日本って「世界の敵」だったんですね。過去も現在も。知らなかった・・・

いやーー、なんかおかしいとずーっと思っていたんですよ。日本とアメリカって仲が良いようにずーっと思っていたし、安保はあるし。でも何かおかしいと感じていました。

それはもちろん戦争前の彼らの活動、戦後のGHQがやった日本改造計画の後、それが功をなして(彼らの論理を受け入れて)日本が生まれ変わり世界が日本を認めたと思っていたのですが、でも「日本は利用されている感」が常につきまとっていました。国内に海外の軍隊が駐留しているなんてとんでもなく異常な日本ですが、それは反共の為の防衛上しょうがないと思っていたのですが、どうもそれも何かおかしい。

前にも書いたことがありますが、本当はアメリカが一番怖いのは日本であって、その日本をいかに骨抜きにするか世界は動いていたし、戦後もそれは変わらず、「日本には何も出来ないようにする」計画が引き続き動いている。中国とアメリカだって裏ではくっついているのは見え隠れしていましたし、韓国の反日にしてもあれの根本は戦後のGHQによる作戦の一部だと想像しています。当時、日本だった朝鮮半島がいつまた戦後の日本と一緒になるかわからないわけですし、日本の昔の大名の配置を家康が考えた時に、お互いに反目しあう者同士を隣同士にしたのと全く同じで、中韓の反日はアメリカの対日本政策の基本でもあったはず。

そんなことが歴史や現実を知るとうっすら見えてくるわけですが、戦後生まれの私としては、どうしてそれほど世界は日本を怖がるのかがどうしても「実感として」理解できないでいました。これほど平和的で真面目で争いを嫌う民族って少ないと思うわけで、過去のことは過去のこととして水に流しても良さそうなのに、なぜ世界はそれを引きずり、歴史を認めろ、歴史を忘れるな、軍国主義だ、歴史修正主義だと騒ぐのか。もちろん中韓の国の成り立ちの根本に反日があるのはわかりますが、なぜ世界はそれを認め彼ら側につくのか、それが私には理解できないでいました。

ま、それだけ日本を怖がっているということだろうとは思っていたのですが、どうしてそこまで怖がるのか。日本を押さえつけたいのか。この辺の理解がイマイチできませんでした。ただ単に、日本は戦うととことんやるところがあるからだろう、怒らすと怖いのを知っているからだろうぐらいの認識でした。

でも今日、私の大好きな武田邦彦氏の解説を聞いて、目からウロコが落ちるような気がしました。

日本だけが世界の秩序を壊そうとし、実際に壊し、その実力がある国だというのを世界はよーく知っているってことなんですね。我々日本人は自分たちを羊のように思っているけれど、世界は「狂った狼」ぐらいに思うのでしょう。でも、我々の中に生きている狼の本性は消えておらず、それを受け継ぎ、伝えて行こうと言う一握りの人たちが保守の中には存在する。

鳩ポッポが突然クリミアに行って大騒ぎになったのを思い出します。あの時に、写真を見てびっくりしたと私はここに書きました。なんと、鳩ポッポと右翼である一水会の木村氏が同行していたんですね。鳩ポッポと右翼ですよ。おかしいでしょ?鳩ポッポの左に座っているのが一水会の木村氏。

私はこれに関して誰も、もちろんメディアも一切触れないのはおかしいと思ったんですよ。ニュースの映像を見てびっくりしたのは私だけじゃないはずなんですが。

2015-03-14_12h46_54150501

これを見て、世間が騒ぐように「宇宙人がまたおかしなことをやった」と単純に考えるのは間違えであると思いました。政府やメディアの中に、彼らの真意を認めたくない、広めたくないという動きがあったのは明白だと思います。多くの国民が「あの鳩ポッポか・・」とバカにしたのはまさにそういう作戦に乗せられたのだと思いました。日本国民はこの事を全く問題視しなかったので、政府もそしてアメリカもホッとしたんじゃないでしょうかね。

結局、鳩ポッポと一水会の木村氏との繋がりは「反米」という共通点があるんですね。これは日本の政権もメディアもそこに焦点を当てることは絶対に出来なかったはず。

右翼でもいろいろで、アメリカとの協力を前提とする右翼が多い。これは保守派でもほとんどがそうですが、中には「自主独立」を目指す人達もいるわけで、彼らは「安保反対」を言いますから一見、左翼か?なんて思いますが違うんですね。そして「米軍基地反対」でもある。これは私もよく理解できるわけで、本来、米軍が日本に駐留するのはおかしいと思いますもの。

でもアメリカなくして何が出来る日本じゃありませんから「しょうがない」と思います。でもそれじゃ駄目だという右翼や保守もいるわけで、本来それが正しいのかもしれない。でも自主独立となれば、もちろん自衛隊も何倍もの大きさにし、当然、核武装もしないとならないわけで、彼らはそれこそが日本のあるべき姿だと信じている。そこまで極端ではないにしても、「今は」アメリカと協力するしか無いけれど、時間を掛けてアメリカの影響下から抜け出る必要があると説く人は少なくない。これは私も賛成だし、安倍氏も本音はそうだと私は思っています。

また毎度のことで話が長くなりましたが、一体世界は日本をどう見ているのかの武田邦彦氏の解説を紹介します。この動画はつい最近このブログで紹介した、あのDHCがやっている番組です。保守系の人ばかり出てきて、地上波のテレビや週刊誌にもでないような本音の話をガンガンするから面白いです。

武田氏がその話をする場面から見れるようにしますので、表示にちょっと時間がかかりますが、是非見てください。なるほど・・と思うはず。世界は、アメリカは日本をどう見ているのかの話は54分まで続きます。是非そのへんまで見てください。話も面白いですから。

武田氏は昔から白人嫌いなのかなぁ・・なんて思うほど、白人は野蛮であると言ってきた人でしたが彼のここまでの解説を聞いたのは初めてでした。そして世界は白人の論理で今も動いていると。そして上の動画で言っていたように、中国は歴史的に白人社会にくっついてやってきた国なんですね(やり方も似てる)。アメリカとはイヤに仲が良い理由も良くわかります。また、なぜアメリカに慰安婦像が建つのかもこれと関係無くはないはず。でもここの米中関係の理解って多くの日本人は持っていないはずですし、今回の南シナ海へアメリカ軍が入るということは単に「自由な航行」とか「中国の横暴を許さない」ということ以上に、長い何十年、戦前から続いていた米中関係の大きな変換点でもあるのかもしれず、注目しないわけには行かないと思っています。新しい時代の幕開けになるかもしれない。

そして日米関係は本当に大事な関係になるのかもしれない。こういう動きは安倍さんは当然把握していて、あの米議会での発言、そして今回の安保法制を急いだのもそれが理由かもしれない。

また前に私は「プーチンが一番まともに見える」と書いたことがありますが、武田氏も似たようなことを言っていたのが面白いと思いました。今、やっぱり我々に大切なのは日露関係かもしれない。こんな米ロがおかしい時に安倍さんは「プーチンの来日を希望する」なんておかしいと思っていましたが、世界の裏でうごめいているものを見るとなるほど・・なんて思ったり。

また武田氏がはっきり指摘していた、米によるシリア爆撃は国際法違反で、ロシアは合法であるというのも非常に面白いし、それを見落としてはならないと思いました。またアメリカとISILの裏の繋がりに関して前に書きましたが、どうもそれは嘘では無いようで、それに関しては機会があったら書こうと思っています。

この動画の中で彼は「日本包囲網」に関して話をしていますが、これに関して別の動画で興味深いことを話しているのがありました。この動画チャンネルを紹介したことはないと思いますが、この番組を主催しているのはCGSという団体で、その中心になっている青年が神谷宗幣氏という好青年。彼は政治家でもありましたが今は落選し野の人となっていますが、右派、保守というより「まともな人」「誠実な人」というイメージを私は持っています。頑張ってやってもらいたい一人ですし、私はこういう青年に日本の将来を託したいと思っています。

戦争が起きるメカニズムに関する話の中で中国韓国ロシアによる「日本包囲網」の話が出てきます。こういうものが存在したことを私は知りませんでした。

やっぱりネットって面白いと思います。彼らの話やこの前のケントギルバート氏、またいつも紹介するチャンネル桜に出て来る言論人の言うこと、彼らが何を心配し、なぜそう思うのかが最近一つの線でつながってきたような気がします。

やっぱり私も平和ぼけしていたと認めるしか無いと思っています。

ない頭でいろいろ考えても、入ってくる情報が限られていればその範疇からは出られないんですよね。井の中の蛙とはよく言ったもんで、知れば知るほど世界は広いのがわかる。そして自分とは正反対のことを本当に正しいと信じている人達がいることに驚く。そして民は外のことを知らないように権力側は必ず動く。メディアも同じ。そんな世の中の仕組みを考えさせられるような動画がこれ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本って「世界の敵」だったんですね。過去も現在も。知らなかった・・・” への8件のコメント

  1. こんばんは。dabo_gcさんは日本国外に住んでいらっしゃるから、客観的かつ、海外の冷静な報道を見聞きしているのでしょうね。

    日本国内にいるとTVは頻繁に”異例の”という頭文字を付けて視聴者の関心を引こうとします。でも表面的なことばかりで、さっぱり内実が分からないので、本音はネットから見つける他ないです。

    武田邦彦氏は原発事故の後、非常に頼りにしました。彼くらいしか本当のことを言ってくれないので。彼の意見と天皇の現地訪問を機に、関東の家に戻ったくらいです。

    鳩山氏は中韓がキレるを抑えてくれているのなら評価しますが、違うような気がします。

    • 私が海外に住んでいるのは関係ないと思っています。ただ、テレビと新聞は「メディアの都合の良いことを報道している」と思ってみていますので、まるで信用していません。ではネットは信用できるのか?ってことになりますが、信用するしないというより、自分が納得できる根拠を示してくれているかどうか、私が重要視するのはそこだけなんです。プロパガンダに乗せられたくありませんから。

      鳩山氏は別に中韓を抑えようとしているわけでもないんじゃないですかね。彼の行動が結果的にどういう影響があるのかは、それはまるでわかりませんし、彼の目的も良くわからない。ただ、少なくとも彼の行動から彼の主張は想像できるし、それは単なる思いつきではないというのはわかるってこと。また右翼が背後で一緒に動いていたことは看過できないと思います。韓国での土下座は意味がわかりませんが。(笑)

      評価するしないの前に、一体何をしているのか、何を考えているのかの真意を知ることが重要だと思っています。私が興味があるのはまずそこです。彼、彼らの目的も作戦も全くわかりませんし、結果的にどうなったかもわからない。でも彼らの主張が見えたことが重要であって、宇宙人がバカをやったというような単純な話じゃないってことだと思っています。でもその先はわからない。

      また鳩山家は元々ソ連と繋がりがありますし、もしかしたら政治家としての鳩山家の存在とソ連と因果関係があるのかもしれず、もしかしたらそれがクリミアに行った理由、いかざるを得ない「何か」があったかもしれず、私はあれをキッカケに鳩山家の裏の事情を暴きだす動きが生じても良かったと思うのですが、メディアはそれもしない。そういう意味でストレスが溜まっています。あれは一体なんだったのかと・・。でもただの「主張」だとは思っていません。一水会との関係、また一水会とロシアの関係、どちらがロシア行きを主導したのかも闇の中・・・。でもマスコミは鳩ポッポを笑いものに仕立てあげて幕を引いた。私は政治の世界ってそんな簡単じゃないと思うんですよ。

      ただ、私は鳩ポッポがクリミアに行ったことは、安倍さんにしてみるとプラスだし、安倍さんも内心は良かったと思ってると想像しています。安倍さんは彼自身はプーチンに「ロシアの立場、クリミアってそもそもどういう土地だったのか俺はわかってる」って言えないわけですから。つまりですね、一水会という右翼を使って鳩ポッポを繰り人形に使った可能性すらあると思っています。上の動画で武田氏が言っていましたが、クリミアはもともとロシアのものであるし、ウクライナ政権もチンピラヤクザみたいなものであるのは皆知っているわけですから。でも西側諸国の一員としてはそれは言えない。プーチンは悪いやつだと思っているのはそういうプロパガンダに乗せられた日本人民ぐらいなものかもしれないですね。

      でも武田氏は凄いと思います。原発に関してもそうですが、彼は事実、事象しか見ないんですね。誰がなんと言おうとそれを信用しない。彼の話を聞いていると、自分もああいう知能が欲しいっていつも思います。(笑)

  2. 己を猫だと思い込んでいる虎と例えられる国があるそうですね。
    孫子曰く「己を知らず」は愚か者だそうですがw

    • そうかと思えば、張子の虎だというのがバレているのに虎だと威張るのもいるし。

      虐められ続けてもニコニコするのもいるし。(笑)

  3. 紹介していただいたビデオクリップ、面白かったです。
    そして、怖かったです。思わずうなずく点が多過ぎて・・・。

    わたしは、アジア某国の1都市に住んでいるんですが、
    数年前にはなかった(少なくとも意識するものはなかった)
    微妙に反日(はっきりそうだと言えないくらい)の語り口が、
    TV番組で増えているんです。

    具体的に言いますと、「歴史の中で今日何があったか」みたいな、
    数分の番組で、しょっちゅう日本がどこどこを侵略したとかいろいろ、
    その類の事が放映されるんです。前は(それほど?)なかったのに・・・。

    政府のCMも、いろいろ多岐にわたって日に何度も放映されているし、
    政府自体、中央べったりだし、やむを得ないのかも知れないけれど、
    これで、数年後にはみーんな、影響されてしまうんだろうなと思うと、
    とても心配だし悲しいけれど、このままなら、絶対そうなるんでしょうね。

    本当に、「言い続けたもん勝ち」になっちゃってますよね。

    • >本当に、「言い続けたもん勝ち」になっちゃってますよね。

      まさにそれですね。

      日本は勝負に負けると「煮て食おうと焼いて食おうと好きにしてくれ」って開き直る傾向がありますが、これもまた歴史が作ってきたんでしょうね。

      日本の将棋は獲った駒を使えるという摩訶不思議なルールがありますが、あれがまさに日本の歴史で、「好きなようにしてくれ」というのが「生きる道」「再出発」に繋がったんだろうと思うんです。でも世界にはそういうルールはなくて、殺されるか奴隷になるかどちらかだというのが日本人にはわからないんだろうと・・。

      でも「自分が気にいった歴史」を「お前も認めろ」なんてずうずうしいことは言えない日本が潔いと思ってしまうし、「過去のことをいつまでも言い続ける」って日本人には無理だし、海外に対抗してそれを言えという風潮はあるけれど、それを言うようになると日本そのものが変わってしまうような気がします。

      また海外は言いたいことを言っても口だけであって、その辺も日本にはよく理解できない部分ですから、同じようにやるってことは日本の場合は「行くところまで行ってしまう」クセがあるのを考えると危険だと思ったり。

      私の自宅を売却中ですが、買主にしても誰にしても言いたいことを言うのを不思議に感じます。でも「いや、それはダメだ」と言えば相手は簡単に引っ込むし、こちらも言いたいことを我慢せずに言って、折り合いが付けばそれで良いという「交渉の基本」が日本人にはわからない。少なくとも自分にはそれがないのがよくわかりました。「恥の文化」って仲間内だけで通用するもんなんでしょうね。

      テーブルの上に饅頭があった場合、「俺は食いたい」と言う連中ばかりいる中で、「どうぞどうぞ」という譲り合いの精神がある日本が入っても、絶対に饅頭を食べる時は来ないんでしょう。でも口が達者じゃないから、頑張って力をつけるのが日本人特有の生き方で、それがあるから日本はここまで来られたのだとも思うし・・・。

      そういう意味でも、強気な安倍さんってやっぱり日本に必要な人なんだろうと思ったり・・・

  4. 武田邦彦最近みなかったけどまだ出してるメディアあったんだ
    池田信夫との喧嘩は結局どうなったんだろう

    • 武田氏を使う大手メディアってほとんどないじゃないですかね、あんな物言いじゃ。

      私はどんどん出て欲しいですけどね。彼の言っていることが正しいとは間違えているは関係なくて、「違う意見を聞いてみる」という風潮が大手メディアには無いですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *