方針があるのかもですね。

どういう付帯サービスがあるのかは、このMaybankのサイトでわかります。

Maybank2u.com – Maybank Visa Infinite

これを見るとズラズラっと並んでいますが、私はゴルフはしないのでそれは無視するとして、
◯ Priority Pass Airport Lounge、Plaza Premium Loungeへのアクセス
◯ Starwood Dining Privileges
これが私としては嬉しいと思っています。

飛行場のラウンジですが、プライオリティパスは有名なのは御存知の通りで世界中で使える(ただし年間5回まで)、プラザプレミアムラウンジはどうもマレーシアのみのラウンジのようでこれも年に5回まで使える。でもま、ケチケチ考えなくても、ラウンジを使いたい時には有料で使えば良いのですが・・。(笑)

ただし、スターウッドのダイニングプリビレッジはそうはいかない。なんせホテル内のレストランの割引が大きく、何度でも使えますから。

このページに詳細が書かれています。

Maybank2u.com – Starwood Dining privilege

簡単に要点だけ抜粋しますと

Dining privileges at all Starwood Properties in Malaysia:

50% discount for two diners
40% discount for three to ten diners

The participating hotels are:

The Westin Kuala Lumpur
Le Meridien Kuala Lumpur
Sheraton Imperial Kuala Lumpur
Aloft Hotel Kuala Lumpur
The Westin Langkawi Resort & Spa
The Andaman Luxury Collection Resort
Le Meridien Kota Kinabalu
Four Points by Sheraton Sandakan
Four Points by Sheraton Penang
Four Points by Sheraton Puchong

つまり、二人で行けば50%オフ、三人~十人なら40%オフです。凄くね?(笑)

ただし問題があります。ホテルの中と言っても「使えないレストラン、バー」が存在するんですね。これは上に詳しいことは書いてありますがアルコールが主の店がダメな様子。またどの店でもアルコール類は割引にならない。

それぞれのレストランの名前を見て、私が知っているのはLe Meridien Kuala LumpurにあるPrimeというステーキ専門店ぐらいなもので、面白いって感じじゃないんですね。中華も無い。でもま、ウエスティン、メリディアン、シェラトンインペリアルで食事するときには50%、40%オフは魅力です。良いと思いません?

それとですねぇ、私が気になるのは和食店なんですよ。ここで使えるのかどうか。実はこの手のホテル内での食事の割引ってヒルトンとかマリオット、インターコンチネンタルとかもやっているんですよね。これはスターウッドですが。これを私は随分前にゴールドコーストでも利用していて、良く使ったんです。ロイヤルパインズの中に荒川というレストランがありまして、かつてはそこでいつも50%引きで食べていました。半額ですよ、半額。つまりですね、寿司カウンターで好きに食べても回転寿司と似たような金額ってことです。ですから私は当時、伊勢海老とかアワビも寿司カウンターで食べていました。知らない人が見ると金持~~~みたいな感じですが、伊勢海老やアワビを半額で食べられたら間違いなく店は赤字なんですね。当然、魚屋で買って食べるより安いし、プロが料理してくれるんですから最高。

私はあの「半端じゃない幸せ。お得感」が忘れられないのです。(笑)

さて、今回紹介したこのMaybankのクレジットカードで割引されるホテルのレストランの中に和食店があるのかどうか。ここが一番の問題。知ってる人は知っていると思いますが、メリディアンの超クソ高くて値段はKLで一番と言われる「鮨正」も使えるかもしれない(日向より高い)。これが使えればかなり面白いですが、とりあえずMaybankの情報の中にはこの鮨正は「割引を使えない店のリスト」の中には入っていない。そうだとしたら面白いことになります。半額ですから。

あとはシェラトンの中の笹川ぐらい。

でも私が想像するに、これら日本料理店は除外だろうと思っています。どちらもMaybankのサイトでは除外リストに入っていませんから大丈夫のような気がするのですが、CIMBのクレジットカードも似たような割引があって(割引率が違う、アルコールもOKとか)、CIMBの場合には除外リストではなくて「使える店舗リスト」があるんです。でもそこにはこの和食店の名前は出ていません。だから多分、ダメだと思います。

ちょっと店のサイトを出しておきましょう。(笑)

Ginza Sushimasa

Japanese Cuisine Sasagawa | Kuala Lumpur Japanese Restaurant | Sheraton Imperial Kuala Lumpur Hotel

もしこれらの和食店で使えなくても他のレストラン、ビュッフェも半額だったら利用価値は抜群だと私は思っています。私はこの割引があるのかないのかでクレジットカードを選ぶと言っても過言ではありません。いくらホテルの中のレストランが高いと言っても、半額なら街の中のレストランより良い店は間違いなくあると思っています。

上にちょっと書きましたが、ホテルチェーンはこういうプリビレッジをやっているんですね。このケースはMaybankがスターウッドと提携しているってことなんですが、クレジットカードは全く関係なく、ホテルが独自でこういう会員を集めています。これはホテルチェーンによってバラバラで、日本でもヒルトンはホテル別にこれをやっていたり、あるいはオセアニアでは使えてもアジアではダメだかいろいろ。

またこういう会員権には食事の割引だけではなくて、無料宿泊券、割引券、またそれぞれ譲渡可能なものが付いているのが普通で、年間2万円程度のお金はかかりますが、簡単に元は取れちゃいます。

ヒルトンだとすれば、ヒルトンの中にある中華のCHYNNA、和食のIketeruが割引になるってこと。またシャングリラもやっていますから、あの日本で有名ななだ万の海外支店であるジバングも(最大)半額になる。

面白いでしょ?

この一般的に言われるプリビレッジ会員はホテルチェーンが独自でやっているポイント制の会員とは全く別のサービスです。ここは間違えないように覚えていてください。

ディープな話ですが、このプリビレッジを推進する会社が存在するんですね。それがあちこちのホテル、ホテルチェーンと提携してやっているわけです。もちろん販売促進の一環として。こんな大きな割引、特典があったらホテルが損するんじゃないかと思いますが、実は面白いもんで、こういう会員になってもその特典をフルに使う会員って少ないのかもしれません。こういう私もプライオリティ(インターコンチネンタル)のに長い間入っていましたが、一切何も利用しなかった年もありました。年会費はただの捨て金です。

ただし、ビジネスマンにはかなり使いでがあるはず。ホテルにも泊まるし、ちょっと客と食事となったばあい、ホテルで食事するなら安く上がりますから。

そしてですね、面白いことがあるんですよ。こういう会員権を使っている人ってそれを他人には言わないのね。今こうやって書く人も実は少ないんですよ。多くの人は黙って使っている。あるいは会員なので割引があるとちょろっと書く程度で、その内容は書かないのね。安く使っているのを知られたくないんでしょう。そして「良いことは教えたくない」という心理が働くのだろうと思います。

でもそれもあながち間違いじゃなくて、こういう会員が増えてある特定のレストランに会員が集中することがあるわけですよ。そりゃその店は大変なことになって赤字になります。で、どうなるかというと、そのレストラン、あるいはホテルが「使えるホテル、店」から出ちゃうんですね。こういうことは過去に間違いなくあって、昔は日本のヒルトンはどこでもどんなレストラン(鮨、しゃぶしゃぶとか)でも半額で使えるなんて時代もあったんです。でもそれは長続きしなくなって、あの店はダメとか、このホテルは使えないとか、そういうことが起きた。そして割引率も下がってくるとか、ホテルチェーンではなくて一つ一つのホテル単独になったり。私が長年入っていたプライオリティ(インターコンチネンタル)のプリビレッジもかつては世界中のインターコンチ系(インターコンチ、クラウン、ホリデイ・イン)で使えたんですよ。でも今では地域別になったり。

ですから、これを使っている人たちにはどうしても「教えたくない」という心理が働くのね。また「あいつは半額で食ってる」なんて言われたくないし。(笑)

クレジットカードとは別のこの手の会員は世界中のホテルでやっていますからうまく利用するとかなりお得だと思います。マレーシアも同じ。

つまりヒルトンのHilton Premium Clubに入れば、マレーシアのヒルトン、コンラッド、ダブルツリーの無料宿泊券、宿泊の割引、食事の割引があるわけで、上に書いたようにSentralにあるヒルトンの中華のチャイナ、和食のイケテルでは(最大)半額になるってこと。

まだ調べていませんが、マリオットでもこういうのがあるはずで、ブキビンタンにあるマリオットの中華「上海」も半額で食べられるとなれば、中華は上海って決めちゃっても良いくらい。(笑)

面白いでしょ?

マンダリンもあれば面白いんですが、聞いたことはありません。

この割引に関してですが、店に直接聞いても何も知らないフリをする可能性が高いです。店にとっては嬉しくない客ですから。また多くの人が聞いてくると店は怖がるはず。つまり、こんなことをブログに書く奴はとんでもない奴ってことになるのかもしれません。(笑)

でももちろんホテルも店も「販売促進」の一環として考えているわけですから、気兼ねする必要はないわけで、この割引は基本的には二人以上ってところがミソなんですね。つまり、誰かと行かないと割引にならないってこと。上に出した要約の部分を見てください。50% discount for two diners。二人の場合は50%オフということ。安くしますから宣伝してくださいね、ってことなんですね。という建前なんですが、運用は店ごと、ホテルごとで微妙に違っていて、メルボルンのホテルの中華でこれを使った時に「水槽の活魚はダメ」だったり、サービスが悪いと感じたことがありました。差別・区別しているとは思わないのですが、経営者は何を感じるか想像するのは簡単ですもんね。大きな店舗だと機会的に処理してくれるのでこちらとしても気は楽なんですが・・・。こういう「申し訳ない」みたいな感覚を持ちながら使うのはもしかしたら日本人ぐらいなもんなのかもね。(笑)

でも今回のMaybankのクレジットカードではなくて、各ホテルチェーンがやっているのは一人でも安くなるケースが多いです。例えばこんな感じ。

25% discount on the total food bill when dining alone
50% discount when dining with one guest (2 people)
33% discount when dining with two guests (3 people)
25% discount when dining with three guests (4 people)
20% discount when dining with four guests (5 people)

ま、いろいろあるってこと。

また、もし飛行機のマイルを集めるのであれば、Maybank 2 Cards Premier AMEXが世界最強。これも食事の割引(スターウッド)は同じ。シャングリラホテルでも使えるらしいから(なだ万の支店であるジパングもOK)これの方がMaybank Visa Infiniteより良いかも。これってAMEXとタイアップしたカードで、AMEXのホテルの部屋のアップグレード、無料朝食、その他諸々あるから旅行が多ければこのカードだろうと思います。ただこのカードを手に入れるのは簡単ではなさそう。それでもMaybank Visa Infiniteから乗り換える人は多いらしい。これが狙い目か・・

Maybank2u.com – Maybank 2 Cards Premier

何かこれらの件に関する情報をお持ちの方、また知りたいことがありましたら、是非コメント欄に書いてください。m(_ _)m

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの銀行口座、クレジットカードはどこにするか?食事が半額になったり、サービスいろいろ【備忘録】” への6件のコメント

  1. 3月にメリディアンに宿泊しました。 最後の夜は寿司でもと、「鮨正」に入りましたが、セットメニューが400RMでびっくりして退散しました。

    • 400RMだとしたら安いはず。私が調べた限りではコースはも~~っと高いんですが・・・・

  2. 一昨年度ほどから、マレーシアではクレジットカードの申請基準が非常に厳しくなり、新規発行が出来ない人々が続出しています。
    その様な状況では、E-コーマスの発展には足かせになるとの判断から、ATMカードにデビットカード機能を自動付帯するようになったと銀行関係者から聞きました。
    日本人であっても、直近3ヶ月の収入証明書の提出が求められたりしますので、年金生活者のクレジットカード申し込みは困難になっています。
    では、マレーシア在住年金生活者はクレジットカードを持てないのかと言いと、そうでもないです。
    日本人会でのEONカードであれば比較的緩い条件との事で、人気があります。
    Daboさんの場合は、年金以外の収入証明が出せると思うので、この限りではないかと思いますが、一般的なマレーシアのクレジット事情として寄稿させて頂きます。

    • はい、CCの取得が難しくなった話は聞いております。枚数制限もあるとか。そして個人破産の20%がCCだと。

      Maybank 2 Cards Premierを是非欲しいと思いますが、どうなりますか・・・。

  3. 鮨正はMAYBANKのvisa infinity カードの割引が効かないようです。
    理由を聞いたところ、ホテルの直営じゃないからと…
    後、Sheratonの笹川は別プロモーションでmaybank visa infinity の場合マックス15%割引だそうです。

    • 残念ですよね~。鮨正が半額になったら面白いと思っていたんですが・・。

      ホテルの中のレストランも、直営なのかテナントなのか見た目じゃわかりませんから、しっかり調べないとがっかりしますね。

      そうかと思えば、直営店なのに「水槽に入っている活魚は割引なし」みたいな店もあって、なかなか思うとおりには行かないようで・・・。

      KLではヒルトンのイケテル。シャングリラのジパングは大丈夫そうですが、他に何処か面白い店(和食店以外でも)ありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *